リバプールのレジェンドGKローレンス氏が77歳で死去2018.01.11 01:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールのレジェンドGKであるトミー・ローレンス氏が10日、77歳で死去した。

▽1957年10月に17歳でリバプールとプロ契約を結んだローレンス氏は、トップリーグで2度の優勝、FAカップで1度の優勝に貢献。名将ビル・シャンクリー体制となって低迷期からの脱却を図っていた時代のリバプールを支えた守護神だった。

▽リバプールでは1971年に退団するまで公式戦390試合に出場した。

コメント

関連ニュース

thumb

「ここではっきりさせたい」スソ、SNSで自らリバプール移籍の噂をけん制

ミランに所属するスペイン人FWスソは、インスタグラムに長文を投稿し、移籍の噂をけん制した。<br><br>今冬の移籍市場において、スソの古巣であるリバプールはバルセロナへMFフィリペ・コウチーニョを放出した。このため、ブラジル人選手の後釜として過去にプレー経験のあるミランFWの再獲得を狙っていると報じられている。<br><br>スソが昨年9月にミランと締結した新契約では、違約金が4000万ユーロ(約54億円)、チャンピオンズリーグ出場権を得た場合は5000万ユーロ(約68億円)に設定されている。設定額のオファーが届いた場合、スソはミランと協議することなく移籍することが可能だが、本人はミラノに残ることを強く希望している。<br><br>「僕は重要な契約更新をしたばかりだ。ピッチのことを考えていて、メルカートについては代理人が対応してくれる。だが僕に関して、噂やらありもしない交渉やら不正確なあらゆる情報が目に入る。ここではっきりさせたい」<br><br>「まず1つ目は、僕は違約条項にまったく興味がないということ。僕にとって重要なのはピッチだけだし、これから5カ月、そこで僕らは主役になるんだ。2つ目として、ミランのような伝統のある特別なクラブに対し敬意を払わなければならないということ。僕をチームの柱に据えてくれて、大きな投資をしてくれたんだ。3つ目だが、いずれにせよ僕の意思、僕の意思だけが尊重されるということ。僕は今、ここに残ることだけを望んでいる。これ以外のことはすべておしゃべりに過ぎない」<br><br>現在の契約に移籍の際の違約条項が設定されているものの、ミランでのプレーを熱望するスソ自身にとって意味のないものであると強調。本人の意思に反して過熱する移籍話に釘を刺した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.17 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベ移籍濃厚の報道も、エムレ・ジャンは契約延長を示唆「リバプールは素晴らしいクラブ」

リバプールのドイツ代表MFエムレ・ジャンが、来季に向けた契約延長についてクラブと交渉中であることを明かした。&nbsp;<br><br>ジャンとリバプールの契約は2017-18シーズン終了までとなっており、契約満了となればフリーで移籍することができる。今冬にも来季に向けた事前契約が可能であり、セリエA王者・ユベントスへの移籍が噂されていた。<br><br>しかし、首位のマンチェスター・シティ相手に勝利を収めた試合後のインタビューで、ジャンは来季の契約について延長の可能性があることを示唆した。<br><br>「(来季の去就については)代理人にまかせているが、夏までリバプールにいることは間違いない。まだどのクラブとも契約をしていないし、全員と話をしている。もちろん、リバプールともそうだ。しない理由があるかい? 今はリバプールの選手で、ここは素晴らしいクラブなんだ。あとは代理人がやってくれるから、自分はプレーに集中するのみだよ」<br><br>プレミアリーグの首位を独走するマンチェスター・シティに初黒星をつけたリバプールの中心選手であるカンは来季もレッズに残るのか、それともユベントスへ移籍するのか、今後の動向に注目が集まる。<br>提供:goal.com 2018.01.16 17:58 Tue
twitterfacebook
thumb

なぜ? リバプールのマン・C撃破でモウリーニョが称賛される

▽リバプールは、14日に行われたプレミアリーグ第23節でマンチェスター・シティに4-3で勝利した。派手な打ち合いによりリバプールがシティに今季リーグ戦で初めて土をつけた試合となったが、元イングランド代表FWアラン・シアラー氏は、この試合を受けてマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督を称賛した。 ▽モウリーニョ監督は、昨年10月14日に行われたプレミアリーグ第8節でリバプールとのアウェイ戦において、重心を下げた守備的な戦いでゴールレスドローとし、勝ち点1を持ち帰った。消極的な戦いぶりに賛否が広がったが、打ち合いになれば滅法強いことをリバプールがシティ戦で証明したことで、当時のモウリーニョ監督の戦術を改めて評価すべきだとシアラー氏は主張。イギリス『ザ・サン』で以下のように話した。 「今シーズン序盤、モウリーニョがアンフィールドでなぜあのように戦ったか、我々は理解できたと思う。モウリーニョの採った戦術に納得できたはずだ」 「モウリーニョはリバプールを無効化し、彼らの試合をさせなかった。それが勝ち点を得る方法だったからだ。様々な観点から、彼は称賛に値する。ペップ・グアルディオラはスペクタクルな戦いをして同じく称賛に値するが、昨日は息切れした」 2018.01.16 11:07 Tue
twitterfacebook
thumb

クロップ、対ペップ戦勝利数で最多

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が“対ペップ戦”で無類の強さを誇っている。 ▽リバプールは、14日にホームで行われたプレミアリーグ第23節で今シーズン開幕から無敗で首位を独走するマンチェスター・シティと対戦。4-3の壮絶な打ち合いを制して、遂にシティを止めた。 ▽『Opta(@OptaJoe)』によれば、クロップ監督は過去、ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるチームを相手に通算で5つの白星。これはグアルディオラ監督が相対してきた全指揮官の中でも最多の勝利数だという。 ▽ブンデスリーガ時代を含め、数々のタイトルを懸けて凌ぎを削りあってきた両指揮官。今後もカウンターとポゼッションという両極端のフットボールを志向する両者が相対する試合から目が離せなそうだ。 2018.01.15 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

サラーの価値はネイマール越え世界最高?! レジェンドがメッシやC・ロナウド以上の選手とも主張!

▽リバプールのレジェンドであるイアン・ラッシュ氏が、同クラブで躍動するエジプト代表FWモハメド・サラーを称賛した。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽2017年の夏にローマからリバプール入りしたサラーは、初年度の今シーズン序盤から出色のパフォーマンスを披露。14日に行われたプレミアリーグ第23節マンチェスター・シティ戦でも1ゴール1アシストを記録して無敗の首位クラブ撃破に貢献し、今シーズンの成績を公式戦30試合24ゴール9アシストにまで伸ばしている。 ▽決定力不足に陥っているスペインのメガクラブ、レアル・マドリーが触手を伸ばしているとも囁かれており、サラーはリバプールでの約半年間でプレミアを代表する存在に。そんな爆発力を発揮する同選手に、クラブのレジェンドであるイアン・ラッシュ氏は、ブラジル代表FWネイマールがバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍した時の2億2200万ユーロ(現在のレートで約300億円)を越える、“世界最高の価値”を持っていると評価した。 「レアル・マドリーが彼(モハメド・サラー)を注視しているということが話されているが、誰がそれを責められる? 今日のインフレした移籍市場では、ある日リバプールに2億2500万ユ―ロ(約304億円)のオファーが届いたとしても驚かないよ」 「彼が今居る場所で幸せになってくれるといいね。それでも結局は、彼は昨夏に加入した選手に過ぎないんだ」 「もし適正な金額であれば、選手売却の時と場所がある。でもリバプールにとって、それは今ではない」 「もし彼らが近い将来にプレミアリーグで優勝したいと考えているのなら、サラーのような選手を獲得するしかなくなる。“売るクラブ”では無理だよ」 「最近の調子なら、モー(モハメド)・サラーはリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを上回るだろう。今は彼らよりも良い状態だ。モーは年間アフリカ最優秀選手でもある。これは、欧州でプレーする(アフリカ人の)選手たちを基準に考えれば、偉大な栄光だと思う」 2018.01.15 16:35 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース