ブラジルW杯出場のホンジュラス代表DFカルロス・ガルシアが29歳で死去2018.01.10 01:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホンジュラス代表DFフアン・カルロス・ガルシアが8日、29歳で死去した。死因は白血病とのことだ。

▽ウィガンやテネリフェに在籍経験のある左サイドバックのカルロス・ガルシアは、ホンジュラス代表として34試合に出場。2014年ブラジル・ワールドカップにも出場していた。

▽2016年にウィガンとの契約が満了した後もイングランドで治療を続けていたカルロス・ガルシアについて、ウィガンの会長を務めるデイビッド・シャープ氏は次のようにコメントしている。

「悲しいニュースで彼の家族や友人に哀悼の意を表する。我々はできる限りの支援を行い、クリスティーズ病院で最善の治療を受けてきたが、ファン・カルロスは厳しい病気に打ち勝つことはできなかった。29歳と亡くなるにはあまりに早い年齢だ。我々は彼の家族と共にいる」

コメント

関連ニュース

thumb

デ・ブライネの劇的弾で勝ち切ったシティが2大会ぶりの決勝進出!《EFLカップ》

▽マンチェスター・シティは23日、EFLカップ準決勝2ndレグでブリストル・シティとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。この結果、2戦合計5-3でマンチェスター・シティが決勝進出を決めた。 ▽9日に行われた1stレグをアグエロの土壇場弾で逆転勝利したシティは、直近に行われたリーグ戦のニューカッスル戦から先発を2選手変更。GKエデルソンとスターリングに代えてGKブラーボとベルナルド・シウバを先発に起用した。 ▽立ち上がりから地力で勝るシティが攻勢に試合を進めるが、自陣ボックス内で集中した守りを見せるブリストル守備陣を突破できない。それでも攻勢を続けるシティは、前半終了間際にスコアを動かす。 ▽43分、相手ボックス内でボールを奪ったベルナルド・シウバが、体を張った粘りでボールを繋ぐと、最後はボックス中央のザネが右足を振り抜きゴールネットを揺らした。 ▽迎えた後半、ブリストルはマグヌソンとウェルシュ下げてベイカーとジェジューを投入する2枚替えを敢行。しかし、再びスコアを動かしたのはシティだった。50分、デ・ブライネからのサイドチェンジを右サイドで受けたアグエロが、ボックス右まで持ち込みシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽リードを広げられたブリストルだが、64分に反撃。ストーンズのクリアミスをボックス中央のボビー・リードがダイレクトで左に展開すると、これを受けたパーターソンのクロスをパックがヘディングでゴール左に流し込んだ。 ▽試合終盤、シティはアグエロ、ウォーカーを下げてギュンドアンとダニーロを投入し、試合を締めにかかったが、後半アディショナルタイムの94分に左クロスからファーサイドのボビー・リードに頭で折り返されると、最後は途中出場のケントに押し込まれ、痛恨の失点。 ▽土壇場でブリストルに同点に追いつかれたシティだが直後の96分、シルバの縦パスでボックス左に侵入したザネがダイレクトで折り返しを供給すると、これを中央に駆け上がったデ・ブライネ流し込み、勝ち越しに成功。 ▽直後に試合終了のホイッスル。デ・ブライネの劇的弾で勝ち切ったシティが、2戦合計5-3で2大会ぶりの決勝進出を決めた。 2018.01.24 06:59 Wed
twitterfacebook
thumb

サンチェス、マンチェスター・Uへの移籍理由を明かす「クラブからの愛、勝利に飢えた監督」

マンチェスター・ユナイテッドへの加入が決まったアレクシス・サンチェスが、アーセナルからの移籍の理由を明かした。『MUTV』のインタビューに応えている。<br><br>ヘンリク・ムヒタリアンとのトレードでマンチェスター・Uへ移籍することとなったサンチェス。週給は、プレミアリーグ史上最高の45万ポンド(約7000万円)に上るとみられる。マンチェスター・Uでは、エリック・カントナ、デイヴィッド・ベッカム、クリスティアーノ・ロナウドなどの錚々たるメンバーが袖を通した伝統ある7番を与えられ、チームからの期待の高さが伺える。<br><br>長らくアーセナルからの移籍を志願していたと言われ、終盤の態度に非難が集まっていたサンチェス。移籍の理由にジョゼ・モウリーニョ監督の影響が大きいことを明かした。<br><br>「モウリーニョ監督は僕が必要だと言ってくれた。クラブからもその意志を感じることができた。7番のユニフォームを用意してくれていると聞いてとても感動したんだ。選手はチームから愛され、必要とされていることを実感する必要があるんだ。また、イタリア・スペインで優勝を収め、勝利に飢えている監督にも惹かれたのさ」<br><br>元バルセロナのチリ代表ストライカーは、伝統ある7番を背負ってプレーすることにとても興奮しているようだ。<br><br>「7番を与えられると聞いたときから様々なことを想像するようになったよ。チャンピオンズリーグのトロフィーを掲げて、プレミアリーグで優勝することをね。今は夢で溢れているんだ。このクラブにトロフィーを持ってくるために全力を尽くすよ」<br>提供:goal.com 2018.01.23 23:31 Tue
twitterfacebook
thumb

バートンがFAに不満をぶちまける! 「賭博は文化」

▽サッカー賭博に関わった問題で無所属となっている元イングランド代表MFジョーイ・バートンが、処分を下したイングランドサッカー協会(FA)に物申している。イギリス『BBC Radio 4』で語った。 ▽バートンは、2006年3月26日から2016年5月13日までの間、FAの規則で禁止されている賭博に関与。1260回にわたってベッティングを行っていたとのことで、昨年4月に13カ月間のサッカー活動禁止処分と、3万ポンド(現在のレートで約463万円)の罰金を科されていた。 ▽『BBC Radio 4』に出演したバートンは、FAが2012~2016年に老舗ブックメーカー『ウィリアムヒル』と、2016年からはブックメーカー『ラドブロークス』と公式ベッティングパートナーとして契約を締結していることを指摘しつつ、自身の見解を述べた。 「もし彼ら(FA)が賭博している全員を見つけ出して厳重に取り締まるとしたら、リーグの半数が欠けると思う。プレーヤーの50%が締め出されるだろう。(賭博は)文化として刻まれてるからね」 「八百長に関する規則と賭博に関する規則が混同されていることが間違いなんだよ。八百長対策を間違っていながら、スポーツの健全化を図ろうとしている。ドーピングするようなもんだね。文化的な賭けごとは許されると思う。もし統制が執れていれば、賭博に悪いことなんか何も無い」 「俺がFAに意見したいのは、どうしたらそんなに厳しくなれるのかってこと。彼らは公式に賭博会社のパートナー(スポンサー)と提携しているじゃないか」 「賭博に関することなんて誰一人として気にしてないと信じてたよ。八百長に関しては気にすると思ってたけど」 「12年間、自分の名前で賭博用の口座を持ってたよ。賭博会社の為に色々としていたし、彼らは俺の賭博用口座にお金を払ってた。FAには知らせずにね」 2018.01.23 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル移籍のムヒタリアン、ユナイテッドに感謝「心からありがとう、みんなの幸運を祈っている」

▽アーセナルに移籍したアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(29)が、マンチェスター・ユナイテッドに感謝を告げた。 ▽2013年にシャフタールからドルトムント入りしたムヒタリアンは、その後の3シーズンで公式戦140試合に出場。特に2015-16シーズンはハイパフォーマンスを披露し、出場52試合で23ゴール32アシストの記録した。この活躍が認められて2016年7月にユナイテッドに加入。しかし、ユナイテッドでは一貫性のあるパフォーマンスを発揮できず、ジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得ることができていない状況が続き、22日にチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)とのトレードという形でのアーセナル移籍が発表された。 ▽マンチェスター・ユナイテッドを退団したムヒタリアンは、自身のインスタグラム(micki_taryan)を更新。約1年半過ごしたクラブに感謝の言葉を送り、「心からありがとう」とメッセージを送った。 「マンチェスター・ユナイテッドの選手たち、スタッフ、そして特にファンの皆さんの愛情、情熱、サポートに対して心からありがとうと言いたい」 「ヨーロッパ・リーグを制覇したことで偉大なクラブの歴史に貢献することができ、その名誉を満喫することができた。僕はいつまでもその瞬間、試合の記憶を大事にするよ。ボクシングデーに決めたスコーピオンキック、自分のチャントを聴きながらピッチに足を踏み入れたことも」 「もっと多くの思い出を挙げることだってできるし、共有し、共に喜んだ全ての瞬間を楽しんだ。僕のキャリアのこの段階では、純粋にピッチに立ち、プレーを楽しまなくてはいけない。心からありがとう、そしてみんなの幸運を祈っている。これからも人生は続いていくよ」 2018.01.23 20:06 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベSD、リバプールMF獲りを明言もバロテッリ移籍の噂は完全否定

ユベントスのジュゼッペ・マロッタSD(スポーツディレクター)が22日、イタリアメディア『メディアセット・プレミアム』のインタビューに応じ、今冬の移籍市場についてコメントを残した。<br><br>ユベントスがニースに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの獲得を目指しているとのイギリス発の報道がメディアを賑わせたが、マロッタSDは完全否定した。<br><br>「我々としてもバロテッリには敬意を示しているし、愛着を感じているが、これはファンタジーサッカー(ゲーム)のようなニュースか、ガセネタだ。彼は我々が興味を抱いているタイプの選手ではない」<br><br>バロテッリは昨シーズン、リーグ・アン23試合に出場して15得点を挙げ、ニースを3位に導いた。今シーズンもリーグ戦16試合に出場、12得点をマークし好調を維持している。だが、FWゴンサロ・イグアインやFWパウロ・ディバラ、FWマリオ・マンジュキッチら強力な攻撃陣を擁するユベントスが探す選手のプロフィールとは一致しないと、マロッタSDは説明した。<br><br>またバロテッリ同様に移籍の噂が流れているラツィオのオランダ代表DFステファン・デ・フライやリバプールのドイツ代表MFエムレ・ジャンについても触れた。マロッタSDは、デ・フライへの興味を否定したものの、カン獲得を目指すことを明言した。<br><br>「デ・フライは我々のターゲットではない。エムレ・カンは現在、リバプールの選手だ。契約が6月30日に切れることは把握しているが、彼が契約を更新する可能性もある。交渉の準備はできているので、彼の獲得を目指すつもりだ。ここへ連れてくることができないかもしれないが、クラブとして難しいターゲットに挑戦するのも良い」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 17:25 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース