シティ、今季トップチームデビューのU-19イングランド代表FWと新契約締結!2018.01.12 03:46 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは11日、U-19イングランド代表FWルーカス・エンメチャ(19)と2021年6月までの新契約を締結したことを発表した。

▽ドイツのハンブルクで生まれ育ったエンメチャは、両親のイングランド移住を機に9歳からシティのアカデミーに加入。卓越したスピードと決定力に加え、両足を遜色なく操るストライカーは、アカデミー時代にゴールを量産。そして、昨年12月に行われたEFLカップのレスター・シティ戦で待望のトップチームデビューも飾っている。

▽また、昨年行われたU-19欧州選手権では準決勝と決勝でいずれも決勝ゴールを記録し、U-19イングランド代表の優勝に貢献していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ペップ、恩師率いるチェルシーを選んだジョルジーニョに理解「シティに来れば間違いだっただろう」

ジョゼップ・グアルディオラ監督は、チェルシーに移籍したイタリア代表MFジョルジーニョがマンチェスター・シティを選んでいれば大きな失敗になっていた可能性があったと考えているようだ。<br><br>今夏、ナポリからシティに加入することが目前まで迫っていたジョルジーニョ。しかし、チェルシーが元ナポリのマウリツィオ・サッリ監督を招へいしたことで、土壇場になって5800万ユーロ(約76億円)で新シーズンからスタンフォード・ブリッジでプレーすることが決まった。<br><br>突如移籍が破談したことを受け、シティはプレミアリーグのライバルチームにジョルジーニョを売却したナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長に怒り心頭。しかし、グアルディオラ監督は、選手自身が行きたいクラブに行ったのだから何も問題はないと会見で話した。<br><br>「確かに我々は獲得を試みたが、別に失望などはしていない。選手たちは自分の行きたいところに行けばいい。彼がマウリツィオとともにチェルシーに行きたいと考えている時に我々の下に来ることを選んでいれば、彼自身にとっても、我々にとっても大きな過ちになっていただろう」<br><br>「しかし、イングランドのフットボール界が素晴らしい選手を手に入れたことは間違いない。彼の成功を祈っている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.23 20:01 Mon
twitterfacebook
thumb

コバチッチ、退団希望をロペテギ監督に通達

▽レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)が、退団希望をフレン・ロペテギ監督に伝えたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽コバチッチは、2015年夏に推定3000万ユーロ(現在のレートで約39億2000万円)の移籍金でインテルからマドリーに加入。しかし、これまでの3シーズンの間にレギュラーを掴むことはできておらず、6月下旬には『マルカ』のインタビューで「もっとプレーしたい。最善策はマドリーを離れることだ」と語っていた。 ▽当然、コバチッチの移籍は既定路線と見られており、それはロシア・ワールドカップ(W杯)で準優勝メンバーになっても変わっていない。W杯決勝の5日後である7月20日にロペテギ監督と面会したコバチッチは、可能な限り早く将来を決定したい、と伝えたという。その深刻さ故に、マドリー側がコバチッチを引き留めることは事実上不可能だと考えるようになったと、『マルカ』は伝えている。 ▽マンチェスター・シティやバイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールなど名だたるクラブからの関心が囁かれているコバチッチ。退団する場合の移籍金は最低でも5000万ユーロ(約65億3000万円)に昇ると試算されている。 2018.07.22 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

W杯落選のザネ、ドイツ代表指揮官との遺恨なし「十分な説明があった」

ロシア・ワールドカップのドイツ代表メンバーから落選していたマンチェスター・シティFWレロイ・ザネは、ヨアヒム・レーヴ監督から説明を受けていたことを『スカイ・スポーツ』に明かしている。<br><br>22歳の若きアタッカーは昨季、プレミアリーグで10ゴール15アシストを記録。圧倒的な強さでプレミアリーグを制覇したシティの攻撃の一翼を担った。しかしロシアでW杯連覇を目指していたドイツ代表の最終メンバーから漏れ、世界中に大きな驚きを与えた。<br><br>ロシアではまさかのグループステージ敗退となったドイツだが、指揮官は続投となることを発表。ザネは、今後も代表で共に戦っていくことになるであろう監督との間に遺恨はないと語った。<br><br>「レーヴ監督と話をしたよ。もちろん、その決断は受け入れたさ。納得できる理由を説明してくれた。だからすべて問題ないさ」<br><br>そして出場は叶わなかったものの、母国の敗退には大きな衝撃を受けたようだ。<br><br>「グループステージ敗退はとても悲しいことだった。気持ちの整理をつけるのはと少し難しいと思うよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.22 17:28 Sun
twitterfacebook
thumb

次こそ“完全退団”! ジョー・ハートが切実な思い明かす

▽マンチェスター・シティに所属するイングランド代表GKジョー・ハート(31)が“完全退団”を渇望した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ジョゼップ・グアルディオラ監督就任の2016年夏以降、トリノやウェストハムにぞれぞれレンタルで加わり、出場機会を確保する日々を強いられるハート。それはロシア・ワールドカップ(W杯)のイングランド代表入りを目指しての決断だったが、最終的にお呼びがかかることはなかった。 ▽現在はシティに戻り、プレシーズンに参加しているハートは、注目が集まる今夏の去就について次のように言及している。 「W杯に出場するためにも、何としてでもプレーのチャンスを確保しなくちゃいけなかった。できる限りのことを尽くした過去2シーズンに後悔ないよ。結果は、みんなが知ってのとおりだけどね」 「僕は経験があって、長く最高レベルの舞台でプレーさせてもらってきた。試合でも多くのことをやってきたつもりさ。クラブで重要な選手になりたい。それは完全移籍じゃないと起こり得ない」 「僕と家族にとって、正しい選択をしたい。難しい決断になるだろうけど、解決の道も見えている状況だ。僕は全てのリーグが好きだ。中でも、セリエAが好きだね。でも、プレーするリーグを限定することはない」 「全てがオープンだよ。僕のキャリアにとって、最良の選択をしたいね」 2018.07.22 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ペップ、教え子ザネのドイツ代表落選にも文句なし「レーブの決断を尊重する」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、教え子であるレロイ・ザネがロシア・ワールドカップへ行けなかったことに関して文句を言うつもりはないようだ。『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。<br><br>ザネは昨シーズン、プレミアリーグの年間最優秀若手選手に輝きながら、ロシアW杯に臨むドイツ代表のメンバーから落選。結果的に、グループリーグ最下位での敗退が決まったため、ヨアヒム・レーブ監督の決断には非難の声が寄せられた。しかし、グアルディオラは「終わったこと」と話し、レーブの決断を尊重する姿勢を見せている。<br><br>「レーブは代表監督で、チームにとってベストだと思う選択をしただけだ。リロイはより強くなるため、この決断を受け入れなければならない。彼は若く、ユーロまでは2年、次のワールドカップまでまだ4年あるからね。昨季のレベルを続けるためにさらに改善する必要がある。我々は彼がここにいてくれた幸せだよ」<br><br>また、同じ監督という職業であるレーブに対して改めてリスペクトを示し、自身の決断に口を挟まれることが苦手だとも明かした。<br><br>「私は全ての監督の決断を尊重しているし、レーブが正しいと思うからそうしたんだ。言うことは何もないよ。他の監督から、私の決断に関して意見を言われるのは好きではない。残念ながら、そうされたこともあるけどね」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.21 19:58 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース