ビルバオGKイアゴ・エレリン、2021年まで契約延長2018.01.11 00:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビルバオは10日、スペイン人GKイアゴ・エレリン(29)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽ビルバオのカンテラ出身であるイアゴ・エレリンは、これまで同クラブで公式戦71試合に出場。昨季後半はレガネスへレンタル移籍し、リーガエスパニョーラ21試合に出場していた。今季はビルバオに復帰したが、正GKのケパ・アリザバラガの前に第2GKの座に甘んじ、リーガエスパニョーラ4試合、ヨーロッパリーグ6試合の出場に留まっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ジョレンテ、2013年以来のビルバオ復帰か

▽トッテナムに所属する元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ(33)がビルバオ復帰を示唆した。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽ビルバオでプロキャリアをスタートさせたジョレンテは、ユベントス、セビージャ、スウォンジーを経て、昨夏から2年契約でトッテナム入り。だが、プレミアリーグでわずか1試合の先発にとどまっており、地位を確立できずにいるのが実情だ。 ▽『ミラー』によれば、そんなジョレンテに対して、古巣ビルバオが興味を示している模様。その件について問われたジョレンテは、次のように語り、2013年以来の古巣復帰に含みを持たせた。 「ビルバオは僕の家。彼らがオファーをくれるのなら、復帰も起こり得る」 「僕にとって、忘れることのできないクラブだ。素晴らしい時間を過ごした。ビルバオは、常に僕の心の中でも特別な場所にあるクラブさ」 「彼らが僕に戻ってくるよう求めてきたら、それについて考えないといけない」 2018.04.24 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

R・ガルシア、横暴な審判の存在訴える「次戦に出られないと脅され、何もなかったと言わなければならない」

アスレティック・ビルバオMFラウール・ガルシアが、横暴な審判の存在を訴えた。<br><br>23日のリーガエスパニョーラ第34節、アスレティックは本拠地サン・マメスにレバンテを迎え、1&minus;3で試合を落とした。この試合でアスレティックのゴールを決めたR・ガルシアは、この試合をスペインで放送した『Gol』のフラッシュインタビューに応じたが、その場でルイス・ムヌエラ主審のレフェリングが、横暴なものであったとの考えを口にした。<br><br>「自分たちが主役になることを望み、僕たちのプレーを許さない人たちが存在する。試合を戦っていると、次の一戦に出られなくなるぞと脅してきて、(抗議せずに判定を)飲み込まなくてはならない。そうやって自分の中で消化して、試合後には『何もなかったよ』と言わなければならないんだ」<br><br>R・ガルシアその一方で、アスレティック敗戦の責任が、審判ではなくチーム自体にあることも強調している。<br><br>「もちろん現実を見なければならない。僕たちは適切なレベルになく、すべきプレーを見せられなかった。だから、こうした状況に陥っているわけだよ。ゴールについて? 何も意味がない。結局、勝てなければ価値を持つことなんてないんだ」<br><br>アスレティックは今季、第34節までを9勝13分け4敗で終えて14位に位置するなど低迷。このレバンテ戦終了後には、「シガンダ出て行け!」とファンは監督の解任を要求した。<br><br>提供:goal.com 2018.04.24 09:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ビッグマッチで好守を連発...レアル・マドリー戦で輝いたスペイン代表GKケパ

アスレティック・ビルバオに所属するスペイン代表GKケパ・アリサバラガが、レアル・マドリー戦で輝きを放った。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>マドリーは18日のリーガエスパニョーラ第33節でアスレティックと対戦。先制ゴールを許す苦しい展開で、87分にFWクリスティアーノ・ロナウドが同点ゴールを決めて辛くも1-1で引き分けた。この試合で好守を連発したのが、1月の移籍市場でマドリーが狙っていたケパである。<br><br>ケパはシーズン前半戦のリーガ第14節マドリー戦(0-0)に続き、好セーブでチームを救った。今季マドリーを176分間無失点に抑え、その間48本のシュート、76本のクロスを浴び、ポスト直撃のシュートが3本あった。しかしながら傷を最小限に抑え、アスレティックの勝ち点獲得に貢献している。<br><br>マドリー移籍に失敗したケパだが、その後アスレティックと2025年まで契約延長を行った。ケパはマドリー戦後、「ただの1試合だった。(サンティアゴ)ベルナベウでプレーしたことがなかったから、そういう意味で楽しみにしていたよ。僕はアスレティックと契約を延長した。9歳の頃から、このクラブにいるんだ。幸せだよ」と語っている。<br><br>逃した魚は大きかったのか。ジネディーヌ・ジダン監督は熟考を迫られるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 23:09 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが土壇場で出場12試合連続弾! ホームで格下とドローのマドリーはバイエルン戦に弾み付けられず《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第33節、レアル・マドリーvsアスレティック・ビルバオが18日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、最下位マラガに古巣対戦のイスコの1ゴール1アシストの活躍で勝利した3位マドリー(勝ち点67)は、13位アスレティック・ビルバオ(勝ち点39)とホームで対戦。連勝を目指す今回の一戦に向けてはマラガ戦から先発5人を変更。ヴァラン、マルセロ、クロース、モドリッチ、クリスティアーノ・ロナウドの主力が揃って復帰。ベンゼマとC・ロナウドを2トップに配した[4-4-2]で臨んだ。 ▽試合は立ち上がりからオープンな展開となる。まずは6分、ラウール・ガルシアのスルーパスに抜け出したサン・ホセがボックス右でシュートを放つが、これはGKケイロル・ナバスが好守で阻む。すると直後の9分には右サイドのカルバハルからのクロスをゴール前で競り勝ったC・ロナウドが打点の高いヘディングで合わすが、これはクロスバーを叩いた。 ▽互いに1度ずつ決定機を作り合った中、14分にビルバオが先制点を奪う。コルドバからの絶妙なスルーパスに抜け出したイニャキ・ウィリアムズがボックス右で飛び出したGKをあざ笑うかのようなループシュートでネットを揺らした。 ▽ホームで先制を許す拙い入りとなったマドリーはすぐさま反撃を開始。19分にはマルセロが強烈なミドルシュートを放つが、これはGKケパが正面で対応。その後もサイドを起点に相手の守備を広げながら決定機を作ると、セットプレーからヴァランがヘディングシュート。アセンシオが幾つか枠内シュートを飛ばすが、前半のうちに追いつくことはできなかった。 ▽迎えた後半も前がかってゴールを目指すマドリーだが、要所で悪いボールの失い方から相手のカウンターアタックを許す。快足ウィリアムズに幾度となく最終ラインを突破されるが、GKケイロル・ナバスの果敢な飛び出しで防ぐ。さらに63分には波状攻撃を許すが、コルドバのシュートはDFカルバハルがブロック。こぼれ球をラウール・ガルシアに蹴り込まれるが、今度はクロスバーに救われて2失点目を逃れた。 ▽流れを変えたいジダン監督は69分、ベンゼマとアセンシオに代えてベイルとイスコを同時投入。この交代場面ではベンゼマに盛大なブーイングが飛び交った一方、アセンシオには惜しみない拍手が与えられる、現状の両選手の立ち位置をよく表す結果となった。 ▽この交代をキッカケに完全にスイッチが入ったマドリーは足が止まり始めたビルバオを押し込んでいく。すると、試合終了間際の86分に絶好調のエースが仕事を果たす。波状攻撃からカルバハルのマイナスパスを受けたモドリッチがボックス手前右からミドルシュート。これをゴール前のC・ロナウドがヒールでコースを変えてゴール左隅に流し込み、自身の出場試合連続ゴールを12試合に伸ばした。 ▽土壇場で追いつくことに成功したマドリーだが、逆転ゴールを奪うまで時間は残されておらず、試合は1-1のままタイムアップ。格下ビルバオ相手にホームで引き分け止まりのマドリーはやや不安を抱える形で来週ミッドウィークに行われるバイエルンとのCL準決勝1stレグに臨むことになった。 2018.04.19 06:39 Thu
twitterfacebook
thumb

ビルバオがU-21スペイン代表MFコルドバと2022年まで契約延長

▽アスレティック・ビルバオは16日、U-21スペイン代表MFイニゴ・コルドバ(21)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。 ▽左ウイングを主戦場に2列目を得意とするアタッカーのコルドバは、今季の8月にリーガデビュー。ここまでリーグ戦では24試合(先発は15試合)に出場して1ゴール。ヨーロッパリーグでは9試合(先発は5試合)に出場し、準主力として活躍している。 ▽また、U-17からスペイン代表に選出されているコルドバは、現在はU-21チームに選ばれており、将来を嘱望されている。 2018.04.17 00:34 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース