リーズ移籍が完了したMF井手口陽介が意気込みを語る「一緒にプレミアに上がって、プレーするのが目標」2018.01.09 20:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ガンバ大阪からリーズ・ユナイテッドへの移籍完了が発表された日本代表MF井手口陽介が、移籍への意気込みを語った。クラブ公式サイトのインタビューに答えている。

▽井手口は9日、リーズとの契約にサインした。契約期間は2022年夏までの4年半となり、今シーズンはスペイン2部のクルトゥラル・レオネサへとレンタル移籍する。

▽リーズにとって初の日本人選手となる井手口は、クラブ公式チャンネルでインタビューに応じ、自身の夢や注目ポイント、スペインでのプレーへの意気込みを語った。

「将来的にプレミアリーグでプレーするのが夢なので、このチームと一緒にプレミアに上がって、プレーするのが目標です」

「正しい移籍だったと思えるように、毎日頑張って、試合に出て活躍すれば正しい選択だったと思えるので、しっかり自分が活躍できるように頑張っていきたいです」

「僕の長所は守備のところなので、球際に行って観客が盛り上がってくれれば良いと思いますし、それに応えられるように毎試合しっかり戦っていきたいと思います」

「スペインは初めてやる場所なので、色々なことを吸収して、帰ってきてからサッカーの部分で色々なプレーを出せれば一番いいかなと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

「イデグチはどうしている?」英メディア、井手口陽介のスペインでの現状にフォーカス

リーズ・ユナイテッドからクルトゥラル・レオネサにレンタル中の井手口陽介の現状について、リーズの地元メディア『HITC』が特集している。<br><br>今冬、ガンバ大阪からリーズに移籍し、4年半の契約を結んだ井手口だが、ビザ発給に関する問題に加え、出場機会を確保の理由で今シーズン終了までの期限付きでスペイン2部へと渡った。しかし、レオネサに加入した同選手は早くも苦境に立たされている。<br><br>『ローンのヨウスケ・イデグチはどうしている?』と題された記事内では「2-3で敗れた4日のバジャドリー戦ではアディショナルタイムから出場するも、1月10日に加入して以降、3試合で合計56分しかプレー時間を手にできていない」と井手口が思うように試合に出られないと指摘。リーズの思いとは裏腹に、21歳の日本代表MFはスペインでプレー時間を得られず、あまり成長できていないのではないかと危惧する声があるようだ。<br><br>レオネサは次戦、11日にスペイン2部の首位ウエスカと戦う。現在、降格圏に沈むレオネサにとって難敵と言わざるを得ない相手だが、井手口はこの試合でプレー時間を得られるのだろうか。 <br><br>提供:goal.com 2018.02.11 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

元アイルランド代表MFがすい臓がんで死去、享年36歳

▽元アイルランド代表MFリアム・ミラーが36歳の若さで死去した。 ▽アイルランド代表として21試合のキャップ数を誇るリアム・ミラーは、2000年にセルティックでプロキャリアをスタート後、マンチェスター・ユナイテッドやリーズ、サンダーランド、QPR、ハイバーニアン、ブリスベン・ロアー、メルボルン・シティなどでプレー。2016年までアメリカのウィルミントン・ハンマーヘッズに所属していた。 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』が報じたところによれば、リアム・ミラーの死因はすい臓がん。昨年11月にがんが見つかって以降、アメリカとアイルランドで闘病生活が続いていたという。 2018.02.10 10:35 Sat
twitterfacebook
thumb

井手口獲得のリーズ新指揮官が決定…バーンズリーを率いていたヘッキンボトム氏

▽日本代表MF井手口陽介が今冬に加入したチャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズ・ユナイテッドは6日、新監督にポール・ヘッキンボトム氏(40)を招へいすることを発表した。契約は2019年夏までとのことだ。 ▽リーズは、トーマス・クリスチャンセン監督を成績不振により4日に解任。直近のリーグ6試合(2分け4敗)で勝利がなく、昇格プレーオフ圏内の6位ブリストル・シティまで7ポイント差の10位に沈んでいる。 ▽チームの立て直しを任されたのは、同じチャンピオンシップのバーンズリーで指揮を執っていたヘッキンボトム氏。現役時代はノリッジやブラッドフォード・シティ、シェフィールド・ウェンズデイ、バーンズリーでプレーしていた。 ▽ヘッキンボトム氏に率いられたバーンズリーは現在、今シーズンのチャンピオンシップで残留ラインぎりぎりの21位に位置している。 2018.02.06 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

井手口獲得のリーズ、クリスチャンセン監督を解任 直近6試合で白星なし

▽今冬に日本代表MF井手口陽介を獲得したリーズ・ユナイテッドは4日、トーマス・クリスチャンセン監督(44)の解任を発表した。 ▽スペイン人のクリスチャンセン監督は、2017年夏からリーズを指揮。だが、直近のリーグ6試合(2分け4敗)で勝利がなく、昇格プレーオフ圏内の6位ブリストル・シティまで7ポイント差の10位に沈んでいる。 ▽なお、クリスチャンセン監督にとってラストゲームとなった3日に行われたチャンピオンシップ第30節のカーディフ戦は、1-4と惨敗していた。 2018.02.05 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

井手口陽介加入のリーズ、新エンブレムがダサいと話題に…

▽日本代表MF井手口陽介が加入したリーズが新エンブレムを発表するも、ファンやサポーターがソーシャルメディア上で酷評しているようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽リーズは2019年にクラブ創設100周年を迎える。そのため、新たなクラブエンブレムを作成し、24日にはその完成形を発表。来シーズンから新たなクラブエンブレムを用いることを併せて発表した。クラブ側は、「クラブの中を深く貫く情熱と個性を表現。クラブの新時代を告げるための1つの変化であり、願いが込められている。そういう思いを反映したエンブレムとなった」と明かした。 ▽期待される新エンブレムは、上段に『リーズ・ユナイテッド』と名前が刻まれている。そこまでは普通のエンブレムなのだが、下部には選手が胸に手を当てている絵があしらわれており、これまで見たことがない斬新なものとなっている。 ▽この新エンブレムが発表された後、すぐにリーズのサポーターが反応。SNSでは「冗談だろ?」、「ひどすぎる」、「ウイイレ6のクオリティ(パッケージ画像)じゃないか」と酷評。クラブの思いとは裏腹に、サポーターたちは全く気に入っていないようだ。 ▽現在、井手口はスペイン2部のクルトゥラル・レオネッサにレンタルで移籍している。来シーズンにリーズに復帰した際には、新たなクラブエンブレムと共に戦うことになりそうだ。 2018.01.25 11:08 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース