イブラヒモビッチ、シーズン終了前にユナイテッド退団か2018.01.10 17:36 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(36)が今シーズン終了前にマンチェスター・ユナイテッドを退団する可能性が出ている。著名なジャーナリストであるダンカン・キャッスルズ氏が『Yahoo Sport UK』で伝えている。

▽昨年4月に右ヒザ前十字じん帯損傷の大怪我を負ったイブラヒモビッチだが、不屈の精神で順調に回復すると、一旦契約満了となったユナイテッドと再契約。昨年11月には久々の復帰を果たしたが、現在は再び負傷により離脱している。

▽復帰後は7試合1得点とトップコンディションに戻っていないイブラヒモビッチだが、今回報じられるところによれば、シーズン終了を前に退団する可能性があるとのこと。イブラヒモビッチには、MLS(メジャーリーグサッカー)や中国リーグのクラブから関心が寄せられているようで、そのパーソナリティから商業面でも期待されているようだ。

▽ユナイテッドは既にイブラヒモビッチ退団の場合に備えており、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(24)がリストの最上位に名を連ねているとみられている。

▽また、そのほかのオプションとして、FWマーカス・ラッシュフォードやFWアンソニー・マルシャルをFWロメル・ルカク不在時にセンターフォワードで起用し、パリ・サンジェルマンのMFルーカス・モウラなどウインガーを強化すること。若手センターフォワードを獲得して育てることなども、ジョゼ・モウリーニョ監督は考慮しているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ユーベ、ミラン、ローマ、バレンシア…ダルミアン争奪戦が激化か

▽マンチェスター・ユナイテッドでポジションを失っているイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(28)だが、同選手を求めるクラブは少なくないようだ。 ▽2015年の夏にトリノからユナイテッド入りしたダルミアンは、移籍初年度こそリーグ戦28試合に出場したが、昨シーズンはリーグ戦の出場が18試合に減少。左右のサイドバックをこなせるユーティリティ性が売りでもあるが、右サイドではDFアントニオ・バレンシア、左サイドではDFルーク・ショー、MFアシュリー・ヤングらからポジションを奪うことができず、いずれのポジションでも序列が下がっており、今シーズンのリーグ戦先発は2試合にとどまっている。 ▽そのダルミアンに関しては、ミランとバレンシアが獲得を狙っているようだが、現時点でオファーは提示していない模様。さらにユベントスも同選手の獲得に持っており、最近になってローマも関心を示しているとのことだ。ローマはレンタル移籍での獲得の望んでいるという。 ▽それぞれリーグの強豪だが、ダルミアンは移籍により再起を図ることになるのだろうか。 2018.01.21 17:14 Sun
twitterfacebook
thumb

サンチェスが●なら…? ポグバ陣営、賃上げを要求か

▽マンチェスター・ユナイテッドは、チームの柱であるフランス代表MFポール・ポグバの賃上げを強いられるかもしれない。イギリス『デイリー・ミラー』を報じている。 ▽ユナイテッドは現在、アーセナルFWアレクシス・サンチェスの獲得が迫っているとみられる。同じくサンチェスを狙っていたライバルであるマンチェスター・シティとの争奪戦を勝利した要因の一つが、選手に対する巨額オファーとみられている。 ▽『ミラー』によれば、ユナイテッドはサンチェスに対して週給40万ポンド(約6100万円)の給与を支払うとされている。ポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏は、サンチェスの給与と比較すれば、フランス代表MFが現在受け取っている20万ポンドが適当ではないとクラブに主張する準備ができているとのことだ。 ▽2016年の夏に当時の移籍市場最高額でユベントスからユナイテッドに復帰したポグバは、難なくレギュラーポジションを掴み、現在のチームの主力として活躍。復帰当初は週給16万7000万ポンドだったが、ユナイテッドがチャンピオンズリーグに復帰したことで週給20万ポンドに上昇するという条項が有効になったとみられている。 2018.01.21 15:32 Sun
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン屈指のMF争奪戦がプレミアで激化か リードするのは…

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ニースに所属するコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(26)の争奪戦でリードしているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽ユナイテッドでは、今季終了後にMFマイケル・キャリックが現役を引退してコーチに就任することになることが濃厚とみられている。そこで、同選手の後釜として、リーグ・アンで躍動する万能型MFの獲得を狙っているようだ。 ▽2015年からニースでプレーするセリは、プレーメークや得点に関与できる攻撃センスに加えて守備でも貢献できるセントラルMF。2016-17シーズンは、フランスプロサッカー選手連合(UNFP)が選ぶリーグのベストイレブンに選出されたリーグ・アン屈指の選手だ。 ▽そのセリに関しては、昨年の夏にバルセロナ移籍が濃厚とみられてきたが、これが実現しなかった。『デイリー・ミラー』によれば、現在はマンチェスター・シティやチェルシー、リバプールが興味を持っているとのことだが、この争奪戦でリードしているのはユナイテッドだという。また、セリ自身もプレミアリーグへの移籍を望んでいる模様だ。 ▽なお、セリとニースの契約は2019年6月までとなっており、バイアウト条項は4000万ユーロ(約54億円)とみられている。 2018.01.21 09:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ムヒタリアンとアーセナルが合意 サンチェスと等価トレード

▽アーセナルとマンチェスター・ユナイテッドのMFヘンリク・ムヒタリアン(28)が合意に達したようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ムヒタリアンに関しては、アーセナルFWアレクシス・サンチェス(29)のマンチェスター・ユナイテッド移籍に伴うトレード要員になるということが伝えられてきた。これまでの報道によれば交渉がやや難航している模様だったが、今回の報道によればついに合意に達したようだ。『BBC』によれば、ユナイテッドとアーセナルはどちらも移籍金を得ることなく、選手同士の等価トレードとなる。 ▽世界有数のアタッカーと認知されているサンチェスは、今季限りでのアーセナルの契約延長が進展せず、移籍が濃厚とみられてきた。一方、ムヒタリアンは2016年の夏に加入したユナイテッドと2020年までの契約を交わしていたが、一貫性のあるパフォーマンスを発揮できず、ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得ることができていない状況だった。 2018.01.21 08:27 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 1月21日は、現在移籍の渦中にいるユナイテッドの秀才MF

◆ヘンリク・ムヒタリアン 【Profile】 国籍:アルメニア 誕生日:1989/1/21 クラブ:マンチェスター・ユナイテッド ポジション:MF 身長:177㎝ 体重:75㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、1月21日はアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンだ。 ▽元アルメニア代表の父とアルメニアサッカー連盟のスタッフを務める母の間に生まれたムヒタリアンは、2006年の17歳の時にアルメニアのピュニク・エレバンでトップチームデビュー。以来、在籍3年半で35得点を記録してリーグ3連覇に貢献し、2007年には代表デビューも飾った。その後、ウクライナのメタルルフ・ドネツクを経て同国の強豪シャフタール・ドネツクに加入すると、そこでも徐々に頭角を表し、2013年6月にチャンピオンズリーグでも対戦したドルトムントに加入する。 ▽ドルトムントでもキレのあるドリブルからの決定的なプレーを武器に活躍するが、2014-15シーズンには日本代表MF香川真司のユナイテッドからの復帰により不慣れなサイドハーフでの起用に苦戦。それでも、翌シーズンにリーグ戦で11ゴール5アシストの活躍を見せると、香川の助言もあり、2016年7月にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍する。 ▽加入1年目の昨シーズンこそ公式戦41試合11ゴール6アシストを記録してヨーロッパリーグ優勝に貢献した。しかし、今シーズンは徐々にパフォーマンスが低下し、出場機会が激減。今月から開かれた今冬の移籍市場ではインテルへの移籍やドルトムントへの復帰が噂される中、現時点ではクラブが獲得を望むアーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)のトレードが濃厚となっており、目が離せない状況だ。 ▽そんなムヒタリアンだが、母国アルメニア語をはじめ、英語・スペイン語・フランス語・ポルトガル語・ドイツ語を話すことが可能。サンクトペテルブルク・エレバン校で経済学を学び、弁護士免許の取得も計画する秀才ぶりで、将来的にビジネスの展開なども考えているようだ。 ※誕生日が同じ主な著名人 ニッキー・バット(元サッカー選手) ウェズ・モーガン(サッカー選手/レスター・シティ) KEIJI(ダンサー/EXILE) 川原克己(お笑い芸人/天竺鼠) 西森洋一(お笑い芸人/モンスターエンジン) ka-yu(ベーシスト/Janne Da Arc) ポール・アレン(マイクロソフト共同創業者) 高田純次(タレント) 2018.01.21 07:00 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース