レスター指揮官、岡崎慎司との契約延長を希望も「優先度は高くない」2018.01.11 07:59 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
レスター・シティを率いるクロード・ピュエル監督は、日本代表FW岡崎慎司との契約延長を希望している一方で、優先度は高くないことを認めた。地元紙『レスター・マーキュリー』が報じている。

来シーズン末でレスターとの契約が切れる岡崎は、今季好調をキープ。すでにここまで7ゴールをマークしている。いまだジェイミー・バーディーの相棒としてローテーションで起用される選手の一人ではあるが、ピュエル監督は岡崎を手元に残したいと考えているようだ。

「この件については選手とクラブで話し合う必要がある。ただし、今冬の移籍市場において優先度は高くない。彼はメンバーにおいて価値の選手で、彼もここで幸せだと思う。ここでプレーすることを続けてくれれば、チームにとっても彼にとっても良いと思うね」

岡崎がレスターで確固たる地位を築きつつあるのに対し、イスラム・スリマニ、アーメド・ムサ、レオナルド・ウジョアといった選手は移籍がうわさされ、昨夏に加わったケレチ・イヘアナチョはいまだ出場機会の確保に苦しんでいる。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース