中島翔哉が圧巻フィニッシュで5戦ぶりの今季7点目! 10人のチーム救う値千金の同点弾《プリメイラ・リーガ》2018.01.09 05:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本人MF中島翔哉の所属するポルティモネンセは8日、プリメイラ・リーガ第17節でパソス・デ・フェレイラとのアウェイゲームに臨み、1-1で引き分けた。中島はフル出場し、73分に今季7点目を記録した。

▽2018年初戦となった前節のベレネンセス戦をゴールレスで終え、4試合未勝利で12位のポルティモネンセは16位のパソス・デ・フェレイラとのアウェイゲームに臨んだ。なお、中島は13試合連続で先発入りを果たした。

▽立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、前線からの積極的なプレスと積極的なドリブル突破でポルティモネンセの攻撃をけん引する中島。24分にはボックス手前で仕掛けた中島が好位置でFKを獲得。これを元鹿島MFファブリシオが直接狙うが、壁に当たったボールは枠を外れる。すると34分にはポルティモネンセにアクシデント発生。自陣ボックス手前でルーズボールに反応したブルーノ・タバタのレイト気味のタックルが相手選手を捉え、決定機阻止及び危険なプレーと判断されて一発レッドとなり、数的不利を背負うことに。

▽数的不利を背負いながらもゴールレスで試合を折り返したポルティモネンセだが、54分にはアントニオ・シャビエルの左クロスをルイス・フェリペに頭で合わせられ、先制を許す。この失点で気落ちしたチームは、ここから完全に相手に押し込まれるが、何とか粘り強く守って2失点目を与えない。

▽すると、後半も左サイドを起点に積極的な仕掛けや背後を突く動きでゴールチャンスを窺っていた中島がチームを救う。73分、左サイドで味方が入れたクロスのルーズボールに対して、ボックス内のファブリシオと相手DFが競る。ここでクリアボールを回収した中島が冷静な胸トラップから右足アウトにかけたハーフボレーを放つと、右ポストの内側を叩いたボールがネットに吸い込まれた。

▽中島の5試合ぶりとなる今季7点目で追いついたポルティモネンセは、その後も劣勢を強いられながらも鋭いカウンターで応戦。後半アディショナルタイムにはボックス手前中央で得たFKを中島が左に巻くボールで直接狙うが、これはわずかに枠の右に。それでも、中島の圧巻フィニッシュで追いついた10人のポルティモネンセが敵地から貴重な勝ち点1を持ち帰った。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムントDFピシュチェク、2020年での現役引退の意向…引退後のプランも明かす

▽ドルトムントに所属するポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェク(32)が2020年に現役を退く意向であることを明かした。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽2010年にヘルタ・ベルリンからドルトムントに加入したピシュチェク。以降、本職の右サイドバックに加え、ときに右サイドハーフやセンターバックでもプレーし、ここまで公式戦292試合16ゴール55アシストを記録している。在籍期間にブンデスリーガとDFBポカールを2度ずつ制覇している。 ▽そんなピシュチェクは、14日にドルトムントと2020年まで契約を延長。自身には2020年に契約が満了すると共に、現役を退く考えがあることを明かしている。 「自分のキャリアはドルトムントで終えるつもりだよ。それを考えると、2020年というのは良いタイミングだね」 「引退後はポーランドに戻って、古巣のゴツァウコヴィツェで楽しみながらプレーするよ。プロとしてではなく、楽しみながらね。そこで体調を整えることが目的だよ」 2018.03.28 12:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ポーランド、“仮想日本”の韓国に苦戦もジエリンスキの劇的弾で辛勝!《国際親善試合》

▽ポーランド代表は27日、国際親善試合で韓国代表とホームで対戦し、3-2で勝利した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で日本と同グループに入っているポーランドが、仮想日本としてW杯に出場する韓国を迎えたテストマッチ。23日に仮想セネガルとして対戦したナイジェリア代表戦を0-1と惜敗したポーランドは、その試合から先発を大幅に7人変更。クリホヴィアクやコフナツキ、リネティ、GKファビアンスキらに代えてGKシュチェスニーやグロシツキ、マチニスキらに加え、代表デビューのロマンチュクが先発に起用された。 ▽一方、ロシアW杯でドイツ代表、メキシコ代表、スウェーデン代表と同組の韓国は、24日に行われた北アイルランド戦から先発を2人変更。キム・ジンスとキム・シンウクに代えてチョン・ウヨンとホン・ジョンホを先発で起用した。 ▽互いに[3-4-2-1]の布陣を採用したミラーゲームは、地力に勝るポーランドが立ち上がりからボールを支配するも、集中した守りを見せる韓国守備陣を崩すには至らず、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。 ▽すると12分、韓国はチョン・ウヨンのロングスルーパスに反応したイ・ジェソンがボックス左からダイレクトシュートを放ったが、これはGKシュチェスニーがセーブ。 ▽対するポーランドの最初のチャンスは23分、右サイドを持ち上がったジエリンスキのピンポイントクロスをゴール前のレヴァンドフスキがヘディングシュートで合わせたが、これはGKキム・スンギュの好セーブに防がれた。 ▽ポーランドは32分、左サイド深くまで持ち上がったリブスのパスをボックス左角付近で受けたグロシツキがクロスを供給。これをゴール前のレヴァンドフスキがヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽先制したポーランドは、45分にもマチニスキのパスで抜け出したグロシツキがGKキム・スンギュとの一対一を迎えると、ゴール右隅へ冷静にシュートを流し込んだ。 ▽迎えた後半、ポーランドはレヴァンドフスキやピシュチェク、GKシュチェスニーに代えてテオドルチクやイェンドジェイチク、GKスコルプスキを投入。一方の韓国はホン・ジョンホとイ・ヨンに代えてユン・ヨンソンとチェ・チョルスンをピッチに送り出した。 ▽後半は前半とは打って変わって韓国がハイプレスからの素早い攻撃を仕掛けると、55分にソン・フンミンが、58分にはファン・ヒチャンがポーランドゴールに迫ったが、共にゴールネットは揺らせず。 ▽積極的な選手交代で様々な選手を試す両チームだが、試合は膠着状態のまま終盤を迎える。すると86分、韓国は相手ボックス付近でボールをキープしたソン・フンミンが相手マークを引きつけパスを供給。これをバイタルエリア中央で受けたイ・チャンミンがミドルシュートで狙うと、ボールはゴール左隅に突き刺さった。 ▽1点を返した韓国は、88分にもソン・フンミンの縦パスでゴールエリア左まで抜け出したパク・チュホがマイナスの折り返しを供給すると、最後はファン・ヒチャンがダイレクトで流し込み、試合を振り出しに戻した。 ▽試合もアディショナルタイムに突入し、このまま試合終了かと思われたがポーランドが意地を見せる。92分、バイタルエリア中央右寄りでボールを受けたジエリンスキがカットインから左足を振り抜くと、コントロールシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽結局、試合はそのままタイムアップ。レヴァンドフスキの抜けた後半は苦戦したポーランドだが、ジエリンスキの劇的弾で仮想日本の韓国に辛勝した。 2018.03.28 05:59 Wed
twitterfacebook
thumb

日本と対戦するポーランド、仮想セネガルのナイジェリアにPK一発で敗戦《国際親善試合》

▽ポーランド代表は23日、国際親善試合でナイジェリア代表と対戦し、0-1で敗れた。 ▽ロシア・ワールドカップで日本と同グループに入っているポーランドが、仮想セネガルとしてW杯に出場するナイジェリアと相対したテストマッチ。 ▽ポーランドはレヴァンドフスキやグリク、ピシュチェクにクリホヴィアクといった主力をスタメンで起用。 ▽モーゼスやイウォビ、イヘアナチョにエンディディといったプレミアリーグでプレーする面々をスタメンで起用してきたナイジェリアに対し、[3-4-2-1]を採用したポーランドは最前線にレヴァンドフスキを配置。2シャドーにジエリンスキとコフナツキを配した。 ▽そのポーランドは8分に決定機。左サイドのクルザワのアーリークロスをファーサイドのレヴァンドフスキがスライディングで合わせたシュートが右ポストに直撃した。 ▽その後はナイジェリアのインテンシティの高さの前に一進一退の攻防を強いられ、主導権を争いが繰り広げられる。そして前半半ば以降、モーゼスの直接FKやFKからイガロのヘディングシュートでゴールを脅かされたポーランドは、ハーフタイム間際にチャンス。FKが混戦を生んでバログンの身体に当たったボールがゴールへ。しかし、ゴールライン上でバログンにクリアされ、ゴールは生まれず前半を終えた。 ▽後半からGKファビアンスキとピシュチェクに代えてGKシュチェスニーとイェンドジェイチクを投入したポーランドは、レヴァンドフスキにボールを集めて打開を図ると、56分に決定機。ジエリンスキのダイレクトパスを受けてボックス右に進入したレヴァンドフスキがDFに対応されながらも左足でシュート。しかし、GKにセーブされた。 ▽すると60分、モーゼスの突破をボックス内でカミンスキがファウルで止めてしまい、PKを献上。これをモーゼスに決められて先制されてしまう。 ▽追う展開となったポーランドはFKからイェンドジェイチクが決定的なヘディングシュートを浴びせるも、67分にレヴァンドフスキを下げて以降はチャンスを作れず。0-1のスコアでナイジェリアの前に敗戦した。敗れたポーランドは27日に韓国代表と対戦する。 ポーランド 0-1 ナイジェリア 【ナイジェリア】 モーゼス(後16[PK]) 2018.03.24 06:57 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表と今夏対戦のポーランド代表新キットが発表

▽ナイキは、ポーランド代表の新キットを発表した。 ▽今夏、日本代表と対戦するポーランド代表のホームとアウェージャージー(アウェー日本未展開)は、両方のジャージにスピードブラー(スピードによる残像)をイメージしたグラフィックが用いられ、チームに根付く伝統と現在における力強さがバランスよく感じられる。 ▽ファンも専門家も、イーグルズはすでに飛躍したと認めています。スター・ストライカーでありチームキャプテンのロベルト・レヴァンドフスキも同意見だ。「ポーランドは今、とても良い選手を多く抱えた良いチームです。良い試合もできるし、ポテンシャルも十分あります」 ▽ポーランドは、最高峰の世界トーナメントには12年間姿を見せていなかったものの、夏のロシア大会への出場を他の8カ国と同様グループ首位で決めた。国際的にも、彼らの飛躍は証明されています(2013年のランキング78位だったものが、2018年には7位に)2016年フランスの準々決勝で、20年ぶりのグループステージ通過を決めたイーグルズの活躍や、ストライカーのロベルト・レヴァンドフスキの飛躍(ロシアでの予選では史上最多の16ゴールを決めています)は、ポーランドの前途を再び明るく照らすいくつかの理由のたった2つにすぎませんが、世界大会で3位の地位を勝ち取った1974年と1982年の黄金世代との比較は今や避けられない。 ▽赤いトリムのついたVネックベースの首のラインには、背中心にポーランドの紋章を用いた通気性のあるテープが配されています。ピョートル・ジエリンスキ、アルカディウシュ・ミリク、カロル・リネティなどのブレイク目前のスターを含む、粒揃いの才能が揃ったチームがレヴァンドフスキを支える。チームは、ポーランドの攻撃力やプレイヤーを支える熱烈なサポートを祝福する新しいコレクションを、ロシアで着用する。 ▽「デザインは、国の重要なシンボルで、ナショナルチームのバッヂにも用いられているイーグルに抱く国民の誇りに着想を得ています」と、ナイキフットウエアアパレル・シニアデザインディレクターのピート・ホピンズは説明する。「2年前のフランスで伝えたストーリーは、イーグルの台頭でした。2018年の今、イーグルは高く翔び上がっています。ポーランドはもはや甘く見ることができない、強烈な雑草根性を持ったチームです」 ▽キットのデザインのベースには、胸の部分の斜めのパターンでイーグルを表現しています。ホームキットではホワイトとプラチナグレー、アウェーキット(日本未展開)では濃さを変えた2つの鮮やかなレッドで描かれたグラフィックには、戦いを切り抜けてきたワシの誇りが表現されている。2018ポーランドフットボール代表コレクションでは、機能性と美しさでスピード感を高める、ファスト・フィット・ヴェイパーニットキットが特徴的存在となっている。コレクションはnike.comと一部小売店で4月27日から発売となる。 2018.03.23 20:18 Fri
twitterfacebook
thumb

ポーランド代表が海外クラブ所属メンバー発表! ナイジェリア&韓国と対戦《国際親善試合》

▽ポーランドサッカー協会(PZPN)は9日、今月に行われる国際親善試合に臨むポーランド代表の海外クラブ所属メンバー22名を発表した。 ▽アダム・ナヴァルカ監督は、ロシア・ワールドカップ(W杯)前最後のインターナショナルウィークに向けてFWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)やDFルーカス・ピシュチェク(ドルトムント)、カミル・グリク(モナコ)といった主力を順当に選出。 ▽また、DFパヴェル・ヤロジンスキ(キエーボ)、GKバルトシュ・ビャウコフスキ(イプスウィッチ)の2選手が初招集された。その一方で、背中のケガで長期離脱中の重鎮MFヤクブ・ブワシュチコフスキ(ヴォルフスブルク)がメンバー外となっている。 ▽ロシアW杯で日本代表と同じグループHに入ったポーランドは、23日にナイジェリア代表と27日に韓国代表と2つの国際親善試合を戦う。今回発表されたポーランド代表の海外クラブ所属メンバー22名は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆ポーランド代表メンバー22名(海外クラブ所属)</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ヴォイチェフ・シュチェスニー</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">ウカシュ・スコルプスキ</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ウカシュ・ファビアンスキ</span>(スウォンジー/イングランド) <span style="font-weight:700;">バルトシュ・ビャウコフスキ</span>(イプスウィッチ/イングランド)※ <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">パヴェル・ヤロジンスキ/span>(キエーボ/イタリア)※ <span style="font-weight:700;">トマシュ・ケジオラ</span>(ディナモ・キエフ/ウクライナ) <span style="font-weight:700;">マチェイ・リブス</span>(ロコモティフ・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">カミル・グリク</span>(モナコ/フランス) <span style="font-weight:700;">バルトシュ・ベレシニスキ</span>(サンプドリア/イタリア) <span style="font-weight:700;">チアゴ・ランジェウ・チョネク</span>(SPAL/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルチン・カミンスキ</span>(シュツットガルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ウカシュ・ピシュチェク</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ヤツェク・ゴラルスキ</span>(ルドゴレツ/ブルガリア) <span style="font-weight:700;">グルゼゴルツ・クリホヴィアク</span>(WBA/イングランド) <span style="font-weight:700;">カミル・グロシツキ</span>(ハル・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">カロル・リネティ</span>(サンプドリア/イタリア) <span style="font-weight:700;">ピオトル・ジエリンスキ</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ロベルト・レヴァンドフスキ</span>(バイエルン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アルカディウシュ・ミリク</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ダヴィド・コフナツキ</span>(サンプドリア/イタリア) <span style="font-weight:700;">ウカシュ・テオドルチク</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ヤクブ・シヴィエルチョク</span>(ルドゴレツ/ブルガリア) 2018.03.10 22:16 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース