SPAL、アタランタからスロベニア代表MFクルティッチを獲得!2018.01.12 06:11 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽SPALは11日、アタランタからスロベニア代表MFジャスミン・クルティッチ(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までとなる。

▽2011年にパレルモに加入したクルティッチは、その後サッスオーロやトリノ、フィオレンティーナなどでプレー。2015年の夏に加入したアタランタではトップ下や2シャドーの一角を任され、在籍2年半で公式戦92試合に出場し10ゴール3アシストをマーク。今季もここまでセリエAで14試合に出場し、2ゴールを記録している。

▽セリエA第20節終了時点でギリギリ残留圏内の17位に位置するSPAL。今後、激化する残留争いに向け、スロベニア代表42キャップを刻むクルティッチの加入によりチーム力の向上に期待したいところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

SPALがアタランタからイタリア代表FWペターニャを買取義務付きレンタルで獲得

▽SPALは19日、アタランタからイタリア代表FWアンドレア・ペターニャ(23)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽SPALの発表によると、具体的な条件に関しては明かされていないものの、ペターニャの出場試合数やゴール数などに応じて買い取り義務が発生するようだ。 ▽ミランのプリマヴェーラ出身の190cmの大型ストライカーのペターニャは、サンプドリアやラティーナ、ヴィチェンツァ、アスコリなどへの武者修行を経て2016年にアタランタに加入した。 ▽加入初年度はジャンピエロ・ガスペリーニ監督の下でレギュラーを掴み、リーグ戦34試合5ゴールを記録。また、この活躍が評価されて2017年3月に行われたオランダ代表とのフレンドリーマッチではイタリア代表デビューも飾っていた。 ▽しかし、昨シーズンは公式戦39試合に出場し6ゴール9アシストの数字を残したものの、ムラのあるパフォーマンスが影響してか徐々に出場機会を失った。また、今夏アタランタがサンプドリアからコロンビア代表FWドゥヴァン・サパタ(27)を獲得したことで、SPALに放出されることになった。 2018.07.19 19:34 Thu
twitterfacebook
thumb

争奪戦の渦中にあるMFミリンコビッチ=サビッチの実弟GKがトリノからSPALへレンタル移籍!

▽SPALは4日、トリノからU-21セルビア代表GKヴァンヤ・ミリンコビッチ=サビッチ(21)をレンタル移籍で獲得した。 ▽現在、ラツィオで活躍するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(23)を兄に持つヴァンヤは、2メートルを超える恵まれた体躯と高い身体能力を武器に10代半ばから各国クラブのスカウトから注目を集める逸材として知られ、2014年にはマンチェスター・ユナイテッドが獲得。 ▽だが、イギリスの労働許可証取得に失敗した同選手は、一度もユナイテッドでプレーすることなく、2015年にレヒア・グダニスクへ移籍していた。 ▽それでも、控えGKながら2015年のFIFA・U-20ワールドカップで同国史上初の優勝に絡んだ逸材は、レヒア・グダニスクできっちり出場機会を掴み、2017年の夏にトリノへ加入。トリノでは、イタリア代表GKサルバトーレ・シリグの控えGKとして公式戦4試合に出場にとどまっていた。 2018.07.05 03:30 Thu
twitterfacebook
thumb

SPAL、ヴェローナからアルジェリア代表DFを買い取り義務付きのレンタルで獲得

▽SPALは18日、ヴェローナからアルジェリア代表DFモハメド・ファレス(22)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。 ▽ヴェローナのプリマヴェーラ出身のファレスは、2014年にトップチームに昇格。ヴェローナでは在籍4シーズンで公式戦64試合に出場し1ゴールをマーク。今季は左サイドバックを主戦場にセリエAで30試合に出場していた。 ▽また、2017年7月に行われたロシア・ワールドカップのアフリカ予選でアルジェリア代表に初招集されると、同月10日に行われたカメルーン代表戦でフル代表デビューを飾った。 2018.06.19 04:13 Tue
twitterfacebook
thumb

奇跡のセリエA残留を果たしたSPAL、センプリチ監督との契約を2020年まで延長

▽SPALは1日、レオナルド・センプリチ監督(50)との契約更新を発表した。新契約は2020年までとなる。 ▽フィオレンティーナU-19で指揮を執っていたセンプリチ監督は、2014年12月にSPALの指揮官に就任。当時レガ・プロ・ジローネB(イタリア3部)に所属していたチームを率いると、2015-16シーズンに1位となりセリエBへ昇格。昇格1年目の今シーズンは、セリエBで首位をキープし最終節を残してセリエA昇格を決めていた。 ▽1967-68シーズンぶりとなるセリエA挑戦となった2017-18シーズンは、序盤から降格圏に沈むも2月末から4月にかけてリーグ戦8試合無敗を飾ると、17位で迎えた最終節のサンプドリア戦で3-1と快勝。奇跡のセリエA残留を果たした。 ▽SPALのダビデ・バグナティSD(スポーツディレクター)は、記者会見で以下のように語った。 「レオは2018-19シーズンもチームを指揮するよ。そして、SPALの中で最も長くチームを指揮した指揮官となるだろう」 2018.06.02 03:30 Sat
twitterfacebook
thumb

シックの移籍後セリエA初弾など3発快勝のローマが3位死守! リバプール戦に弾み《セリエA》

▽ローマは21日、セリエA第34節でSPALとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽前節ジェノア戦を2-1で逃げ切って3位を死守したローマ(勝ち点64)は、3日後にチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのリバプール戦を控える中、ゼコやジェンギズ、デ・ロッシら主力をベンチスタートとし、シックやゴナロンらバックアッパーを起用。そして、今冬に加入したホナタン・シルバがデビューを飾った。 ▽残留圏内ぎりぎりに位置する17位SPAL(勝ち点29)に対し、[4-3-3]で臨んだローマは3トップに右からナインゴラン、シック、エル・シャーラウィと並べた。 ▽慎重に立ち上がった一戦は、12分にローマがピンチを迎える。ファシオがボックス内でアンテヌッチと入れ替わられそうになったところで交錯。しかし、主審はノーファウルの判定を下した。 ▽攻撃の形を作れずにいたローマだったが、22分にチャンス。高い位置でボールを奪ってエル・シャーラウィがボックス手前左からコントロールシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。 ▽その後もペースを握れずにいたローマだったが、35分に先制する。敵陣でボールを奪ってショートカウンターに転じ、ストロートマンのパスを受けた右サイドのペッレグリーニが入れたクロスをクリアにかかったヴィカリのオウンゴールを誘った。 ▽続く41分にもペッレグリーニがGKを強襲するシュートを浴びせたローマは、追加タイム2分に決定機。シックの浮き球パスに反応してボックス中央に侵入したエル・シャーラウィがシュートに持ち込んだがGKにセーブされ、前半を1点のリードで終えた。 ▽それでも迎えた後半、52分にローマが突き放す。FKの流れからボックス右角のナインゴランがミドルシュート。これがゴール左に突き刺さった。その後、パロスキの決定的なシュートをGKアリソンがファインセーブで阻止したローマは、エル・シャーラウィのシュートはセーブされるも、59分に勝負を決定付ける。CKの流れから右サイドのペッレグリーニが左足で上げたインスウィングのクロスをシックが頭で押し込んだ。 ▽シックの移籍後セリエA初ゴールで勝負を決定付けた余裕のローマは、ストロートマン、ナインゴランを下げてリバプール戦に向けて調整。そのまま3-0で快勝し、3位を死守してリバプール戦に弾みを付けている。 2018.04.22 00:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース