清水がウェスタン・シドニーからMF楠神順平を完全移籍で獲得「素晴らしいサポーターを味方にできることはとても心強い」2018.01.11 20:37 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽清水エスパルスは11日、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズのMF楠神順平(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽楠神は、同志社大学から2010年に川崎フロンターレへと入団。2013年からはセレッソ大阪、2016年からはサガン鳥栖でプレー。2016年7月にウェスタン・シドニー・ワンダラーズへと移籍していた。Aリーグでは、2017-18シーズンで11試合に出場し1得点を記録していた。楠神はクラブを通じてコメントしている。

「今季より加入しました楠神です。日本平は何度も来ていますが、いつも良いスタジアムだと思っていましたので、そこをホームとしてプレーできることが楽しみです。そして、素晴らしいサポーターを味方にできることはとても心強いです。一つでも上の順位を狙えるよう頑張りますので、これからよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

J帰還のドウグラスがいきなり決勝弾! 清水がG大阪を振り切る《J1》

▽22日にパナソニック スタジアム 吹田で行われた明治安田生命J1リーグ第17節のガンバ大阪(16位/勝ち点15)vs清水エスパルス(9位/同21)は、アウェイの清水が2-1で勝利した。 ▽G大阪は、負傷で出場危ぶまれた遠藤がスターティングメンバー入り。出場停止のファビオに代わるセンターバックとして、菅沼が起用された。対する清水は、石毛が先発メンバーに。今夏加入のドウグラスがベンチに入った。 ▽試合は開始早々、三浦とマテウスに立て続けのシュートチャンスが巡ってきたG大阪が積極的な入りを見せる。だが、26分にボックス内で北川に入れ替わりを許した菅沼がファウルで止めてPKを献上。これを北川が確実に決め、清水が先制する。 ▽リードを許したG大阪は、後方でボールを落ち着かせ、攻撃の糸口を探る。だが、バイタルエリアに差し掛かった攻撃は精彩を欠き、その中で何度か作り出したカウンターもシュートの形に繋げることができない。 ▽早いうちに追いつきたいG大阪は、ハーフタイム明けに高江から藤本にスイッチ。前半と同様に良い入りを見せて反撃を試みるが、50分にカウンターからクリスランに決定的な場面を許すなど、不安定な戦いが続く。 ▽54分にクリスランが負傷交代となり、ドウグラスのスクランブル起用を強いられた清水。だが、これがハマる。65分にカウンターから右サイドの北川が中央にクロスを送る。ニアサイドのドウグラスが頭で合わせ、追加点を奪った。 ▽追い込まれたG大阪は2失点目直後、アデミウソンと倉田を下げ、長沢と食野を起用。その中。75分にバイタルエリア左から中にカットインする得意の仕掛けからファン・ウィジョが右足シュートを決め、1点差に詰め寄った。 ▽勢いづくG大阪は、その後も攻勢に転じる。だが、後半アディショナルタイムに放った米倉のヘディングシュートは無情にもクロスバーの上。1点を守り切った清水が2連勝を飾った。G大阪はシーズン3度目の連敗を喫している。 2018.07.22 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ホームで3得点の清水が天皇杯敗退の悪い流れを払拭する快勝劇!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節の清水エスパルスvsセレッソ大阪が18日にIAIスタジアム日本平で行われ、3-0で清水が勝利した。 ▽10位でリーグ中断を迎えた清水は、11日に行われた天皇杯3回戦のヴァンフォーレ甲府戦を惜敗。清水はその試合からスタメンを2人変更。GK西部とMF石毛に代えてGK六反とMFミッチェル・デュークを先発で起用した。 ▽一方、1試合未消化ながら4位でリーグ中断を迎えたC大阪は、直近に行われた天皇杯3回戦のツエーゲン金沢戦を3-0と快勝。リーグ戦3連勝で上位追走を狙うC大阪は、その試合からスタメンを3人変更。金沢戦で負傷のMF柿谷と外国人枠の関係でMFソウザがベンチ外となる中、ロシア・ワールドカップに臨んだMF山口やGKキム・ジンヒョンらが先発に復帰している。 ▽試合は早い時間に動きを見せる。11分、金子の右CKのこぼれ球を左サイドの松原が繋ぐと、ボックス左でボールを受けたファン・ソッコがシュート。これがゴールネットを揺らした。 ▽反撃に出たいC大阪だったが、再びスコアを動かしたのは清水。28分、白崎のスルーパスをボックス左で受けたミッチェル・デュークがダイレクトでクロスを供給。これは相手DFに当たるも、こぼれ球をボックス内で拾った北川が素早くシュート。これがゴール右隅に決まった。 ▽迎えた後半、2点リードする清水は66分にミッチェル・デュークを下げて石毛を投入。すると直後の67分、立田が放ったミドルシュートがボックス内の金子の足下へ渡ると、ボックス右に流れながら飛び出したGKをかわしクロス。これをクリスランがヘディングで流し込み、清水が3点目。 ▽リードを広げられたC大阪は、73分に清武を下げて山村、77分に水沼を下げて福満を投入し、前線の活性化を試みる。87分には、丸橋の右CKから清水ゴールに迫るも、これは飛び出したGK六反のパンチングに阻まれる。 ▽結局、最後までC大阪に主導権を与えなかった清水が3-0で勝利。清水が天皇杯敗退の悪い雰囲気を払拭する快勝劇で中断明けの初戦を飾った。 2018.07.18 21:38 Wed
twitterfacebook
thumb

清水、ジェリー・ペイトン氏をコーチに招へい! 磐田、神戸、アーセナルなどのGKコーチを歴任

▽清水エスパルスは14日、コーチにジェリー・ペイトン氏を招へいしたことを発表した。 ▽ジェリー・ペイトン氏は、元アイルランド代表GK。指導者としては1994年から1995年までジュビロ磐田のGKコーチ、1995年から1997年までヴィッセル神戸のGKコーチを歴任。その後はスウェーデン1部リーグのAIKソルナ、フルアム、アーセナルでGKコーチを務めていた。 2018.07.14 14:10 Sat
twitterfacebook
thumb

清水に痛手…FW鄭大世が右ハムストリングス肉離れで全治約6週間

▽清水エスパルスは14日、元北朝鮮代表FW鄭大世が静岡市内の病院にて検査を行った結果、右ハムストリングス肉離れと診断されたことを発表した。全治は6週間を要する見込み。 ▽鄭大世は11日に行われた第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会の3回戦のヴァンフォーレ甲府戦(0-1で敗戦)で負傷した。 ▽鄭大世は2015年7月に水原三星から清水に加入。今シーズンはここまで公式戦21試合4ゴール4アシストを記録していた。 2018.07.14 14:05 Sat
twitterfacebook
thumb

清水、FWドウグラスを獲得 過去に徳島や京都、広島でプレー

▽清水エスパルスは13日、アランヤシュポル(トルコ)に所属するブラジル人FWドウグラス(30)の完全移籍加入を発表した。背番号は「49」に決定している。 ▽ドウグラスは過去、徳島ヴォルティスや京都サンガF.C.サンフレッチェ広島でもプレーした決定力が魅力のストライカー。広島在籍の2015年にJ1得点ランキング2位の21得点を挙げ、優勝に貢献すると共にベストイレブンを受賞した。その後、2016年にアル・アイン移籍。2018年からアランヤシュポルに活躍の場を移した。 ▽Jリーグ復帰となるドウグラスは、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「また日本に来ることができて大変嬉しく思います。2010年に初めて日本に来ましたが、私の家族も日本が大好きですし、とても喜んでいます。これから新しいチャレンジができるチャンスを与えてくれた、エスパルス関係者の皆さんには感謝の気持ちしかありません。エスパルスの目標達成のために頑張っていきたいと思います。また、サポーターの皆さんに喜んでもらえるプレーをしたいと思いますので、後押しをお願いします!」 ▽清水は、今シーズンの明治安田生命J1リーグ第15節終了時点で降格圏と勝ち点5差の10位。再開初戦の18日に行われる第16節でセレッソ大阪をホームに迎え撃つ。 2018.07.13 15:45 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース