ストーク、オーストリア代表SBモリッツ・バウアーを獲得2018.01.10 02:27 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ストーク・シティは9日、ルビン・カザンからオーストリア代表DFモリッツ・バウアー(25)を獲得したことを発表した。契約は2022年6月30日までの4年半契約となる。

▽スイスのヴィンタートゥールの下部組織出身のM・バウアー。プロデビューはスイスの名門グラスホッパーで、公式戦100試合以上に出場。2016年に移籍したルビン・カザンでは、初年度にはリーグ戦21試合に出場し4アシストをマーク。今季に入ってからはここまでリーグ戦16試合に出場していた。

▽生まれはスイスということもあり、ユース時代はスイス代表として出場していた。だが、2017年9月にオーストリア代表で出場したことで、正式にオーストリア代表として認められ、11月のウルグアイ代表戦では1アシストを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

浦和で一時代を築いたFWエメルソンがコリンチャンスに加入…名古屋FWジョーの後釜に

▽かつて浦和レッズで一時代を築き、北海道コンサドーレ札幌や川崎フロンターレでもプレーしたFWエメルソン(39)が、今シーズンはコリンチャンスでプレーすることが決定した。クラブ公式サイトが発表した。 ▽エメルソンは、2000年にサンパウロから札幌へと加入。2001年1月に川崎Fへ移籍すると、同年7月に浦和へ移籍。2005年7月までプレーし、カタールのアル・サッドへと移籍した。その後は、フラメンゴやアル・アイン、フルミネンセと渡り歩くと、2011年にコリンチャンスへと移籍。その後はボタフォゴ、フラメンゴ、ポンチ・プレッタでプレーしていた。 ▽コリンチャンスは、エースであった元ブラジル代表FWジョーを名古屋グランパスへと放出。その後釜として、Jリーグでも結果を残しているベテランストライカーに頼ることを決断したようだ。 2018.01.23 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

オーバメヤン噂のアーセナル、入れ替わりでジルーがドルトムントへ?

▽ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)を狙っていると噂されるアーセナル。一方、ドルトムントはアーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(31)に関心を持っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽2012年の夏にモンペリエからアーセナル入りしたジルーは、その後5シーズンにわたってレギュラー級の扱いで活躍していたものの、今シーズンは立場が変化。クラブが昨年の夏にFWアレクサンドル・ラカゼットを獲得したこともあり、ここまでのリーグ戦出場試合数は1試合にとどまっている。 ▽アーセナルは、22日にFWアレクシス・サンチェスがマンチェスター・ユナイテッドに移籍したことに伴うトレードとして、MFヘンリク・ムヒタリアンを獲得。しかし、アーセン・ヴェンゲル監督はさらなる補強を試みているとみられており、オーバメヤンの名前が頻繁に挙がっている。 ▽一方のドルトムントは、冬の移籍市場でジルーの獲得を目指している模様。しかし、アーセナルとドルトムントは、オーバメヤンとジルーは別々の交渉として考えているとのことだ。 ▽なお、アーセナルはオーバメヤン獲得に向けて既に4400万ポンド(約68億円)を提示したものの断られたと伝えられているが、5300万ポンド(約81億8000万円)前後の移籍金で数日以内に合意するのではないかとみられている。 2018.01.23 18:56 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル、バルセロナからラフィーニャを買取OP付きレンタルで獲得! 買い取りには総額51億円が必要に

▽インテルは22日、バルセロナからブラジル代表MFラフィーニャ(24)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は8番に決定。なお、完全移籍での買い取りには3500万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額3800万ユーロ(約51億6000万円)が必要となる。 ▽自身2度目のレンタル移籍でインテルに加入したラフィーニャは、クラブ公式チャンネルの『Inter TV』で新天地での意気込みを語った。 「今は本当に幸せな気分だよ。今回の移籍は僕の人生において重要なステージとなった。自分のキャリアにおける新たな章でやるべきことがたくさんあると思っているよ」 「できるだけ多くの試合に出場し、自分たちの目標であるチャンピオンズリーグ出場権を得るために手助けをしたい」 「僕は右サイドや左サイドなど、多くの役割をカバーすることができる。ただ、8番のユニフォームを選んだよ」 「チームメート? 同じ言語を話せる仲間がいることは良いことだね。それにイカルディとは過去(バルセロナの下部組織)に一緒にプレーしたことがあるんだ」 ▽元ブラジル代表MFのマジーニョ氏を父親に持ち、バイエルンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラを兄に持つサッカー界屈指のエリート一家に生まれたラフィーニャは、兄と同様にバルセロナの下部組織からトップチームデビュー。だが、世界屈指のタレントを誇るトップチームでなかなか出場機会がなく、2013-14シーズンはセルタにレンタル移籍した。 ▽レンタルから復帰後は攻撃的なポジションに加え、サイドバックまでこなすユーティリティ性を武器にルイス・エンリケ前監督の下で重用されるも、2度の大ケガの影響で再びポジションを失った。今月17日のコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのエスパニョール戦では、2017年4月7日のグラナダ戦以来、290日ぶりに実戦に復帰したが、出場機会を求めて再び故郷を離れることになった。 2018.01.23 05:33 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ、絶対的司令塔デ・ブライネと2023年までの新契約締結!

▽マンチェスター・シティは22日、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2021年までの現行契約を新たに2年延長したデ・ブライネは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「今回、新契約にサインすることができて本当に嬉しいよ」 「以前から話していたように僕の希望は初めて来たときから自分の家のように感じていたこのクラブに留まることだったんだ」 「今の僕たちは勝ち続けているだけでなく、素晴らしいフットボールをプレーしている。その素晴らしいチームの一員であることを誇りに思うし、これから数年で自分たちがどんなことを成し遂げられるか考えると、とても興奮するんだ」 ▽また、デ・ブライネの契約延長に成功したチキ・ベギリスタインFD(フットボール・ディレクター)は満足感を示している。 「ケビンとの新契約はクラブにとって素晴らしいニュースだ。彼は今シーズン、自分がいかにこのクラブにとって重要なプレーヤーであることを、そのパフォーマンスで示しているよ」 「彼が今後長い間マンチェスター・シティへの忠誠を誓ったことに多くの人たちが興奮しているよ」 ▽デ・ブライネは2015年夏にヴォルフスブルクからシティに加入。非凡なパスセンスで異彩を放ち、同僚のMFダビド・シルバと並ぶ演出家として評価を高めている。今シーズンは、ここまでプレミアリーグ24試合に出場して6ゴール10アシスト。リーグ戦で首位独走のシティを攻撃面でリードしている。 ▽なお、イギリス『デイリー・メール』によれば、デ・ブライネは今回の新契約で週給20万ポンドと、肖像権料6万ポンドの総額26万ポンド(約4000万円)以上の高額サラリーを受け取ることになるようだ。 2018.01.23 04:52 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、サンチェスとのトレードでムヒタリアンを獲得! 「アーセナルでプレーは僕の長年の夢」

▽アーセナルは22日、マンチェスター・ユナイテッドからアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は長期とのみ記載されている。 ▽チリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)との等価トレードでアーセナルに加入したムヒタリアンは、クラブの公式サイトで移籍の喜びを語った。 「今回アーセナルとの契約を結ぶことができてとても嬉しいよ。アーセナルでプレーすることは僕の長年の夢だったんだ。僕はここでクラブの歴史に名を刻めるように最善を尽くすよ」 ▽また、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、ムヒタリアンについて以下のように語っている。 「ムヒタリアンは非常に完璧な選手だ。彼は多くのチャンスを演出するだけでなく、守備でも献身的なプレーでチームに貢献できる。私は彼がプレーヤーとして素質をすべて兼ね備えていると思っているよ」 ▽2013年にシャフタールからドルトムント入りしたムヒタリアンは、その後の3シーズンで公式戦140試合に出場。特に2015-16シーズンはハイパフォーマンスを披露し、出場52試合で23ゴール32アシストの記録した。この活躍が認められて2016年7月にユナイテッドに加入。しかし、ユナイテッドでは一貫性のあるパフォーマンスを発揮できず、ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得ることができていない状況だった。 2018.01.23 03:57 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース