セビージャFWラッソがオサスナへレンタル移籍2018.01.11 02:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ2部のオサスナは10日、セビージャのスペイン人FWボルハ・ラッソ(24)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。▽セビージャのカンテラ出身で左ウイングを主戦場とするラッソは、これまでセビージャのBチームであるセビージャ・アトレティコで公式戦111試合に出場して10ゴール11アシストを記録。2016年11月にトップチームデビューを飾り、これまで5試合に出場。今季の開幕戦でリーガデビューを飾ったが、それ以降リーガで出場機会を得ることはできずにいた。

▽移籍先のオサスナは現在リーガ2部で8位に付け、昇格プレーオフに回れる6位のグラナダとは2ポイント差としている。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:バルセロナ 4-2 セビージャ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第9節、バルセロナvsセビージャが20日に行われ、4-2でバルセロナが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181021_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 テア・シュテーゲン 6.5 4度のスーパーセーブを披露。今日の勝利はこの男の活躍あってこそ DF 2 N・セメド 6.0 右サイドの攻撃参加が目立った。守備の対応も悪くなかった 3 ピケ 6.0 集中した守りで対峙したアンドレ・シウバに何もさせなかった 15 ラングレ 5.5 詰めが甘い部分もあったが及第点 18 ジョルディ・アルバ 5.5 長所の攻撃参加があまり見られず MF 5 ブスケッツ 5.5 無難にボールを捌いた 4 ラキティッチ 6.0 効果的なパスを供給しながらチームの4点目を記録 8 アルトゥール 5.5 ほとんどすべてのパスを成功させた (→セルジ・ロベルト 5.0) 途中交代も見せ場なく FW 10 メッシ 7.5 わずか12分で1ゴール1アシストの離れ業。しかし右ひじを負傷し前半の内に交代 (→デンベレ 6.0) 必殺のスピードで何度も相手の裏を取った 9 スアレス 7.5 メッシのゴールだけでなくほとんどすべての攻撃に絡んだ。自ら得たPKで3点目を記録 (→ムニル -) 7 コウチーニョ 6.5 先制ゴールを記録。要所で攻撃に絡む活躍 監督 バルベルデ 6.0 首位相手に圧巻のパフォーマンス。メッシ交代後も慌てず見事に試合を制した ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181021_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 バシリク 5.0 1失点目はノーチャンスも、3失点目は自らPKを献上 DF 6 カリソ 4.5 相手に好き放題やられてしまった 4 ケアー 5.5 空中戦で強さを見せた (→メルカド 5.0) 途中出場ながらも上手く試合に入れた 3 セルジ・ゴメス 5.0 メッシ、デンベレの対応に追われた。左サイドからは何度もピンチに MF 16 ヘスス・ナバス 6.0 積極果敢な攻撃参加で右サイドから何度もチャンスを演出 10 バネガ 5.0 バルサの中盤を抑えられず好き勝手された印象 22 フランコ・バスケス 5.5 攻守に貢献。高いパス成功率でセビージャの攻撃のタクトを振るった (→ロケ・メサ 5.0) パス成功率は驚異の100%。無難なパスが多かったか 23 アラーナ 5.5 やや戻りが遅くセルジ・ゴメスに迷惑をかけたか。攻撃性能は悪くない 17 サラビア 5.5 意地の一発を見せた。 FW 9 イェデル 5.5 パスを貰う動きで前線を活性化。シュートチャンスはあっただけに得点が欲しかったが 12 アンドレ・シウバ 5.0 なかなかシュートチャンスが訪れず見せ場を作れなかった (→ムリエル 5.5) 途中出場ながらも後半アディショナルタイムに得点。少し時間が足りなかったか 監督 マチン 5.0 守備に課題が残る試合だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! メッシ(バルセロナ) ▽開始12分で1ゴール1アシストという圧巻のパフォーマンス。右ひじのケガがなければもっと楽に勝てたかもしれない。 バルセロナ 4-2 セビージャ 【バルセロナ】 コウチーニョ(前2) メッシ(前12) スアレス(後18[PK]) ラキティッチ(後43) 【セビージャ】 サラビア(後34) ムリエル(後46) 2018.10.21 05:50 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサが首位セビージャを4-2で下してトップ返り咲き!1G1Aのメッシは右ひじ負傷で途中交代…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第9節、バルセロナvsセビージャが20日に行われ、4-2でバルセロナが勝利した。 ▽2位のバルセロナと1位のセビージャによる首位攻防戦。第5節以降3分け1敗と低調続くバルセロナ。前節のバレンシア戦に続くビッグマッチだが、何としてでも勝利を取り戻したい一戦だ。スタメンにはN・セメド、ラングレ、コウチーニョ、アルトゥールらが名を連ねた。 ▽対して、第6節ではレアル・マドリーを3-0で下すなどリーグ4連勝と波に乗るセビージャ。この4試合で14ゴールと攻撃陣は特に好調で、アンドレ・シウバやイェデル、フランコ・バスケスらが先発となった。 ▽試合はいきなり動く。2分、N・セメドが右サイドを突破したバルセロナは、トップのスアレスを経由してメッシへ。ボックス手前で受けたメッシがワンタッチでボックス左のコウチーニョに出すと、コウチーニョがダイレクトシュート。これがゴール右上に見事に決まり、バルセロナが先制した。 ▽出鼻を挫かれたセビージャも6分、バネガのパスから左ウイングバックのアラーナがボックス左手前からシュートを選択。だがこれは惜しくも右ポスト叩いた。 ▽先制後も攻撃的な姿勢を貫くバルセロナは9分、メッシのロングスルーパスでジョルディ・アルバが左サイドを突破。折り返しに再びメッシが飛び込むなどメッシが目立つ。すると12分、ピッチ中央で相手のクリアミスを奪ったスアレスがダイレクトで右サイドのメッシへ供給。広大なスペースをドリブルで切り裂き相手のチェックをもろともせず、右からカットインし左足でネットを揺らした。 ▽試合開始からわずか12分で1ゴール1アシストを記録したメッシにアクシデントが起こる。相手のボールを奪いに行った際、弾かれてバランスを崩したメッシは地面に付いた右手に全体重がかかるような倒れ方をしてしまう。しばらくピッチの外に出た後、包帯を巻いて出場を試みたがかなりの痛みのようで、26分にデンベレと交代した。 ▽メッシ離脱後、頼りになったのはスアレスだった。30分過ぎ、スアレスのポストプレーからコウチーニョが得意の左45度の角度からシュートを放つ。その後はスアレスのスルーパスからデンベレが最終ラインを突破。しかしシュートは枠を外れてしまう。スアレスのお膳立てから2度チャンスを迎えたバルセロナだったが、3点目を奪うに至らなかった。 ▽後半もスアレスを中心に攻め込むバルセロナだが、セビージャも意地を見せる。61分、この試合何度も好機を演出しているヘスス・ナバスのクロスにアンドレ・シウバが頭で合わせる。ゴール左上を捉えていたがGKテア・シュテーゲンが右手一本で掻き出す。さらにそこにフランコ・バスケスが詰めていたが、これもテア・シュテーゲンが体でブロック。バルセロナの守護神のビッグセーブが光った。 ▽守護神の活躍に応えるように、バルセロナのストライカーが魅せる。63分、味方のパスでGKと一対一になったスアレスは、抜きにかかったところをGKバシリクに倒されPKを獲得。自らこのPKを決めて、試合を決定づける3点目を奪った。 ▽その後、互いに交代枠を使いながら迎えた79分、セビージャが意地の一発を返す。ボックス右手前でボールを持ったサラビアが左足を振り抜くと、ラングレの頭を掠めてゴールに突き刺さった。 ▽しかしバルセロナが再び突き放す。88分、アタッキングサードでのデンベレのパスが相手の足に当たり浮き上がったところを、ラキティッチがダイレクトボレーでボックス右からゴールを決めて4-1に。だが、セビージャも負けじと後半アディショナルタイムに途中出場のムリエルがボックス左からネットを揺らし、またも2点差に。 ▽だが、これ以上セビージャの反撃の時間は残されておらず4-2で試合終了。バルセロナが5試合ぶりの勝利を取り戻すとともに、首位に返り咲いた。 2018.10.21 05:49 Sun
twitterfacebook
thumb

“ドリブルお化け”中島翔哉にセビージャ関心か

▽スペイン『ムンド・デポルティボ』は、セビージャがポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉(24)に興味を示していると報じた。 ▽2017年夏にポルティモネンセ入りして以降、まばゆい輝きを解き放ち続ける中島。今シーズンもここまでポルトガルリーグ得点ランキング2位タイの4得点を挙げる活躍ぶりを受け、森保一新体制の日本代表に呼ばれ続けており、16日に行われたキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦でも強豪撃破に大きく貢献した。 ▽その中島を巡り、多くのクラブが目を光らせているとみられるが、ここに現在のリーガエスパニョーラで首位に立つセビージャも加わっているという。セビージャはポルティモネンセのホーム戦に必ずスカウトを現地に派遣して視察。なお、中島を獲得するための移籍金として、2000万ユーロ(26億円)を積む必要がある模様だ。 ▽インテル時代を含めて名だたる選手たちとプレーしてきた日本代表DF長友佑都からウルグアイ代表戦後のミックスゾーンで“ドリブルお化け”と言わしめるなど、確かな成長の跡を見せ続ける中島。今後の動向から目が離せない。 2018.10.17 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

リーガ首位のセビージャ、中島翔哉獲得への関心強める…近々具体的なオファー提示か

▽セビージャが、ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉(24)への関心を強めているようだ。ポルトガル『レコード』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、現在リーガエスパニョーラで首位に立つセビージャは昨シーズンから中島の視察を継続。同クラブのサッカースタイルにマッチすると見込んでおり、近々具体的なオファーを提示する可能性もあるようだ。 ▽現在、中島に対してはセビージャのほか、シャフタールら欧州複数クラブが関心。契約解除金は、4000万ユーロ(約53億円)に設定されているとされる。 ▽中島は、昨夏にFC東京からポルティモネンセにレンタルで加入し、海外挑戦1年目から公式戦32試合10ゴール12アシストの好成績を残した。完全移籍を果たして背番号10を着用してプレーする今シーズンは、ここまで公式戦8試合に出場して、4ゴール3アシストを記録している。 2018.10.14 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャ先制もクラスノダールの猛攻に耐え切れず逆転負け《EL》

▽セビージャは4日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループJ第2節でFCクラスノダールとアウェイで対戦し、1-2で敗れた。 ▽EL初戦ではスタンダール・リエージュ相手に5-1と力の差を見せ付けたセビージャは、その後の国内リーグ戦でもレアル・マドリーから白星を挙げるなど3連勝を収めている。 ▽直近のエイバル戦から5選手の変更を加えたスタメンで臨むセビージャは開始早々にピンチを迎えてしまう。3分、軽率なバックパスをクラーソンに奪われ絶体絶命。しかし、ここはクラーセンのシュートミスに助けられ事なきを得た。 ▽このプレーから気合を入れ直したセビージャは12分、左サイドからのクロスをムリエルが合わせるが惜しくも枠の外。枠に収めていればというシーンだった。 ▽だが、その後は攻め込まれる展開に。21分、相手の左CKからママエフにヘディングシュートを許すと、これがクロスバー直撃。さらに25分には今度はカボレのボックス手前からのシュートがクロスバーにヒット。セビージャは立て続けにクロスバーに救われる形となった。 ▽互角以上の戦いを強いられるセビージャだったが、前半終了間際に先制に成功する。43分、バネガのグラウンダーのCKをノリートがダイレクトシュート。これが相手のママエフに当たってコースが変わり、GKの逆を突く形でゴールに吸い込まれた。 ▽セビージャがリードして迎えた後半、先にチャンスを作ったクラスノダールは55分、味方のスルーパスに反応したクラーセンが最終ラインを抜け出すも、GKと距離も詰められたためシュートコースがなくなり、このシュートもクロスバーを叩いた。 ▽1点では心もとないセビージャは61分にムリエルを下げて快調アンドレ・シウバを投入。だが、嫌な予感が的中する。 ▽圧倒的なクラスノダールペースで迎えた72分、敵陣中央から突破を試みたクラスノダールは、狭いスペースで細かく繋ぎ、マウリシオ・ペレイラがママエフとのワンツーで守備網を掻い潜ると、ボックス右から左ネットにシュートを突き刺し同点に追いついた。 ▽ついに追いつかれてしまったセビージャはノリートとプロメスを下げてフランコ・バスケスとイェデルをピッチへ送り出す。 ▽しかし、次に試合を動かしたのもクラスノダールだった。88分、ボックス手前からの強烈なFKはGKバシリクにはね返されるものの、こぼれ球にクラーセンがいち早く反応。頭で落とすと、これをオクリアシュヴィリがオーバーヘッドシュートで叩き込み、土壇場でホームチームが試合を引っくり返した。 ▽その後、セビージャも攻勢を強めるものの時間が足りず万事休す。相手の猛攻に耐え切れなかったセビージャは相手に2連勝を譲る結果となってしまった。 2018.10.05 06:06 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース