アトレティコ、下部組織に新たに31名を登録...FIFAの選手登録禁止処分が明けて2018.01.11 23:58 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
アトレティコ・マドリーが、未来に向けて動き出した。スペイン『マルカ』が伝えている。

未成年登録に違反があったとして、FIFAから2016年冬・2017年夏の移籍市場における選手登録を禁じられたアトレティコ。だが今冬その処分が明けると、下部組織で一挙31名を登録している。

その内訳はフベニールA(U-19/1名)、フベニールB(U-18/1名)、フベニール・ナショナル(7名)、カデーテA(U-16/2名)、カデーテB(U-15/7名)、インファンティルA(U-14/2名)、インファンティルB(U-13/1名)、アレビンA(U-12/4名)、アレビンB(U-11/4名)、ベンハミン(U-10/2名)となっている。


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース