大迫勇也、肺炎から復帰もリーグ再開の次節は欠場か…独紙「まだ体力も瞬発力も不足」2018.01.11 22:23 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也は、14日に行われるブンデスリーガ第18節ボルシア・メンヒェングラットバッハ(ボルシアMG)戦に間に合わないかもしれない。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

勝ち点6で最下位に沈むケルンだが、後半戦に向けてシュトゥットガルトからFWシモン・テロッデを獲得。また昨年最後の数試合を欠場していた大迫やセルー・ジウラッシ、クラウディオ・ピサロやシモン・ツォラーが全体練習に復帰しており、攻撃陣の状況が大幅に改善したところだ。

しかし、そのため、シュテファン・ルーテンベック監督はダービーである次節でそのうち少なくとも3人をベンチに置くかメンバーから外すことになる。『ビルト』の見解では、最も出場が見送られる可能性が高いのは大迫のようだ。「大迫が外れることはほぼ確定だろう。肺炎を乗り越えた日本人選手はまだ体力も瞬発力も不足している。ダービーに間に合わない」と記されている。

同紙は、新加入のテロッデが最前線で先発し、ジュラッシやツォラー、さらに最近数試合でFW起用が好印象を残したDFルーカス・クリュンターがチャンスをうかがうことになると予想している。ピサロに関しては、カウンター攻撃を主体とした戦略が用いられるケルンでは、出場機会が少ないとの見解が述べられている。


提供:goal.com

コメント



欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース