ホッフェンハイム、U-19ドイツ代表MFガイガーと2022年まで契約延長2018.01.11 00:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホッフェンハイムは10日、U-19ドイツ代表MFデニス・ガイガー(19)と2022年6月30日まで契約を延長したことを発表した。

▽ホッフェンハイムの下部組織出身であるガイガーは、U-15から各世代のドイツ代表に選出されてきた将来を嘱望されるセントラルMF。今季の開幕戦でスタメンでトップチームデビューを飾ったガイガーは、ここまでブンデスリーガで13試合に出場して2ゴール、ヨーロッパリーグで4試合、DFBポカールで1試合に出場し、主力として活躍している。

▽そのガイガーは契約延長について次のように語っている。

「自分がまだキャリアのスタートラインに立っているということはよくわかっているし、これからもハードに取り組んで、アピールしていかなくてはならない」

コメント

関連ニュース

thumb

リバプール、ホッフェンハイムの10番MFデミルバイ獲得へ

▽リバプールが、ホッフェンハイムに所属するドイツ代表MFケレム・デミルバイ(25)の獲得に動くようだ。イギリス『HITC』が伝えている。 ▽2016年夏にハンブルガーSVからホッフェンハイムに加入したデミルバイは、卓越した戦術眼と柔らかなボールタッチを駆使するホッフェンハイムの司令塔だ。加入以降通算60試合で8ゴール17アシストを記録している。今シーズンはケガの影響もあり、公式戦4試合の出場に留まっている。 ▽デミルバイはリバプールのユルゲン・クロップ監督もよく知る選手。というのも、同選手は2013年にハンブルガーSVに移籍する前にドルトムントの下部組織に在籍しており、当時トップチームを率いていたクロップ監督も注目していたようだ。だが、そのドルトムントもデミルバイに興味を示しているようで、これまでにも関心を寄せていたとされるリバプールは獲得レースに巻き込まれる可能性があるようだ。 ▽なお、デミルバイは4月に2022年まで契約を延長。契約解除金は2800万ポンド(約41億円)に設定されているようだ。 2018.10.18 16:42 Thu
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、退場者出すもホッフェンハイムから2点差を守り切り今季3勝目!《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは7日、ブンデスリーガ第7節で、アウェイでホッフェンハイムと対戦し、2-1で勝利した。長谷部はフル出場を果たしている。 ▽ここまでのリーグ戦2勝1分け3敗と負け越しているフランクフルトは、直近の公式戦2試合では、ハノーファーとヨーロッパリーグでのラツィオ相手にいずれも4得点を挙げて連勝中。波に乗ったまま迎える今節は、長谷部やリーグ戦2試合連続得点中のレビッチ、デ・グズマンらが先発に名を連ねた。 ▽試合は両者慎重な入りを見せる。互いに3バックを敷き、守備に重きを置く試合展開に。それでも時間が経つにつれて主導権は徐々にホッフェンハイムへ。15分には、N・シュルツがボックスに侵入しシュートを狙っていく。しかし、このシュートは力なくGKトラップが難なくセーブする。 ▽30分にかけてもホッフェンハイムのペース。デミルバイがミドルシュートでゴールに迫ると迎えた29分、前半最大の決定機がホッフェンハイムに訪れる。左サイドのクロスから味方のシュートが弾かれたところを、ベルフォディルがヘディングシュート。だが、これはクロスバーを叩いてしまう。 ▽その直後、ピンチを凌いだフランクフルトはすぐさまカウンターへと転じた。レビッチがボックス右に侵入し、ドリブルで躱しにかかったところを相手に倒されるが笛はならず。判定に納得のいかないレビッチは審判への過ぎた抗議によって警告を受けてしまった。 ▽しかしこのレビッチが仕事をする。40分、自陣右サイドの相手のスローインを奪ったフランクフルトは、ヨビッチが前線に走り込んだレビッチにパスを供給。レビッチはボックス左から、中途半端に前に出てきたGKの頭上を抜くループシュートを決めて、守勢だったフランクフルトが先制した。 ▽リードを得たまま後半を迎えたフランクフルトは、すぐにこのリードを広げにかかる。46分、カウンターで後半頭から出場しているガシノビッチが左に左に展開すると、コスティッチの折り返しはGKに弾かれてしまうものの、こぼれ球をヨビッチがダイレクトで流し込んで追加点を挙げた。 ▽2点差としたフランクフルトだが65分、すでに1枚イエローカードを貰っていたレビッチが相手を引っ張ってしまい、2枚目のイエローカードで退場となってしまう。 ▽交代カードなどを使い無失点に抑えていたフランクフルトだったが、83分についに失点してしまう。途中出場のジョエリントンのパスで抜け出した、こちらも途中出場のネルソンが豪快に突き刺し1点差とした。 ▽さらに後半アディショナルタイムにも、CKからベルフォディルに危うく同点とされるシュートを打たれたが、GKトラップが最後まで集中を切らさないプレーで弾き出し、試合終了。フランクフルトが今季リーグ戦3勝目を手にした。 2018.10.08 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

シティがシルバの土壇場弾でホッフェンハイムを下し今大会初勝利!《CL》

▽マンチェスター・シティは2日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第2節でホッフェンハイムとライン・ネッカー・アレーナで対戦し、2-1で勝利した。 ▽大会初戦でリヨンと対戦したシティは、前半に許した2点リードから逃げ切られ黒星スタートとなった。同時に今季初黒星を喫した優勝候補のシチズンズは、その後の国内カップ戦を含めた3試合で10得点無失点という好成績を残し復調に成功。初戦の敗戦を払拭したい今節は、スタート時の布陣は[4-2-3-1]を採用し、左サイドバックにラポルテ、ボランチにギュンドアンとフェルナンジーニョ、2列目の左にザネ、右sにスターリング、ワントップにアグエロを起用した。 ▽試合はいきなり動いた。開始45秒、右サイドのスローインからリスタートしたホッフェンハイムは、デミルバイのスルーパスでベルフォディルがシティの最終ラインをギリギリで抜け出す。そのままゴール前へ運びGKとの一対一を制して先制点を奪った。 ▽前節同様、先に相手の得点を許し出鼻をくじかれたシティだったが、同じ轍は踏むまいと7分に反撃。シルバの絶妙なスルーパスでボックス左に侵入したザネが中へ折り返すと、アグエロのシュートは一度相手に当たってしまうものの、すぐにこぼれ球を拾ったアグエロがそのまま押し込んで振り出しに戻した。 ▽失点からすぐに流れを引き戻したシティは15分、今度は右サイドのスターリングが味方のスルーパスに反応し爆発的なスピードで一気に逆転のチャンスに。左足でGKの股の間を狙ったが足に当たって枠を外れた。 ▽その後はシティが試合を支配する展開に。33分にザネの単独突破から最後はアグエロがシュート。その2分後にも、ボックス手前左でボールを持ったアグエロは今度はループシュートでGKを強襲。若干前に出ていたGKバウマンの隙を突いたシュートだったが、バウマンは何とか弾き出した。 ▽そんな中でもホッフェンハイムは39分、先制ゴールのベルフォディルがラポルテの軽率なバックパスを奪って絶好機を迎えるが、GKエデルソンに阻まれてしまった。 ▽同点で迎えた後半序盤はホッフェンハイムが良い入りを見せた。47分にベルフォディルがボックス右へ侵攻。シュートも狙えた場面でクロスを選択したが味方は合わせることは出来なかった。その直後にはグリリッチュがミドルシュートでトライ。枠に収めることは出来なかったものの、守勢に回った前半よりもアグレッシブな展開を作った。 ▽シティも少ないチャンスから決定機を演出。53分、ラポルテが左サイドで上手く相手と入れ替わりボックス左に侵入。グラウンダーのクロスにシルバがニアで合わせるが、シュートを枠に飛ばすことは出来ず。 ▽試合が拮抗してきた中、シティは64分にオタメンディを下げてストーンズを投入。この交代で4バックから3バックに変更。だがそんなシティにアクシデント。68分にギュンドアンが足を痛めてベルナルド・シウバと負傷交代を余儀なくされてしまう。 ▽そのまま中盤に入ったベルナルド・シウバは72分、左サイドに流れてチャンスを創出。クロスをアグエロが頭で合わせたが、GKの正面へ。その直後の73分には、最終ラインを抜け出したザネがボックス内で飛び出してきたGKに倒されるも、笛はならず。 ▽その後シティはマフレズをスターリングに代えて投入するも、ホッフェンハイムの堅い守備を崩すことができない。シルバやザネの個人技を駆使して打開を試みるも、なかなかシュートも許してもらえない。 ▽しかしそんな中迎えた86分、意外な形から試合は動く。シティの左サイドからのクロスをホッフェンハイムDFポッシュが余裕をもってトラップしてクリアしようとしたところを、背後から忍び寄ったシルバが奪取。こうなってしまったらもう万事休す。シルバは楽々とゴールに流し込み、シティが土壇場で逆転に成功した。 ▽その後、4分間の後半アディショナルタイムも過ぎ終了の笛。最後まで手を焼いたシティだったが、今季のCL初勝利を手にした。一方敗れたホッフェンハイムは、これで開幕から1分け1敗という苦しいスタートとなった。 2018.10.03 03:54 Wed
twitterfacebook
thumb

浅野途中出場のハノーファー、ホッフェンハイムに完敗で未勝利続く《ブンデスリーガ》

▽ハノーファーは25日、ブンデスリーガ第5節でホッフェンハイムをホームに迎え、1-3で敗戦した。ハノーファーのFW浅野拓磨は65分からプレーし、FW原口元気はベンチ入りしなかった。 ▽前節ニュルンベルク戦を0-2と敗戦して2分け2敗と未勝利が続くハノーファーは、前節今季初スタメンを飾った原口がベンチ外となり、前節初めて出場機会のなかった浅野は引き続きベンチスタートとなった。 ▽立ち上がりにホッフェンハイムの攻勢を許したハノーファーは、17分にベブのボレーシュートでゴールに迫るも、20分に失点する。ジョエリントンのスルーパスを受けたブレネットにボックス内に侵入されてネットを揺らされた。 ▽さらに35分、ビッテンコートに際どいミドルシュートを浴びたハノーファーは37分にもブレネットにシュートを打たれたが、GKエッサーが好守で凌いだ。 ▽しかし後半開始4分、右サイドからカットインしてきたカデラベクに左足ミドルを叩き込まれ、リードを広げられてしまう。 ▽良いところのないハノーファーだったが、53分にPKを獲得。ボックス左に抜け出したベブのクロスにダイビングヘッドで飛び込んだフュルクルクが倒された。これをフュルクルクが決めて1点差に詰め寄った。 ▽65分に浅野を投入したハノーファーは、浅野がフュルクルクと2トップを形成。78分にはフュルクルクがネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。さらに86分、ロングカウンターからウェイダントのボレーシュートが枠を捉えられずにいると、追加タイム3分に終戦した。 ▽ロングカウンターを受けて最後はボックス右に侵入したベルフォディルにドリブルシュートを流し込まれた。1-3で敗れたハノーファーは未勝利が続き、3連敗となっている。 2018.09.26 06:12 Wed
twitterfacebook
thumb

香川が今季初先発のドルトムント、10人になりながらも追いつきホッフェンハイムにドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、ホッフェンハイムvsドルトムントが22日に行われ、1-1で引き分けた。ドルトムントのMF香川真司は70分までプレーしている。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)出場クラブ同士の一戦。前節デュッセルドルフ戦を1-2と敗れて1勝2敗スタートとなったホッフェンハイムは、初のCL戦となった3日前のシャフタール戦を2-2の引き分けに持ち込まれた。そのシャフタール戦のスタメンから2選手を変更。サライとノルトヴェイトに代えてツバーとビカクチッチを起用した。 ▽一方、前節フランクフルト戦を3-1と快勝して2勝1分けスタートとしたドルトムントは、4日前に行われたCLクラブ・ブルージュ戦を1-0と辛勝。そのドルトムントはブルージュ戦のスタメンから3選手を変更。ゲッツェ、ヴァイグル、サンチョに代えて香川、プリシッチ、ダフードを起用した。ブルージュ戦で途中出場し今季初出場を果たした香川は、リーグ戦初先発となった。 ▽[4-3-3]のトップ下に香川、3トップに右からプリシッチ、ヴォルフ、ロイスと並べたドルトムントが立ち上がりから押し込む展開で推移する。 ▽しかし、シュートチャンスを作れずにいると、18分にホッフェンハイムに決定機。N・シュルツの左サイドからのクロスをビッテンコートがダイレクトでプッシュ。だが、GKビュルキのファインセーブに阻まれた。 ▽その後もボールを持つドルトムントに対し、手数をかけない攻撃でゴールに迫っていたホッフェンハイムが44分に先制する。ショートカウンターに出た流れから最後はルーズボールを拾ったボックス中央のジョエリントンが左足でゴール左に流し込んだ。 ▽後半開始4分にクラマリッチが決定的なシュートを浴びせたホッフェンハイムは、このプレーで得た左CKから加点しかける。ショートコーナーを使って、左クロスをビカクチッチがヘディングシュートでゴール右に流し込んだ。しかし、VARの末にショートコーナーを受けた選手がオフサイドと判定され、ノーゴールとなった。 ▽55分にはジョエリントンの左足ミドルが左ポストに直撃して救われたドルトムントは、直後に香川に決定機。右サイドを突破したプリシッチのクロスを左足ボレーで合わせたが、シュートを枠の左に外してしまった。 ▽60分にダフードとヴォルフに代えてデラネイとサンチョを投入したドルトムントは、サンチョが左ウイングに入り、ロイスが最前線に入った。さらに70分、香川に代えてM・フィリップを投入したドルトムントだったが、75分にロングボールに抜け出したクラマリッチをディアロが手を使って止めて一発退場となってしまう。 ▽敗色濃厚のドルトムントだったが84分、同点に追いつく。ボックス左に抜け出したロイスの折り返しをプリシッチが押し込んだ。 ▽追いつかれたホッフェンハイムは終了間際、N・シュルツの左クロスをゴールエリア右のベルフォディルが合わせたシュートは枠の上に外れ、直後にタイムアップ。10人となったドルトムントが引き分けに持ち込んでいる。 2018.09.23 00:48 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース