【ブンデス第18節プレビュー】後半戦スタート! 金曜にレバークーゼンvsバイエルン開催2018.01.12 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017年最終戦となった前半戦ラストマッチでは首位バイエルンが勝利した一方で2位シャルケが引き分け、両チームの勝ち点差は「11」に広がった。前半戦を終えた段階で優勝争いがほぼ決した中、チャンピオンズリーグ出場権争いは大混戦となっている。シュティーガー体制となって2連勝とした3位ドルトムント、4位レバークーゼン、5位ライプツィヒ、6位ボルシアMGの4チームが勝ち点28で並んでいる状況だ。迎える後半戦のスタートとなる第18節では、金曜日にレバークーゼンvsバイエルンの好カードが開催される。

▽前節シュツットガルト戦を途中出場のミュラー弾で1-0と辛勝して4連勝とした首位バイエルン(勝ち点41)は、レヴァンドフスキがヒザ痛の影響により欠場が濃厚とのことだ。前半戦のMVP的存在であるエースを欠く中、代役にはこの冬ホッフェンハイムから獲得し、10年ぶりに古巣復帰となったワグナーが先発予想となっている。早速得たチャンスをワグナーが生かせるかにも注目だ。

▽一方、打ち合いとなった前節ハノーファー戦を4-4で引き分け、12試合負けなしとした4位レバークーゼン(勝ち点28)は、ケガ人はおらずベストメンバーで臨める状況だ。ウインターブレイク前の好調なチーム状態を王者相手にも見せ付けることを期待したい。

▽後半戦スタートとなる今節、5位ライプツィヒ(勝ち点28)と2位シャルケ(勝ち点30)による上位対決も注目だ。ライプツィヒは前節10人となったヘルタ・ベルリンに2-3と敗戦。なかなか波に乗れないシーズンを過ごしているが、冬でのN・ケイタ流出を否定し、後半戦での巻き返しを狙う。引き続きフォルスベリが負傷により欠場が続くが、好調な相手を下して上位に留まりたい。

▽対するシャルケは前節フランクフルト戦をナウドのラストプレー弾で2-2と引き分けに持ち込み、11試合負けなしとした。この冬、ユベントスから獲得したピアツァが早速スタメン予想となっているが、活躍となるか。CL出場権争いで優位に立つためにもライプツィヒには負けられない。

▽香川のPK獲得と決勝アシストで2017年を2連勝締めとした3位ドルトムント(勝ち点28)は、12位ヴォルフスブルク(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。ウインターブレイク中に復帰したゲッツェとピシュチェクが先発予想で、選手層に厚みを増している中、香川も先発予想となっている。ケガ明けの選手たちと共に、シュティーガー体制となって復調している香川のプレーに注目したい。

▽今節の日本人対決ではシュツットガルトvsヘルタ・ベルリンが開催される。得意のホームでバイエルンに善戦しながらも0-1と惜敗して4連敗となった14位シュツットガルト(勝ち点17)は、8年半ぶりに復帰となったゴメスが先発予想。浅野もスタメン予想となっており、ゴメスとの共演に注目だ。一方、移籍先を模索している原口は引き続きベンチ外が濃厚となっている。

▽背中の負傷が癒え、5試合ぶりに先発した武藤の15位マインツ(勝ち点17)は、11位ハノーファー(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。スタメン予想となっている武藤としてはゴールに絡む活躍を見せてチームを降格圏から引き離したい。この冬獲得したデ・ヨングのいぶし銀のプレーにも注目したい。

▽その他、3試合ぶりに先発となった酒井高が引き続きスタメン予想の17位ハンブルガーSV(勝ち点15)は、アウグスブルク(勝ち点24)とのアウェイ戦に臨み、風邪で欠場が続いていたもののスタメン予想となっている長谷部の8位フランクフルト(勝ち点26)は、13位フライブルク(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。そして、肺炎にかかった大迫の最下位ケルン(勝ち点6)のは6位ボルシアMG(勝ち点28)とのホーム戦に臨む。なお、すでに肺炎が癒えている大迫だが欠場予想となっている。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照

◆ブンデスリーガ第18節
▽1/12(金)
《28:30》
レバークーゼン vs バイエルン

▽1/13(土)
《23:30》
シュツットガルト vs ヘルタ・ベルリン
ハノーファー vs マインツ
ブレーメン vs ホッフェンハイム
フランクフルト vs フライブルク
アウグスブルク vs ハンブルガーSV
《26:30》
ライプツィヒ vs シャルケ

▽1/14(日)
《23:30》
ケルン vs ボルシアMG
《26:00》
ドルトムント vs ヴォルフスブルク

コメント

関連ニュース

thumb

コマンが語る再ブレイクの理由…ハインケス監督就任で変わったこととは?

バイエルン・ミュンヘンに所属するフランス代表FWキングスレー・コマンが、今シーズンの好調の秘訣についてドイツ誌『キッカー』で語っている。<br><br>すでに2シーズンをバイエルンで過ごすコマンは、ジョゼップ・グアルディオラ監督、カルロ・アンチェロッティ監督の下でプレー。前者のもとで才能が花開き、サイドアタッカーとしての地位を確立したが、後者の指揮するチームではなかなか出場機会が与えられなかった。<br><br>今シーズンも難しいシーズンが予想されたが、ユップ・ハインケス監督就任以降、状況が一変。得点に直結するチャンスを次々と作り出し、2023年までの新契約も勝ち取った。再びブレイクした要因をコマンは次のように語る。<br><br>「チャンスが一度しか与えられないとなると、全然異なる方向に重きを置かないといけなくなる。よりプレッシャーがかかるし、若い選手なら緊張もしやすくなってしまう。でも今僕の頭はクリアになった。僕のドリブルを試合で活かすためにはリスクを取る必要がある。今はミスが許されているように感じているんだ」<br><br>また、活躍の要因は指揮官だけではない。同僚で先輩でもあるフランク・リベリについて「同じフランス人だし、アドバイスをくれる兄のような存在だ」と話し、いい関係であることを話した。<br><br>「僕らは互いを高く評価しあっている。一緒にプレーしていればサポートをする。僕ら二人はチームのためにという精神で戦っているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 12:46 Fri
twitterfacebook
thumb

ロッベン、契約延長交渉には楽観的「重要なのは健康を保ち、試合に出ること」

バイエルン・ミュンヘンの元オランダ代表ウインガー、アリエン・ロッベンは自身の将来について楽観視しているようだ。ドイツ誌『キッカー』が報じた。<br><br>ロッベンとバイエルンの契約は今シーズン終了まで。現在33歳で、バイエルンの黄金期を築いたレジェンドだが、いまだ契約延長の一報は届いていない。今季でフリーとなる可能性もありながら、ロッベンはリラックスしていると話す。<br><br>「まだクラブとの間に話し合いはない。でもそれについて私はリラックスしているよ。最も重要なことは健康を保つこと、スポーツ面で集中し、試合に出ることだよ」<br><br>また、ロッベンの父ハンスも同様の意見を持ちながら、いくつかのオファーがあることも明かしている。<br><br>「落ち着いて状況が進んでいくのを待っているよ。バイエルンは遅かれ早かれ交渉に臨むだろう。デッドラインはないよ。近いうちに将来が確定することを望んでいる。アリエンにはいくつかのオファーがあるからね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.19 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ハインケス、デ・ブライネを“抜きん出た選手”と評価も「獲得には全財産が必要」

バイエルンのユップ・ハインケス監督は、ケビン・デ・ブライネを称賛するも、獲得に動くことは不可能と考えているようだ。<br><br>現在、プレミアリーグで首位を独走するマンチェスター・シティで、6ゴール、9アシストを記録するなど一際輝きを放つデ・ブライネ。同選手にシティから退団する意志はないものの、仮に他クラブに移籍するようなことがあれば、ネイマールやフィリペ・コウチーニョ並みの移籍金が発生する可能性がある。<br><br>ドイツ『キッカー』で5000万ユーロを超える&ldquo;スーパートランスファー&rdquo;が必要かと問われたハインケス監督は「スーパートランスファーとはどういう意味だ?」と話し、以下のように続けた。<br><br>「ポール・ポグバは1億500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドに行った。彼はこの価値があるだけのプレーをしているか?そのような疑いの目を向けられているトッププレーヤーは大勢いる。しかし、バイエルンは(ニクラス)ズーレ、(ヨシュア)キミヒ、(コランタン)トリッソ、(キングスレー)コマンなど我々のやり方を貫くべきだ」<br><br>「4000万ユーロや5000万ユーロの選手を連れてくる必要はあるとは思うが、5000万ユーロでは決定的な選手を獲得できない。例えば、ケビン・デ・ブライネだ。彼は昨シーズン、これだけのプレーをしなかった。しかし、彼を獲得するためには資産のすべてを与えなくてはならない。確かにこのポジションには彼のような選手が必要だ。デ・ブライネはヨーロッパでもっとも抜きんでた選手だと思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.17 13:12 Wed
twitterfacebook
thumb

自分で言っちゃうの? バイエルンのルンメニゲCEOがリーグの競争力低下を危惧

▽バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が、自身のクラブがブンデスリーガを退屈にしていることを認めた。『スカイ』に語った内容を、スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽ブンデスリーガでは、15日の時点でバイエルン(勝ち点44)が2位のライプツィヒ(勝ち点31)に勝ち点13差をつけて首位を独走。3位のシャルケ(勝ち点30)とは14差、1試合未消化で暫定4位のドルトムント(勝ち点28)とは16差をつけており、ブンデス6連覇にまっしぐらだ。 ▽圧倒的首位チームのCEOであるルンメニゲ氏が、リーグの現状に対する危機感を語った。 「1つのチームが2位、3位、4位や5位に大差をつけている状況は、問題を引き起こしかねない。リーグ自体の魅力に関してね」 ▽近年だけでも、2011年にはシャルケからGKマヌエル・ノイアーを、ドルトムントからは2013年にMFマリオ・ゲッツェ、2014年にFWロベルト・レヴァンドフスキ、2016年にDFマッツ・フンメルスを引き抜いたバイエルン。優勝を争うライバルチームから多くの主力選手を獲得して度々批判を浴びており、今回の発言はやや配慮が足りないものだったかもしれない。 2018.01.15 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

リベリ、改めてバイエルン残留を希望「できるだけ長く残ることが目標」

バイエルンのベテランウインガー、フランク・リベリは、残留を求めていることを改めて希望した。<br><br>バイエルンは13日、ブンデスリーガ第18節でレバークーゼンと対戦。バイエルンは12試合無敗の相手に苦戦しながら、リベリのゴールもあり、3-1でリーグ再開初戦を勝利で飾った。<br><br>今シーズン終了後にクラブとの契約が切れるリベリは、試合後に改めてバイエルンに残ることが第一希望であることを認めた。<br><br>「目標はできるだけ長くバイエルンに残ることだ。またフィットできて嬉しい。チームでプレーできることを楽しんでいるよ。普段はアシストやドリブルで貢献しているけど、ゴールを決めるのは常に最高だね」<br><br>リベリは2007年からバイエルンでプレーし、最古参選手の一人。34歳のベテランはドイツ最高のクラブに残ることができるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.14 17:48 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース