メッシとアルバの超絶連係でセルタに快勝! 4連覇目指すバルサがベスト8進出!《コパ・デル・レイ》2018.01.12 07:22 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コパ・デル・レイ5回戦2ndレグ、バルセロナvsセルタが11日にカンプ・ノウで行われ、バルセロナが5-0で快勝した。この結果、2戦合計6-1としたバルセロナの準々決勝進出が決定した。▽先週にセルタホームで行われた1stレグを1-1のドローで終えたバルセロナは、先週末に行われたレバンテとのリーグ戦を3-0で快勝した。その試合からは先発5人を変更。GKにシレッセンが入ったほか、ヴェルメーレンとセルジ・ロベルトに代わってピケとネウソン・セメド、パウリーニョとデンベレに代わってブスケッツとアンドレ・ゴメスが起用された。

▽直近のリーグ戦でレアル・マドリーと引き分けた難敵セルタを相手に立ち上がりから攻勢を仕掛けるバルセロナ。立ち上がりにメッシの個人技からいきなり決定機を作り出すと、7分にはイニエスタの背後を狙った絶妙な浮き球パスに抜け出したメッシとスアレスのパス交換から再びチャンスを作るが、ここは相手の粘りに遭う。

▽その後も中盤と最終ラインの間でボールを引き出すメッシを起点に押し込むと、メッシとジョルディ・アルバのホットラインが見事に開通。立て続けにゴールネットを揺らす。

▽まずは13分、左サイドでボールを持ったイニエスタが絶妙な浮き球のパスをボックス左付近に走り込むアルバに通す。これをアルバが抑えの利いたダイレクトクロスで中に入れると、中央に走り込んだメッシが左足ボレーで合わせ、GKの手を弾いたボールがゴール右隅に吸い込まれる。続く15分には右サイドからドリブルで内へ切り込んだメッシが斜めのパスをアルバへ通すと、再びアルバからのダイレクトの折り返しをメッシが左足ダイレクトで流し込んだ。

▽アルバとメッシの連係プレーで2戦合計スコアを3-1としたバルセロナは、その後も鮮やかな連係から再三の決定機を創出。メッシとアルバ、イニエスタが絶妙なコンビネーションで相手守備を崩すと、虎視眈々とゴールを狙うスアレスがフィニッシュに顔を出していく。

▽すると28分、相手陣内中央でパスを受けたメッシが左サイドのスペースにトップスピードで走り込むアルバに絶妙な斜めのパスを送り出すと、中途半端に飛び出したGKより先にパスに反応したアルバが無人のゴールへ流し込み、3点目を奪取。さらに31分には前線からの連動したハイプレスでシストのバックパスのミスを誘うと、ゴール前でカットしたスアレスが冷静に決めて4点目を奪った。

▽前半45分で試合の大勢が決したことで、後半は互いに今週末のリーグ戦を睨んだ戦いとなる。逆転突破が絶望的なセルタはアスパスとヴァスの主力2選手を前半終了時に下げてマキシ・ゴメス、ラドヤを投入。一方、バルセロナはピケを下げてハーフタイム明けにヴェルメーレン、立ち上がりの60分付近にメッシとイニエスタを下げてデンベレ、アルナイスの若手アタッカー2人を投入する。

▽後半はバルセロナがペースを落としたことで、セルタがゴール前でフィニッシュに絡む場面も増えていく。だが、セメドの身体を張ったシュートブロックなどで失点は許さない。

▽後半半ばから終盤にかけては拮抗した展開が続く。その中でアピールしたいデンベレが見事な個人技で突破を見せれば、アルナイスも巧みな飛び出しからサイドネットを叩くシュートでコパ4戦連発に迫るなど、スタンドを沸かせるホームチーム。試合終了間際の87分にはデンベレの右CKをゴール前でドフリーのラキティッチが頭で合わせ、この日のゴールショーを締めくくる5点目を奪取。メッシとアルバの超絶連係などで5発大勝のバルセロナが、大会4連覇に向けてまずは準々決勝進出を決めた。
コメント
関連ニュース
thumb

イスコ、ロペテギ解任後初先発で腕章を着用 ソラーリ「非常に満足」

▽レアル・マドリーを率いるサンティアゴ・ソラーリ監督が、所属するスペイン代表MFイスコへの満足感を語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽成績不振により解任されたフレン・ロペテギ前監督の後任として、10月末から指揮を執っているソラーリ監督。すると、ここまで采配を振るった公式戦8試合で7勝1敗と、徐々にチームを立て直している。 ▽また、6日に行われたコパ・デル・レイ4回戦メリリャ戦では、6-1の快勝を収めた。その試合では、ソラーリ政権下で1度も先発していなかったイスコが初めてフル出場を果たし、2ゴールを記録。同選手はキャプテンも任されており、指揮官の信頼に応える形となった。 ▽試合後、ソラーリ監督は以下のようにイスコのパフォーマンスを称えている。 「イスコに関して、私は非常に満足している」 「彼が前半のゴールを逃したのは非常に残念だった。あれは素晴らしいものだったからね」 「2ゴールを決めた(マルコ・)アセンシオと、1ゴールを記録したヴィニシウス(・ジュニオール)にも満足しているよ」 2018.12.07 14:20 Fri
twitterfacebook
thumb

アセンシオ2G1A、イスコ2Gのレアル・マドリーが圧勝で16強進出《コパ・デル・レイ》

▽レアル・マドリーは6日、コパ・デル・レイ4回戦2ndレグでメリリャをホームに迎え、6-1で圧勝した。この結果、2戦合計スコアを10-1としたレアル・マドリーがベスト16に進出している。 ▽10月31日に敵地で行われた1stレグを4-0で大勝していたレアル・マドリーは、2-0で勝利した直近のバレンシア戦のスタメンから大幅に9選手を変更。カルバハルとM・ジョレンテのみ引き続きスタメンとなった。 ▽3部のメリリャに対し、[4-3-3]を採用したレアル・マドリーはGKにケイロル・ナバス、4バックに右からオドリオソラ、バジェホ、ハビ・サンチェス、カルバハル、中盤アンカーにM・ジョレンテ、インサイドにイスコとバルベルデ、3トップに右からアセンシオ、マリアーノ、ヴィニシウスと並べた。 ▽立ち上がり、メリリャの勢いに押されたレアル・マドリーは12分、ヤシン・カスミに枠内シュートを打たれるも、GKケイロル・ナバスがセーブ。 ▽直後、イスコが枠内シュートを放って牽制したレアル・マドリーは、20分に決定機。ボックス左からヴィニシウスの放ったコントロールシュートが枠の右を捉えたが、GKペドロ・モレーノの好守に阻まれた。 ▽それでも33分に先制する。アセンシオがドリブルで持ち上がってボックス右に侵入。左足で丁寧に枠の左を狙ったシュートが決まった。さらに35分、ヴィニシウスが左サイドを突破してマイナスのクロスを送ると、ファーサイドのアセンシオが難なく蹴り込んだ。 ▽畳みかけるレアル・マドリーは39分、CKの流れからアセンシオのフィードをハビ・サンチェスがボレーで合わせて3-0。ハビ・サンチェスにとってはトップチーム初ゴールとなった。 ▽後半からM・ジョレンテとカルバハルの両選手に代えてセバージョスとトップチームデビューとなるフラン・ガルシアを左サイドバックに投入した余裕のレアル・マドリーは、開始3分にイスコのミドルシュートで4-0とした。 ▽その後も一方的な展開としたレアル・マドリーは75分にヴィニシウスも決めて5-0。80分にハビ・サンチェスのPK献上で1失点を喫したが、83分にフラン・ガルシアの左クロスを受けたボックス中央のイスコが決めて6-1としたレアル・マドリーが圧勝。難なくベスト16進出を決めている。 2018.12.07 02:10 Fri
twitterfacebook
thumb

カリニッチの移籍後初弾など後半に4発のアトレティコがベスト16進出《コパ・デル・レイ》

▽アトレティコ・マドリーは5日、コパ・デル・レイ4回戦2ndレグでサン・アンドレウをホームに迎え、4-0で快勝した。この結果、2戦合計スコア5-0としたアトレティコがベスト16に進出している。 ▽10月30日に敵地で行われた1stレグを1-0で先勝していたアトレティコは、1-1で引き分けた直近のジローナ戦のスタメンから6選手を変更。グリーズマンやジエゴ・コスタが欠場となり、ロドリゴやレマルがベンチスタートとなった。 ▽4部のサン・アンドレウに対し、フラットな[4-4-2]を採用したアトレティコは2トップにカリニッチとジェウソン・マルティンス、中盤右にコレア、左にビトロ、センターにコケとサウールを配した。 ▽そのアトレティコがポゼッションする入りとなると、23分にようやく最初の決定機。コレアのスルーパスを受けたカリニッチがボックス右に侵入してシュート。しかし、わずかに枠の左に外れた。 ▽低調なプレーを続けるアトレティコは33分、バンデフのヘディングシュートが左ポストを直撃するピンチを迎えると、42分にも大ピンチ。右クロスに合わせたバンデフのヘディングシュートが枠の左を捉えたが、GKアダンがファインセーブで阻止し、前半を何とかゴールレスで終えた。 ▽後半からモジャとジェウソン・マルティンスに代えてレマルとロドリゴ・エルナンデスを投入したアトレティコは、開始3分に早速レマルが仕事を果たす。ボックス手前左でパスを受けて右足を振り抜いたレマルの強烈なシュートが右ポスト内側を叩いてゴールに吸い込まれた。 ▽さらに53分、カリニッチが移籍後初ゴールを決める。右サイドからのアリアスのクロスをヘディングで叩き込んだ。止まらないアトレティコは55分にボックス右に侵入したコレアが右足アウトで絶妙なシュートを決めて3-0。勝負を決定付けた。 ▽余裕のアトレティコが試合をコントロールする中、81分にもビトロが加点し、終わってみれば4-0で快勝。2戦合計スコア5-0でベスト16進出を決めている。 2018.12.06 05:22 Thu
twitterfacebook
thumb

わずか半年でのバルサ退団報道が出たFWマウコムが否定「戦い続ける」

▽バルセロナのブラジル代表FWマウコム(21)が、自身の退団報道について否定した。 ▽今夏、ボルドーから加入したマウコム。しかし、エルネスト・バルベルデ監督の得られておらず、ここまでリーガエスパニョーラで2試合の途中出場、わずか25分間のプレーに留まっていた。 ▽そんな状況から、マウコムが来年1月にレンタル移籍でバルセロナを離れる可能性が報道。アーセナルやトッテナム、インテルが興味を見せているとされていた。 ▽そんな中、マウコムは自身のインスタグラム(malcomoliveira_97)のストーリーで報道を否定。バルセロナで挑戦を続ける意思を表明した。 「スペインで報じられているニュースに関して、僕は明確にしておきたい。僕は多くの目標を持ってバルセロナに来ているし、僕はとても賢明な人間だ」 「キャリアの全ての進化に満足している。そして、毎日夢と目標が実現している。僕の家族も街にとても順応している」 「つまり、僕は自分のキャリアに必要な全てのもののために、戦い続けるつもりだよ」 ▽ちなみに、この投稿の数時間後に行われたコパ・デル・レイ4回戦1stレグのクルトゥラル・レオネサ(3部)戦に先発出場。80分までプレーしていた。 2018.11.01 12:07 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリーのソラーリ暫定監督、初陣完勝に満足感「チームは喜びや希望、責務を持ってプレーした」

▽レアル・マドリーの暫定指揮官を務めるサンティアゴ・ソラーリ監督が、メリリャ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽レアル・マドリーは10月31日、コパ・デル・レイ4回戦1stレグでメリリャとのアウェイゲームに臨んだ。前節バルセロナとの“エル・クラシコ”に1-5の大敗を喫し、今夏に就任したフレン・ロペテギ監督を解任。ソラーリ暫定指揮官のもと、再スタートを切った一戦は、ベンゼマ、アセンシオ、オドリオソラ、トップチームデビューを飾ったクリストのゴールで4-0と完勝した。 ▽初陣で勝利を飾ったソラーリ監督は、チームの戦いぶりに満足感を示し、自身も「このグループの一員」となったことを主張している。 「成績をつけるのは好きではない。チームは喜びや希望、責務を持ってプレーした。この結果はその賜物だよ。簡単ではなかったが、我々はその仕事に励み、それらの特徴を持ってプレーした。ピッチは重かったし、メリリャはとても前からプレスをかけてきた」 「我々は満足しなければいけない。選手たちの責務はこのユニフォームやサポーター、彼らとともにある。そして私は今、このグループの一員だ」 2018.11.01 10:35 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース