イェデル&コレア弾でセビージャがベスト8進出! 敵地で完勝のエスパニョールが逆転で8強へ《コパ・デル・レイ》2018.01.12 05:47 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コパ・デル・レイ5回戦2ndレグのセビージャvsカディスが11日に行われ、2-1でセビージャが勝利した。この結果、2戦合計4-1でセビージャが準々決勝進出を決めた。

▽1stレグを2-0で勝利したセビージャが、ホームにカディスを迎えた2ndレグ。9シーズンぶりの優勝を目指すセビージャは、前回対戦からスタメンを6人変更。バネガやエンゾンジ、イェデルなど主力をスタメンに起用した。

▽試合は地力で勝るセビージャが立ち上がりから攻勢をかけると10分、相手のクリアミスを奪ったイェデルが決定機を迎えたが、シュートはサイドネットを叩いた。

▽対するカディスは16分、敵陣でのパスカットからショートカウンターを仕掛けるとアイトール・ガルシアがボックス手前まで持ち込みシュート。これはわずかにGKセルヒオ・リコが触れ、クロスバーを直撃した。さらに25分には、バラルのスルーパスに抜け出したモハマディ・トラオレがボックス右からゴールを狙ったが、これはサイドネットに外れた。

▽ピンチを凌いだセビージャは32分、左サイドからカットインしたキャロルのパスでボックス左から侵攻したコレアが右足を振り抜く。これはGKジャニェスが弾くも、こぼれ球をイェデルが押し込み、先制に成功した。

▽迎えた後半、最初のチャンスを迎えたのはセビージャ。54分、サラビアの右CKをコレアが頭で流し込み、ゴールネットを揺らした。

▽その後も危なげない試合運びを見せるセビージャは、フランコ・バスケス、ムリエル、ピサーロを投入し、試合を締めにかかる。試合終盤の86分には途中出場のアルバロ・ガルシアに1点を返されたセビージャだが、逃げ切りに成功し2-1で勝利。2大会ぶりのベスト8進出を決めた。

▽また、同時刻に行われたもう一試合のレバンテvsエスパニョールは、0-2でエスパニョールが勝利した。この結果、2戦合計3-2でエスパニョールが準々決勝進出を決めた。

▽試合が動いたのは14分、ジェラール・モレノのロングフィードで相手DFの裏に抜け出したレオがゴール前まで持ち上がり、飛び出した相手GKの頭上を越すループシュートでゴールネットを揺らし、エスパニョールが先制した。

▽先制点で勢いづくエスパニョールは、34分にもディダックの左クロスが相手DFのクリアミスを誘うと、ルーズボールをゴール右のジェラール・モレノが押し込み、追加点を奪った。

▽後半に入っても試合の主導権を握るエスパニョールは、レバンテに枠内シュートを打たせず完封。敵地で逆転に成功したエスパニョールが、3大会ぶりのベスト8進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

コパ決勝バルサ戦に臨むモンテッラ「メッシは宇宙人。地球には降り立たないでもらいたい」

現地時間21日、コパ・デル・レイ決勝バルセロナvsセビージャが行われる。この一戦を前に、セビージャのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督がバルセロナのリオネル・メッシに対して警戒心を示した。<br><br>バルセロナにとってはすでにラ・リーガで優勝目前となっていることもあり、コパ・デル・レイで優勝すれば&ldquo;二冠&rdquo;に大きく近づくことになる。バルセロナとの大一番を前に、会見でモンテッラ監督は「すでにバルサとはリーグ戦で戦っているが、素晴らしいチームであることは承知している」と発言。<br><br>「彼らはピッチ上において、あらゆる面で相手を圧倒してしまう。だからこそ対戦相手はどう対処すべきか、常に頭を悩ませる」<br><br>モンテッラ監督は一方で、FWリオネル・メッシが「宇宙人」であるかとの問いに対して、次のように返答した。<br><br>「宇宙人だと思う。明日は地球に降り立たないでもらいたいね。彼がボールを持ったときに、そのプレーを打ち消すことは難しい。ボールが届かないようにしなければならない」<br><br>3月31日に行われた第30節バルセロナ戦でセビージャは2-2のドローで終えており、モンテッラ監督がカップ戦決勝の大一番でどのようなバルサ対策を見せるのか、その采配に注目が集まる。<br><br>コパ・デル・レイ決勝は日本時間22日未明、ワンダ・メトロポリターノで行われる。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.21 21:58 Sat
twitterfacebook
thumb

ファウル無しで止めるのは不可能?メッシをコパ決勝に臨むセビージャDFが絶賛

セビージャDFのガブリエル・メルカドは、コパ・デル・レイ決勝で対戦するバルセロナのエースに警戒を強めているようだ。スペイン紙『アス』が報じている。<br><br>21日に迫ったコパ・デル・レイ決勝戦。4年連続の優勝を目指す王者バルセロナに、2年前のファイナルで延長戦の末に惜敗したセビージャが、リベンジをかけて挑むことになる。先月行われたリーガエスパニョーラ第30節で激突した際も、バルセロナが終了間際に2ゴールを挙げて引き分けに持ち込んでおり、タイトルのかかった一戦でも激しい戦いが予想される。<br><br>決勝戦を前日に控え、メルカドは、バルセロナの最も危険な選手としてリオネル・メッシをピックアップした。ときおり冗談を交えつつ、ここまでリーグ戦29ゴール12アシストを記録しているアルゼンチン代表のチームメートへ、賞賛の言葉を送っている。<br><br>「彼は間違いなく世界で最高のプレーヤーだよ。ゴールでもアシストでも関係なく、ピッチ上で可能なことが全部できてしまうんだ」<br><br>「今の彼をファウル無しで止めるのは不可能だと思う。だけど、もし試合中に間違って彼を殴ってしまったら、僕はアルゼンチンに帰れなくなるだろうね」<br><br>ときにはファウル覚悟でメッシに対する決意を見せたメルカドだが、「個人としてメッシを封じる方法は限りなく少ない」と認めている。<br><br>そして、鍵を握るのは「チームとしての団結である」とし、バルセロナ優位という前評判を物ともせずに優勝への強い意志を見せた。<br><br>「ディフェンス面ではハードワークを求められるだろう。チームはミスを侵さずに完璧なプレーをしなければならない。でも、僕たちは優勝を夢見ているんだ。相手が誰であっても、簡単にその夢を奪わせたりはしないよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャDFラングレにバルセロナが興味…リバプールもすでに交渉済みか

▽バルセロナが、セビージャの元U-21フランス代表DFクレマン・ラングレ(22)に注目しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽バルセロナは、スペイン代表DFジェラール・ピケの高齢化やフランス代表DFサミュエル・ユムティティの不透明な去就に加え、新加入のジェリー・ミナがいまいちフィットしきれていないことから、今夏に新たなセンターバックを獲得するのではないかといわれている。そこで候補に挙がっているのが元U-21フランス代表DFラングレだ。 ▽昨年1月にナンシーからセビージャ入りしたラングレは、持ち前の守備センスとテクニックですぐにレギュラーの座を掴むと、今季もリーグ戦30試合に出場。3ゴールを挙げるなどセットプレーの強さも魅力の1つだ。 ▽セビージャのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督も「彼はバルセロナでプレーできる素質を持っている」と称賛。ラングレにはリバプールも獲得に興味を示しているとされており、すでに今夏の移籍に向けた交渉を行っているとみるメディアもある。 ▽なお、クラブとの契約が2021年までとなっているラングレには、4500万ユーロ(約61億円)程度の契約解除金が設定されているようだ。 2018.04.19 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

モンテッラ「セビージャで続けたいが…」

▽セビージャのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督現在の胸中を語った。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽昨年末からセビージャで指揮を執るモンテッラ監督。今年に入ってからのリーグ戦16試合でわずか5勝しか挙げられていない一方で、チャンピオンズリーグではマンチェスター・ユナイテッドを退け準々決勝進出を果たした。 ▽そんな中、現在空席となっているイタリア代表監督の候補ともみられているモンテッラ監督は、セビージャに留まることを望みながらも、クラブとの契約にはリリース条項が存在することを明かしている。 「私はここで幸せで来シーズン以降もここに居られることを望んでいる。リリース条項があることも事実だが、よくわからない。会長に訊いてみたほうがいい」 「私は監督を続けていくことしか頭にない。だが、できればセビージャでこの冒険を続けていきたいと思っているよ」 2018.04.18 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャ、エンゾンジのゴラッソも逆転ならず…ビジャレアルとのEL争いは痛み分け《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第32節のセビージャvsビジャレアルが14日にサンチェス・ピスファンで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽リーグ4試合勝ちがない7位セビージャ(勝ち点46)が、リーグ連敗中の6位ビジャレアル(勝ち点47)をホームに迎えた、ヨーロッパリーグ出場権をかけた直接対決だ。 ▽0-0で引き分けた直近のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝バイエルン戦からスタメンを1名のみ変更。コレアに代えて、サンドロ・ラミレスを起用した。 ▽対するビジャレアルは、1-3で敗北した前節のビルバオ戦からスタメンを6名変更。ボネーラ、負傷したフォルナルスらに代えて、ガスパール、ラバらを起用した。 ▽試合は、立ち上がりからビジャレアルが積極的にしかけていく。すると、20分にチェリシェフがボックス内でGKソリアとの一対一を迎える。しかし、強烈なシュートはファインセーブに阻まれた。 ▽さらに、24分には右サイドからのクロスに反応したボックス手前のバッカが、高く飛び上がって頭で合わせる。ループ気味のシュートはGKソリアの頭上を越えたたものの枠を捉えなかったが、難所サンチェス・ピスファンのサポーターをヒヤリとさせた。 ▽すると36分、ボックス手前で細かく繋ぎ、右サイドのカスティジェホにボールが渡る。高い弾道のクロスを上げるとファーのラバがヘディングで合わせ、ネットを揺らした。 ▽このままのスコアで前半が終了し、ビジャレアルはリードして試合を折り返すことに成功。反対に、ホームのセビージャは巻き返しが求められる状態で後半に臨むこととなった。 ▽セビージャは54分、あまりボールに触ることができていないムリエルに代えてイェデルを起用。前線の活性化を図っていく。 ▽58分、セビージャがやや押し込んだ時間帯、ロングボールが上がるとボックス内に混戦がもたらされる。しかし、ゴールの目の前で反応したフランコ・バスケスが放ったシュートは枠を捉えない。 ▽しかし62分、審判の最低に不満を露わにしたイェデルが抗議を行うと、主審はイエローカードを提示。イェデルがそれに対しさらに抗議を行い、2枚目の警告を受けて退場することとなった。 ▽1人多い状況となったビジャレアルは65分、チェリシェフに代えてロベルト・ソリアーノを投入。さらにバランスを整え、より優位に試合を運んでいく。対するセビージャは、67分にフランコ・バスケスに代えてノリートを投入した。 ▽しかし68分、セビージャはミスを重ねてしまう。ピッチ中央付近でパスをミスすると、バッカにボールを奪われる。ビジャレアルのカウンターが発動し、最後はラバのラストパスに抜け出したバッカがGKソリアとの一対一を制して点差を広げた。 ▽それでも76分、ジャウメがボックス内でハンドを犯してセビージャがPKを獲得。さらにジャウメは2枚目の警告をもらい退場することに。一気に流れを引き寄せたかに思われたセビージャだったが、キッカーのノリートが放ったシュートをGKアセンホにキャッチされ、点差を縮めることは叶わない。 ▽しかし、直後にセビージャが反撃を開始する。78分、ビジャレアル陣内中央付近で得たFKをバネガが蹴り、ボックス内右のラングレが頭で中央に落とす。ノリートが押し込み、スコアは1-2に。そして82分、ボックス手前中央でボールを持ったエンゾンジがミドルシュートを放つと、これがネットに突き刺さる。 ▽結局、セビージャが同点弾を決め切った後はスコアが動かないまま試合が終了。この結果、EL出場権争いは痛み分けに終わり、セビージャは5試合未勝利に。一方のビジャレアルも3試合勝ちなしとなった。 2018.04.14 22:05 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース