レアル・マドリーに在籍歴のある元フランス代表FWフォベールがインドネシアに移籍2018.01.11 01:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元フランス代表FWジュリアン・フォベールが10日、インドネシアのボルネオに加入した。

▽カンヌでプロデビューを飾ったウインガーのフォベールは、ボルドーやウェストハムで活躍後、2009年冬にレアル・マドリーへレンタル移籍。しかし、出場機会を得られず、その後はトルコや古巣のボルドー、スコットランドなどでプレー。2017年冬にはフィンランドのインテル・トゥルクに1年契約で加入し、公式戦31試合に出場していた。

▽移籍先のボルネオにはサッカー界最速とも評されたインドネシア人FWテレンス・プヒリが所属している。

コメント

関連ニュース

thumb

セクハラ、銃器不法所持、傷害…トルコ代表アルダ・トゥランに最大12年半の懲役刑の可能性

▽イスタンブール・バシャクシェヒルのトルコ代表MFアルダ・トゥラン(31)に、最大12年半の懲役刑が科される可能性があるようだ。トルコ『Hurriyet』が伝えている。 ▽トゥランは10日、ナイトクラブでトルコの有名歌手ベルカイ・シャヒン氏の妻であるエズレムさんにアプローチをかけたことから喧嘩が勃発。トゥランはベルカイ氏の鼻の骨を折ったほか、同氏が搬送された病院でエズレムさんにベルカイ氏を撃ち殺すよう銃を促したと報道されている。 ▽これに関し、トゥランは“セクシャルハラスメント”“銃器不法所持”“傷害罪”の疑いで起訴され、最大12年半の懲役刑が科される可能性があるという。なお、ベルカイ氏側にも、トゥランを侮辱した疑いがかけられており、最大2年間の懲役が科される可能性もあるようだ。 2018.10.16 00:16 Tue
twitterfacebook
thumb

「俺、プロじゃねーし!」 ウサイン・ボルトがドーピング検査要求に驚きと怒り

▽Aリーグのセントラルコースト・マリナーズでトライアルを受けているウサイン・ボルトが、オーストラリアのアンチドーピング機構(ASADA)からドーピング検査の通知を受けたことを明かした。ボルトが自身の公式『インスタグラム(@usainbolt)』で発表した。 ▽2017年に陸上競技短距離選手を引退後、プロフットボーラーへの転身を図るボルトは、現在セントラルコースト・マリナーズでトライアルを受けている。そして、12日に行われたサウスウエスト・ユナイテッドとのフレンドリーマッチでは、待望の初ゴールを含む2ゴールの大活躍でフットボール界にサプライズを提供した。 ▽そのボルトは14日、自身の『インスタグラム』でASADAからドーピング検査の通知を受けたことを通知書類の拡大画像と共に明かし、陸上選手でもなくプロフットボーラーでもない現在の自身が検査を受ける必要があるのかと問題提議している。 「ちょっと、これ(通知書類)を見てほしい。俺は陸上競技から引退して今はフットボーラーを目指している」 「それなのに今日、薬物検査を受ける必要はあるのか? 俺はまだプロフットボーラーでさえないのにね。真剣に困っちゃうぜ」 「だから、俺は係の女性に『まだ、クラブとも契約していない俺がなんで検査を受けないといけないんだ』って聞いたよ。そしたら彼女は俺がエリートアスリートだから検査を受ける必要があるって言ってきたよ」 ▽ボルトの意見はまさに正論と言えるが、ASADA側にも何某かの正当な理由があるのかもしれない。とりあえず、有名人は何かと煩わしいということだけは確かだ。 2018.10.15 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表に追い打ち…J・ボアテングも負傷離脱

▽ドイツサッカー連盟(DFB)は14日、バイエルンに所属するDFジェローム・ボアテングの負傷離脱を発表した。 ▽J・ボアテングは、13日に行われたUEFAネーションズリーグのオランダ代表戦にフル出場。この試合でふくらはぎを痛めたという。 ▽ドイツ代表はそのオランダ代表戦で0-3の完敗。ロシア・ワールドカップの韓国代表戦を含む直近4試合中3試合で得点がない。 ▽故障離脱者も相次ぎ、苦しい戦いが続くドイツ代表。16日に行われる次戦、UEFAネーションズリーグでフランス代表と対戦する。 2018.10.15 09:25 Mon
twitterfacebook
thumb

香港の傑志所属、中村祐人が香港代表入りを明言…16日インドネシア代表戦でデビューも

香港リーグの傑志でプレーする中村祐人が13日、自身のSNSで中国国籍を取得し、香港代表から招集を受けたことを明らかにしている。<br><br>香港代表は16日にインドネシア代表との親善試合が控えており、早ければこの試合で中村はピッチに立つ可能性があるという。中村は自身の公式SNSで次のように述べ、香港代表としての意気込みを示している。<br><br>「帰化して香港人になりました。そして16日に行われるインドネシアとの親善試合に香港代表として招集されました。香港サッカーの更なる発展のために全力で戦っていきます!これまで応援してくださった皆様、ありがとうございました。これからも温かく見守って頂けると幸いです。」(原文ママ)<br><br>1987年生まれ、現在31歳の中村は浦和の下部組織育ちで、青山大を経て2009年に香港一部のTSWペガサスに加わった。その後ポルティモネンセ(ポルトガル)、公民、南華足球隊、和富大埔を経て今年から傑志に在籍。同チームではリバプールやユベントスに在籍経験のある元マリ代表MFモハメド・シソコとともにプレーしていた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.14 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

テベスが明かす「ドラッグ、武器、強盗に囲まれた幼少期。サッカー観戦は好きでない」

ボカ・ジュニアーズに所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、アルゼンチン紙『El Clar&igrave;n』のインタビューの中で、意外な事実を明かしている。<br><br>テベスは幼少期を振り返り、自身が生まれ育ったブエノス・アイレス近郊フエルテ・アパーチェでの生活が厳しいものであったことを告白した。<br><br>「ドラッグや武器、強盗などに囲まれていたフエルテ・アパーチェでの幼少期は厳しいものだった。それでも僕ら子供たちは幸せだった。いつもサッカーをして遊んでいて、空腹になるまでやった。ここではチーズやサラミを賭けてプレーしていたよ。とにかく勝たなければならなかった。負けたら借金を返すこともできないからね」<br><br>続いて元アルゼンチン代表FWは、貧しい子供たちへの支援がなかなか行き届かない現状を嘆いた。<br><br>「一日中、政治について議論しても意見がまとまることはない。その間にも餓死する人がいる。議論に時間を費やしているばかりで、餓死の危機にある子供たちのために何もしていない」<br><br>テベス自身はサッカー選手としての才能を磨いたことで、フエルテ・アパーチェでの貧しい生活から抜け出すことができたが、実はサッカー観戦が好きではないと明かしている。<br><br>「テレビでサッカーを見るのが好きではないんだ。もしテレビでバルセロナ対レアル・マドリーと、ゴルフ大会が同時に放映されていたら、僕はゴルフを見るよ。サッカーの試合に関して夢中になったことは今までないんだ。足元にボールを置いてプレーするのは好きだけどね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.13 13:10 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース