香川真司の元同僚パラグアイ代表FWバリオスが13年半ぶりに古巣復帰2018.01.12 12:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨シーズン限りでグレミオを退団していたパラグアイ代表FWルーカス・バリオス(33)が、古巣のアルヘンティノス・ジュニアーズへと加入で合意した。クラブが公式ツイッター(@AAAJoficial)で発表した。

▽ドルトムントで日本代表MF香川真司ともプレーしたことで知られ、ブンデスリーガで39ゴールを記録しているバリオスは、2017年2月にパルメイラスからグレミオへと加入。昨シーズンのブラジル・セリエAでは17試合に出場し4ゴール1アシスト、コパ・リベルタドーレスでは13試合に出場し6ゴール2アシストと活躍。昨年12月に行われたクラブ・ワールドカップでも2試合に出場していた。

▽アルヘンティノス・ジュニアーズは、バリオスがキャリアをスタートさせたクラブで、アルゼンチン1部リーグに所属している。2年契約で合意しており、メディカルチェックを受けた後に正式契約を結び、24日に公式発表されるとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナが獲得を目指すブラジル代表MFアルトゥールは来年までおあずけ?

▽バルセロナが獲得で合意したとされるグレミオのブラジル代表MFアルトゥール(21)だが、早くても加入は来年となるようだ。ブラジル『UOL Esporte』が報じた。 ▽バルセロナは、今冬の移籍市場でブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ、コロンビア代表DFジェリー・ミナの2選手を獲得。さらに、アルトゥールがバルセロナのユニフォームを着た写真が出回り、獲得で合意に至ったと報じられていた。 ▽しかし、このバルセロナの行動にグレミオのロミルド・ボウザン・ジュニア会長が激怒。バルセロナから謝罪があったために一旦は沈静化し、交渉を再開。それでも、2018年中はグレミオに残ることを明かした。 「現時点で移籍交渉は止まっている。ただ、私が伝えられるアイデアの全ては、アルトゥールは12月までは残留するということだ」 「交渉が完了した場合には、アルトゥールが2018年末まで残留することについて、全ての関係者が同意するだろう。繰り返すが、交渉が完了したならばだ」 ▽アルトゥールの獲得には、5000万ユーロ(約68億4000万円)の解除金が設定されているため、すぐさまの獲得にはならない見込み。会長の言うとおり、1年後にバルセロナのユニフォームを正式に着用することはできているだろうか。 2018.02.05 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの直接FK弾でグレミオを退けたレアル・マドリーが史上初の2連覇《CWC》

▽クラブ・ワールドカップ(CWC)2017・決勝、レアル・マドリーvsグレミオが16日に行われ、1-0でレアル・マドリーが勝利し、大会2連覇を達成している。 ▽準決勝で開催国王者アル・ジャジーラに薄氷の逆転勝利で勝ち上がったレアル・マドリーは、アル・ジャジーラ戦のスタメンから3選手を変更。ナチョ、アクラフ、コバチッチに代えてセルヒオ・ラモス、クロース、カルバハルを起用し、ベストメンバーを送り込んだ。 ▽一方、準決勝でパチューカに延長戦の末に1-0と競り勝ったグレミオは、そのパチューカ戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽自陣に引いて球際に激しく当たるグレミオに対し、レアル・マドリーがボールを保持して押し込んでいくと、17分にC・ロナウドがミドルシュートでけん制。 ▽続く20分にはクロスのルーズボールをボックス右のカルバハルがボレー。完璧に捉えていたシュートは枠を捉えていたが、DFにブロックされてしまった。 ▽その後、28分にエジウソンの直接FKでけん制されたレアル・マドリーは、39分にC・ロナウドが直接FKで応戦。しかし、枠を捉えるには至らず、0-0で試合を折り返した。 ▽迎えた後半もレアル・マドリーが押し込むと、53分にC・ロナウドが均衡を破った。自身が得たボックス手前左からのFKを直接狙うと、ワンバウンドした鋭いシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽さらに58分、ベンゼマの落としをC・ロナウドがボレーでゴールに蹴り込むも、その前のベンゼマのポジションがオフサイドだったとしてノーゴールの判定に。 ▽その後もカゼミロやモドリッチのミドルシュートでゴールに迫ったレアル・マドリーに対し、グレミオは71分にパチューカ戦で決勝点を奪ったエヴェルトンを投入。 ▽一方、終盤にベイルを投入したレアル・マドリーは、82分にC・ロナウドがGKを強襲するシュートを放つと、83分にはベイルが左足アウトでのシュートでゴールに迫った。 ▽結局、追加点こそ奪えなかったものの1-0でシャットアウトしたレアル・マドリーが史上初のCWC連覇を達成している。 2017.12.17 03:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ガウショ監督にジダンが反論!「C・ロナウドの方がはるかに優れている」

▽レアル・マドリー16日、クラブ・ワールドカップ(CWC)の決勝でグレミオと対戦する。前日会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督が、グレミオのレナト・ガウショ監督に反論した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽マドリ―は、準決勝でアル・ジャジーラと対戦。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとウェールズ代表FWガレス・ベイルのゴールで2-1の勝利を収めたものの、元フランス代表FWカリム・ベンゼマが幾度もポストを叩くなど苦しい戦いとなっていた。 「そういった問題(決定力不足)があるとは思わない。彼(カリム・ベンゼマ)のゴールにだけ興味があるわけではないんだ」 「カリム(・ベンゼマ)は異なったタイプのプレーヤーだ。シーズンに50ゴールを記録することはないだろうが、他に多くの特性を備えている。私はカリムがチームにもたらすことが好きだ。この点で最高の選手だよ。そして、チームとしての試合では、私はそこを大いに評価する」 「私は、死ぬまでベンゼマを守るつもりだ」 ▽また、会見の前にはグレミオのレナト・ガウショ監督が、マドリーのエースであるC・ロナウドよりも自身の選手時代の方が優れていたと主張。ジダン監督は対戦相手のクオリティを認めつつも、C・ロナウドの優位は揺るがないと語った。 「私たちは改善を試みている。彼ら(グレミオ)がフィジカリーかつテクニカルなチームで、アル・ジャジーラよりも強いということは明らかだ」 「私たちはよりボールを持てるだろうし、他の面でもより優れたプレーができると確信している」 「誰もが『彼(レナト・ガウショ監督)が良い選手だった』という可能性がある。しかし、私は同意できない。私にとっては、クリスティアーノ(・ロナウド)の方がはるかに優れているからだ」 ▽試合目前にして火花を散らせている両クラブ。C・ロナウドはガウショ監督に自身の価値を証明できるだろうか。注目のCWC決勝戦は16日26時にキックオフを迎える。 2017.12.16 02:34 Sat
twitterfacebook
thumb

グレミオ率いるガウショ監督が先制口撃! 「C・ロナウドは怪物だがテクニックはあまり無い」

▽グレミオのレナト・ガウショ監督が、クラブ・ワールドカップ(CWC)決勝で対戦するレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに先制口撃を行った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽グレミオの選手として、1983年にトヨタカップ(CWCの前身)に参加したガウショ監督は、ハンブルガーSVとの決勝戦で2得点をマーク。大車輪の活躍で2-1の勝利に貢献し、優勝を果たしていた。 ▽指揮官でも世界一の称号を目指すガウショ監督が、16日に決勝で激突するマドリーのエースと比較して、自分の選手時代の方が上回っていたと主張した。 「今の世代はクリスティアーノ・ロナウドに注目しているね。私のプレーをみていなかった世代だ。私のプレーを見たことがある古い世代と会話すると、まったく違った印象を受けるだろうね」 「私は(クリスティアーノ・)ロナウドのプレーがみたいし、同時にかつて自分自身がプレーしたクラブで優勝したい」 「現代ならレアル・マドリーに所属したい。上質なコンディションのピッチで、週に1回プレーしたいんだ。彼(C・ロナウド)を筆頭とするチームメイト、つまり怪物軍団と一緒にね」 「ロナウドは怪物で、偉大なプレーヤーだ。しかし、彼は力強さの面では強力だがテクニックはあまり無い」 「レアル・マドリーの試合を観戦すると、彼は左ウイングから離れた時はほとんど何ももたらさない。私はもっと色々できたよ。右ウイングや中央、左ウイングまでプレーできたんだ」 2017.12.16 00:40 Sat
twitterfacebook
thumb

グレミオが延長戦の末に本田フル出場のパチューカ撃破で決勝進出!《CWC2017》

▽クラブ・ワールドカップ(CWC)2017・準決勝、グレミオvsパチューカが12日に行われ、延長戦の末に1-0でグレミオが勝利した。パチューカのMF本田圭祐はフル出場している。 ▽準々決勝でウィダード・カサブランカに延長戦の末に勝利した北中米カリブ海王者パチューカと、CWC初出場となった南米王者グレミオの一戦。 ▽本田が[4-3-3]の右インサイドMFで先発した試合は、パチューカがボールを持つ入りとなった。すると8分には本田がミドルシュートでグレミオを脅かしていく。 ▽守備を固めるグレミオの最初のチャンスは17分。エジウソンが直接FKでゴールを脅かすと、31分にはルアンの浮き球パスでディフェンスライン裏を取ったラミロがボレーを狙うも枠を捉え切れない。 ▽ハーフタイムにかけてもボールを持ったパチューカは前半追加タイムに本田にチャンス。ディフェンスライン裏に抜け出してボックス中央に侵入した本田が滑り込みながらシュート。しかし、DFにブロックされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もパチューカがボールを持つと、55分にグスマンがミドルシュートでGKを強襲した。 ▽一方、守勢が続くグレミオはバリオスに代えてジャエウを投入。ストライカーを代えて反撃を狙うと60分、ルアンのミドルシュートがGKに弾かれて右ポストを直撃する決定機を演出。 ▽ここからギアを上げていくと、グレミオは72分に中盤のミチェルに代えてアタッカーのエヴェルトンを投入。すると75分、ボックス手前左のエジウソンの直接FKがゴールを襲うも、わずかに枠の左に外れた。 ▽後半終盤の80分、グスマンのヘディングシュートでゴールに迫ったパチューカだったが、ゴールを割るには至らず試合は延長戦にもつれ込んだ。 ▽しかし延長開始5分に均衡が破れる。スローインを受けたエヴェルトンがボックス左にドリブルで侵入。強烈なシュートをゴール右に突き刺した。 ▽そして延長後半5分にグスマンが2枚目のイエローカードで退場したパチューカに対し、グレミオが1-0で逃げ切り、決勝進出を果たした。 2017.12.13 04:42 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース