ファン投票のUEFAベストイレブンが発表! マドリーから最多5名選出2018.01.11 23:09 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽欧州サッカー連盟(UEFA)は11日、「UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー2017」を発表した。

▽ファン投票で決まるベストイレブン。79万8149人の『UEFA.com』ユーザーの投票によって選ばれた2017年のヨーロッパ最高の11人には、史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇を成し遂げたレアル・マドリーから最多5人が選出された。

▽なお、ノミネートされた候補50名の中で最も得票率が高かったのは、レアル・マドリーの主将DFセルヒオ・ラモスの73.7パーセントとなり、続いてレアル・マドリーDFマルセロの70パーセント、3位にはバルセロナFWリオネル・メッシの59.8パーセントとなった。

▽また、チェルシーMFエデン・アザールが昨シーズンCL出場がなかったチーム所属選手で唯一の選出となっている。今回発表された「UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー2017」は以下の通り。

◆「UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー2017」
GK
ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)

DF
ダニエウ・アウベス(ユベントス/パリ・サンジェルマン)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)
マルセロ(レアル・マドリー)

MF
ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)
エデン・アザール(チェルシー)
トニ・クロース(レアル・マドリー)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)

FW
リオネル・メッシ(バルセロナ)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)

※フォーメーションは[4-3-3]で掲載

コメント

関連ニュース

thumb

今季No1収入フットボーラーは167億円のメッシ! 124億円のCR7は2位

▽『フランス・フットボール』は23日、賃金、ボーナス、広告収入の集計結果として、2017-18シーズンの高収入選手トップ5を紹介した。 ▽1位は、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。1億2600万ユーロを稼ぎ、9400万ユーロで2位にランクインしたレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを大きく引き離した。 ▽また、昨夏に史上最高額の移籍金でバルセロナからパリ・サンジェルマンに加入したブラジル代表FWネイマールは、昨シーズンの4350万ユーロから約2倍となる8150万ユーロで3位という結果となっている。 ◆2017-18シーズンの高収入選手トップ5 1.FWリオネル・メッシ(バルセロナ) [1億2600万ユーロ(約167億2000万円)] 2.FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー) [9400万ユーロ(約124億8000万円)] 3.FWネイマール(パリ・サンジェルマン) [8150万ユーロ(約108億2000万円)] 4.MFガレス・ベイル(レアル・マドリー) [4400万ユーロ(約58億4000万円)] 5.DFジェラール・ピケ(バルセロナ) [2900万ユーロ(約38億5000万円)] 2018.04.24 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンゼマに辛辣なマカーイ氏「いろいろしてるらしいが、ソファーから見る限りゴールは決めてない」

元オランダ代表FWロイ・マカーイ氏が、古巣バイエルンとチャンピオンズリーグ準決勝で対戦するレアル・マドリーについてコメントした。<br><br>現在フェイエノールトで、下部組織の監督及びトップチームのFWコーチを務めているマカーイ氏。スペイン『アス』とのインタビューに応じた同氏は、バイエルンとレアル・マドリーのどちらが強いかとの問いに対して、次のようにコメントしている。<br><br>「突破の確率は50%ずつだね。マドリーはリーガで強さを発揮し、バイエルンはすべてで強さを示している。バイエルンはとても万能で、ハインケスは中盤で6~7選手を起用できる。ジダンのマドリーもそうだけど」<br><br>その一方でマカーイ氏は、今季公式戦9得点とゴール欠乏症に悩まされるFWカリム・ベンゼマについて、辛辣な意見を述べる。「ベンゼマのことはどう思いますか?」との質問に「私にとって最高のストライカーはレヴァンドフスキだ」と答え、こう続けた。<br><br>「レヴァンドフスキはゴールを決め、チームのプレーを活性化させ、アシストも記録している&hellip;&hellip;。ドルトムントで重要な存在だったし、バイエルンでもそうだ。マドリーが実際に彼に興味を示しているとしても、驚きはないね」<br><br>「ベンゼマ? 彼は重要な存在だった。けれども、過去数年のようなレベルにはない。今季、一体何点決めたんだ? ほんのちょっとだ。ストライカーにとって最も重要な仕事は、ゴールを決めることじゃないのか。マドリーが幸運だったのは、それができる選手、クリスティアーノがいることだ。一方ベンゼマはこの2~3年間、以前のようなレベルにない」<br><br>「ジダンはゴール以外の様々なことをしていると、ベンゼマを擁護しています」との問いに対しては、このように返答する。<br><br>「自分はソファーから意見を言うだけだ。しかし、テレビで見ている限り、ゴールは少ししか決めていない」<br><br>マカーイ氏はまた、自身が所属していた頃のバイエルンを仕切っていたのがオリバー・カーン氏であった語り、その姿をDFセルヒオ・ラモスと重ねている。<br><br>「カーンは勝者だった。素晴らしいキャプテンだったよ。練習の姿勢が試合と変わらず、ほかの選手の面倒も見ていた&hellip;&hellip;。すべてを勝ち取ることを望み、凄まじい影響力があったんだ。今はラモスのことも同じように見ている。クリスティアーノもいつだって勝利を望んでいる。が、セルヒオ・ラモスはセルヒオ・ラモスってことだ」<br><br>「私がスペインにいた頃の彼は、セビージャでプレーし始めたばかりの若造だった。それがマドリーのキャプテンにまで上り詰めたのならば、何かを持っていたということだろう」<br><br>提供:goal.com 2018.04.24 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

本音? それとも建前? ペレス会長「K・ナバスは今後も長い間我々と共に」

▽レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はコスタリカ代表GKケイロル・ナバスに厚い信頼?を寄せているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽加入2年目となった2015-16シーズンからマドリーの守護神として活躍するナバスは、史上初となるチャンピオンズリーグ(CL)連覇や昨季のリーガエスパニョーラ優勝に貢献。その一方で、2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア獲得交渉の際にトレード要員に出されるなど、クラブから全幅の信頼を得られていない。 ▽今夏にはそのデ・ヘアを始め、チェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワやローマのブラジル代表GKアリソン・ベッカーが獲得候補に挙がっている。 ▽新守護神獲得に最も熱心といわれるペレス会長だが、先週末に行われたクラブのイベントに出席した際に同席したナバスへの厚い信頼?を口にしている。 「たとえ色んな人たちが勝手なことを言おうとも、我々はナバスをこのクラブのゴールキーパーとして抱えていることを誇りに思っている」 「彼が今後も今まで通りの形で懸命に努力を続けてくれれば、今後も長い間我々と共にこのクラブに居続けることは間違いない」 ▽このペレス会長からの言葉に対して、ナバスは冷静に返答している。 「僕はこのクラブと街でとても幸せを感じているよ。家族も同様にね」 「今は本当に自宅のような感覚でいるし、今後も長い間このクラブで楽しくキャリアを続けていきたいと思っているよ。同様に僕のメンタリティはここで多くのトロフィーを獲得し続けたい」 2018.04.23 19:20 Mon
twitterfacebook
thumb

リバウド氏、ネイマールはPSG退団勧める「レアル・マドリーなら世界最高の選手になれる」

元ブラジル代表FWリバウド氏は、同胞のFWネイマールがパリ・サンジェルマン(PSG)を退団すべきとの見解を示した。<br><br>ブラジル『グローボ・エスポルチ』とのインタビューに応じたリバウド氏は、ネイマールがPSGにいる限り、世界最高の選手にはなれないとの考えを述べている。<br><br>「ネイマールは世界最高の選手になれる。私は以前にそう話していた。けれどもPSGに残るならば、そうした選手になれないと思う。彼はPSGを退団すべきだ」<br><br>リバウド氏はまた、ネイマールの獲得を狙っていると常々報じられてきたレアル・マドリーが、理想的な移籍先であるとも語っている。<br><br>「バルセロナについては、過去の出来事から復帰の可能性はないだろう。自分に届く近しい人物の情報や耳に入れた話によれば、レアル・マドリーに移籍する可能性があるようだね。あそこならいい。思うに、あそこならば彼は世界最高の選手になれる」<br><br>なおスペイン『マルカ』の報道によれば、レアル・マドリーはネイマールの関係者とコンタクトを取っており、移籍について前向きな考えも伝えられているという。<br><br>提供:goal.com 2018.04.23 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラに触発? モドリッチ、将来MLSでプレーする可能性も?

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、将来メジャーリーグサッカー(MLS)でプレーする日が訪れるかもしれない。イギリス『Four Four Two』がスウェーデン『SVT Sport』でのインタビューを引用して伝えている。 ▽マドリーの絶対的プレーメーカーとして抜群の存在感を示し続けているモドリッチ。2012年にレアル・マドリーに加入し、これまで1度のリーガエスパニョーラ優勝に加え、チャンピオンズリーグとクラブ・ワールドカップを3度制覇するなどマドリーの数々のタイトル獲得に貢献してきた。 ▽そんなモドリッチは昨年12月に「マドリーで引退したい」と明言していたが、それが困難な場合、MLSでプレーする可能性があるかもしれないと明かしている。今冬にロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍し、アメリカで活躍し続ける元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチについて語りながらコメントした。 「時差の関係でなかなか難しいけど、早い時間帯に試合が行われている時には時々ヨーロッパでMLSを観るよ」 「イブラヒモビッチはここ10年、20年ヨーロッパで偉大な選手だった。もう少し長くプレーをして欲しいし、その姿を観ていたいね」 「決して何が起こるか分からない」 「僕はまだレアル・マドリーと2年間の契約があり、すごく幸せだよ。可能ならこのクラブでキャリアを終えたいと言い続けてきた」 「でももしそれができないのであれば、アメリカに身を置くかもしれないね」 2018.04.22 15:35 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース