ブラジルW杯出場のホンジュラス代表DFカルロス・ガルシアが29歳で死去2018.01.10 01:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホンジュラス代表DFフアン・カルロス・ガルシアが8日、29歳で死去した。死因は白血病とのことだ。▽ウィガンやテネリフェに在籍経験のある左サイドバックのカルロス・ガルシアは、ホンジュラス代表として34試合に出場。2014年ブラジル・ワールドカップにも出場していた。

▽2016年にウィガンとの契約が満了した後もイングランドで治療を続けていたカルロス・ガルシアについて、ウィガンの会長を務めるデイビッド・シャープ氏は次のようにコメントしている。

「悲しいニュースで彼の家族や友人に哀悼の意を表する。我々はできる限りの支援を行い、クリスティーズ病院で最善の治療を受けてきたが、ファン・カルロスは厳しい病気に打ち勝つことはできなかった。29歳と亡くなるにはあまりに早い年齢だ。我々は彼の家族と共にいる」

コメント

関連ニュース

thumb

サラーの今季4点目のゴールでリバプールがハダースフィールドに辛勝!《プレミアリーグ》

▽リバプールは20日、プレミアリーグ第9節でハダースフィールドとアウェイで対戦し、1-0で勝利した。 ▽ここまで6勝2分けと無敗を続けるリバプール。しかし、インターナショナルブレイクの間に主力4人が負傷する事態に見舞われた。心配された先発メンバーにはその4人のうち、ファン・ダイクとサラーが名を連ねたものの、ナビ・ケイタとマネはベンチ外となった。その他、攻撃陣にはスタリッジとシャキリが選ばれている。 ▽サラー、スタリッジ、シャキリと今季初の顔ぶれとなったリバプールの3トップ。とはいえ役割は変わらず、トップのスタリッジが下がってポストになることはあるものの、比較的自由にポジションを入れ替えながら攻撃の形を作っていく。 ▽なかなかシュートまで運べなかったリバプールだが24分、J・ゴメスの縦パスを敵陣中央で受けたシャキリから、ボックス右に走り込むサラーにパスが送られると、サラーは右足で流し込み先制点を奪った。 ▽失点を許したハダースフィールドだが、リバプールと互角の戦いを見せる。31分にホッグが左ポスト直撃のシュートを放つと、43分には左サイドのスローインから最後はプリチャードがネットを揺らしたが、オフサイドの判定を受けゴールは認められず。前半終盤にかけてはハダースフィールドが押し込んだ印象だった。 ▽リバプールは後半からヘンダーソンに代えてワイナルドゥムを投入。中盤では一枚も二枚も上手なリバプールだが、ゴールに迫ったのはハダースフィールドだった。55分、右サイドのクロスからドゥポワトルがヘディングシュート。ゴール右隅を捉えていたが、GKアリソンの守備範囲。ネットを揺らすことはできなかった。 ▽リバプールの後半最大のビッグチャンスは64分、左サイドかのスルーパスを受けたサラーがゴール前ボックス橋から左足で狙っていったが枠の右へ。 ▽追加点が遠いリバプール。77分にはミルナーを下げてフィルミノを投入するが、ハダースフィールドに危ない場面を作られてしまう。81分、リバプールの左サイドからクロスが上がると、ロブレンがクリアしきれずボールはムニエの目の前へ。しかし、至近距離からのシュートをふかしてしまい、千載一遇のチャンスを逸してしまった。 ▽その後、4分の後半アディショナルタイムも過ぎ試合終了。最後まで冷や汗をかいたリバプールだったが、サラーのゴールを守り切り7勝目。無敗を継続した。 2018.10.21 03:29 Sun
twitterfacebook
thumb

先発の武藤嘉紀は決定機逸でベニテスを救えず…未勝利のニューカッスル、泥沼の9戦7敗《プレミアリーグ》

日本代表FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルは20日、プレミアリーグ第20節でブライトンをホームに迎えた。<br><br>初先発した前節のマンチェスター・U戦でプレミアリーグ初ゴールを奪った武藤は、この試合でも先発。アヨセ・ペレスとのコンビで前線に入った。<br><br>試合が動いたのは29分だった。ブライトンは武藤の自陣でのミスパスを奪ってチャンスを迎えると、ここからCKを獲得する。このCKをファーサイドのダフィーの折り返すと、ペナルティアーク中央のエスキエルドがシュート。これがゴール前のカヤルに当たって決まり、ブライトンが均衡を破った。<br><br>ハーフタイムにかけてはニューカッスルに反撃に出る。武藤はあまりサイドに流れることなく、ゴール前で待つプレーが増えるが、なかなか良質なボールが供給されない。ニューカッスルは39分、デュメットが左サイドから入れたクロスにリッチーが合わせる。しかし、このヘディングシュートはわずかにゴール左にはずれた。<br><br>さらに43分に武藤に絶好機。バイタルエリアで仕掛けたシェルヴィーが放った枠内シュートをGKが弾く。ゴール前の武藤が跳ね返りをすかさず頭で押し込もうとしたが、シュートを枠に飛ばすことができなかった。<br><br>迎えた後半はニューカッスルが相手陣内で攻める時間が長くなる。前半と同様に前線に位置する武藤は機敏な動きで活性化しようと腐心する。しかし、なかなか良いボールをもらえず、シュートに持ち込むことができない。その武藤は74分にベンチに下げられる。<br><br>その後、ニューカッスルは78分にシェルヴィーがゴール右上に放ったシュートもGKライアンのビッグセーブに阻まれて得点とはならない。結局、そのまま敗れたニューカッスルが未勝利継続でスタジアムにはブーイングが鳴り響く。ここまでの9戦で7敗目と、解任がうわさされるベニテス監督の立場はさらに危うくなっている。<br><br>提供:goal.com 2018.10.21 01:30 Sun
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ラメラのゴールでウェストハムとのロンドン・ダービー制し4連勝《プレミアリーグ》

▽トッテナムは20日、プレミアリーグ第9節でウェストハムと対戦し、1-0で勝利した。 ▽トッテナムはここまで6勝2敗で5位に位置。第4節と第5節で連敗を喫したものの直近は3連勝。さらにこのインターナショナルブレイクの間に、負傷中のデンベレとエリクセンが復帰し今節ベンチり。スタメンにはアルデルヴァイレルトやラメラ、ムサ・シソコ、ケインらが名を連ねた。 ▽敵地に乗り込んでのロンドン・ダービーとなったトッテナムは2分、ラメラがボックス左に侵攻してファーストシュートを放つ。10分にはムサ・シソコがボックス手前からボレーシュート。しかしこのシュートは相手のブロックに遭い枠の外へ。 ▽その後はウェストハムもボールをキープしながら幾度かトッテナムゴールに迫る。37分には前半最大のチャンスが。後方からのスルーパスを受けたヤルモレンコがボックス左からマイナスに折り返す。これをスノッドグラスが押し込みにかかるがアルデルヴァイレルトが身体を張ってシュートブロック。ビッグセーブだった。そんな中、41分に相手と競り合った際にヤルモレンコが足を負傷。担架で運ばれ、ディアンガナと交代を余儀なくされた。 ▽前半も終わりに差し掛かった44分、右サイドを突破したムサ・シソコが切り返しで相手を振り切ると、左足のクロスに合わせたのはラメラ。上手くDFの間から抜け出したラメラが頭で流し込んでトッテナムが先制して試合を折り返した。 ▽後半はまずはウェストハムに決定機が訪れる。48分、左サイドの呉スウェルのクロスにアルナウトビッチが頭で合わせる。ゴール右上を捉えたシュートだったがGKロリスがファインセーブを見せた。さらに60分にはFKの跳ね返りを再びアルナウトビッチが狙っていくが、ここもロリスが立ちはだかった。 ▽75分にダビンソン・サンチェスがCKからヘディングシュートを放ったトッテナムは76分にラメラに代わってデンベレがピッチへ。試合終盤にはケインに代わってジョレンテ、ムサ・シソコに代わってエリクセンも戦線復帰を果たした。 ▽デンベレやエリクセンが復帰したトッテナムはそのまま試合をクローズし1-0で勝利。リーグ戦4連勝となった。 2018.10.21 01:10 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ怒涛のゴールラッシュ!バーンリーに5発圧勝…デ・ブライネも復活《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは20日、プレミアリーグ第9節でバーンリーと対戦し、5-0で勝利した。 ▽チェルシー、リバプールと並んで6勝2分け無敗のシティは前節リバプールと0-0の引き分けを演じた。無敗を目指す今節では、開幕戦のアーセナル戦以降負傷離脱が続いていたデ・ブライネがベンチ入り。スタメンにはコンパニやラポルテ、ザネ、マフレズらが顔を揃えた。 ▽序盤からホームのシティが次々とゴールに迫る。まずは4分、右サイドのクロスをアグエロがダイビングヘッドでシュートに繋げると、15分にはマフレズのクロスから再びアグエロがゴール前で合わせるが、つま先で僅かに当ててコースを変えたシュートは古巣対決のGKハートがファインセーブを見せた。 ▽それでも猛攻続けるシティがゴールを奪うのは時間の問題だった。17分、左サイドでボールを持ったザネを起点に、シルバがボックス左でフリーに。シルバはそこからゴール前を横切る鋭いパスを通し、逆サイドのアグエロが楽々と押し込んだ。 ▽その後もシティが圧倒的な力の差で試合を支配。前半アディショナルタイムには右サイドのクロスをアグエロが完璧なタイミングで頭で捉えたが、ハートが再びのビッグセーブ。元シティGKの活躍もあり前半はシティは1点をリードするにとどまった。 ▽しかし、後半開始開始まもなくシティがリードを広げる。54分、ボックス左に侵入したザネが相手の足にかかって倒れると、バーンリーの選手たちはプレーを止めて審判にノーファウルをアピール。しかし笛はなっておらず、シティはその隙にシルバがボールを拾ってクロスを上げる。これをベルナルド・シウバが蹴り込んでシティが追加点。バーンリーにとっては悔やまれる失点となった。 ▽さらにバーンリーに追い打ちをかけるようにその2分後、シティの左CKの場面でボールを処理し損ねると、こぼれ球をフェルナンジーニョにボックス手前からダイレクトでゴール右上に突き刺すファインゴールを決められ3点目を奪われてしまった。 ▽これで試合を決めたシティは58分、ついにデ・ブライネがピッチへ。ベルナルド・シウバの代わる際には観客から大きな拍手が送られた。 ▽シティは84分、ボックス手前でボールを受けたマフレズが左足でゴール左上を突く見事なシュートを沈めて4点目。90分にはメンディのグラウンダーのクロスをザネがダイレクトで合わせ5点目を追加した。 ▽試合はそのまま終了。後半に怒涛の4得点を奪ったシティが5発大勝を収めた。 2018.10.21 01:08 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:チェルシー 2-2 マンチェスター・ユナイテッド《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが20日に行われ、2-2の引き分けに終わった超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181020_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケパ 5.0 大きなミスは無かったものの2失点 DF 28 アスピリクエタ 5.5 攻守に存在感を示した 2 リュディガー 6.0 得意のヘディングから先制ゴールを記録 30 D・ルイス 6.0 冷静な守備に加え正確なロングフィードで攻撃陣を援護。同点弾にも関与 3 マルコス・アロンソ 5.5 アザールがヤングにマークされる中で機を狙った攻撃参加は脅威となった MF 5 ジョルジーニョ 5.0 マタのマークに苦しんだ 7 カンテ 5.5 安定して広い範囲をカバー 17 コバチッチ 5.5 中盤で上手くパスを捌いて攻撃のリズムを作った (→バークリー 6.0) 途中出場ながらも値千金の同点弾。2試合連続ゴールを記録 FW 22 ウィリアン 5.5 正確なプレースキックからアシスト (→ペドロ 5.5) 途中出場で攻撃にアクセントを加えた 29 モラタ 4.5 ボールを収められず起点になれなかった (→ジルー 5.0) 一度ゴールに迫るシーンもあったが… 10 アザール 5.5 攻撃をけん引したがシュート少なくマークに苦しんだ 監督 サッリ 5.5 交代選手が得点を決めるなど最低限の演出は出来たか ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181020_29_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 5.5 ファインセーブもありながら最後に失点 DF 18 ヤング 6.0 上手くアザールを抑え込んだ 12 スモーリング 5.5 大きく守備を崩されることはなかった 2 リンデロフ 5.5 モラタを抑え込みスモーリングと堅守を築いた 23 ショー 5.0 攻撃参加は少なかったものの守備では上手くウィリアンを抑えた MF 31 マティッチ 5.5 中盤でバランスを保った 6 ポグバ 5.0 失点シーンではリュディガーへのマークをおろそかにしてしまった 10 ラッシュフォード 6.0 2点目をアシスト。嫌な位置に顔を出し続けた (→サンチェス -) 11 マルシャル 7.0 前半は消えていたものの後半に2得点 (→アンドレアス・ペレイラ -) 8 マタ 6.5 ジョルジーニョのパスコースを塞ぎ自由にさせなかった。逆転弾の起点にも (→エレーラ -) FW 9 ルカク 5.0 あまり質の高いボールは入って来ず 監督 モウリーニョ 6.0 難しい状況ながら敵地から勝ち点奪取。願わくば逃げ切りたかったが攻撃的な采配があだとなったか ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド) 同点ゴールと逆転弾でユナイテッドに流れをもたらした。勝利こそ逃したもののスタンフォードブリッジでの2得点の価値は大きい。 チェルシー 2-2 マンチェスター・ユナイテッド 【チェルシー】 リュディガー(前21) バークリー(後51) 【マンチェスター・ユナイテッド】 マルシャル(後10) マルシャル(後28) 2018.10.20 22:36 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース