【ブンデス第18節プレビュー】後半戦スタート! 金曜にレバークーゼンvsバイエルン開催2018.01.12 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017年最終戦となった前半戦ラストマッチでは首位バイエルンが勝利した一方で2位シャルケが引き分け、両チームの勝ち点差は「11」に広がった。前半戦を終えた段階で優勝争いがほぼ決した中、チャンピオンズリーグ出場権争いは大混戦となっている。シュティーガー体制となって2連勝とした3位ドルトムント、4位レバークーゼン、5位ライプツィヒ、6位ボルシアMGの4チームが勝ち点28で並んでいる状況だ。迎える後半戦のスタートとなる第18節では、金曜日にレバークーゼンvsバイエルンの好カードが開催される。

▽前節シュツットガルト戦を途中出場のミュラー弾で1-0と辛勝して4連勝とした首位バイエルン(勝ち点41)は、レヴァンドフスキがヒザ痛の影響により欠場が濃厚とのことだ。前半戦のMVP的存在であるエースを欠く中、代役にはこの冬ホッフェンハイムから獲得し、10年ぶりに古巣復帰となったワグナーが先発予想となっている。早速得たチャンスをワグナーが生かせるかにも注目だ。

▽一方、打ち合いとなった前節ハノーファー戦を4-4で引き分け、12試合負けなしとした4位レバークーゼン(勝ち点28)は、ケガ人はおらずベストメンバーで臨める状況だ。ウインターブレイク前の好調なチーム状態を王者相手にも見せ付けることを期待したい。

▽後半戦スタートとなる今節、5位ライプツィヒ(勝ち点28)と2位シャルケ(勝ち点30)による上位対決も注目だ。ライプツィヒは前節10人となったヘルタ・ベルリンに2-3と敗戦。なかなか波に乗れないシーズンを過ごしているが、冬でのN・ケイタ流出を否定し、後半戦での巻き返しを狙う。引き続きフォルスベリが負傷により欠場が続くが、好調な相手を下して上位に留まりたい。

▽対するシャルケは前節フランクフルト戦をナウドのラストプレー弾で2-2と引き分けに持ち込み、11試合負けなしとした。この冬、ユベントスから獲得したピアツァが早速スタメン予想となっているが、活躍となるか。CL出場権争いで優位に立つためにもライプツィヒには負けられない。

▽香川のPK獲得と決勝アシストで2017年を2連勝締めとした3位ドルトムント(勝ち点28)は、12位ヴォルフスブルク(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。ウインターブレイク中に復帰したゲッツェとピシュチェクが先発予想で、選手層に厚みを増している中、香川も先発予想となっている。ケガ明けの選手たちと共に、シュティーガー体制となって復調している香川のプレーに注目したい。

▽今節の日本人対決ではシュツットガルトvsヘルタ・ベルリンが開催される。得意のホームでバイエルンに善戦しながらも0-1と惜敗して4連敗となった14位シュツットガルト(勝ち点17)は、8年半ぶりに復帰となったゴメスが先発予想。浅野もスタメン予想となっており、ゴメスとの共演に注目だ。一方、移籍先を模索している原口は引き続きベンチ外が濃厚となっている。

▽背中の負傷が癒え、5試合ぶりに先発した武藤の15位マインツ(勝ち点17)は、11位ハノーファー(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。スタメン予想となっている武藤としてはゴールに絡む活躍を見せてチームを降格圏から引き離したい。この冬獲得したデ・ヨングのいぶし銀のプレーにも注目したい。

▽その他、3試合ぶりに先発となった酒井高が引き続きスタメン予想の17位ハンブルガーSV(勝ち点15)は、アウグスブルク(勝ち点24)とのアウェイ戦に臨み、風邪で欠場が続いていたもののスタメン予想となっている長谷部の8位フランクフルト(勝ち点26)は、13位フライブルク(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。そして、肺炎にかかった大迫の最下位ケルン(勝ち点6)のは6位ボルシアMG(勝ち点28)とのホーム戦に臨む。なお、すでに肺炎が癒えている大迫だが欠場予想となっている。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照

◆ブンデスリーガ第18節
▽1/12(金)
《28:30》
レバークーゼン vs バイエルン

▽1/13(土)
《23:30》
シュツットガルト vs ヘルタ・ベルリン
ハノーファー vs マインツ
ブレーメン vs ホッフェンハイム
フランクフルト vs フライブルク
アウグスブルク vs ハンブルガーSV
《26:30》
ライプツィヒ vs シャルケ

▽1/14(日)
《23:30》
ケルン vs ボルシアMG
《26:00》
ドルトムント vs ヴォルフスブルク

コメント

関連ニュース

thumb

プレミア勢が注視するレビッチ、恩師ニコ・コバチ監督の率いるバイエルン行きはなし

▽フランクフルトに所属するクロアチア代表FWアンテ・レビッチ(24)のバイエルン行きはなくなったようだ。『ユーロスポーツ』が伝えている。 ▽2017-18シーズンに公式戦28試合9ゴール3アシストを記録していたレビッチは、クロアチア代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)に6試合出場。グループステージ第2節のアルゼンチン代表戦のゴールをはじめ、同国史上初の決勝進出に貢献した。 ▽『ユーロスポーツ』によれば、昨季までフランクフルトを率いていたニコ・コバチ監督を引き抜いたバイエルンとフランクフルトの間には、“同クラブからの引き抜きを行わない”という協定があるため、バイエルンがレビッチを獲得しないと明かしたようだ。 ▽しかし、レビッチにはマンチェスター・ユナイテッドやリバプール、アーセナルなどプレミア勢が獲得に積極的な動きを見せており、今後も去就には注目が集まることだろう。 2018.07.22 02:40 Sun
twitterfacebook
thumb

新監督を迎えた両者の一戦はバイエルンが逆転勝利でニコ・コバチ監督の初陣を飾る!《ICC》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ2018のバイエルンvsパリ・サンジェルマン(PSG)が21日にオーストリアで行われ、3-1でバイエルンが勝利した。 ▽フランクフルトからニコ・コバチ監督を招へいしたバイエルンは、ロッベンやリベリ、ハビ・エルナンデスなど主力を起用。去就が注目されるレヴァンドフスキやチアゴはベンチ外となっている。 ▽一方、ドルトムントからトゥヘル監督を招へいしたPSGは、ティモシー・ウェアやラビオ、ラッサナ・ディアッラのほか、新戦力のGKブッフォンもスタメン入り。ロシア・ワールドカップに出場したネイマールやムバッペ、カバーニらはベンチ外となった。 ▽最初にチャンスを迎えたのはPSG。4分、エンクンクの右CKからボックス中央のラビオが頭で合わせたが、これはGKウルライヒが好セーブ。対するバイエルンは13分、ラフィーニャの折り返しをポール・ウィルが合わせると、当たり損ねのシュートが枠を捉えたがGKブッフォンが右手一本ではじき出した。 ▽試合が動いたのは31分、自陣でパスカットしたリマネのループパスで相手DFの裏に抜け出したウェアが相手DFを背負いながらもボックス内まで侵攻。バランスを崩しながらも冷静にシュートをゴールに流し込み、PSGが先制に先行した。 ▽PSGのリードで迎えた後半、1点を追うバイエルンはリベリ、オリバ・マイアー、スタニシッチを下げてコマンやアラバ、シャバニを投入。すると開始早々の46分、ラフィーニャの右クロスをワグナーがヘディングシュート。しかし、これはクロスバーを直撃した。 ▽決定機を逃したバイエルンだが60分、ロッベンの右CKをゴール前に走り込んだハビ・マルティネスがヘディングで叩き込み、試合を振り出しに戻す。 ▽同点とされたPSGは、66分にGKブッフォンを下げてGKデカンを投入。しかし、この交代の直後にバイエルンが追加点を奪う。68分、ジルクゼーがボックス右角付近でL・ディアッラに倒されFKを獲得。これをレナト・サンチェスが壁の横から巻いたシュートで直接ゴールネットに突き刺し、逆転に成功した。 ▽さらにバイエルンは、78分にもコマンのロングパスからカウンター。このボールをボックス右で拾ったニャブリの折り返しを最後はジルクゼーが流し込み、試合を決定づける3点目を決めた。 ▽結局、試合はそのまま3-1で終了。新監督を迎えた両チームの一戦はニコ・コバチ監督のバイエルンが勝利を飾った。 バイエルン 3-1 パリ・サンジェルマン 【バイエルン】 ハビ・マルティネス(後15) レナト・サンチェス(後23) ジルクゼー(後33) 【パリ・サンジェルマン】 ウェア(前31) 2018.07.22 01:05 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンCEOがパヴァールの獲得報道を否定…一方でレアル復帰がうわさされるハメスの残留を明言

バイエルン・ミュンヘンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが、獲得が噂されるバンジャマン・パヴァールとの合意を否定した。<br><br>ロシアでのワールドカップで、優勝したフランス代表の右サイドバックとして活躍した、シュツットガルトのパヴァール。同選手の獲得にバイエルンは強い関心を示しており、先日にはドイツ『SWRスポーツ』が双方が移籍に合意したと報じた。さらに、クロアチア代表として史上初の決勝進出に貢献し、ニコ・コヴァチ監督の古巣フランクフルトでプレーするアンテ・レビッチにも関心を寄せると考えられている。<br><br>新戦力の獲得に関してさまざまな憶測が飛ぶ中、バイエルンのルンメニゲCEOは会見で「我々はレオン・ゴレツカ、セルジュ・ナブリ、2人の新戦力と契約を結んだ。さらに支出する可能性があるのか、新たな新戦力を獲得するのか&hellip;様子を見てみよう」と言葉を濁すも、パヴァールの合意報道は全面的に否定した。<br><br>「パヴァールに関して唯一言えることは、うわさについてコメントしたくはない。それに昨日、SWRが合意したと取り上げていたが、そんな事実はまったくもってない」<br><br>また、レアル・マドリーから2年間のローンでバイエルンに加入するも、スペインのクラブが復帰を目論むとされるハメス・ロドリゲスについても言及。「彼の契約ははっきりしている。スペインで広がっている話は事実ではない。ハメスはバイエルンで今シーズンもプレーすると確信を持って言えるよ」とレアル・マドリーに復帰する可能性を否定した。<br><br>提供:goal.com 2018.07.21 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、フランス代表DFパヴァール獲得間近か…ロシアW杯優勝に大きく貢献

バイエルンはシュツットガルトに所属するフランス代表DFバンジャマン・パヴァール獲得に迫っているようだ。ドイツ『SWRスポーツ』が報じた。<br><br>パヴァールはフランス代表の一員としてロシア・ワールドカップに参加。当初はバックアッパーと見られていたが、右サイドバックとして6試合に出場するなど躍進に貢献し、優勝の立役者の一人となった。大会前からバイエルンはパヴァールに興味を示していると報じられていたが、ついに獲得に至ったという。<br><br>同メディアによると、パヴァールはW杯期間中に2019年夏から加入することで、バイエルンと合意に至ったようだ。さらに、バイエルンとシュツットガルトは交渉を続けており、来夏の加入を今夏からにできないか進めていると伝えられる。<br><br>一方で、ドイツ『スカイ』は、まだ契約には至っていないと報じ、その要因としてパヴァールが出場機会を確保できるかを懸念していることが挙げられた。<br><br>なお、19日の記者会見でバイエルンのニコ・コバチ監督がパヴァールのうわさについて言及。直接的に何かを断定するような言葉は避けている。<br><br>「パヴァールに関して私は何も言えない。ブラッツォ(ハサン・サリハミジッチSD)に聞いてくれ。ただ、彼はとても良い選手で、W杯でそれを証明した。ただ、我々には22人の選手がいて、全員がプレーしたいと思っている。だから今は他の選手について話す必要はない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン新指揮官、ハメスの残留を明言「2019年までのレンタルだ」

バイエルンのニコ・コバチ監督が、記者会見でコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは新シーズンもバイエルンでプレーすることになると認めている。<br><br>ハメスは昨夏、レアル・マドリーから2年のレンタルで加入。バイエルン側に買い取りオプションも付随した状態でチームに加わった。しかし今夏、古巣レアルのジネディーヌ・ジダン監督、クリスティアーノ・ロナウドが去ったため、再び重要な役割を担うことが可能と考え、復帰を望んでいると、スペイン紙『マルカ』によって伝えられた。一方で、ドイツ『シュポルト1』では、今季の残留を決めたとも報じられ、情報が錯綜している状態だ。<br><br>そんな中、コバチ監督はハメスの去就に言及。少なくとも新シーズンはバイエルンの選手として迎えると話す。<br><br>「ハメスは2019年までのレンタルだ。それ以降も彼を残したいのなら決めないといけない。しかし、まだ話し合いはない。新シーズンも彼はバイエルンでプレーするよ」<br><br>なお、バイエルンはコバチ監督の初陣としてトーマス・トゥヘル率いるパリ・サンジェルマンとICC(インターナショナル・チャンピオンズカップ)で21日に対戦する。<br><br>提供:goal.com 2018.07.20 11:15 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース