中島翔哉が圧巻フィニッシュで5戦ぶりの今季7点目! 10人のチーム救う値千金の同点弾《プリメイラ・リーガ》2018.01.09 05:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本人MF中島翔哉の所属するポルティモネンセは8日、プリメイラ・リーガ第17節でパソス・デ・フェレイラとのアウェイゲームに臨み、1-1で引き分けた。中島はフル出場し、73分に今季7点目を記録した。

▽2018年初戦となった前節のベレネンセス戦をゴールレスで終え、4試合未勝利で12位のポルティモネンセは16位のパソス・デ・フェレイラとのアウェイゲームに臨んだ。なお、中島は13試合連続で先発入りを果たした。

▽立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、前線からの積極的なプレスと積極的なドリブル突破でポルティモネンセの攻撃をけん引する中島。24分にはボックス手前で仕掛けた中島が好位置でFKを獲得。これを元鹿島MFファブリシオが直接狙うが、壁に当たったボールは枠を外れる。すると34分にはポルティモネンセにアクシデント発生。自陣ボックス手前でルーズボールに反応したブルーノ・タバタのレイト気味のタックルが相手選手を捉え、決定機阻止及び危険なプレーと判断されて一発レッドとなり、数的不利を背負うことに。

▽数的不利を背負いながらもゴールレスで試合を折り返したポルティモネンセだが、54分にはアントニオ・シャビエルの左クロスをルイス・フェリペに頭で合わせられ、先制を許す。この失点で気落ちしたチームは、ここから完全に相手に押し込まれるが、何とか粘り強く守って2失点目を与えない。

▽すると、後半も左サイドを起点に積極的な仕掛けや背後を突く動きでゴールチャンスを窺っていた中島がチームを救う。73分、左サイドで味方が入れたクロスのルーズボールに対して、ボックス内のファブリシオと相手DFが競る。ここでクリアボールを回収した中島が冷静な胸トラップから右足アウトにかけたハーフボレーを放つと、右ポストの内側を叩いたボールがネットに吸い込まれた。

▽中島の5試合ぶりとなる今季7点目で追いついたポルティモネンセは、その後も劣勢を強いられながらも鋭いカウンターで応戦。後半アディショナルタイムにはボックス手前中央で得たFKを中島が左に巻くボールで直接狙うが、これはわずかに枠の右に。それでも、中島の圧巻フィニッシュで追いついた10人のポルティモネンセが敵地から貴重な勝ち点1を持ち帰った。

コメント

関連ニュース

thumb

日本と同組のレヴァンドフスキ、同僚ハメスを挑発?!「君の前回大会のゴールを覚えているが…」

▽ポーランド代表主将のバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキが、ロシア・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ決定後にコメントを残した。 ▽レヴァンドフスキのポーランドは、グループHでセネガル代表、コロンビア代表、日本代表と同居した。レヴァンドフスキは、バイエルンで共闘するコロンビア代表の主力であるMFハメス・ロドリゲスに対して、自身のツイッターで以下のようにメッセージを送った。 「やぁ、ブラザー、ハメス・ロドリゲス。僕は君の前回大会でのグレートなゴールを覚えているよ。今回は、ロシアから僕のゴールを君が忘れられないようにしたいと願っている」 ▽前回のブラジル・ワールドカップで、ハメスは日本戦のほか、決勝トーナメント1回戦で圧巻のボレーシュートを決めるなどインパクトを残し、6得点で得点王に輝いた。 2017.12.02 14:13 Sat
twitterfacebook
thumb

蚊帳の外に追いやるデュデク「日本はよくわからない」

▽現役時代にフェイエノールトやリバプール、レアル・マドリーでプレーした元ポーランド代表GKのイェルジ・デュデク氏がロシア・ワールドカップ(W杯)のグループステージ組み合わせに言及した。『Onet』が伝えている。 ▽ポーランドはグループHに入り、日本代表、コロンビア代表、セネガル代表と同居。日本とは、28日に行われるグループステージ最終節でぶつかる。 ▽『TVP Sport』にゲスト出演したデュデク氏は、抽選結果について、次のように言及。日本を蚊帳の外に置くかのような発言を残した。 「我々はまだ日本のことをあまりよくわかっていない。我々にとって、重要な2試合が待っている。セネガルとコロンビアは難しいライバルだ。その2試合(の結果)が勝ち上がりを左右するだろうね」 「我々は14時キックオフの試合がある。準備しないとね。イングランドだと、13時キックオフなんて普通にあるし、イタリアもそうだった。それは問題にならないだろう」 「20時キックオフの方が良いんだろうけど、スタッフたちは、選手のコンディション調整のためにベストを尽くすはずさ」 2017.12.02 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ポーランドから見る日本代表…指揮官は「非常に危険なチーム」と分析

日本と対戦することが決まったポーランド代表のアダム・ナヴァルカ監督は、組み合わせ結果を喜んでいる。<br><br>1日にロシアの首都モスクワで2018FIFAワールドカップ ロシアの抽選会が行われた。3大会ぶりのワールドカップ出場を決めたポーランドは、日本、セネガル、コロンビアと同組のグループHに入ることが決まっている。<br><br>抽選結果を受け、ナヴァルカ監督は地元メディアに「良い抽選結果だと思う。強豪と戦うことを想定していたが、実際はそうではなかった。この大会を戦うにあたって、フィジカル、戦術、メンタルのすべての側面で十分な準備が必要となる」と優勝候補との対戦を避けられたことに満足を示した。<br><br>また、ポーランド代表について同指揮官は「大会では目の前の試合が一番重要だ。我々は対戦相手に最大の敬意を払うが、自分たちを自分たちの能力を信じて戦い、それをピッチの上で証明しなければならない。私は選手たちを信じている」と意気込み。<br><br>続けて、日本、コロンビア、セネガルに関して「彼らは各大陸予選を大きなトラブルなく勝ち抜いた強豪で、高いクオリティを持った非常に危険なチームだ」と3チームとの対戦を前に警戒を強めている。<br><br>ポーランドは、19日にセネガルとの初戦を戦い、24日にコロンビアと対戦。そして28日のグループ最終戦で日本との対戦を控えている。<br><br>提供:goal.com 2017.12.02 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【ロシアW杯特集】日本の対戦相手を紹介:ポーランド代表

▽国際サッカー連盟(FIFA)は1日、ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループステージ組み合わせ抽選会を行った。この結果、日本代表はポーランド代表、コロンビア代表、セネガル代表と対戦することが決まった。ここでは日本代表の対戦相手各チームを簡単に紹介していく。 ◆ポーランド代表(3大会ぶり8回目)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171202_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 監督:アダム・ナヴァルカ 主将:FWロベルト・レヴァンドフスキ 予選成績:8勝1敗1分け(28得点14失点) ▽基本フォーメーション 【4-2-3-1】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171202_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:シュチェスニー(ファビアンスキ) DF:ピシュチェク、グリク、パズダン、イェンドジェイチク MF:リネティ(マチニスキ)、クリホヴィアク MF:ブワシュチコフスキ、ジエリンスキ(ミリク)、グロシツキ FW:レヴァンドフスキ ★攻守にバランスの取れた好チーム ▽ドイツやセリエAを中心に欧州の主要リーグで活躍する選手を中心に構成されるポーランドは、デンマーク代表やルーマニア代表らと同居した欧州予選グループEを8勝1敗1分けの戦績で見事に首位通過を決めた。 ▽[4-4-2]、[4-2-3-1]のシステムを併用するバランス型のチームは、組織的な守備と素早い攻守の切り替えを軸としたトランジションスタイルのフットボールを志向している。GKではシュチェスニーとファビアンスキ、スコルプスキなど、20代後半で経験を積んだ実力者がしのぎを削る。 ▽最終ラインではモナコで活躍する屈強なDFグリクと機動力が売りのDFパズダンが中央でコンビを組み、右サイドバックはドルトムントの重鎮DFピシュチェク、やや選手層に不安のある左サイドバックはイェンドジェイチクが主軸を担う。 ▽中盤は重鎮MFクリホヴィアクを中心に、セリエAで活躍するMFジエリンスキ、MFリネティの若手2選手に加え、MFマチニスキら国内組がセントラルMFを担い、両ウイングにはMFブワシュチコフスキ、MFグロシツキのベテラン2選手がレギュラーを担う。 ▽最前線には世界最高のCFの1人でキャプテンのFWレヴァンドフスキがどっしりと座り、2トップ採用時には現在長期離脱中の若きエース候補ミリクが相棒を担う。また、アンデルレヒトでゴールを量産するFWテオドルチクがバックアップを担う。 ★注目選手<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171202_3_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>FW:ロベルト・レヴァンドフスキ 代表成績:91試合/51ゴール ▽ポーランドの注目プレーヤーは、同国史上最高のプレーヤーの呼び声高い、エースのレヴァンドフスキだ。ドルトムント、バイエルンで絶対的なエースストライカーに君臨してきたレヴァンドフスキは、2度のブンデスリーガ得点王に輝いた経歴を持つワールドクラスの点取り屋だ。 ▽185cmの長身と優れた足元のテクニックを生かしたポストワーク、両足、頭と何処からでも枠を捉えきるシュート精度に加え、味方を生かす正確なパスと1人ですべての役割をこなせる万能型FWは、今予選で16ゴールを記録しW杯欧州予選最多ゴール記録を更新している。 ◆ポーランド代表主要メンバー GK ヴォイチェフ・シュチェスニー(ユベントス/イタリア) ルカシュ・スコルプスキ(ローマ/イタリア) ルカシュ・ファビアンスキ(スウォンジー/イングランド) DF ミチェル・パズダン(レギア・ワルシャワ) トマシュ・ケジオラ(ディナモ・キエフ/ウクライナ) マチェイ・リブス(ロコモティフ・モスクワ/ロシア) カミル・グリク(モナコ/フランス) バルトシュ・ベレシニスキ(サンプドリア/イタリア) チアゴ・ランジェウ・チョネク(パレルモ/イタリア) マルチン・カミンスキ(シュツットガルト/ドイツ) ルーカス・ピシュチェク(ドルトムント/ドイツ) アルトゥール・イェンドジェイチク(レギア・ワルシャワ) MF ダミアン・カジョル(グルニク・ザブジェ) マチエイ・マクシェフスキ(レフ・ポズナニ) クリストフ・マチニスキ(レギア・ワルシャワ) ラファル・ウォルスキ(レヒア・グダネスク) ヤツェク・ゴラルスキ(ルドゴレツ・ラズグラド/ブルガリア) ヤクブ・ブワシュチコフスキ(ヴォルフスブルク/ドイツ) グルゼゴルツ・クリホヴィアク(WBA/イングランド) カミル・グロシツキ(ハル・シティ/イングランド) パヴェウ・ヴショウェク(QPR/イングランド) カロル・リネティ(サンプドリア/イタリア) ピオトル・ジエリンスキ(ナポリ/イタリア) FW ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ドイツ) アルカディウシュ・ミリク(ナポリ/イタリア) マリウス・ステピンスキ(キエーボ/イタリア) ルカス・テオドルチク(アンデルレヒト/ベルギー) カミル・ヴィルチェク(ブロンビー/デンマーク) 2017.12.02 03:00 Sat
twitterfacebook
thumb

日本はポーランド、コロンビア、セネガルと対戦《ロシアW杯》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は1日、ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループステージ組み合わせ抽選会を行い、日本代表はポーランド代表、コロンビア代表、セネガル代表と対戦することが決まった。2大会連続の対戦となるコロンビアとは初戦で激突し、2戦目にセネガルと、3戦目にポーランドと対戦する。 ◆グループH ポーランド/3大会ぶり8回目 セネガル/4大会ぶり2回目 コロンビア/2大会連続6回目 日本/6大会連続6回目 ▽その他のグループの組み合わせは以下の通り。 ◆グループA ロシア(開催国)/2大会連続11回目 エジプト/7大会ぶり3回目 ウルグアイ/3大会連続13回目 サウジアラビア/3大会ぶり5回目 ◆グループB ポルトガル/5大会連続7回目 スペイン/11大会連続15回目 モロッコ/5大会ぶり5回目 イラン/2大会連続5回目 ◆グループC フランス/6大会連続15回目 オーストラリア/4大会連続5回目 ペルー/9大会ぶり5回目 デンマーク/2大会ぶり5回目 ◆グループD アルゼンチン/12大会連続17回目 アイスランド/初出場 クロアチア/2大会連続5回目 ナイジェリア/3大会連続6回目 ◆グループE ブラジル/21大会連続21回目 スイス/4大会連続11回目 コスタリカ/2大会連続5回目 セルビア/2大会ぶり12回目 ◆グループF ドイツ/17大会連続19回目 メキシコ/7大会連続16回目 スウェーデン/3大会ぶり12回目 韓国/9大会連続10回目 ◆グループG ベルギー/2大会連続13回目 パナマ/初出場 イングランド/6大会連続15回目 チュニジア/3大会ぶり5回目 2017.12.02 00:58 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース