ビルバオGKイアゴ・エレリン、2021年まで契約延長2018.01.11 00:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビルバオは10日、スペイン人GKイアゴ・エレリン(29)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽ビルバオのカンテラ出身であるイアゴ・エレリンは、これまで同クラブで公式戦71試合に出場。昨季後半はレガネスへレンタル移籍し、リーガエスパニョーラ21試合に出場していた。今季はビルバオに復帰したが、正GKのケパ・アリザバラガの前に第2GKの座に甘んじ、リーガエスパニョーラ4試合、ヨーロッパリーグ6試合の出場に留まっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドで出番減のエレーラ、ビルバオ復帰を希望か

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表アンデル・エレーラ(29)に、ビルバオ復帰の可能性が浮上した。イギリス『サン』の情報をもとにイタリア『トゥットメルカート』伝えた。 ▽今シーズン限りでユナイテッドの契約が切れるエレーラは、未だ契約延長には至ってはいない。ジョゼ・モウリーニョ監督は経験を持つ選手である点を評価し慰留を希望しているそうだが、プレミアリーグでの起用は今シーズンここまで2試合(プレー時間68分)のみ。優先順位はMFフレッジやMFマルアン・フェライニ、MFスコット・マクトミネイを下回るとも指摘されている。 ▽こういった状況から、エレーラは契約延長を考慮せず。来年1月の移籍も考慮しているという。そして、その中でも有力候補に挙げられているのが古巣のビルバオだ。『トゥットメルカート』は、これが“より具体的な”選択肢であることを伝えている。 ▽2011年にサラゴサからビルバオに加入したエレーラは公式戦通算128試合で11ゴール20アシストを記録。この活躍が認められ、2014年にユナイテッド移籍を果たした。加入初年度からプレミアリーグ26試合で6ゴール4アシストを記録しており、2016-17年シーズンではファンが選ぶ年間最優秀選手賞に選出されていた。 2018.10.09 22:25 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ビルバオ戦ドローは幸運? スアレス暴言も処分されず

▽バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、審判に暴言を吐いていたようだ。スペイン『El Dia Despues』のカメラが捉えた光景を、スペイン『アス』が報じた。 ▽問題が起こったのは、1-1で引き分けたリーガエスパニョーラ第7節ビルバオ戦でのこと。バルセロナは前半中に失点を喫し、エースFWリオネル・メッシを投入するまで状況を打開することができず。途中投入されたメッシのアシストから試合終盤にムニルの得点が生まれ、辛くも敗北を回避した。 ▽バルセロナのプレーヤー陣は試合後、揃って暗い表情を見せたが、スペイン『アス』は引き分けという結果すら幸運の賜物だったかもしれないと主張した。 ▽記事によると、試合中に苛立ったスアレスが審判に対して以下のように暴言を吐いていたという。 「お前はクソ半端野郎だ! 」 「物事を見ることができない、お前はピエロだ! 」 ▽なお、過激な言葉を口走ったスアレスにはイエローカードすら提示されず。レッドカード級の案件だが、幸運により何故か退場を免れたと報じられている。 2018.10.03 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ、失点続きのチームに苦言「毎試合失点していては…」

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、チームのパフォーマンスに苦言を呈している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽バルセロナは29日、リーガエスパニョーラ第7節でビルバオと対戦し1-1で引き分けた。前半中にビルバオの先制点を許し敗退ムードが立ち込めたバルセロナは、温存していたメッシを55分に投入。そのメッシのアシストから80分にムニルの得点が生まれ、辛くも引き分けとなった。 ▽2-2で引き分けた前々節ジローナ戦、1-2で痛恨の敗北を喫した前節レガネス戦に続き、3試合勝ちなしとしているバルセロナ。チームの要であるメッシは、リーガ4試合連続で続いている失点が不調を招いていると指摘した。 「今シーズンは始まったばかり。心配はないよ。シーズンは長いんだ」 「僕らは最近の結果を予期していなかった。この試合では勝つための形を作っていたけど、(勝利は)できなかった」 「守備を強化しなければならない。昨年の僕らはそこ(守備)がタフだった。今しているのは最低限だ」 「毎試合でゴールを許してしまえば、それ(勝利)はできない。守備エリアを改善し強固にしなければ。それが最も重要なことだからだ」 2018.09.30 17:25 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシ途中出場のバルセロナ、ビルバオに追いつくも3戦勝利なし《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは29日、リーガエスパニョーラ第7節でビルバオをホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽3日前に行われた前節の最下位レガネス戦を1-2と敗戦してまさかの今季初黒星となったバルセロナは、レガネス戦のスタメンから5選手を変更。4日後にチャンピオンズリーグのトッテナム戦を控える中、メッシやブスケッツがベンチスタートとなった。 ▽ここまで1勝3分け1敗のビルバオに対し、3トップに右からコウチーニョ、スアレス、デンベレと並べ、中盤アンカーにセルジ・ロベルト、インサイドにラキティッチとビダルを起用する[4-3-3]で臨んだバルセロナは、7分にスアレスが直接FKでまずはゴールに迫る。 ▽しかし、12分にイニャキ・ウィリアムズにループシュートでゴールを脅かされると、続く13分にはラウール・ガルシアにミドルシュートでGKテア・シュテーゲンを強襲された。 ▽前半半ば以降も敵陣でボールを持ったバルセロナだったが、フラットな[4-4]のブロックを作るビルバオを崩しきれない状況が続く。38分、久々にスアレスがボックス右角度のない位置からGKを強襲するシュートを浴びせるも、41分に失点する。ボックス手前左からスサエタの上げたクロスをファーサイドのデ・マルコスにボレーシュートで叩き込まれた。 ▽1点ビハインドで迎えた後半開始5分、セルジ・ロベルトが負傷によりプレー続行不可能となってブスケッツが投入される。さらに55分にはビダルに代えてメッシを投入したバルセロナは62分にビッグチャンス。デンベレの右クロスをファーサイドのコウチーニョがボレー。しかし、シュートはバーを直撃した。 ▽その後、72分にメッシの直接FKでゴールに迫ったバルセロナだったが、77分のメッシのシュートは左ポストを直撃するなど運にも恵まれない。 ▽それでも84分、メッシがボックス右でルーズボールを拾い、右足で折り返したクロスを途中出場のムニルが押し込んで同点に持ち込んだ。 ▽しかし、これ以降はビルバオの守備の前にチャンスを作れず1-1で終了。ドローに終わり、3戦勝利から見放されることとなった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.30 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

乾途中出場のベティスが10人ビルバオに2点差追いつきドロー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節、ベティスvsアスレティック・ビルバオが23日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、2-2のドローに終わった。なお、ベティスのMF乾貴士は78分からプレーした。 ▽前節、バレンシアとドローゲームを演じたベティスは、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)初戦では10人のオリンピアコス相手のアウェイゲームで再びドローに。そして、公式戦3試合ぶりの勝利を目指す今節は、前節レアル・マドリー相手に引き分けた難敵ビルバオをホームで迎え撃った。オリンピアコス戦からは先発6人を変更したものの、乾は引き続きベンチスタートとなった。 ▽酷暑の影響で1時間半遅れでの開催となったアンダルシアでの一戦。後方からショートパスを繋ぐベティスに対して、果敢にハイプレスを仕掛けるアウェイのビルバオが試合の流れを一気に掴む。 ▽開始7分、バレンシアガからのクロスをファーのラウール・ガルシアがドンピシャのヘディングシュートで合わすが、これはGKパウ・ロペスのビッグセーブに遭う。だが、こぼれ球をラウール・ガルシアが冷静にフリーのイニャキ・ウィリアムズに繋ぐと、早い時間帯の先制ゴールとなった。さらに前がかってホームチームのビルドアップをけん制するビルバオは18分にも高い位置でのボール奪取からデ・マルコスのパスを受けたラウール・ガルシアがエリア外から見事なグラウンダーのミドルシュートをゴール左隅に突き刺した。 ▽相手のプレッシングの餌食となって2失点を喫したベティスだが、その後も後方から丁寧にショートパスを繋ぐ形を継続。時間の経過と共にロ・セルソを起点に相手陣内までボールを運べるようになると、ウイングバックからの高速クロス、ロ・セルソやホアキンのスルーパスでチャンスを作り出していく。さらに前半終了間際の45分には2枚目の警告を受けたスサエタが退場処分となり、数的優位を手にして後半を迎えることになった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ベティスが早速ゴールをこじ開ける。51分、セットプレーの二次攻撃からボックス手前でパスを受けたバルトラが右足を一閃。無回転気味の低弾道のシュートがゴール左へ向かうと、GKウナイ・シモンの手を弾いたボールがネットに突き刺さった。 ▽この得点で一気にヒートアップしたベニート・ビジャマリンの後押しを受けて攻勢を強めるベティスは完全に10人の相手を押し込んでいく。さらに、フィルポとロ・セルソを下げてテージョ、ロレンと攻撃的なカードを切っていく。すると68分、ボックス中央で左サイドのテージョからマイナスのパスを受けたカナレスが絶妙なファーストタッチから左足のシュートをゴール右隅に流し込み、同点に追いつく。 ▽その後もサナブリア、ロレンが続けて決定機を作るなどイケイケのベティス。78分にはF・ゲレーロを下げて乾を投入。86分にはボックス右でゴールライン際を突破したホアキンのクロスからゴール前フリーのサナブリアに絶好機も、ここはヘディングシュートを枠に飛ばせない。さらに88分にはセットプレーの二次攻撃から乾がボックス左得意の角度から右足のシュートを放つが、これは相手DFの決死のブロックに阻まれた。 ▽結局、試合終盤の猛攻も実らず、逆転勝利には至らなかったベティスだが、0-2のビハインドから2点差を追いついてドローに持ち込み、直近の公式戦3試合連続ドローとなった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 05:13 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース