ホッフェンハイム、U-19ドイツ代表MFガイガーと2022年まで契約延長2018.01.11 00:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホッフェンハイムは10日、U-19ドイツ代表MFデニス・ガイガー(19)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽ホッフェンハイムの下部組織出身であるガイガーは、U-15から各世代のドイツ代表に選出されてきた将来を嘱望されるセントラルMF。今季の開幕戦でスタメンでトップチームデビューを飾ったガイガーは、ここまでブンデスリーガで13試合に出場して2ゴール、ヨーロッパリーグで4試合、DFBポカールで1試合に出場し、主力として活躍している。

▽そのガイガーは契約延長について次のように語っている。

「自分がまだキャリアのスタートラインに立っているということはよくわかっているし、これからもハードに取り組んで、アピールしていかなくてはならない」

コメント

関連ニュース

thumb

30歳の若きドイツ人監督、アーセナルやチェルシーなどプレミアリーグ行きを否定

ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督は、プレミアリーグクラブの監督就任のうわさを否定した。『スカイ』が報じている。<br><br>ナーゲルスマンが率いるホッフェンハイムは現在、ブンデスリーガで5位に付けており、来季のチャンピオンズリーグ出場圏内の4位レバークーゼンとは2ポイント差に迫っている。<br><br>弱冠30歳と監督としては異例の若さのドイツ人には、ドルトムント、アーセン・ヴェンゲルの退任が発表されたアーセナル、成績不振によりアントニオ・コンテの解任がうわさされているチェルシーなど多くのビッグクラブが関心を示していると伝えられていた。<br><br>若きドイツ人指揮官はこれらの報道が真実だと思うかとの問いに対し、次のようにコメントした・<br><br>「私はそうは思わない。彼らの言う通り、うわさはあるのだろうが、それらの報道は気にならない。私は自分のこととチームのことのみに集中している。良い試合をしたいと思っているだけだ。それだけに集中している」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.23 14:17 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井高失点に関与のHSV、伊藤フル出場もホッフェンハイムに地力負けで残留遠のく《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは14日、ブンデスリーガ第30節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。HSVのDF酒井高徳とFW伊藤達哉は共にフル出場している。 ▽前節シャルケ戦をフントの劇的ミドル弾で3-2と競り勝って16試合ぶりの勝利を飾り、最下位を脱出した17位HSV(勝ち点22)は、残留プレーオフに回れる16位マインツとの勝ち点差を5に縮めた。奇跡の逆転残留へ望みをつないだ中、シャルケ戦で多くのチャンスを演出した伊藤と、酒井高が引き続き先発となった。 ▽7位ホッフェンハイム(勝ち点43)に対し、伊藤が[4-3-3]の左ウイングで、酒井高が右サイドバックで先発したHSVは、8分にピンチ。流れの中で上がっていたセンターバックのヒュブナーにミドルシュートでネットを揺らされるも、シュートコースにいたニャブリがオフサイドポジションと判定され、VARの末にノーゴールに覆って救われた。 ▽助かったHSVは11分にワルドシュミットがGKを強襲するシュートを浴びせたが、18分に結局失点する。右サイドからのグラウンダークロスを受けたニャブリにボックス内に進入され、ファン・ドロンゲレンが突破されてトゥキックシュートでGKの股間を抜くシュートを決められた。 ▽その後、24分にロングカウンターを受けたHSVはアミリにGKもかわされる大ピンチを迎えたが、G・ユングの好タックルで切り抜ける。しかし27分、酒井高がN・シュルツの突破を許して最後はサライに押し込まれ、追加点を献上してしまう。 ▽2点を追う苦しいHSVは35分、ロングスローの流れからペナルティアーク中央の酒井高の強烈な左足ミドルが枠の左を捉えたが、GKバウマンのファインセーブに阻まれる。 ▽すると39分、3失点目を喫しかける。FKからヒュブナーのヘディングシュートはGKポラースベックがビッグセーブで阻止。ルーズボールをサライに狙われるもシュートは右ポストを直撃した。 ▽2点ビハインドで迎えた後半、開始早々にカデラベクに決定的なシュートを許したHSVは57分に酒井高がGKが飛び出した隙を突いてロングシュートを狙って応戦。 ▽そしてストライカーのアルプを投入して前がかるも、終盤の79分にはN・シュルツのシュートでGKポラースベックを強襲され、主道権を握りきれない。 ▽結局、後半は目立ったチャンスを作れないままHSVは0-2で敗戦。降格にまた一歩近づいている。 2018.04.15 00:54 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部がリベロでフル出場のフランクフルト、ホッフェンハイムにドローで暫定4位浮上《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは8日、ブンデスリーガ第29節でホッフェンハイムをホームに迎え、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場、鎌田大地はベンチ外となっている。 ▽前節ブレーメン戦を守護神フラデツキーの痛恨ミスで1-2と競り負け、4位から6位に後退したフランクフルト(勝ち点45)は、4位ライプツィヒと5位レバークーゼンが潰し合う今節、フランクフルトと1年間の契約延長を果たした長谷部がリベロで先発となった。 ▽7位ホッフェンハイム(勝ち点42)に対し、立ち上がりからフランクフルトがボールを持つ流れとなった中、17分に右CKからヨビッチのヘディングシュートがGKバウマンを強襲。さらに22分、ヴィレムスのミドルシュートで再びフランクフルトがGKをバウマンを襲った。 ▽主導権を握っていたフランクフルトだったが、34分にピンチ。スルーパスでニャブリにボックス左へ抜け出されシュートを打たれるも、枠を外れて助かった。さらに37分にもクラマリッチに右ポスト直撃のシュートを浴びた。 ▽ピンチを凌いだフランクフルトは42分、右CKからルスの放ったボレーシュートがGKバウマンにセーブされ、ゴールレスで前半を終えた。 ▽後半開始早々、ウートにGKと一対一の局面を作られたフランクフルトだったが、フラデツキーがセーブ。すると49分に先制する。右サイドからのヴォルフのグラウンダークロスにヨビッチがスライディングシュートで合わせた。 ▽ところが56分に試合を振り出しに戻される。ゴールキックの流れからニャブリがボックス右に進入。GKフラデツキーの手を弾いたシュートがネットを揺らした。 ▽1-1となって以降はフランクフルトが攻勢に出ると、69分にはアラーのヘディングシュートがバーを直撃。終盤にかけてもフランクフルトが押し込む展開が続いたが、勝ち越しゴールを奪うには至らず、1-1のままタイムアップ。勝ち点1を積み上げるに留まったフランクフルトだが、暫定4位に浮上している。 2018.04.09 03:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムがドイツ代表MFデミルバイと2022年まで契約延長

▽ホッフェンハイムは5日、ドイツ代表MFケレム・デミルバイ(24)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽2016年6月にハンブルガーSVからホッフェンハイムに加入したレフティーのプレーメーカーであるデミルバイは、これまでホッフェンハイムで公式戦52試合に出場して8ゴール15アシストを記録。しかし今季はケガに泣かされてリーグ戦15試合の出場にとどまっている。 ▽ホッフェンハイムと契約延長に至ったデミルバイは公式サイトで次のように語っている。 「これからもこのチームの飛躍の一旦を担えることを嬉しく思うよ。これからも多くの成功を収めていけると確信している。延長についてはここ数週間取り組んできたことだ。ケガで離脱しているときでもとてもサポートしてもらったし、加入してから温かく迎えてもらっている」 2018.04.06 01:53 Fri
twitterfacebook
thumb

大迫先発のケルンが敵地で6発惨敗…逆転での残留がさらに遠のく《ブンデスリーガ》

▽日本代表FW大迫勇也の所属するケルンは3月31日、ブンデスリーガ第28節でホッフェンハイムと対戦し、0-6で大敗した。大迫は57分までプレーした。 ▽前節のレバークーゼン戦に勝利し最下位を脱出した17位ケルン(勝ち点20)が、リーグ戦4試合負けなしと好調の7位ホッフェンハイム(勝ち点39)のホームに乗り込んだ一戦。ケルンは前節同様に[3-4-2-1]の布陣を採用し、大迫は2シャドーの一角で先発した。 ▽試合は立ち上がりからホームチームがゴールに迫る。7分、中盤でパスを受けたグリリッチュがボックス内にロングパスを送ると、ボックス左深くまで上がったウートがダイレクトクロス。このボールにニャブリが飛び込むが、わずかにボールに届かない。 ▽ケルンの反撃は18分、リッセの左CKをゴール前に走り込んだヘーガーがフリーで合わせるも、ヘディングシュートはわずかに枠の上に外れた。 ▽主導権を握るホッフェンハイムは22分、バイタルエリア中央でボールを受けたニャブリがドリブルで仕掛けると、中央突破からボックス内に持ち込みシュートをゴール左に突き刺した。先制点で勢いづくホームチームは25分にも、クラマリッチの右CKをヒュブナーがヘディングシュートをゴール左隅に流し込んだ。しかし、このゴールはゴール前のニャブリがプレーに関与したとして、オフサイドの判定で取り消された。 ▽迎えた後半、早い時間帯に試合を決めたいホッフェンハイムが攻勢をかけると47分、センターサークル内でボールを受けたニャブリがドリブルで中央を突破すると、ペナルティアーク手前からミドルシュートをゴール左隅に突き刺した。 ▽良い時間帯に追加点を奪い後半の主導権を握ったホッフェンハイムは、ここからゴールラッシュ。56分、相手バイタルエリアでルップがインターセプトするとこぼれ球を拾ったウートがボックス内まで持ち上がりシュートをゴール左隅に流し込んだ。さらに61分にも、ウートのラストパスからルップがゴールネットを揺らし、4点目を奪った。 ▽攻撃の手を緩めないホッフェンハイムは、65分にスルーパスで左サイドをオーバーラップしたN・シュルツの折り返しをゴール前に走り込んだウートが流し込み、5点目。72分には、フォクトのロングパスで左サイドを抜け出したウートがマイナスの折り返しを供給。これを途中出場のツバーが左足で流し込み、ゴールショーを締めくくった。 ▽結局、試合はそのまま0-6で終了。後半序盤で集中の切れたケルンは、敵地で惨敗を喫した。 2018.04.01 01:53 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース