アーセナル相手にジャイキリを達成したノッティンガム・フォレストのDFリチャイが飼い犬に付けた名前が衝撃的2018.01.11 00:19 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属するノッティンガム・フォレストのアメリカ人DFエリック・リチャイが飼い犬に付けた名前が話題となっている。

▽ノッティンガム・フォレストは7日、FAカップ3回戦でアーセナルと対戦し、4-2で勝利。その試合でDFながら2得点を挙げ勝利に貢献したリチャイは、実は試合前に奥さんとある約束をしていたようだ。

▽それは「ハットトリックを達成したら犬を飼ってもいい」というもの。20分に頭で先制点を挙げたリチャイは、その後前半終了間際に見事なボレーシュートで2点目を奪取。後半に入って、2度のPKのチャンスがあったものの、キッカーにしてもらえず、結局ハットトリックまであと1点というところで試合は終了した。

▽アーセナル相手に素晴らしい試合内容でジャイアントキリングを達成したが、奥さんとの約束を果たせなかったリチャイ。しかし、その活躍から、ファンやサポーターからの後押しがあり、見事に奥さんからの承認を得ることが出来た模様だ。そして、自身のツイッターで犬の写真と共にコメントを投稿。

「みんなに新しい家族が増えたことを伝えたかったんだ。名前は…ガナー。みんなのおかげだよ、ありがとう」

▽話題となっているのはその犬の名前だ。「ガナー」という名前は、おそらくアーセナルの相性である“ガナーズ”からきているのだろう。これは、アーセナルに勝利した記念に付けた名前なのか、それとも皮肉を込めた名前なのかは定かではないが、リチャイのネーミングセンスには、フォロワーからの賛辞が飛び交っている。

コメント

関連ニュース

thumb

ピュエル体制では岡崎慎司の居場所なし?レスター地元記者「10番で必要なプレーではないだろう」

レスターでのFW岡崎慎司の立ち位置は、危うくなっているのかもしれない。地元紙『レスター・マーキュリー』が伝えている。<br><br>9月の段階ですでに公式戦4ゴールを奪うなど、前半戦は好調を維持していた岡崎。しかし、昨年10月にクロード・ピュエル監督が就任すると先発出場の機会が減っていき、負傷の影響もあってレギュラーとは言えない状況となっている。また、指揮官はフォーメーションを4-2-3-1に変更。トップ下の位置で多くの選手を試すようになっている。<br><br>そんな中、『レスター・マーキュリー』のジェームズ・シャープ記者は、「レスターの新しい10番を探せ」と題し、トップ下のポジション争いについて言及。岡崎の状況について以下のように考察している。<br><br>「オカザキは(ジェイミー)ヴァーディの最高の相棒だったが、それはレスターがボールを保持しない以前のスタイルでのことだった。オカザキの野心的なアプローチが相手守備陣悩ませているかは、大きな疑問である。ピュエルのもとで、果たしてそのポジションで必要なことなのだろうか」<br><br>「10番の役割は、ピュエルのポゼッションスタイルが効果的に働くためには不可欠だ。指揮官は、ボールを保持でき、素早い判断と創造性ある選手を望んでいる。そしてもっとも重要なのは、ボールを前進させることができる選手だ」<br><br>ライバルとなり得るFWケレチ・イヘアナチョは前節のサウサンプトン戦で「最初の30分は良かった」とし、MFデマライ・グレイ、FWディアバテは「もっとスペースを必要とする」と評価。MFリヤド・マフレズは「サイドから切り込み、1対1を好んでいる」とし、トップ下が適正ではないとしている。<br><br>そして、「ピュエルにとって10番は非常に重要だ。夏に新たな選手を獲得するだろう」とし、パリ・サンジェルマンMFハテム・ベン・アルファが獲得候補になっているとした。<br><br>ピュエル監督は先日、今季残りの4試合で、来シーズンのために選手を試すことを示唆している。<br><br>「シーズンが終わるまで、様々な選手をプレーさせる。解決策を出す良い機会になるだろう」<br><br>「例えば、オカザキのハードワークについて理解しているし、ケレには良いインテンシティとクオリティがある。様子を見てみよう。多くのオプションがある。面白い試みになる」<br><br>レスターの残り4試合の相手は、クリスタル・パレス、ウェストハム、アーセナル(第31節延期分)、トッテナムと、残留争いやチャンピオンズリーグ出場権を争う強豪チームとの対戦が残っている。<br><br>レスターでの出場機会の少なさもあり、最近では日本代表からも遠ざかっている岡崎。この4試合は、クラブでの生き残り、そしてロシア・ワールドカップ出場へ向け非常に重要なものとなるのは間違いないだろう。<br><br>提供:goal.com 2018.04.24 08:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ウォルコット弾で逃げ切ったエバートンが好調ニューカッスルを撃破!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第35節のエバートンvsニューカッスルが23日に行われ、1-0でエバートンが勝利した。 ▽3試合未勝利中の9位エバートン(勝ち点42)が、4連勝中の10位ニュースカッスル(勝ち点41)をホームに迎えた一戦。試合は、立ち上がりからポゼッションでニューカッスルを圧倒するエバートンが主導権を握る。 ▽エバートンは、何度も敵陣まで侵攻するもアタッキングサードでの連係ミスや質を欠いたプレーが続き、ニューカッスルの堅守を崩すには至らない。35分には、左CKのセカンドボールを再び左サイドで受けたルーニーのクロスをファーサイドのM・キーンが頭で折り返すと、最後はジャギエルカが飛び込んだが、シュートは枠の上に外れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半は早い時間にスコアが動く。51分、右サイドを持ち上がったボラシエのクロスをファーサイドで収めたウォルコットがカットインから右足を振り抜くと、このシュートがゴールに突き刺さった。 ▽先制を許したニューカッスルの反撃は64分、右CKをニアサイドに走り込んだラッセルズがフリック。これをゴール左手前のゲイルが右足で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 ▽結局、試合はそのまま1-0で終了。ウォルコット弾で逃げ切ったエバートンが4試合ぶりの白星を飾った。一方、ニューカッスルはリーグ戦連勝が4でストップした。 2018.04.24 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ウェストハム戦で負傷したエルネニーの左ヒザじん帯損傷を発表

▽アーセナルは23日、エジプト代表MFモハメド・エルネニーが負傷したことを発表した。 ▽エルネニーは22日に行われたプレミアリーグ第35節のウェストハム戦(4-1でアーセナルが勝利)に先発出場したが、前半終了間際の45分に負傷交代。23日に行われた検査の結果、左ヒザじん帯損傷と診断された。 ▽現時点でイルザンカーの離脱期間は不明なものの、フランス『レキップ』によると、エルネニーの全治は3週間程度になり、リハビリが順調に進めば、2カ月後に控えるロシア・ワールドカップ本大会の出場は十分に可能だという。 ▽2016年1月にバーゼルから500万ポンドで加入したエルネニーは、これまでアーセナルで公式戦71試合に出場し、今季はここまで公式戦31試合に出場している。 2018.04.24 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

コンテ、2人のFWの違いを説明「経験もフィジカルもジルーが上だが…」

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、FWアルバロ・モラタとFWオリヴィエ・ジルーの違いを説明した。<br><br>チェルシーは22日に行われたFAカップ準決勝でサウサンプトンと対戦。後半開始直後にジルーが先制点を挙げ、試合終盤にはそのジルーと交代で入ったモラタが追加点を挙げた。そのまま試合は2-0で終了している。<br><br>指揮官はFAカップ決勝進出が懸かる大事な一戦で先制点を決めたジルーを絶賛。同時に、この日短い出場時間で結果を出したモラタも重要な選手であると語った。<br><br>「(ジルーは)間違いなく我々にとっては良い契約だった。君たちのご存知の通り、私には個性的で肉体的にも強い選手が必要だった。ボールをキープし、トップ下の選手とのコンビネーションプレーをするためにね。そしてモラタも重要な選手だ。そして彼はオリヴィエより若い。経験が少なく、フィジカル面でも少し弱い。しかし彼はスペースへの動きがとても速い」<br><br>この日共に結果を残した2人のストライカーは共存も可能であるとコンテは考えているようだ。<br><br>「2人がいてくれてとても嬉しい。バーンリー戦では彼らを同時に起用し、素晴らしい連携を見せてくれた。それはとても嬉しい発見だ。おかげで今はもう一つのオプションを手に入れた。今日私はオリヴィエを先発で使ったのは、相手がフィジカル的に強力な3バックだったからだ。しかしモラタが入った後に見せたパフォーマンスは素晴らしかった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.23 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールがライプツィヒの低迷願う?

▽リバプールはRBライプツィヒの低迷を願っているのかもしれない。イギリス『タイムズ』が報じている。 ▽リバプールは昨夏、ライプツィヒからギニア代表MFナビ・ケイタ(23)を2018-19シーズンから獲得することで合意した。その移籍金は4800万ポンド(約72億5000万円)+ボーナスと報じられていた。 ▽しかし、『タイムズ』は23日の紙面でケイタの移籍金に関して今季のライプツィヒのリーグ戦での戦績によって変動する契約であることを伝えている。 ▽同紙が伝えるところによれば、今季のリーグ戦でライプツィヒが7位以下に終わった場合、前述した4800万ポンドを支払うことになるという。だが、同クラブがヨーロッパリーグ(EL)の出場権を得た場合に5275万ポンド(約79億7000万円)、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を得た場合に5900万ポンド(約89億1000万円)と、成績が上がれば上がるほど移籍金が高額になるようだ。 ▽なお、ライプツィヒはブンデスリーガ第31節終了時点でEL出場圏内ギリギリの6位に位置している。ただ、7位フランクフルトとの勝ち点はわずかに1ポイントだ。その一方で、CL出場圏内の4位レバークーゼントの勝ち点差は4ポイントとなっており、残り3試合で引っくり返せる可能性もある。 ▽リバプールとしては移籍金節約のためにライプツィヒの低迷を願っているのかもしれない。 2018.04.23 15:49 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース