エース・アグエロの土壇場弾で逆転したシティがブリストルとの1stレグを制す!《EFLカップ》2018.01.10 06:48 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは9日、EFLカップ準決勝1stレグでブリストル・シティとホームで対戦し、2-1で勝利した。

▽プレミアリーグで快進撃を続けるシティは、第21節のクリスタル・パレス戦で引き分けたものの、その後の2試合で連勝を飾り、見事に立て直した。今回のブリストル戦に向けて、直近のFAカップのバーンリー戦から4選手を変更。オタメンディ、シルバ、フェルナンジーニョ、アグエロに代えて、マンガラ、ヤヤ・トゥーレ、デ・ブライネ、ベルナルド・シウバを先発に起用した。

▽序盤から猛攻を仕掛けていくシティは、8分にヤヤ・トゥーレのパスにデ・ブライネが抜け出すも、GKに詰められてシュートを打てない。根気良く守るブリストルも、11分にロングスローからパーターソンがシュートに持ち込みチャンスを迎えた。さらに16分には、ブリストルがセンター付近でボールを奪うと、K・スミスがカウンターで持ち上がり、そのままボックス手前左からシュートを狙う。だが、ここはGKブラーボがストップ。こぼれ球も詰められず絶好機を逸してしまった。

▽シティが思うような攻撃ができないでいる中、果敢に前からボールを奪いに行くブリストル。すると44分、敵陣でボールを奪い一気にボックス内へ侵入したボビー・リードがストーンズに倒されPK獲得。これをリード自身が沈めて、チャンピオンシップ4位のブリストルが先制した。

▽まさかの展開となったシティ。前半アディショナルタイムに、味方とのパス交換からボックス右に攻め入ったスターリングがGKの頭上を抜く完璧なループシュートを放つが、ブリストルDFフリントが寸前のところを頭でクリア。スーパープレーが飛び出し、前半はブリストルがリードして折り返した。

▽迎えた後半、まずは51分にシティがカウンターからブリストルゴールに迫る。だが、スターリングのシュートはGKの正面に飛んでしまいゴールならず。55分に、再びカウンターでデ・ブライネが中央から一気に持ち上がると、ボックス右のスターリングに展開。その折り返しを受けたデ・ブライネがダイレクトでニアに蹴り込み、同点とした。

▽もう1点が遠い状況に見かねたグアルディオラ監督は、70分にヤヤ・トゥーレを下げてアグエロを投入。それでも得点のにおいがしないシティだったが、迎えた後半アディショナルタイムの92分、右サイドのベルナルド・シウバのクロスに、アグエロが頭で合わせ土壇場で逆転。

▽絶対的エースが監督の期待に応える活躍で2-1としたシティ1stレグで劇的逆転勝利を収めた。なお、2ndレグは今月23日にブリストルのホームで行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

両者ゴールが遠く、ビッグ・ロンドン・ダービー1stレグはゴールレスドロー《EFLカップ》

▽EFLカップ準決勝1stレグ、チェルシーvsアーセナルが19日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 ▽今年初の試合となったプレミアリーグ第22節で相まみえ、2-2で引き分けた両者。その後のFAカップ3回戦では、チェルシーはノッリジ相手に得点が奪えず再試合に、アーセナルはノッティンガム・フォレストにまさかの敗北を喫した。 ▽前回の対戦からちょうど1週間後の激突となったこの一戦に向けて、ホームのチェルシーはノリッジ戦からドリンクウォーター以外の10人を変更。GKクルトワ、A・クリステンセン、カンテ、アザール、モラタなどベストメンバーで挑んだ。対するアーセナルは、ノッティンガム・フォレスト戦から7選手を代え、ムスタフィやウィルシャー、ベジェリン、ラカゼットらが先発に名を連ねた。 ▽互いに一歩も引かない展開を見せる中、やや優勢に試合を運ぶアーセナルがより長くボールを持つようになる。そんな中22分に、ウィルシャーのパスに反応したラカゼットがボックス右からシュートを放つが大きく枠を越えてしまう。 ▽一方のチェルシーも、モーゼスがカットインから左足でGKオスピナを強襲。37分のFKの場面では、ボックス手前左の位置から、セスクが不意をついて横のカンテにパス。カンテはボックスの外からシュートを狙うが枠を捉えることが出来なかった。 ▽前半の終盤には、イウォビの枠を捉えたシュートでアーセナルがゴールに迫るも、GKクルトワがファインセーブでチェルシーゴールに蓋をする。直後にナイルズがエリア内で倒されるも笛は鳴らず。45分の、アスピリクエタのクロスに合わせたセスクのヘディングシュートも、GKの正面に飛んでしまい、両者ともゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、序盤に押し込んだチェルシーは47分のCKの流れからA・クリステンセンがヘディングで迫るがシュートは枠の外へ。52分には、前半と同じような位置でFKを得ると、今度はマルコス・アロンソが直接狙う。しかし、シュートは壁に当たり枠の外へ。 ▽後半のチェルシーペースはまだ続く。56分にはモラタがボックスの外から枠内シュートを放つがGKオスピナがかき出す。続くモラタのシュートはポストに弾かれた。66分のCKでは、こぼれ球をモーゼスが押し込みにかかるが、ムスタフィが足を延ばしてゴールを死守。 ▽このあたりからアーセナルはサンチェス、チェルシーはウィリアンを投入し両チームとも攻撃の活性化を図ったが、その後もチェルシーがイニシアチブを握る。後半半ばにかけてはウィリアン、マルコス・アロンソがボックスの外から積極的に狙いに行く姿勢を見せた。 ▽以降もチェルシーが試合を支配したが、最後までゴールが遠く結果はゴールレスドロー。0-0のまま、今月24日にエミレーツ・スタジアムで行われる2ndレグを迎えることになった。 2018.01.11 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、ユナイテッド撃破のブリストル称賛「フットボール界にとって美しい日」

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、EFLカップ(カラバオカップ)準々決勝でユナイテッドを下したチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のブリストル・シティに賛辞を送った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽前回王者ユナイテッドは20日、EFLカップ準々決勝でブリストル・シティの本拠地アシュトン・ゲート・スタジアムに乗り込んだ。前半からチャンスを量産するも2度ポストに嫌われるなどなかなかゴールを奪えないでいると、51分に先制点を献上する。58分にイブラヒモビッチのFKで試合を振り出しに戻したが、後半アディショナルタイムにブリストルに劇的ゴールを許してしまい、1-2で敗戦。2部相手に屈辱の敗退を喫した。 ▽準々決勝で姿を消すこととなったユナイテッドのモウリーニョ監督は試合後、ブリストルが「少しラッキーだった」と語るも、戦いぶりを称賛し、「フットボール界にとって美しい日」だと主張した。 「彼らは少しラッキーだったね。ただ、その運を得るためにとても戦っていた。みんなが我々のゴールを待っている最高の瞬間に彼らは勝利を手にした」 「ただ、彼らがラッキーだったと言うべきだよ。我々は前半に2度もポストに嫌われたからね。それでも彼らのプレーは見事だったよ。命をかけているかのようにね。今日はフットボール界にとっても美しい日だ。下部リーグのチームが勝利して準決勝に進んだからね」 「私は彼らを祝福しているし、彼らが私にラッキーだったとは言ってほしくない。一番重要なことは彼らが懸命に戦い、チャンピオンシップのチームがマンチェスター・ユナイテッドのようなクラブを倒したということなんだ」 2017.12.21 21:33 Thu
twitterfacebook
thumb

王者ユナイテッド撃破、「彼らは特別なグループ」とブリストル指揮官が称賛

▽EFLカップ(カラバオカップ)準々決勝でマンチェスター・ユナイテッドを下したチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のブリストル・シティ。指揮官である、リー・ジョンソン監督が喜びを語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ブリストル・シティは、20日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦を2-1で勝利。ブライアンのゴールで先制するも、イブラヒモビッチの復帰弾で同点に。しかし、GKのビッグセーブもある中、終了間際にK・スミスが勝ち越しゴール。前回大会王者のユナイテッドを下し、準決勝に駒を進めた。 ▽プレミアリーグで2位につけるユナイテッドを下したブリストルのジョンソン監督が、王者を下した選手たちを称賛した。 「今夜はプレミアリーグの様に思えたよ。我々がとった方法は、パス&ムーブと、スピードあるカウンターだ。我々のGKが2、3回の素晴らしいセーブをしなければならなかったが、それはいつでも起こることだ」 「多くのファンが朝仕事があるため、やってきたとは思っていないし、彼らは酒を飲んでいただろう。ピッチ上にファンが流れ込んだ最後のシーンは見たくないものだった。だが、全ての人の情熱が結果につながったと確信している」 「私は選手たちを信じられないほど誇りに思っている。彼らは特別なグループであり、サポーターにとってもそうだろう」 ▽ユナイテッドを下してベスト4に進出したブリストルだが、決勝進出をかけた相手はプレミアリーグで今シーズン無敗を継続するシティと対戦する。なお、1stレグは2018年1月7日、2ndレグは1月21日に行われる。 2017.12.21 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

前回王者ユナイテッドが2部相手に屈辱の敗戦…イブラ復帰弾も土壇場被弾でまさかの敗退に…《EFLカップ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは20日、敵地アシュトン・ゲート・スタジアムで行われたEFLカップ(カラバオカップ)準々決勝でチャンピオンシップ(イングランド2部)のブリストル・シティと対戦し、1-2で敗戦した。この結果、前大会王者ユナイテッドの敗退が決定した。 ▽4回戦でスウォンジーとのプレミアリーグ対決を制したユナイテッドは、リーグ戦でも連勝で2位に付けるなど、好調を継続。大会連覇を目指すモウリーニョ監督だが、格下との対戦に向けて直近のWBA戦からラッシュフォードを除く先発10人を変更。GKにロメロ、最終ラインにダルミアン、リンデロフ、ロホ、ショー。中盤はブリントがアンカーに入り、インサイドMFにマクトミネイ、ポグバ、3トップにはラッシュフォード、マルシャルと共に今季初先発のイブラヒモビッチが入った。 ▽立ち上がりからいまひとつリズムに乗り切れないユナイテッドだが、11分に先発復帰したイブラヒモビッチにゴールチャンス。ボックス手前左でマルシャルが右足でクロスを入れると、これをファーのイブラヒモビッチがボレーで合わすが、やや窮屈な体勢で放ったシュートは相手DFにディフレクトしクロスバーを叩く。 ▽この決定機をキッカケに攻勢を強めるユナイテッドは、21分にボックス手前でマクトミネイからパスを受けたラッシュフォードがカットインから右足を振り抜くが、これは右ポストを叩く。続く24分にもショートカウンターからポグバが強烈なミドルシュートもわずかに枠の左に外れる。 ▽攻勢の時間帯に先制できなかったユナイテッドは、30分を過ぎたあたりから徐々に相手の反撃を許し始める。30分と32分にはマグヌソン、フリントに続けて際どい枠内シュートを浴びるが、GKロメロの好守で何とか凌ぐ。だが、一度流れを失ったチームはその後も攻めあぐねて前半をゴールレスで終えた。 ▽すると迎えた後半、ユナイテッドはまさかの先制点を献上する。51分、左サイドでパックのスルーパスに抜け出した左サイドバックのブライアンにボックス左からゴール右隅へシュートを決められた。 ▽格下相手に先制を許したユナイテッドだったが、58分に同点に追いつく。ボックス手前中央やや左の位置でFKを獲得すると、ここでイブラヒモビッチがキッカーに。元スウェーデン代表は右足を豪快に振り抜くと、壁の間を抜けた低い弾道のパワーシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽イブラヒモビッチの復帰弾で追いついたユナイテッドは61分、ブリントを下げてルカクを投入。屈強な2選手を前線に並べて格下のゴールをこじ開けにかかる。しかし、この強力2トップは69分にムヒタリアンに代わってイブラヒモビッチが下がったことで、すぐに解消されることに。 ▽後半半ばから終盤にかけても拮抗した展開が続く中、ユナイテッドはGKロメロの飛び出しミスであわや失点という場面を招くなど、なかなか乗り切れない。75分にはポグバのクロスに反応したルカクがゴール前フリーで決定的なヘディングシュートも、ここは相手GKのビッグセーブに遭う。 ▽何とか延長戦は避けたいユナイテッドは、試合終盤に猛攻を仕掛けるが、この選択が仇となる。後半アディショナルタイム3分、不用意なボールロストで相手に攻撃のチャンスを与えると、テイラーの浮き球パスに抜け出したK・スミスに胸トラップから左足のボレーを流し込まれ、土壇場で痛すぎる勝ち越しゴールを献上。その後、ダルミアンに代えてスモーリングを投入しパワープレーを敢行も、試合はこのままタイムアップ。ポグバやイブラヒモビッチ、ルカクと豪華メンバーがピッチに立ちながらもジャイアントキリングを許したユナイテッドが屈辱の準々決勝敗退となった。 ▽一方、歴史的な勝利を収めたブリストルは、試合終了と同時に熱狂したサポーターがピッチになだれ込むなど、お祭りムードとなった。 2017.12.21 07:40 Thu
twitterfacebook
thumb

土壇場で追いつかれるもモラタ劇的弾で勝ち切ったチェルシーがベスト4進出!《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオカップ)準々決勝、チェルシーvsボーンマスが20日にスタンフォード・ブリッジで行われ、2-1で勝利したチェルシーが準決勝進出を果たした。 ▽4回戦でそれぞれエバートン、ミドルズブラ(2部)を破ったチェルシーとボーンマスによるプレミア勢同士の一戦。直近のリーグ戦2連勝で3位に位置するチェルシーは、サウサンプトン戦からケイヒルとウィリアン、ペドロを除く先発8人を変更。GKにカバジェロ、最終ラインはリュディガー、アンパドゥ、ケイヒル。中盤はザッパコスタ、セスク、ドリンクウォーター、ケネディ、3トップにウィリアン、ペドロ、バチュアイが入った。 ▽互いにやや様子見の入りとなった中、チェルシーが見事な連係プレーで早い時間帯にゴールをこじ開ける。13分、ボックス手前中央でゴールを背にして足下にパスを受けたバチュアイがサポートに来たケネディに短いパス。これをケネディがヒールパスでボックス左へ走り込むセスクに繋ぐ。最後はGKとDFを引き付けたセスクからの丁寧な折り返しをフリーのウィリアンが難なく流し込んだ。 ▽早い時間帯に失点を許したボーンマスは、さらに立ち上がりにアンパドゥからタックルを受けて足を痛めていたデフォーがプレー続行不可能となり、17分にアイブの投入を余儀なくされる。それでも、すぐさま反撃に出ると、22分にムセのヘディングシュート、24分にはアイブが果敢にシュートを放っていく。 ▽徐々にボール支配率が下がったものの、堅実な守備と素早い切り替えでカウンターを狙うチェルシーは29分、ペドロのスルーパスに抜け出したバチュアイがボックス内でシュートチャンスを迎えるが、これは相手DFのブロックに遭う。その後はなかなか決定機まで持ち込むことができなかったが、前半を1点リードで終えた。 ▽後半に入っても守勢が続くチェルシーは61分、先制点を決めたウィリアン、ペドロに代えてアザールとバカヨコを同時投入。さらに、73分にはバチュアイを下げてモラタを投入。主力をピッチに送り出して試合を決める2点目を奪いに行く。 ▽しかし、主力投入後も連戦の疲れからか、ピリッとしないホームチームは、相手の拙攻で決定的な場面こそ作らせないものの、押し込まれる終盤戦となる。すると、土壇場の90分には相手の右サイドからのロングスローをクリアし損ねてこぼれ球を拾われる。そして、ボックス手前右でアイブが丁寧に出した横パスをゴスリングに見事な右足ダイレクトシュートでゴール右上隅に突き刺され、土壇場で同点に追いつかれる。 ▽この失点で延長戦突入が濃厚と思われたが、失点直後にアザールとモラタのエースコンビがチームを救う。91分、失点後のリスタートの流れからザッパコスタが前線に縦パスを入れる。これに抜け出したアザールの絶妙なヒールパスを受けたモラタがボックス中央でのGKとの一対一を制した。そして、この劇的勝ち越しゴールで辛くもボーンマスに勝ち切ったチェルシーが準決勝進出を果たした。 2017.12.21 07:18 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース