闘病中アビダルに辛辣“塩対応”のメッシ…仕打ち受けたアビダルが後に弁明2018.01.12 15:22 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元フランス代表のエリック・アビダル氏が、バルセロナ所属時代の闘病期間中にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシから受けた“塩対応”について説明した。スペイン『マルカ』が報じた。

▽アビダル氏は、2007年夏~2013年夏までの6年間バルセロナに在籍。史上最高のチームとも評されたバルセロナの左サイドを支え、公式戦193試合に出場し、リーガエスパニョーラ4回、チャンピオンズリーグ(CL)2回を含む計15回ものタイトル獲得に貢献したが、2011年に肝臓が腫瘍に蝕まれていることが発覚した。

▽その後、移植手術が成功してバルセロナで無事に復帰を遂げ、復帰試合ではチームメイトがアビダル氏を胴上げ。さらに、同氏は闘病中で痩せていた時期にチームへの応援メッセージを送っており、心温まるエピソードとして語られている。

▽しかし、アビダル氏がフランス『Canal +』のインタビューで語ったところでは、そのハートフルな物語の背景でエースによる心無い仕打ちを受けていたようだ。

「俺がすごく痩せていたとき、試合前に選手たちを応援してサポートするためのビデオを作って送ったんだ」

「(リオネル・)メッシが俺に言ったことを知っている? 『僕らが傷つくからこれ以上こんなものを送らないで』って言ったんだ。俺はそれが気に入らなかったよ。彼らを励まそうとしていたのに、『死体のように見える』と言ったんだ。それが彼らを気分悪くさせていたんだね」

▽上記のコメントの内容はかなり辛辣なものとなっているが、アビダル氏はすぐにSNS上で訂正。実際はそれほど非情なやり取りではなかったと伝えた。

「チームを応援するためのビデオを送った時、レオ(リオネル)・メッシは『これ以上送るな』とは言わなかった。それか、何も知りたくなかったんだ」

「レオは、『あのような状態の君を見たくない』と言ったんだ。それでもすぐに、言い方が悪かったと弁明した」

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナ、W杯日本戦でゴールのセネガル代表右SB獲得に動く!

▽バルセロナがベルギーのオイペンに所属するセネガル代表DFムサ・ワゲ(19)の獲得に動いているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽2016年にカタールのアスパイアー・アカデミーからオイペンに加入したワゲは、昨シーズンは公式戦28試合に出場し4アシストを記録していた。 ▽また、2017年3月にデビューを果たしたセネガル代表ではここまで12試合に出場。卓越した身体能力とスタミナ、攻撃センスを武器に右サイドバックの主力に定着すると、ロシア・ワールドカップの日本代表戦では代表初ゴールを記録するなど、印象的なパフォーマンスを披露した。 ▽『ムンド・デポルティボ』の伝えるところによれば、バルセロナはスペイン代表MFセルジ・ロベルトを本職の中盤に戻し、ワゲをポルトガル代表DFネウソン・セメドと共に右サイドバックのポジションで競わせたい意向のようだ。 2018.07.22 14:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ピャニッチ新代理人、選手をユーベ退団に導く?

▽ユベントスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(28)を新たに取り巻く環境が今夏の移籍に突き動かすかもしれない。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽セリエA屈指のプレーメーカーであり、FKの名手として知られるピャニッチ。そのピャニッチは今後もユベントスでのプレーを望み、マッシミリアーノ・アッレグリ監督も重要な戦力としてみなしており、クラブも新契約提示する準備があるとみられる。 ▽しかし、『カルチョメルカート』が伝えたところによれば、ピャニッチの新たな代理人であるファリ・ラマダニ氏は、バルセロナやチェルシー、マンチェスター・シティの関心が取り沙汰される今夏、ユベントスから移籍させたい意向を示している模様だ。 ▽また、ピャニッチの放出意思を持たないユベントスも、獲得希望クラブから万が一、移籍金8000万ユーロ(約104億4000万円)の打診があった場合、交渉に応じる様子。さらに、個人条件として年俸800万ユーロ(約10億4000万円)が用意されれば、選手本人も心変わりの可能性があるという。 2018.07.22 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナDFミナ、他クラブからの関心認めるも興味なし「ここで成功したい」

▽バルセロナに所属するコロンビア代表DFジェリー・ミナ(23)は、残留を望んでいるようだ。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽ミナは2018年1月にパルメイラスからバルセロナに加入。バルセロナ初のコロンビア人選手となったが、2017-18シーズンはリーガエスパニョーラで5試合の出場にとどまった。 ▽それでも先日まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)ではコロンビア代表として出場。ラウンド16で敗退となったものの、3試合3ゴールを記録してチームのベスト16入りに貢献した。そんな同選手に対して、最近レスター・シティやエバートン、ウェストハムといったプレミアリーグのクラブから獲得への関心が寄せられている。 ▽それでもミナ自身はバルセロナにとどまってポジション争いに加わることを望んでいるようだ。 「オファーは届いているよ。ただ、僕はバルサで成功したいんだ」 「今はオフを楽しんでいる。その時が来たら家族と共に最高の決断をするさ」 ▽これまでバルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は、ミナに成長の機会を与えるために、レンタルでの放出も考慮していることが伝えられているが果たして…。 2018.07.22 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナDFドウグラス・ペレイラ、今季はトルコのスィヴァススポルへレンタル移籍か

▽バルセロナのブラジル人DFドウグラス・ペレイラ(27)は、トルコのスィヴァススポルへレンタル移籍で加入するようだ。スペイン『Diario Sport』が報じている。 ▽今回の報道によると、来夏にバルセロナとの契約満了を迎えるドウグラス・ペレイラだが、今季もレンタルで他クラブに移籍することを同意したようだ。また、ドウグラス・ペレイラの給与は全てスィヴァススポルが負担することも併せて伝えられている。 ▽2014年8月にサンパウロからバルセロナに5年契約で加入したドウグラス・ペレイラだが、在籍した2シーズンで公式戦8試合の出場にとどまるなどポジションを奪えず。2016-17シーズンはスポルティング・ヒホンにレンタル移籍。 ▽昨シーズンは、ポルトガルの強豪ベンフィカにレンタル移籍で加入したが、公式戦わずか7試合の出場にとどまっていた。 2018.07.22 06:19 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ツアー不帯同のバルサMFアンドレ・ゴメスに注目?

▽アーセナルが、バルセロナに所属するポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(24)の獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽2016年夏にバレンシアから加入したアンドレ・ゴメスは2016-17シーズンは途中出場が多くもリーグ戦30試合に出場した。しかし、17-18シーズンはエルネスト・バルベルデ監督の信頼を得ることが出来ず、リーグ戦出場は16試合にとどまった。 ▽伝えられるところによると、アーセナルのウナイ・エメリ新監督は、アンドレ・ゴメスに興味。すでに数週間にわたって調査しており、正式なオファーを提示することを画策しているようだ。 ▽『フットボール・エスパーニャ』によるとアンドレ・ゴメスは7月24日から予定されているアメリカツアーのメンバーに含まれていないようで、今夏での退団が確実視されている。 ▽ウナイ・エメリ新体制を迎えるアーセナルはこれまで、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナー、ドイツ代表GKベルント・レノ、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイ、U-20フランス代表MFマッテオ・グエンドウジと次々と新戦力を獲得している。『フットボール・エスパーニャ』によるとバルセロナはアンドレ・ゴメスの放出へ2000万ユーロ(約26億円)要求しているというが、果たして移籍は実現するだろうか。 2018.07.21 20:30 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース