ブラジルW杯出場のホンジュラス代表DFカルロス・ガルシアが29歳で死去2018.01.10 01:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホンジュラス代表DFフアン・カルロス・ガルシアが8日、29歳で死去した。死因は白血病とのことだ。

▽ウィガンやテネリフェに在籍経験のある左サイドバックのカルロス・ガルシアは、ホンジュラス代表として34試合に出場。2014年ブラジル・ワールドカップにも出場していた。

▽2016年にウィガンとの契約が満了した後もイングランドで治療を続けていたカルロス・ガルシアについて、ウィガンの会長を務めるデイビッド・シャープ氏は次のようにコメントしている。

「悲しいニュースで彼の家族や友人に哀悼の意を表する。我々はできる限りの支援を行い、クリスティーズ病院で最善の治療を受けてきたが、ファン・カルロスは厳しい病気に打ち勝つことはできなかった。29歳と亡くなるにはあまりに早い年齢だ。我々は彼の家族と共にいる」

コメント

関連ニュース

thumb

新生チェルシー、サッリ初陣を勝利で飾る

▽チェルシーは23日、オーストラリアのパース・グローリーと対戦し、1-0で勝利した。 ▽現在オーストラリアに遠征中のチェルシーは、パースと練習試合を行った。マウリツィオ・サッリ新監督の初陣となった。 ▽スタメンはGKにブルカ、ディフェンスラインは右からザッパコスタ、アンパドゥ、ダビド・ルイス、マルコス・アロンソ。中盤にはジョルジーニョ、セスク、バークリーが入り、3トップにペドロ、モラタ、ハドソン=オドイが並んだ。 ▽試合開始5分、チェルシーは敵陣中央から左サイドへの大きな展開から、ハドソン=オドイがDFを躱してクロスを供給。このクロスにペドロが合わせ先制点を奪う。 ▽その後もチェルシーが押し込む展開となるものの、フィニッシュの精度を欠き、前半は1-0で終了した。 ▽後半、3選手を変更したチェルシーは61分にも2選手を代えてここまで5選手を変更。すると64分に、ハドソン=オドイに代わって入ったパサリッチのクロスに、モラタと交代したタミー・アブラハムが反応。うまく合わせたがシュートはGKに防がれてしまう。さらに70分にはバークリーにチャンスが訪れるがシュートは枠の外へ。 ▽結局、5分のペドロのゴール以外決まらず1-0でチェルシーが勝利を収めた。 ◆試合結果 チェルシー 1-0 パース・グローリー 【チェルシー】 ペドロ(前5) 【スタメン】 GK:ブルカ DF:ザッパコスタ、アンパドゥ、ダビド・ルイス、マルコス・アロンソ MFジョルジーニョ、セスク、バークリー FW:ペドロ、モラタ、ハドソン=オドイ 【交代】 ハドソン=オドイ→パサリッチ(後半0) マルコス・アロンソ→エメルソン・パルミエリ(後半0) ジョルジーニョ→バカヨコ(後半0) モラタ→タミー・アブラハム(後16) アンパドゥ→トマシュ・カラス(後16) ペドロ→ピアソン(後28) ザッパコスタ→オラ・アイナ(後28) バークリー→ムソンダ(後36) 2018.07.23 22:31 Mon
twitterfacebook
thumb

ペップ、恩師率いるチェルシーを選んだジョルジーニョに理解「シティに来れば間違いだっただろう」

ジョゼップ・グアルディオラ監督は、チェルシーに移籍したイタリア代表MFジョルジーニョがマンチェスター・シティを選んでいれば大きな失敗になっていた可能性があったと考えているようだ。<br><br>今夏、ナポリからシティに加入することが目前まで迫っていたジョルジーニョ。しかし、チェルシーが元ナポリのマウリツィオ・サッリ監督を招へいしたことで、土壇場になって5800万ユーロ(約76億円)で新シーズンからスタンフォード・ブリッジでプレーすることが決まった。<br><br>突如移籍が破談したことを受け、シティはプレミアリーグのライバルチームにジョルジーニョを売却したナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長に怒り心頭。しかし、グアルディオラ監督は、選手自身が行きたいクラブに行ったのだから何も問題はないと会見で話した。<br><br>「確かに我々は獲得を試みたが、別に失望などはしていない。選手たちは自分の行きたいところに行けばいい。彼がマウリツィオとともにチェルシーに行きたいと考えている時に我々の下に来ることを選んでいれば、彼自身にとっても、我々にとっても大きな過ちになっていただろう」<br><br>「しかし、イングランドのフットボール界が素晴らしい選手を手に入れたことは間違いない。彼の成功を祈っている」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.23 20:01 Mon
twitterfacebook
thumb

史上最高額GKはリバプールの守護神に…クロップが明言 初お披露目は4日のナポリ戦か

▽リバプールのユルゲン・クロップ監督が、新加入のブラジル代表GKアリソン・ベッカーが来シーズンの正GKになることを明かしている。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽今夏、GK史上最高額となる6250万ユーロ+出来高1000万ユーロの総額7250万ユーロ(約94億9000万円)もの移籍金でローマからリバプールに加入したアリソン。同クラブにはGKロリス・カリウスやGKシモン・ミニョレが在籍しているが、クロップ監督はアリソンが来シーズンの守護神となる可能性が高いことを明らかにした。 「明らかに彼はワールドクラスのGKだ。だから『見てみよう』なんて言わない。もちろん彼はプレーする。準備ができているのであれば、我々のゴールを守るのは彼だ。彼が最高のパフォーマンスができるように私たちもサポートしなければならないね」 ▽ブラジル代表としてロシア・ワールドカップに出場したアリソンは、現在は休暇中のためまだチームに合流していない。合流は7月末になるとみられ、リバプールでの初お披露目は8月4日のナポリ戦が見込まれている。また、同11日に開幕が控えているプレミアリーグでは、リバプールはウェストハムと対戦する。 2018.07.23 16:48 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールOBがヴィダとの契約に“ノー!”代わりにゴディン獲得を古巣に要求

現役時代にリバプールで活躍したスティーヴ・ニコル氏は、ドマゴイ・ヴィダよりもディエゴ・ゴディンが古巣に必要だと話した。<br><br>今夏のワールドカップで、ヴィダはデヤン・ロブレンとセンターバックでコンビを組み、クロアチア代表の史上初の決勝進出に貢献。この活躍を受け、リバプールをはじめ、エバートンやウェストハムなどが2000万ポンド(約29億円)程度と比較的格安な同選手の獲得を狙う。<br><br>しかし、リバプールOBのニコル氏は、ユルゲン・クロップ監督が更なる高みを目指すのならヴィダではなく、アトレティコ・マドリーとの契約が残り1年に迫るゴディンの獲得に動くべきだと『ESPN』で持論を展開した。<br><br>「ヴィダの獲得に対して&ldquo;ノー&rdquo;と言うだろう。仮に私が今すぐできるとすれば、アトレティコ・マドリーに行って、ゴディンを獲得する」<br><br>続けて、この移籍はゴディンにとってステップダウンになるのではないかと問われたニコル氏は「彼らもチャンピオンズリーグ決勝に辿り着いたことはあるが、昨シーズンはリバプールとアトレティコ・マドリーのどちらが先まで行った?それにアトレティコ・マドリーは何回優勝した?ゼロだ。一方でリバプールは何回だ?5回だ。これはステップダウンではない」と反論した。<br><br>また、今夏の移籍市場で積極的な動きを見せるリバプールだが、メインターゲットとされてきたナビル・フェキルの獲得に失敗。しかし、ニコル氏は同選手がクロップ監督のフットボールに適した選手だと語り、リバプールが獲得に再び動くことを求めた。<br><br>「彼のことを気に入っている。素晴らしい能力を持っているし、ゴールを挙げることだってできる。最高のタレントで、魅力的な選手だ。リバプールも魅力的なチームだから、彼はチームにフィットするはずだ」<br><br>提供:goal.com 2018.07.23 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

クロップ開き直る! ポグバ移籍揶揄からの今夏巨額投資批判も「世界が何を考えているか気にしない」

▽リバプールのユルゲン・クロップ監督が「1人の選手に巨額の移籍金を投下しない」という、自身の考えを改めたことを認めた。イギリス『BBC』が同監督のコメントを伝えている。 ▽クロップ監督は2016年にマンチェスター・ユナイテッドがフランス代表MFポール・ポグバを9200万ポンドで買い戻した際に、その資金の使い方を批判する趣旨の以下のようなコメントを残していた。 「仮に1人のプレーヤーを1億ポンド払って獲得し、そのプレーヤーが負傷してしまえば、深い溝の中に落っこちるようなことになる」 「それはフットボールの話だ。私は他のいかなる仕事をしているわけではない。試合というものはみんなで共にプレーするものなんだ」 「他のクラブはトッププレーヤーの獲得のために大金を費やすことができる。ただ、私は別のやり方をしたい」 「仮に、多くのお金を使えるようになったとしても、私は別のやり方をしたいんだ」 ▽そのコメントの一方、クロップ監督は今年1月にサウサンプトンからオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを獲得する際に、DFの歴代最高移籍金を大きく更新する7500万ポンドで獲得し、今夏ローマからブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)をGKの歴代最高移籍金となる6700万ポンドで獲得。また、ブラジル代表DFファビーニョの獲得に総額4360万ポンド、ギニア代表MFナビ・ケイタに5275万ポンドの移籍金を支払うなど、自身の発言と矛盾する大盤振る舞いを見せていた。 ▽この一連の流れを受けて、22日に行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ2018のドルトムント戦の前日会見の場では同監督に対して過去のポグバ発言に関する質問が飛んだ。そして、クロップ監督は補強に関する自身の考えを改めたことを認めた。 「私が自分の考えを変えたかって? イエスだ。ただ、何の考えも持たないよりも考え方を変える方がいいと思っている」 「それは問題だ。どんなブルシット(くそ野郎)だって、あのときの発言を忘れないだろうね。それは未だに事実だからね」 「私は当時、世界が変わることを想像できなかった。1億ポンドなんて数字はクレイジーなものだったが、そのときから世界は変わった。我々は世界で最も高価なゴールキーパーと契約した」 「大きな資金を使わないという、私の考え方自体がすべて変わったわけではないが、それでリバプールが成功を収められないならば、我々は働く必要がある」 「スカッドを改善するにはコストがかかるものだ。昨年は素晴らしい1年だったし、これまでのところ我々にとって良い年になっている。だが、今後もプレーヤーの入れ替えは必要になってくる。エムレ・ジャンは去ったが、ファビーニョを連れてくる良いビジネスとなった。シャキリに関しては彼のワールドカップでの素晴らしいプレーを見ていたし、ストークは降格したが彼自体は良いゲームを幾度も見せていた」 「我々は世界が自分たちに関して何を考えているかは気にしない。過去にマンチェスター・ユナイテッドが私の考えを気にしなかったようにね」 2018.07.22 13:44 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース