強豪・ポルトがMF中島翔哉の獲得に本腰か2018.01.12 10:07 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ポルティモネンセに所属するFW中島翔哉(23)に対し、ポルトガルの強豪・ポルトが獲得に熱心な姿勢を示しているようだ。ポルトガル『A Bola』が報じた。

▽中島は、2017年8月にFC東京からの期限付き移籍でポルティモネンセへと加入。ここまでリーグ戦で13試合に出場し7ゴール2アシストを記録するなど、チームの攻撃を牽引する活躍を見せている。

▽リオ・デ・ジャネイロ五輪では日本代表として10番を背負ってプレーした中島。今シーズンは9月に行われたアウェイでのポルト戦でもゴールを記録。その活躍にポルトだけでなく、ベンフィカも獲得に興味を持った他、フランクフルトやヴォルフスブルクなどドイツクラブも興味を見せている。

▽ポルティモネンセとしては、1月31日までに中島が売却できない場合は、契約解除金を1000万ユーロ(約13億4400万円)から2000万ユーロ(約26億8800万円)へと倍増する意向。しかし、ポルトはポルティモネンセへとレンタル移籍している左サイドバックのDFイナシオの契約と絡め、中島の契約解除金を引き下げたい考えがあるようだ。果たして、中島のステップアップは今冬起こるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

イヘアナチョ2発で再試合制したレスターが4回戦進出! 岡崎は81分から途中出場《FAカップ》

▽レスター・シティは16日、キング・パワー・スタジアムで行われたFAカップ3回戦再試合でリーグ1(イングランド3部)のフリートウッド・タウンと対戦し、2-0で勝利した。この結果、レスターはリーグ1所属のピーターバラの待つ4回戦進出を決めた。なお、FW岡崎慎司は81分から途中出場した。 ▽敵地で行われた前回対戦で辛くもゴールレスドローに持ち込んだレスターは、先週末のリーグ戦でチェルシーと再びゴールレスドローに終わり、2戦連続ドロー中。ホームでのリターンマッチとなった今回のフリートウッド戦に向けては、チェルシー戦からドラゴビッチ、アマルテイ、マフレズを除く8選手を変更。岡崎は古巣対戦のヴァーディと共にベンチスタートとなり、スリマニとイヘアナチョが2トップを組んだ。 ▽前回対戦と同様に拮抗した展開が続く中、互いに崩しの精度を欠きなかなか決定機を作り出せない。 ▽互いにフィニッシュまで持ち込めない状況が続くが、28分にフリートウッドが鋭いカウンターからボックス手前中央でパスを受けたマカレニーが枠の右隅を捉えた絶妙なシュートを放つ。しかし、これはGKヤクポビッチが好守で凌ぐ。すると直後の32分にはボックス手前中央の好位置でFKを得たレスターがマフレズの正確な左足のキックでゴールに迫るが、ここは左ポストの外側を掠める。 ▽徐々に動きが出てきた試合はハーフタイムにかけてよりオープンに。37分にはフリートウッドが右サイドからの鮮やかな連係プレーでマイフリアのヒールパスをペナルティアーク付近のデンプシーが右足ダイレクトで狙うが、枠を捉えたシュートはGKヤクポビッチがワンハンドセーブではじき出す。 ▽すると、直後の43分にはレスターが自陣から入れたロングボールが相手DFのクリアミスを誘い、これを拾ったスリマニがゴール前に走り込むイヘアナチョへラストパス。最後はナイジェリア代表FWがGKとの一対一を制し、最高の時間帯に先制点を奪った。 ▽1点リードで試合を折り返したレスターは、後半も立ち上がりに決定機を作る。50分、ボックス手前左でボールを受けたイヘアナチョがゴール前に走り込むスリマニへ浮き球のパスを通す。これをスリマニがダイレクトボレーで合わすが、惜しくも枠の右に外れる。 ▽その後も試合をコントロールするレスターは相手に決定機を許さず、冷静に試合を進めていく。すると77分、ボックス右でマフレズの浮き球スルーパスに抜け出したイヘアナチョが飛び出した相手GKより早くボールをネットに流し込む。ここで副審が旗を上げて一度はオフサイドの判定となるが、今大会で採用しているビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証が行われると、この判定が覆りレスターのゴールが認められた。 ▽試合終盤の81分には殊勲のイヘアナチョ、マフレズを下げて岡崎、ヴァーディのレギュラーコンビをピッチに送り出したレスターは最後まで危なげなく試合を運び、2-0で勝利。格下フリートウッドとのリターンマッチをきっちり制したチームは、リーグ1所属のピーターバラが待つ4回戦進出を決めた。同日行われたその他の試合結果は以下の通り。 ◆FAカップ3回戦再試合結果 ▽1/16(火) レスター・シティ 2-0 フリートウッド・タウン マンスフィールド 1-4 カーディフ シェフィールド・ウェンズデイ 2-0 カーライル ウェストハム 1-0 シュルーズベリー レディング 3-0 スティヴネイジ 2018.01.17 06:48 Wed
twitterfacebook
thumb

途中出場のエンジエ&パイエ弾でマルセイユが3連勝!《リーグ・アン》

▽マルセイユは16日、リーグ・アン第21節でストラスブールと対戦し、2-0で勝利した。日本代表DF酒井宏樹はフル出場した。 ▽中2日での過密日程となるマルセイユは、3-0と完勝した前節のレンヌ戦から先発を2人変更。パイエとロランドに代えてアンギッサとアブデヌールを先発で起用。酒井宏は前節同様に左サイドバックで先発出場した。 ▽試合は地力に勝るマルセイユが立ち上がりからボールを支配する。しかし、ストラスブール守備陣の集中した守りで枠内にシュートを飛ばすことができない。前半最大のチャンスはアディショナルタイム1分、左サイドを突破したトヴァンがボックス左深くまで切り込み、クロスを供給。これをゴール前のオカンポスが頭で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は、後半に入っても一進一退の攻防が続く。そこでマルセイユは56分、オカンポスを下げてパイエを投入。しかし67分、サンソンがプレー中に右ヒザを痛めるアクシデントが発生。プレー続行不可能となったサンソンはメディカルスタッフに肩を借り、そのままピッチを後にした。 ▽嫌な雰囲気流れる中、マルセイユは直後の69分に決定機を迎える。B・サールのパスをボックス右で受けたトヴァンが縦に切り込みクロス。これをジェルマンが右足で流し込むも、GKウキジャのファインセーブに阻まれた。さらに71分には、ボックス右から仕掛けたパイエがダ・コスタに倒されてPKを獲得。しかし、ジェルマンのPKはGKウキジャの完璧なPKストップに阻まれた。 ▽絶好の先制機を逃がしたマルセイユだが79分、遂にスコアを動かす。アンギッサのパスで右サイドを抜け出したトヴァンがボックス右深くまで持ち上がりクロスを供給すると、ゴール前で受けたジェルマンがシュート。これは相手DFのブロックに阻まれるも、セカンドボールを途中出場のエンジエが押し込んだ。 ▽待望の先制点で勢いづいたマルセイユは、87分にもエンジエのパスで相手DFの裏に抜け出したパイエが飛び出したGKをかわし、無人のゴールにボールを流し込んだ。結局、試合はそのまま2-0で終了。リーグ戦3連勝を飾ったマルセイユは、暫定ながら2位に浮上した。 2018.01.17 05:10 Wed
twitterfacebook
thumb

エイバル乾貴士、12月のリーガ月間MVP候補に

▽エイバルの日本代表MF乾貴士が12月度におけるリーガエスパニョーラの最優秀選手候補に名を連ねた。リーグの公式ツイッター(@LaLiga)が伝えた。 ▽乾は、12月に行われたリーガ全4試合に先発し、そのうち3試合にフル出場。3ゴールと活躍し、その間のチームも3勝1分けと好調を続けた。 ▽乾のほか、バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレス、アラベスでプレーするスペイン人FWイバイ・ゴメスがノミネートされている 2018.01.16 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹がフランス紙の選ぶ週間ベストイレブンに!マルセイユから最多3選手が選出

マルセイユDF酒井宏樹が、フランス紙『レキップ』の発表したリーグ・アン第20節のベストイレブンに選出された。<br><br>2018年初戦となった13日の敵地でのレンヌ戦で、先発出場を果たした酒井。ゴール前で体を張ったブロックなど安定したパフォーマンスを見せ、3-0とチームの無失点での勝利に大きく貢献していた。<br><br>そして『レキップ』での採点で「7」と高評価を得ていた日本代表DFは、15日に同紙が発表したリーグ・アン第20節のベストイレブンに名を連ねている。<br><br>なお、マルセイユからは酒井と右サイドでコンビを組むMFフロリアン・トヴァンやMFルイス・グスタヴォ、FWヴァレール・ジェルマンの最多3選手が選出されている。<br><br>以下、『レキップ』の発表したリーグ・アン第20節のベストイレブン。<br><br>GK<br />ジェシー・ムーラン(サンテティエンヌ)<br><br>DF<br />フレデリック・ギルバート(カーン)<br />パウル・バイセ(ボルドー)<br />プレスネル・キンペンペ(PSG)<br />酒井宏樹(マルセイユ)<br><br>MF<br />ジェレミー・トゥララン(ボルドー)<br />ルイス・グスタヴォ(マルセイユ)<br />フロリアン・トヴァン(マルセイユ)<br />ニコラス・ベネゼット(ギャンガン)<br />チアゴ・メンデス(リール)<br><br>FW<br />ヴァレール・ジェルマン(マルセイユ)<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 1月16日は欧州で活躍を続ける「連続ハイタッチ」の元世界記録保持者

◆南野拓実 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1995/1/16 クラブ:ザルツブルク ポジション:FW 身長:174㎝ 体重:67㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、1月16日はザルツブルクの日本人FW南野拓実だ。 ▽中学入学時からセレッソ大阪の下部組織入りした南野は、2013年にそれまでFW柿谷曜一朗が着用していた背番号13番を引き継ぎ、トップチームに昇格。すると、そのシーズンの第1節アルビレックス新潟戦でクラブ史上初めて高卒ルーキーとしてスタメン入りを果たし、第14節ジュビロ磐田では自身のJ1リーグ初得点を記録する。これもまた、FW大久保嘉人(現・川崎フロンターレ)の持つ記録を塗り替えて、クラブ史上最年少でのJ1得点記録となった。 ▽プロ初年度からインパクトを残した南野は、2015年冬にオーストリアのザルツブルクへの移籍を決断する。すると、初年度からリーグ戦14試合3ゴール3アシストを記録して、チームの優勝に貢献。主力として定着した2年目の2015-16シーズンもリーグ戦32試合10ゴール4アシストをマークしてリーグ連覇の中心となり、現在ではチームに欠かせない選手となっている。 ▽欧州の舞台で確かな結果を残している南野は、C大阪時代にある世界記録を樹立している。その記録とは、「1分間連続ハイタッチ」だ。大阪市の駒川商店街で「成人記念のつどい」に参加した南野は、お笑いトリオ『安田大サーカス』の団長が保持していた偉業を超えるべく、ハイタッチに挑戦。そして見事、1分間で182人とのハイタッチを成功させて、世界記録保持者(※当時)としてギネス記録に認定された。 ※誕生日が同じ主な著名人 ステファン・リヒトシュタイナー(サッカー選手/ユベントス) パブロ・サバレタ(サッカー選手/ウェストハム) ニクラス・ベントナー(サッカー選手/ローゼンボリBK) ビセンテ・イボーラ(サッカー選手/レスター・シティ) 六平光成(サッカー選手/清水エスパルス) 丹羽大輝(サッカー選手/サンフレッチェ広島) 坂田大輔(サッカー選手/アビスパ福岡) ケイト・モス(モデル) ダンディ坂野(お笑い芸人) 木下隆行(お笑い芸人/TKO) スマイリーキクチ(お笑い芸人) 2018.01.16 07:00 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース