闘病中アビダルに辛辣“塩対応”のメッシ…仕打ち受けたアビダルが後に弁明2018.01.12 15:22 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元フランス代表のエリック・アビダル氏が、バルセロナ所属時代の闘病期間中にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシから受けた“塩対応”について説明した。スペイン『マルカ』が報じた。

▽アビダル氏は、2007年夏~2013年夏までの6年間バルセロナに在籍。史上最高のチームとも評されたバルセロナの左サイドを支え、公式戦193試合に出場し、リーガエスパニョーラ4回、チャンピオンズリーグ(CL)2回を含む計15回ものタイトル獲得に貢献したが、2011年に肝臓が腫瘍に蝕まれていることが発覚した。

▽その後、移植手術が成功してバルセロナで無事に復帰を遂げ、復帰試合ではチームメイトがアビダル氏を胴上げ。さらに、同氏は闘病中で痩せていた時期にチームへの応援メッセージを送っており、心温まるエピソードとして語られている。

▽しかし、アビダル氏がフランス『Canal +』のインタビューで語ったところでは、そのハートフルな物語の背景でエースによる心無い仕打ちを受けていたようだ。

「俺がすごく痩せていたとき、試合前に選手たちを応援してサポートするためのビデオを作って送ったんだ」

「(リオネル・)メッシが俺に言ったことを知っている? 『僕らが傷つくからこれ以上こんなものを送らないで』って言ったんだ。俺はそれが気に入らなかったよ。彼らを励まそうとしていたのに、『死体のように見える』と言ったんだ。それが彼らを気分悪くさせていたんだね」

▽上記のコメントの内容はかなり辛辣なものとなっているが、アビダル氏はすぐにSNS上で訂正。実際はそれほど非情なやり取りではなかったと伝えた。

「チームを応援するためのビデオを送った時、レオ(リオネル)・メッシは『これ以上送るな』とは言わなかった。それか、何も知りたくなかったんだ」

「レオは、『あのような状態の君を見たくない』と言ったんだ。それでもすぐに、言い方が悪かったと弁明した」

コメント

関連ニュース

thumb

ブスケッツ、バルサの今季初黒星を気にせず...「まったく影響はない」

バルセロナは17日のコパ・デル・レイ準々決勝第1戦でエスパニョールに0-1と敗れた。MFセルヒオ・ブスケッツは、コパ優勝の可能性が潰えたわけではないと主張している。<br><br>今季公式戦29試合で無敗を貫いていたバルセロナ。だが、敵地コルネジャ・エル・プラットでエスパニョールに敗れ、初黒星を喫した。<br><br>ブスケッツは25日に本拠地カンプ・ノウで行われる第2戦に向け、気持ちを切り替えている。<br><br>「この敗戦がチームに影響を及ぼすとは、まったく思わない。2試合で決着がつくという幸運に僕たちは恵まれている。次の試合がホームで残されているからね。絶対に勝たなければいけない」<br><br>「前半は多くの決定機をつくった。後半は、その数が減ってしまったね。ハードワークが必要になり、エスパニョールを快適にしてしまった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 14:49 Fri
twitterfacebook
thumb

「W杯優勝がなくても…」ディ・マリアが同僚メッシを“史上最高の選手”と絶賛

パリ・サンジェルマンFWアンヘル・ディ・マリアは、アルゼンチン代表チームメイトのリオネル・メッシを&ldquo;史上最高の選手&rdquo;と称えた。<br><br>14日に行われたレアル・ソシエダ戦で、メッシはフリーキックを直接ゴールに叩き込み、リーグ通算366ゴール目を記録。ゲルト・ミュラー氏の持つ欧州5大リーグの同一クラブ通算得点記録を更新する大記録を打ち立てた。<br><br>バルセロナで数々のタイトルを勝ち取り、バロンドールを5度受賞するなど、ほぼすべてのタイトルを獲得したメッシだが、唯一ワールドカップには手が届いていない。しかし、ディ・マリアはアルゼンチン代表で世界一になっていなくとも、同選手が&ldquo;史上最高の選手&rdquo;だと語った。<br><br>「メッシはすでに最高の選手だ。W杯で優勝できれば、間違いなく最高の選手と呼ばれるだろうが、彼はもうそのような存在になっている」<br><br>「アルゼンチンは常にW杯優勝候補の一角で、今年の大会でもそれは変わらないだろう。その理由は、僕たちにはメッシがいるからだと思う。もちろん、他にもフランスやスペインなど強豪がひしめき合っているが、アルゼンチンがその中でもベストだ」<br><br>南米予選では、最終節に辛うじて本戦出場を決めたアルゼンチン。しかし、アイスランド、クロアチア、ナイジェリアとグループリーグで対戦することが決まっているディ・マリアは、ロシアで違った結果を得られると自信をのぞかせた。<br><br>「トップを維持するためにハードワークを続けなくてはならない。でも、本戦は予選とは全くの別物だ。勝てなければ、黙って家に帰るだけ。だから、この大会での試合はとても特別なものなんだ。今年のワールドカップで優勝することを僕たちは望んでいる。でも、勝てても、勝てなくても、またカタールで優勝できるチャンスはある」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 10:43 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ加入のジェリー・ミナ、背番号24に決定! プジョール、ヤヤ・トゥーレらに続く9人目の着用

▽バルセロナは18日、パルメイラスから獲得したコロンビア代表DFジェリー・ミナ(23)の背番号が24番に決定したことを発表した。 ▽ジェリー・ミナは、元スペイン代表DFカルレス・プジョール氏、元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタらに続くバルセロナで24番を背負う9人目の選手となった。これにより、フランス代表DFサミュエル・ユムティティが23番、ベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンが25番を着用していることでバルセロナのセンターバック陣が23番から25番を背負うこととなる。 ▽195cmの長身DFであるミナは2013年に母国クラブのデポルティボ・パストでキャリアをスタート。インデペンディエンテ・サンタフェでのプレーを経て、2016年からパルメイラスに在籍していた。コロンビアのフル代表でも主力を担っている。 2018.01.19 08:47 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシ、ネイマールが引退したロナウジーニョに労いの言葉「彼のフットボールはアートだった」

バルセロナFWリオネル・メッシやパリ・サンジェルマンFWネイマールが、現役引退を表明した元ブラジル代表のロナウジーニョに労いの言葉を送っている。<br><br>2002年にブラジル代表でワールドカップ優勝、2006年にバルセロナでチャンピオンズリーグ制覇を経験したロナウジーニョ。実兄で代理人を務めるロベルト・アシス氏は先日、ロナウジーニョの現役引退を正式に報告していた。<br><br>メッシはロナウジーニョの引退に際して、次のようにコメントしている。<br><br>「君のそばで、多くを学んだ。トップチームに昇格した時、君がいろいろやってくれたおかげで、すべてが簡単だった。本当にありがとう。フットボールは君の笑顔を永遠に忘れないだろう」<br><br>また、ブラジル代表の後輩であるネイマールは以下のように語った。<br><br>「君と同じ歴史を築けるのは、大きな誇りだ。君が見せたピッチ上での歓喜を、決して忘れない。超えるのが難しい遺産を、君は残した。君はフットボールをアートにしたんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 22:32 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、ラフィーニャ獲得まであと一歩。約4億円の隔たりは埋まるのか

▽インテルがバルセロナMFラフィーニャの獲得に前進しているようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、両クラブの隔たりがあと「300万ユーロ(約4億1000万円)」だと伝えた。 ▽伝えられるところによれば、今冬の移籍市場でインテルはラフィーニャの獲得を狙っている。両クラブは完全移籍オプションつきのレンタルでの取引を望んでいるが、このオプションの額に認識の違いがあり、交渉を重ねていたところだ。 ▽ただ、この交渉も大詰めを迎えているという。報道によると、インテルは3500万ユーロ(約47億円)でボーナスは付けないという条件でオファー。当初4000万ユーロを要求していた模様のバルセロナも、3800万ユーロ(約51億円)まで歩み寄ったという。 ▽同紙は、バルセロナが18日に内部で話し合い、最終的な返答を出すものとみている。両クラブの交渉が最終局面を迎えていることは確かなようだ。 2018.01.18 20:47 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース