リーズ移籍が完了したMF井手口陽介が意気込みを語る「一緒にプレミアに上がって、プレーするのが目標」2018.01.09 20:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ガンバ大阪からリーズ・ユナイテッドへの移籍完了が発表された日本代表MF井手口陽介が、移籍への意気込みを語った。クラブ公式サイトのインタビューに答えている。

▽井手口は9日、リーズとの契約にサインした。契約期間は2022年夏までの4年半となり、今シーズンはスペイン2部のクルトゥラル・レオネサへとレンタル移籍する。

▽リーズにとって初の日本人選手となる井手口は、クラブ公式チャンネルでインタビューに応じ、自身の夢や注目ポイント、スペインでのプレーへの意気込みを語った。

「将来的にプレミアリーグでプレーするのが夢なので、このチームと一緒にプレミアに上がって、プレーするのが目標です」

「正しい移籍だったと思えるように、毎日頑張って、試合に出て活躍すれば正しい選択だったと思えるので、しっかり自分が活躍できるように頑張っていきたいです」

「僕の長所は守備のところなので、球際に行って観客が盛り上がってくれれば良いと思いますし、それに応えられるように毎試合しっかり戦っていきたいと思います」

「スペインは初めてやる場所なので、色々なことを吸収して、帰ってきてからサッカーの部分で色々なプレーを出せれば一番いいかなと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシーGKブラックマンがリーズにレンタル移籍

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のリーズは16日、チェルシーのイングランド人GKジャマル・ブラックマン(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 ▽199cmの大型GKであるブラックマンはチェルシーの下部組織出身で、これまでミドルズブラ、オーステンデ、ウィコム、シェフィールド・ユナイテッドへとレンタル移籍を経験。2017-18シーズンはチャンピオンシップのシェフィールドでリーグ戦31試合に出場して8試合のクリーンシートを記録していた。なお、チェルシーでは公式戦の出場はない。 ▽今夏、マルセロ・ビエルサ監督を招へいしたリーズでは、同じくチェルシーからイングランド人MFルイス・ベイカー(23)を獲得していた。 2018.07.17 02:34 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズがチェルシーMFベイカーをレンタルで獲得! 井手口のライバルに

▽リーズは30日、チェルシーからMFルイス・ベイカー(23)をレンタル移籍で獲得した。 ▽チェルシーのアカデミー出身の攻撃的MFであるベイカーは、2014年1月にトップチームデビューを果たすも、その後はシェフィールド・ユナイテッドやMKドンズ、フィテッセなどにレンタル移籍を繰り返していた。 ▽昨夏にチェルシーと新契約を結んだ同選手だが、昨季はミドルズブラへレンタル移籍。リーグ戦12試合に出場し、1ゴールを記録した。 ▽今夏からリーズに復帰する日本代表MF井手口陽介にとって、ベイカーはライバルと成り得る存在になりそうだ。 2018.07.01 00:04 Sun
twitterfacebook
thumb

井手口陽介、鬼才の信頼掴めるか…リーズがビエルサの新指揮官就任を発表

▽日本代表MF井手口陽介が所属するリーズ・ユナイテッドは15日、新指揮官として、マルセロ・ビエルサ氏(62)の招へいを発表した。 ▽リーズは今シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)を13位で終了。その責任が問われる形でポール・ヘッキンボトム前監督が解任され、アルゼンチン人指導者のビエルサ氏が後任筆頭として囁かれてきた。 ▽イングランド初上陸となるビエルサ氏。クラブ公式サイトを通じて、「リーズの指揮を執ることになり、嬉しく思う。断りがたいオファーだった。この挑戦にワクワクしている」とコメントしている。 ▽ビエルサ氏は、母国アルゼンチンの名門ニューウェルズ・オールドボーイズを皮切りに、アルゼンチン代表やチリ代表、アスレティック・ビルバオ、マルセイユの指揮官を歴任してきた。 ▽ショートパス、マンツーマンディフェンスをベースに攻守両面でハイインテンシティを志向するそのスタイルは、ジョゼップ・グアルディオラ監督ら多くの指導者に影響を与えてきたことでも有名な世界屈指の智将だ。 ▽その一方で、“エル・ロコ(変人)”の異名を持つ完璧主義者は、マルセイユ、ラツィオ、リールと直近で指導した3クラブでいずれも物議を醸す形で退団。フットボール界屈指の扱いづらい指揮官としても知られている。 ▽豊富な運動量と球際の強さが求められるビエルサ氏のスタイルと、井手口の親和性は高いと思われる。果たして、鬼才の信頼を勝ち取ることはできるのだろうか。 2018.06.15 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

バックアップメンバーの井手口陽介、リーズ合流のため帰国

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場する日本代表にバックアップメンバーとして参加していたリーズ・ユナイテッドのMF井手口陽介が所属クラブに合流するため、帰国することが決定したことを発表した。 ▽井手口は1月にガンバ大阪からリーズに完全移籍した後、スペイン2部のクルトゥラル・レオネサにレンタル移籍。5月18日に発表された日本代表メンバー27名には名を連ねたが、同月30日に発表されたロシアW杯に臨む23名に残ることはできなかった。 ▽ロシアW杯で日本は、グループHに所属。日本時間19日にコロンビア代表、24日にセネガル代表、28日にポーランド代表と対戦する。 2018.06.13 08:15 Wed
twitterfacebook
thumb

井手口所属のリーズ、鬼才ビエルサ招へいに興味か

▽日本代表MF井手口陽介の所属するリーズ・ユナイテッドがマルセロ・ビエルサ氏(62)の招へいを考えているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ▽今シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)を13位で終えたリーズはポール・ヘッキンボトム監督の解任を発表。そして、同クラブのオーナーを務めるアンドレア・ラドリッツァーニ氏はその後任としてビエルサ氏の招へいを考慮しているようだ。 ▽母国アルゼンチンの名門ニューウェルズ・オールドボーイズを皮切りにアルゼンチン代表やチリ代表、アスレティック・ビルバオ、マルセイユの指揮官を歴任してきた世界屈指の智将であるビエルサ氏。ショートパス、マンツーマンディフェンスをベースに攻守両面でハイインテンシティを志向するそのスタイルはジョゼップ・グアルディオラ監督ら多くの指導者に影響を与えてきた。 ▽その一方で“エル・ロコ(変人)”の異名を持つ完璧主義者は、マルセイユ、ラツィオ、リールと直近で指導した3クラブでいずれも物議を醸す形で退団しており、フットボール界屈指の扱いづらい指揮官としても知られている。 ▽豊富な運動量と球際の強さが求められるビエルサ氏のスタイルと、井手口の親和性は高いと思われるが、果たして来季リーズで指揮を執ることはあるのか。 2018.06.02 14:29 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース