香川真司の元同僚パラグアイ代表FWバリオスが13年半ぶりに古巣復帰2018.01.12 12:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨シーズン限りでグレミオを退団していたパラグアイ代表FWルーカス・バリオス(33)が、古巣のアルヘンティノス・ジュニアーズへと加入で合意した。クラブが公式ツイッター(@AAAJoficial)で発表した。

▽ドルトムントで日本代表MF香川真司ともプレーしたことで知られ、ブンデスリーガで39ゴールを記録しているバリオスは、2017年2月にパルメイラスからグレミオへと加入。昨シーズンのブラジル・セリエAでは17試合に出場し4ゴール1アシスト、コパ・リベルタドーレスでは13試合に出場し6ゴール2アシストと活躍。昨年12月に行われたクラブ・ワールドカップでも2試合に出場していた。

▽アルヘンティノス・ジュニアーズは、バリオスがキャリアをスタートさせたクラブで、アルゼンチン1部リーグに所属している。2年契約で合意しており、メディカルチェックを受けた後に正式契約を結び、24日に公式発表されるとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナがブラジルの逸材MFアルトゥールの獲得を発表! バイアウト額は521億円に設定

▽バルセロナは9日、グレミオに所属するブラジル代表MFアルトゥール(21)獲得で合意したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの6年間となっている。 ▽バルセロナの発表によれば、アルトゥールの移籍金は3100万ユーロ(約40億円)+ボーナス900万ユーロ(約12億円)で、バイアウト条項金は4億ユーロ(約521億円)に設定されている。 ▽なお、今回の移籍は今年3月に両クラブ間で合意に達していたアルトゥールの買取オプションをバルセロナが行使したことで獲得に至った。この合意によりアルトゥールは、すぐにバルセロナに合流することとなる。 ▽2016年にグレミオでトップチームデビューを飾ったアルトゥールは、セントラルMFのポジションを本職としており、トップチーム昇格2年目となった昨シーズンに公式戦39試合に出場するなど主力に定着。コパ・リベルタドーレス優勝にも大きく貢献した。 ▽また、バルセロナはアルトゥールがパスセンスに長けたポテンシャルの高い若手選手であると紹介。以前、グレミオの幹部はスペイン『ムンド・デポルティボ』で「プレースタイルからして、(アンドレス・)イニエスタのような選手」と評していた。 2018.07.10 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

一時帰国中のレアンドロ、鹿島を電撃退団か…古巣グレミオに復帰の噂

▽鹿島アントラーズに所属するブラジル人MFレアンドロ(25)に対して、古巣であるグレミオ復帰説が急浮上した。ブラジル『radio hincha』が報じている。 ▽レアンドロは、2017年途中にパルメイラスから鹿島に期限付き加入。今シーズンから3年契約の完全移籍で鹿島に再加入を果たしたが、ケガの影響で出遅れ、左ヒザの検査を理由に一時帰国している。 ▽だが、そのレアンドロにグレミオが関心を示している可能性があるという。そうした中、レアンドロも自身がキャリアをスタートさせたグレミオの拠点ポルト・アレグレにある代理人の事務所を訪れた模様だ。 ▽なお、2013年にブラジル代表招集歴を持つレアンドロは2017年の明治安田生命J1リーグ23試合で11ゴールを記録。今シーズンはここまでJ1リーグ3試合の出場にとどまっている。 2018.05.21 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ケガで母国に帰国中の鹿島MFレアンドロを古巣のグレミオが狙う

▽ブラジル・セリエAのグレミオが、鹿島アントラーズのブラジル人MFレアンドロ(25)の獲得に興味を持っているようだ。ブラジル『radioHINCHA』が報じた。 ▽グレミオはレアンドロがプロキャリアをスタートさせた古巣クラブ。レアンドロは、その後パルメイラスに完全移籍すると、サントスやコリチーバなどへとレンタル移籍。2017年2月に鹿島へレンタル移籍で加入した。 ▽Jリーグに挑戦した1年目は、シーズン序盤こそ出場機会を得られなかったものの、大岩剛監督が就任していこうは攻撃のキーマンに。リーグ戦23試合に出場し11ゴール4アシストを記録し、チームの優勝争いに貢献していた。 ▽すると、今シーズン前にパルメイラスから完全移籍。一部では3年契約を結んだと報じられていた。しかし、ケガで出遅れると、復帰するも3試合で再び負傷。治療のため、ブラジルへと帰国している。 ▽レアンドロは、古巣であるグレミオで公式戦49試合に出場し8ゴール4アシストを記録している。Jリーグは中断期間に入るが、果たしてレアンドロの去就はどうなるだろうか。 2018.05.20 22:56 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナが獲得を目指すブラジル代表MFアルトゥールは来年までおあずけ?

▽バルセロナが獲得で合意したとされるグレミオのブラジル代表MFアルトゥール(21)だが、早くても加入は来年となるようだ。ブラジル『UOL Esporte』が報じた。 ▽バルセロナは、今冬の移籍市場でブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ、コロンビア代表DFジェリー・ミナの2選手を獲得。さらに、アルトゥールがバルセロナのユニフォームを着た写真が出回り、獲得で合意に至ったと報じられていた。 ▽しかし、このバルセロナの行動にグレミオのロミルド・ボウザン・ジュニア会長が激怒。バルセロナから謝罪があったために一旦は沈静化し、交渉を再開。それでも、2018年中はグレミオに残ることを明かした。 「現時点で移籍交渉は止まっている。ただ、私が伝えられるアイデアの全ては、アルトゥールは12月までは残留するということだ」 「交渉が完了した場合には、アルトゥールが2018年末まで残留することについて、全ての関係者が同意するだろう。繰り返すが、交渉が完了したならばだ」 ▽アルトゥールの獲得には、5000万ユーロ(約68億4000万円)の解除金が設定されているため、すぐさまの獲得にはならない見込み。会長の言うとおり、1年後にバルセロナのユニフォームを正式に着用することはできているだろうか。 2018.02.05 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの直接FK弾でグレミオを退けたレアル・マドリーが史上初の2連覇《CWC》

▽クラブ・ワールドカップ(CWC)2017・決勝、レアル・マドリーvsグレミオが16日に行われ、1-0でレアル・マドリーが勝利し、大会2連覇を達成している。 ▽準決勝で開催国王者アル・ジャジーラに薄氷の逆転勝利で勝ち上がったレアル・マドリーは、アル・ジャジーラ戦のスタメンから3選手を変更。ナチョ、アクラフ、コバチッチに代えてセルヒオ・ラモス、クロース、カルバハルを起用し、ベストメンバーを送り込んだ。 ▽一方、準決勝でパチューカに延長戦の末に1-0と競り勝ったグレミオは、そのパチューカ戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽自陣に引いて球際に激しく当たるグレミオに対し、レアル・マドリーがボールを保持して押し込んでいくと、17分にC・ロナウドがミドルシュートでけん制。 ▽続く20分にはクロスのルーズボールをボックス右のカルバハルがボレー。完璧に捉えていたシュートは枠を捉えていたが、DFにブロックされてしまった。 ▽その後、28分にエジウソンの直接FKでけん制されたレアル・マドリーは、39分にC・ロナウドが直接FKで応戦。しかし、枠を捉えるには至らず、0-0で試合を折り返した。 ▽迎えた後半もレアル・マドリーが押し込むと、53分にC・ロナウドが均衡を破った。自身が得たボックス手前左からのFKを直接狙うと、ワンバウンドした鋭いシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽さらに58分、ベンゼマの落としをC・ロナウドがボレーでゴールに蹴り込むも、その前のベンゼマのポジションがオフサイドだったとしてノーゴールの判定に。 ▽その後もカゼミロやモドリッチのミドルシュートでゴールに迫ったレアル・マドリーに対し、グレミオは71分にパチューカ戦で決勝点を奪ったエヴェルトンを投入。 ▽一方、終盤にベイルを投入したレアル・マドリーは、82分にC・ロナウドがGKを強襲するシュートを放つと、83分にはベイルが左足アウトでのシュートでゴールに迫った。 ▽結局、追加点こそ奪えなかったものの1-0でシャットアウトしたレアル・マドリーが史上初のCWC連覇を達成している。 2017.12.17 03:58 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース