今季で契約満了のヘルタFW原口元気が今冬にも移籍実現か…チーム関係者は「1月末まで時間がある」とコメント2018.01.12 11:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘルタ・ベルリンの日本代表FW原口元気(26)が、今冬にも移籍する可能性があるようだ。ドイツ『ベルリナー・クリエール』が伝えた。

▽原口は、今シーズン開幕前にもステップアップを目指して移籍の可能性があると報じられていたものの、結局はヘルタ・ベルリンに残留。その影響もあってか、今シーズンは構想外となり、ブンデスリーガで7試合、ヨーロッパリーグで3試合、DFBポカールで1試合の出場に留まっており、ゴールは記録していない。

▽ヘルタ・ベルリンは、今冬に構想外であったスイス代表MFヴァレンティン・シュトッカーをバーゼルへと放出。チームのマネージャーを務めるミヒャエル・プレーツ氏が、原口についても言及した。

「ヴァレンティンとゲンキは、自身の役割とプレー時間に満足していないことは知られていることだ。ヴァレンティンに対しては、良い解決策を見出せた」

「ゲンキには、1月末まで時間がある。彼や我々との繋がりがあるならば、その状況に対処する。ドアは閉じていない」

「もちろん、ここ(ヘルタ・ベルリン)にも時間はある。彼がここで再びパフォーマンスを見せることは決して禁じられたものではない」

▽原口とヘルタ・ベルリンの契約は今シーズン終了までとなっている。かつてはプレミアリーグへの移籍を希望していた原口だが、新天地に旅立つのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

南野先発のザルツブルク、難所セルティックパークを攻略しGS全勝を達成!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ最終節が13日に欧州各地で行われた。 ▽グループBで首位通過を決めているMF南野拓実の所属するザルツブルクは、敵地でセルティックと対戦し、2-1で勝利した。南野は74分までプレーした。 ▽南野を2トップの一角に起用したザルツブルクは17分、ウルマーの左CKを相手DFがクリアし切れずにすらすとファーサイドのライナーが頭で合わせたが、これはクロスバーを叩いた。さらに31分には、相手のバックパスを奪ったヴォルフがGKとの一対一を迎えたが、これを決めきれず。 ▽試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。ザルツブルクは67分、ライナーの右クロスをゴール前でダブールがヘディングで叩き込んだ。 ▽先制したザルツブルクは、74分に南野を下げてグルブランドセンを投入。すると78分、相手GKのミスパスをボックス内でカットしたグルブランドセンがこぼれ球をそのまま無人のゴールに流し込んだ。 ▽リードを広げたザルツブルクは、試合終了間際にPKのこぼれ球をエンチャムに押し込まれ、1点を返されたが2-1のまま試合終了した。 ▽この結果、ザルツブルクはGS全勝で首位通過。また、同時刻開催のライプツィヒvsローゼンボリがドローに終わったため、セルティックが2位通過を決めている。 ▽グループFで首位に立つベティスは、敵地でデュドランジュと対戦した。インサイドハーフで先発した乾は、フル出場したが見せ場は作れず0-0の引き分けに終わった。敵地で勝ち点1を積み上げたベティスは、グループFを首位で通過している。 ▽そのほかの日本人所属チームでは、グループHで首位通過を決めているMF長谷部誠の所属するフランクフルトが、敵地でラツィオと対戦し、2-1で勝利。長谷部は左モモ裏を負傷し31分に交代した。同じグループHに所属する酒井宏樹所属のマルセイユは、ホームでアポロン・リマソルと対戦し、1-3で敗戦。酒井宏はフル出場した。 ▽また、グループD所属するアンデルレヒトは、敵地でディナモ・ザグレブと対戦し0-0でタイムアップ。MF森岡亮太は今季初のフル出場を果たしている。 2018.12.14 07:25 Fri
twitterfacebook
thumb

長谷部誠をフランクフルト指揮官が大絶賛!「ブンデスで最もインテリジェントなDFの1人」

フランクフルト率いるアディ・ヒュッター監督は、元日本代表MFの長谷部誠に全幅の信頼を寄せている。地元紙『フランクフルター・ルンドシャウ』のインタビューに応じた際、「ブンデスリーガで最もインテリジェントなDFの1人」と絶賛した。<br><br>長谷部は今シーズンの序盤こそロシア・ワールドカップの影響もあり出遅れたものの、9月20日のヨーロッパリーグ・マルセイユ戦以降は16試合に連続フル出場。夏に就任したヒュッター監督は、前任のニコ・コバチ監督(現バイエルン・ミュンヘン指揮官)が導入した3バックを基盤として、攻撃によりアクセントを加えるプレースタイルを採用している。そして、その中央に君臨するのが長谷部だ。<br><br>リベロ役を務める長谷部は以前よりも大きな存在感を発揮しているように見える。来月に35歳の誕生日を迎えるベテランについて、「スプリンタータイプではない彼をこれほど強力な存在にさせる要素は?」と問われたヒュッター監督はこのように答えた。<br><br>「マコトの頭脳がスプリントしているからだ。フィジカル面では勝てない相手もいるかもしれないが、前もってボールが向かう方向を把握したり、感じ取ることができれば、物事がより簡単になる。彼のプレーやゲームを読む力は、もはや信じられないレベルだ。(これに関して)彼より優れている選手はいないね」<br><br>フランクフルトでは今季公式戦30ゴールを超える破壊力を見せるルーカ・ヨヴィッチやセバスティアン・アレル、アンテ・レビッチのFW陣に注目が集中。ヒュッター監督は以前にも彼らに関するコメントを求められた際、守備陣で中心的な役割を担う長谷部の重要性を強調してきたが、このインタビューでもあらためて同選手のチームにとっての価値に言及している。<br><br>「我々のチームでは彼が絶対的なキーパーソンだ。彼はブンデスリーガで最もインテリジェントなDFの1人だよ。我々がこれほど良いシーズンを送っているのは彼の素晴らしい貢献があるからだ」<br><br>公式戦11試合負けなしと絶好調な2カ月半を過ごしたフランクフルトだが、12月に入ってからのリーグ戦2試合は連敗で現在5位に位置。メディアにはいずれの試合でも敗因の1つとして「相手FWによるハセベに対するマンマーク」と指摘された。なお、フランクフルトは現地時間13日に行われるヨーロッパリーグ・グループHでラツィオと敵地で対戦するが、国外の相手でも長谷部はマークをつけられるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.12.13 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ柴崎岳、ビジャレアルが獲得画策か

▽ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳(26)にビジャレアル移籍の可能性が浮上した。スペイン『GOL digital』が報じた。 ▽柴崎は2017年夏、テネリフェからリーガエスパニューラ復帰のヘタフェに移籍。背番号「10」を託され、リーグ戦22試合1得点を記録したが、今シーズンは出場機会が減り、苦しい状況が続いている。 ▽その柴崎に目を光らせているとされるビジャレアルは、今シーズンのここまでリーグ戦3勝5分け7敗の17位。10日にルイス・ガルシア・プラザ氏を新監督に招き、冬に数名の補強も画策している模様だ。 ▽その候補の1人として名前が挙がる柴崎は、来年1月の移籍市場でビジャレアルを去る可能性が高まっている元チリ代表MFマヌエル・イトゥーラ(34)に代わる中盤の選手として、白羽の矢が立ったとみられる。 ▽渦中の柴崎は来年1月のアジアカップに向けた日本代表に。所属先で出番に恵まれていないものの、森保一監督の信頼は厚い。今より出場機会が見込めるのであればビジャレアル行きは悪くない決断だが、果たして…。 2018.12.13 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

「南野拓実らは欧州でも危険な選手」ELでザルツブルクと激突するセルティック、地元メディアが警戒

セルティックは14日、ヨーロッパリーグ(EL)最終節でザルツブルクと対戦する。地元スコットランドメディア『The Herald』は、南野拓実ら攻撃陣を警戒している。<br><br>いよいよグループリーグ最終節を迎える今季のEL。グループBでは南野所属のザルツブルクがすでに首位通過を決めており、2位のセルティックは最終節で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決定する。<br><br>本拠地セルティック・パークでの一戦を前に、『The Herald』はザルツブルクを分析。南野らアタッカー陣を警戒している。<br><br>「5試合全勝のザルツブルクは、数人のプレイヤーが主要スタッツの上位を占めている。攻撃陣では、モアネス・ダブールとタクミ・ミナミノ、フレドリク・グルブランセンは今季の欧州でも危険な選手たちだ。セルティックのDF陣は、彼らを孤立させなければならない」<br><br>「グルブランセンとミナミノは、今季のELで90分あたりのシュート数が『5.8』とトップだ。さらに相手ボックス内でのタッチ数は、それぞれ『8.6』と『8.4』で大会1位と2位。ザルツブルクはヨーロッパでも印象的であり、優れた成績を残している」<br><br>「さらに、ダブールは5ゴールで得点ランクトップ。ミナミノは4ゴールで2位だ。セルティックには脅威が多くある。慎重に考えねばならない」<br><br>今季のELでは5試合すべてに出場し、4ゴール1アシストを記録する南野。対戦相手も、日本代表MFには警戒を強めているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.13 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

塩谷ゴールでカイオがアシスト、元Jリーガー活躍の開催国王者アル・アインが3点のビハインドからPK戦を制す《クラブ・ワールドカップ》

▽FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2018開幕戦、アル・アインvsチーム・ウェリントンが13日にUAEで行われ、3-3で120分を終了した。そしてPK戦を4-3で制したアル・アインが勝ち上がった。 ▽開催国王者のアル・アインとオセアニア王者のチーム・ウェリントンによる開幕戦。アル・アインの先発には元サンフレッチェ広島のDF塩谷と元鹿島アントラーズのMFカイオが先発となった。 ▽塩谷が[4-2-3-1]の左サイドバックで、カイオが左MFでスタートしたアル・アインが立ち上がりからボールを保持すると7分、オーバーラップした塩谷がボックス左でスルーパスを受けてシュート。しかし、GKにセーブされた。 ▽劣勢の立ち上がりとなったチーム・ウェリントンだったが、11分にスーパーゴールで先制する。バイタルエリア中央でボールを持ったバルシアが約25mの位置から右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール左上に突き刺さった。 ▽その後、アル・アインの反撃を受けたチーム・ウェリントンが凌ぐと、15分に加点する。ベビンのスルーパスを受けたボックス中央のクラッパムがGKとの一対一を制した。 ▽28分にスルーパスに抜け出したカイオがネットを揺らしたアル・アインだったが、その前にファウルがあったとしてVARにより佐藤主審によってノーゴールに覆った。 ▽ハーフタイムにかけてもアル・アインが押し込む展開となったが、44分にチーム・ウェリントンが3点目を奪う。左CKからニアのDFが頭に触れたルーズボールをファーサイドのイリッチが押し込んだ。 ▽痛恨の3失点目を喫したアル・アインだったが直後、ボックス左で仕掛けた塩谷がDFを交わして右足でシュート。コントロールされたシュートがゴール右に決まり、1-3で前半を終えた。 ▽迎えた後半開始4分、アル・アインが1点差に詰め寄る。スルーパスをボックス左で受けたカイオの左足クロスをドゥンビアが押し込んだ。 ▽その後もアル・アインが押し込む展開となり、カイオとエル・シャハトの両翼が攻撃を牽引。77分には味方とのワンツーでボックス左に侵入したカイオが右ポスト直撃のシュートを浴びせる。 ▽1点を追うアル・アインはスウェーデン代表FWのベリを投入。すると80分、塩谷の左クロスをベリが頭で合わせる。しかし、シュートはわずかに枠の左へ。 ▽それでも85分、ベリが大仕事を果たす。塩谷が左サイドから上げたクロスの流れから、味方がヘッドで落としたボールをボックス中央のベリが右足で一閃。ボレーシュートがゴール左に決まった。 ▽土壇場で3-3に持ち込んで延長戦にもつれ込ませたアル・アインは開始2分、ボックス中央に侵入したベリが決定的なシュートに持ち込んだが、GKの好守に阻まれてしまう。 ▽その後もアル・アインが押し込むも、延長後半追加タイムにモハメド ・アブドゥルラフマンが2枚目のイエローカードを受けて退場となってしまう。 ▽結局、延長戦でゴールは生まれず3-3で120分を終了。迎えたPK戦では互いに一人ずつ外した中、アル・アインは4番手キッカーを務めた塩谷が、5番手キッカーを務めたカイオがそれぞれ決めると、チーム・ウェリントンの5番手キッカーのシュートをGKエイサが止めて4-3で勝利。 ▽死闘を制したアル・アインは15日にアフリカ王者エスペランス(チュニジア)と対戦する。 2018.12.13 03:23 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース