ビエットがバレンシアで復活...“メンタリスト”の役割担うマルセリーノ2018.01.11 22:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
バレンシアFWルシアーノ・ビエットが、復活を遂げた。その背景には、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督の支えがあったようだ。

今冬アトレティコ・マドリーからバレンシアに移籍したビエットは、1年以上無得点が続き苦しんでいた。だがバレンシア加入を決め、2試合目(コパ・デル・レイ5回戦第2戦ラス・パルマス戦)にしてハットトリックを達成してゴールの呪縛から解放されている。

ビエットはラス・パルマス戦後、「マルセリーノは僕の最高のパフォーマンスを引き出す術を知っている」と語った。指揮官を称えているのは、アルゼンチン人FWだけではない。

主将を務めるMFダニ・パレホは、マルセリーノ監督について「練習初日から、僕は何かを感じ取った。注意を引き付けられ、思ったんだ。『この監督と過ごす一年を逃すことはできない』とね」と述べている。

FWロドリゴ・モレノはスペイン代表に定着して、シモーネ・ザザはイタリア代表に返り咲いた。MFゴンサロ・ゲデスはポルトガル代表に招集された。マルセリーノ監督は“メンタリスト”として、バレンシアで数多くの選手を再生している。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース