【ブンデス第18節プレビュー】後半戦スタート! 金曜にレバークーゼンvsバイエルン開催2018.01.12 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017年最終戦となった前半戦ラストマッチでは首位バイエルンが勝利した一方で2位シャルケが引き分け、両チームの勝ち点差は「11」に広がった。前半戦を終えた段階で優勝争いがほぼ決した中、チャンピオンズリーグ出場権争いは大混戦となっている。シュティーガー体制となって2連勝とした3位ドルトムント、4位レバークーゼン、5位ライプツィヒ、6位ボルシアMGの4チームが勝ち点28で並んでいる状況だ。迎える後半戦のスタートとなる第18節では、金曜日にレバークーゼンvsバイエルンの好カードが開催される。

▽前節シュツットガルト戦を途中出場のミュラー弾で1-0と辛勝して4連勝とした首位バイエルン(勝ち点41)は、レヴァンドフスキがヒザ痛の影響により欠場が濃厚とのことだ。前半戦のMVP的存在であるエースを欠く中、代役にはこの冬ホッフェンハイムから獲得し、10年ぶりに古巣復帰となったワグナーが先発予想となっている。早速得たチャンスをワグナーが生かせるかにも注目だ。

▽一方、打ち合いとなった前節ハノーファー戦を4-4で引き分け、12試合負けなしとした4位レバークーゼン(勝ち点28)は、ケガ人はおらずベストメンバーで臨める状況だ。ウインターブレイク前の好調なチーム状態を王者相手にも見せ付けることを期待したい。

▽後半戦スタートとなる今節、5位ライプツィヒ(勝ち点28)と2位シャルケ(勝ち点30)による上位対決も注目だ。ライプツィヒは前節10人となったヘルタ・ベルリンに2-3と敗戦。なかなか波に乗れないシーズンを過ごしているが、冬でのN・ケイタ流出を否定し、後半戦での巻き返しを狙う。引き続きフォルスベリが負傷により欠場が続くが、好調な相手を下して上位に留まりたい。

▽対するシャルケは前節フランクフルト戦をナウドのラストプレー弾で2-2と引き分けに持ち込み、11試合負けなしとした。この冬、ユベントスから獲得したピアツァが早速スタメン予想となっているが、活躍となるか。CL出場権争いで優位に立つためにもライプツィヒには負けられない。

▽香川のPK獲得と決勝アシストで2017年を2連勝締めとした3位ドルトムント(勝ち点28)は、12位ヴォルフスブルク(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。ウインターブレイク中に復帰したゲッツェとピシュチェクが先発予想で、選手層に厚みを増している中、香川も先発予想となっている。ケガ明けの選手たちと共に、シュティーガー体制となって復調している香川のプレーに注目したい。

▽今節の日本人対決ではシュツットガルトvsヘルタ・ベルリンが開催される。得意のホームでバイエルンに善戦しながらも0-1と惜敗して4連敗となった14位シュツットガルト(勝ち点17)は、8年半ぶりに復帰となったゴメスが先発予想。浅野もスタメン予想となっており、ゴメスとの共演に注目だ。一方、移籍先を模索している原口は引き続きベンチ外が濃厚となっている。

▽背中の負傷が癒え、5試合ぶりに先発した武藤の15位マインツ(勝ち点17)は、11位ハノーファー(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。スタメン予想となっている武藤としてはゴールに絡む活躍を見せてチームを降格圏から引き離したい。この冬獲得したデ・ヨングのいぶし銀のプレーにも注目したい。

▽その他、3試合ぶりに先発となった酒井高が引き続きスタメン予想の17位ハンブルガーSV(勝ち点15)は、アウグスブルク(勝ち点24)とのアウェイ戦に臨み、風邪で欠場が続いていたもののスタメン予想となっている長谷部の8位フランクフルト(勝ち点26)は、13位フライブルク(勝ち点19)とのホーム戦に臨む。そして、肺炎にかかった大迫の最下位ケルン(勝ち点6)のは6位ボルシアMG(勝ち点28)とのホーム戦に臨む。なお、すでに肺炎が癒えている大迫だが欠場予想となっている。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照

◆ブンデスリーガ第18節
▽1/12(金)
《28:30》
レバークーゼン vs バイエルン

▽1/13(土)
《23:30》
シュツットガルト vs ヘルタ・ベルリン
ハノーファー vs マインツ
ブレーメン vs ホッフェンハイム
フランクフルト vs フライブルク
アウグスブルク vs ハンブルガーSV
《26:30》
ライプツィヒ vs シャルケ

▽1/14(日)
《23:30》
ケルン vs ボルシアMG
《26:00》
ドルトムント vs ヴォルフスブルク
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーFWハドソン=オドイが巨額新契約拒否か

チェルシーに所属するU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)が、クラブから打診されている新契約のオファーを拒否したようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 イングランド屈指の若手として注目を集めているハドソン=オドイ。しかし、チェルシーで出場機会を掴む難しさから移籍が取り沙汰されており、バイエルンが獲得に接近していることが伝えられている。バイエルンは4度のオファーを提示し、提示される移籍金は3500万ポンド(約50億円)にまで到達。また、選手当人もバイエルン行きに前向きであると見られている。 チェルシーはこの逸材の慰留に向けて週給8万5000ポンド(約1200万円)とも言われる巨額サラリーの新契約を打診。しかし、出場機会確保を優先したいハドソン=オドイは首を縦に振らず、バイエルン行きの意思を固めているという。また、背番号10を背負うFWアリエン・ロッベンが退団した場合、バイエルンはハドソン=オドイにその番号を継承させる考えのようだ。 ハドソン=オドイとチェルシーの現行契約は2020年までとなっており、今シーズンが終了すれば残りの期間は1年間となる。『デイリー・メール』によると、もし今冬の移籍が果たされなければ、移籍金は劇的に下がり1000万ポンド(約14億1000万円)付近の値になるという。したがって、今年夏までの慰留に成功したとしても、更にバイエルン行きの可能性を高める要因を作ることになるだろう、と伝えられている。 2019.01.20 16:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ロイス、バイエルンへの移籍を断固否定「絶対にない。約束できる」

ドルトムントに所属するドイツ代表MFマルコ・ロイスが、バイエルンへの移籍は決してないと話している。ドイツ『FAZ』が報じた。<br><br>ドルトムントユースで育ったロイス。ブレークしたのはボルシアMG時代であったが、2012年にドルトムントへと復帰。当時はバイエルンも獲得に乗り出したと伝えられるが、古巣への愛を優先させた。<br><br>国内のタレントを次々と引き入れる補強策で知られるバイエルンだが、ロイスは決してなびくことはないと強調している。<br><br>「僕がバイエルン?絶対ないね。僕のバイエルンでの姿が見られないことは約束できるよ。それに僕はもうすぐ30歳だ。彼らはもっと若い選手を求めているだろう」<br><br>また、今季はロイスの好調もあり、ドルトムントはバイエルンを抑えてブンデスリーガの首位を快走。ロイスはドルトムントでのタイトルを夢見ていると話した。<br><br>「ドルトムントでいつの日かタイトルを取ることはとてつもなく大きな夢だった。実現すれば、最高に美しいね」<br><br> <br>提供:goal.com 2019.01.19 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ハメスがアンチェロッティと再会?

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に恩師と再会の可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 2017年夏、2年間のレンタルでレアル・マドリーからバイエルンに移籍したハメス。だが、2年目の今シーズンはブンデスリーガ5試合の先発機会にとどまり、ニコ・コバチ新監督に対する不満が取り沙汰され、バイエルン側にも4200万ユーロ(約52億3000万円)の買取オプションを行使しない可能性が飛び出している。 そうなればシーズン終了後にもレアル・マドリーに復帰することになるハメス・ロドリゲスに対して、ナポリのカルロ・アンチェロッティ監督が強い関心を示している様子。レアル・マドリー復帰が決まった場合、買取オプション額と同じ金額で獲得に動く可能性があるという。 ハメス・ロドリゲスにとって、アンチェロッティ監督はレアル・マドリー時代の恩師であり、バイエルンに呼び寄せた張本人でもある。果たして、3度目のタッグとなるか。今後の動向に注目したい。 2019.01.19 14:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ゴレツカの2Gなど3発のバイエルンがホッフェンハイムの反撃を振り切って後半戦白星スタート!《ブンデスリーガ》

バイエルンは18日、ブンデスリーガ第18節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 2018年最終戦となった前節フランクフルト戦をリベリの2発などで3-0と快勝し、5連勝とした2位バイエルン(勝ち点36)は、6ポイント差で首位ドルトムントを追う中、負傷で不在のロッベリーに代わってミュラーとコマンを起用した。そして、バンクーバーから加入したアルフォンソ・デイビスが初のベンチ入りを果たした。 7位ホッフェンハイム(勝ち点25)に対し、[4-2-3-1]を採用したバイエルンは、最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からミュラー、ゴレツカ、コマン、ボランチにチアゴとハビ・マルティネスを起用した。 立ち上がりからボールを握ったバイエルンは10分に決定機。アラバが左サイドから折り返したクロスをレヴァンドフスキがボレー。完璧に捉えたシュートだったが、わずかに枠の左に外れた。 その後も攻勢に出るバイエルンは19分、レヴァンドフスキがボックス中央でボールを落としてミュラーがプッシュ。だが、難しい体勢から放ったシュートは枠を捉えきれない。 引き続き押し込むバイエルンは27分にCKの流れからフンメルスがルーズボールを押し込みにかかったが、ここはGKバウマンのセーブに阻まれた。 それでも、続く29分にゴレツカがGKを強襲するシュートを浴びせたバイエルンは35分に順当に先制する。左サイドからのコマンのクロスをレヴァンドフスキがヘディングで合わせたシュートはGKバウマンにセーブされるも、ルーズボールをゴールエリア左に詰めたゴレツカが左足で蹴り込んだ。 さらに前半終了間際の追加タイム1分、ロングカウンターを発動したバイエルンはアラバの左クロスをゴール前に走り込んでいたゴレツカがスライディングシュートを流し込んで2-0とし、前半を終えた。 ゴレツカのドッペルパックで2-0としたバイエルンは迎えた後半、前がかるホッフェンハイムに開始3分、ビッテンコートに枠内シュートを打たれたものの、GKノイアーがセーブ。さらに53分、チアゴのボールロストからジョエリントンに枠内シュートを浴びたが、ここもGKノイアーが凌いだ。 しかし59分、ロングカウンターを受けると最後はN・シュルツにペナルティアーク右からゴール左にシュートを叩き込まれ、1点差に詰め寄られてしまった。 嫌な流れに陥りかけたバイエルンだったが、ここから慎重に試合を運び、ホッフェンハイムの攻勢を許さない。膠着状態に持ち込んで試合を進めていた中、83分に大ピンチ。サライにゴール至近距離から決定的なヘディングシュートを許したが、守護神ノイアーがビッグセーブで凌いだ。 すると終盤の87分に勝負を決定付けた。途中出場のハメス・ロドリゲスの浮き球パスをボックス右のミュラーがダイレクトで折り返すと、レヴァンドフスキがダイレクトでゴールに流し込んだ。このまま3-1で勝利したバイエルンが後半戦を白星スタートとし、6連勝としている。 2019.01.19 06:25 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ハドソン=オドイ慰留に巨額サラリー提示へ!

チェルシーが、U-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の慰留に向けて高額サラリーを準備しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 イングランド屈指の若手として注目を集めているハドソン=オドイ。しかし、チェルシーで出場機会を掴む難しさから移籍が取り沙汰されており、バイエルンが獲得に接近していることが伝えられている。バイエルンは4度のオファーを提示し、提示される移籍金は3500万ポンド(約50億円)にまで到達。また、選手当人もバイエルン行きに前向きであると見られている。 流出寸前という状況だが、慰留に努めるチェルシーは新契約を準備。その契約では、基本週給5万ポンド(約700万円)+出来高2万ポンド(約280万円)で計7万ポンド(約980万円)というサラリーが設定されており、10代のプレミアリーグの選手の中ではかなり高額なものとなる。 しかし、このオペレーションが順調に進んでいるとは伝えられていない。今回がチェルシーからの最終オファーともされているが、ハドソン=オドイは変わらずバイエルンであればより出場機会を増加させられると考えているようで、給与以上にその点を重視しているとのこと。記事は、チェルシーが“マンモス・ディール”を成立させるためには出場時間の保証が必要になるだろう、と締められている。 2019.01.18 19:15 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース