良い奴バロテッリ、差別被害を叫ぶマテュイディを励ます2018.01.08 15:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニースに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが人種差別被害を訴えたユベントスのフランス代表MFブレーズ・マテュイディを元気づけた。

▽今シーズンよりユベントスでプレーするマテュイディ。6日に行われたセリエA第20節のカリアリ戦(1-0でユベントスが勝利)で、相手チームの一部サポーターから人種差別的な野次を浴びたことを明かしていた。

▽これを受けて、かつてマテュイディと同様に人種差別被害の声を挙げたバロテッリが手を差し伸べた。自身のインスタグラム(mb459)を通じて、次のようにマテュイディを励ました

「ブレーズ、僕もそういうことを経験したことがある。そんな無知な奴を気にしちゃダメだ。イタリア人全員がそういう奴らっていうわけじゃない。うまくやってくれ、兄弟!」

コメント

関連ニュース

thumb

バロテッリはやはりニース退団か…インスタでゴールシーン動画とともに「素晴らしい2年をありがとう」

▽ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)が、今シーズン限りで退団することを決断したのかもしれない。自身のインスタグラム(mb459)で明かした。 ▽バロテッリは、2016年8月にリバプールからニースへと完全移籍。今シーズンはリーグ・アンで23試合に出場し14ゴールを記録。ヨーロッパリーグでは7試合に出場し6ゴールを記録している。 ▽ニースとの契約は今シーズン終了後に満了を迎えるが、バロテッリはイタリア行きが噂されており、ローマやナポリ、そして古巣のミランが興味を示していると報じられている。 ▽移籍の噂も浮上しているバロテッリは、自身のインスタグラムを更新。ファンへ感謝のメッセージを送った。 「みんな、素晴らしい2年をありがとう。まだ5試合ある」 ▽自身のニースでのゴールシーンをまとめた動画とともにメッセージを投稿。しかし、このメッセージには続きがあり「今はさようならではない。未来は誰も知らない。俺はいつも感謝したいだけだ」としている。 ▽残り5試合となったリーグ・アンで、バロテッリはニースのために最後までプレーし続けるという決意表明となっており、退団は決定事項なのかもしれない。 2018.04.21 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、リーグ・アン屈指のMFセリ獲得へ約53億用意か

▽チェルシーがニースに所属するコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(26)獲得に興味を持っているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽2015年からニースでプレーするセリは、得点に関与できる攻撃センスに加えて守備でも貢献できるセントラルMF。2016-17シーズンは、フランスプロサッカー選手連合(UNFP)が選ぶリーグのベストイレブンに選出されたリーグ・アン屈指の選手だ。今シーズンはここまで公式戦38試合に出場して、1ゴール8アシストを記録している。 ▽セリに対して、昨夏にはバルセロナが獲得に動き、移籍が濃厚と見られたが実現せず。現在はリバプールやアーセナル、マンチェスター・シティも獲得に興味を持っているようだが、その中でもチーム再建を目指すチェルシーが3500万ポンド(約53億3000万円)を用意して、早めのアプローチを企んでいるようだ。 ▽しかし、同メディアはチェルシーが今季限りでの退任が噂されるアントニオ・コンテ監督の去就と、退任となった場合の新指揮官が決定しない限り、交渉に応じない構えであると伝えている。 2018.04.19 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

開花した悪童バロテッリ、同僚からの信頼が厚い! 「僕なら彼に131億円使う」

▽ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)が、同僚からの賛辞を集めている。スペイン『アス』が伝えた。 ▽若くしてポテンシャルを評価され、インテル、マンチェスター・シティ、ミラン、リバプールとビッグクラブを渡り歩いたバロテッリは、素行不良や好不調の波が激しいことで評価を落とし、2016年夏にフリートランスファーでニースに入団した。すると、見事に復活を果たし、今シーズンはここまで公式戦32試合22ゴールを記録している。 ▽同選手の活躍に関して、代理人であるミーノ・ライオラ氏は「マリオは移籍の準備ができている。彼は世界でトップ10に入るストライカーに成熟した」、「1億ユーロ(約131億円)の価値がある」と発言。ニースでバロテッリとともに攻撃のユニットを形成するFWアラサン・プレアも、以下のように同調した。 「僕は彼(バロテッリ)から多くを学んでいるよ。非常に効率的なストライカーなんだ」 「彼は多くのゴールを決めるんだ。最低でもシーズンに20ゴールもね。今のサッカー界の価格設定であれば、僕なら1億ユーロを彼に使う」 ▽悪童と呼ばれ、内面の未熟さが指摘され続けてきたバロテッリ。チームメイトからの信頼を集める今こそ、大器晩成の時なのかもしれない。 2018.04.07 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

人種差別撤廃を訴えるバロテッリ「外見は違っても、僕らはみんな平等」

ニースのFWマリオ・バロテッリは、黒人であるがゆえに風当たりが強かったと考えている。フランス誌『So Foot』のインタビューで明かした。<br><br>バロテッリは、1990年にシチリア島パレルモでガーナ移民の両親の下に生まれた。しかし経済的な事情からイタリア人夫婦に引き取られ、イタリア人として育てられた。だが法律上、イタリア国籍を取得したのは18歳になった2008年のこと。複雑な背景を持つニースFWは、自身が黒人であるためにトラブルが多かったと主張している。<br><br>「いくつかのスタジアムでは、&ldquo;黒人のイタリア人は存在しない&rdquo;と叫ばれたけど、僕はその真逆を証明している。不適切な法律のせいで、僕がやっとイタリア人になれたのは、18歳になったときだったけどね。もし自分が白人だったとしたら、きっとトラブルはもっと少なかったと思う」<br><br>もし白人に生まれていたとしたら、問題を起こした場合でも、長く糾弾されることはなく受け入れてもらえたはずだと、27歳のイタリア人ストライカーは考えている。<br><br>「おそらく、何かやらかしたり、間違った態度はとってしまったとは思うが、もっと早く許してもらえたのではないか。イタリアは人種差別的な国ではないが、人種差別は存在する」<br><br>最後にバロテッリは、自身の体験を踏まえ、人種差別の撤廃を呼びかけた。<br><br>「変えられるかどうかは、自分たちにかかっている。外見は違っても、僕らは皆、平等なのだと次世代へ伝える必要がある」<br><br>提供:goal.com 2018.04.07 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、新指揮官候補にニース率いるファブレ氏が急浮上!

▽アーセナルがアーセン・ヴェンゲル監督(68)の後任としてニースのルシアン・ファブレ監督(60)をリストアップしているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽アーセナルでは2019年までヴェンゲル監督との契約を残しているものの、ここ数年の成績不振を理由に、今季限りでの契約解消の可能性も伝えられている。 ▽その後任にはカルロ・アンチェロッティ氏やトーマス・トゥヘル氏、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督、モナコのレオナルド・ジャルディム監督など多くの名前が挙がっている。 ▽だが、『レキップ』は新たな監督候補として今季限りでのニース退団の可能性が報じられているファブレ監督の名前を挙げている。 ▽これまで母国のチューリッヒやヘルタ・ベルリン、ボルシアMGなどを率いてきたスイス人指揮官は、2016年にニースの監督に就任。4バックと3バックを併用するなど、チームのスカッドに合わせた柔軟な采配を売りとする智将は、昨季は古豪ニースを近年のクラブ最高位であるリーグ・アン3位に導いていた。また、扱い辛い元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの再生やU-21フランス代表DFマラン・サールの育成など、マン・マネジメントにも定評がある。 ▽なお、ファブレ監督にはアーセナル以外にもバイエルンやドルトムントが関心を示しているようだ。 2018.04.06 15:55 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース