良い奴バロテッリ、差別被害を叫ぶマテュイディを励ます2018.01.08 15:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニースに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが人種差別被害を訴えたユベントスのフランス代表MFブレーズ・マテュイディを元気づけた。

▽今シーズンよりユベントスでプレーするマテュイディ。6日に行われたセリエA第20節のカリアリ戦(1-0でユベントスが勝利)で、相手チームの一部サポーターから人種差別的な野次を浴びたことを明かしていた。

▽これを受けて、かつてマテュイディと同様に人種差別被害の声を挙げたバロテッリが手を差し伸べた。自身のインスタグラム(mb459)を通じて、次のようにマテュイディを励ました

「ブレーズ、僕もそういうことを経験したことがある。そんな無知な奴を気にしちゃダメだ。イタリア人全員がそういう奴らっていうわけじゃない。うまくやってくれ、兄弟!」

コメント

関連ニュース

thumb

ユーベSD、リバプールMF獲りを明言もバロテッリ移籍の噂は完全否定

ユベントスのジュゼッペ・マロッタSD(スポーツディレクター)が22日、イタリアメディア『メディアセット・プレミアム』のインタビューに応じ、今冬の移籍市場についてコメントを残した。<br><br>ユベントスがニースに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの獲得を目指しているとのイギリス発の報道がメディアを賑わせたが、マロッタSDは完全否定した。<br><br>「我々としてもバロテッリには敬意を示しているし、愛着を感じているが、これはファンタジーサッカー(ゲーム)のようなニュースか、ガセネタだ。彼は我々が興味を抱いているタイプの選手ではない」<br><br>バロテッリは昨シーズン、リーグ・アン23試合に出場して15得点を挙げ、ニースを3位に導いた。今シーズンもリーグ戦16試合に出場、12得点をマークし好調を維持している。だが、FWゴンサロ・イグアインやFWパウロ・ディバラ、FWマリオ・マンジュキッチら強力な攻撃陣を擁するユベントスが探す選手のプロフィールとは一致しないと、マロッタSDは説明した。<br><br>またバロテッリ同様に移籍の噂が流れているラツィオのオランダ代表DFステファン・デ・フライやリバプールのドイツ代表MFエムレ・ジャンについても触れた。マロッタSDは、デ・フライへの興味を否定したものの、カン獲得を目指すことを明言した。<br><br>「デ・フライは我々のターゲットではない。エムレ・カンは現在、リバプールの選手だ。契約が6月30日に切れることは把握しているが、彼が契約を更新する可能性もある。交渉の準備はできているので、彼の獲得を目指すつもりだ。ここへ連れてくることができないかもしれないが、クラブとして難しいターゲットに挑戦するのも良い」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

バロテッリがユベントス加入!? ファンのリアクションは…

▽元イタリア代表のFWマリオ・バロテッリ(27)が、ニースとの契約満了後にユベントスに加入すると、イギリス『サン』が報じた。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が、この報道を受けてファンのリアクションを伝えている。 ▽『サン』によると、ユベントスはアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの控えとしてバロテッリの獲得に動いている。5年の契約を用意して交渉に入っているとした。 ▽真偽のほどはわからないが、『ガゼッタ』はSNS上でのユベントスサポーターの反応を紹介。「あり得ない」「勘弁してほしいわ」といったストレートなものから、絵文字や動画でネガティブなリアクションがあり、この報道に困惑するファンが大半の様子だ。 ▽一方で、ポジティブに捉えるファンもいる。フランスでの活躍をふまえて評判は高まっているようで、「いまでもイタリア人最強のセンターフォワードであることは間違いない」といった声など、選手の能力面に期待する声も挙がった。 ▽まだ憶測でしかないバロテッリのユベントス移籍だが、こういった噂は今の活躍があってこそ。再びビッグクラブに戻ってくる日も遠くないかもしれない……!? 2018.01.23 05:50 Tue
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン屈指のMF争奪戦がプレミアで激化か リードするのは…

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ニースに所属するコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(26)の争奪戦でリードしているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽ユナイテッドでは、今季終了後にMFマイケル・キャリックが現役を引退してコーチに就任することになることが濃厚とみられている。そこで、同選手の後釜として、リーグ・アンで躍動する万能型MFの獲得を狙っているようだ。 ▽2015年からニースでプレーするセリは、プレーメークや得点に関与できる攻撃センスに加えて守備でも貢献できるセントラルMF。2016-17シーズンは、フランスプロサッカー選手連合(UNFP)が選ぶリーグのベストイレブンに選出されたリーグ・アン屈指の選手だ。 ▽そのセリに関しては、昨年の夏にバルセロナ移籍が濃厚とみられてきたが、これが実現しなかった。『デイリー・ミラー』によれば、現在はマンチェスター・シティやチェルシー、リバプールが興味を持っているとのことだが、この争奪戦でリードしているのはユナイテッドだという。また、セリ自身もプレミアリーグへの移籍を望んでいる模様だ。 ▽なお、セリとニースの契約は2019年6月までとなっており、バイアウト条項は4000万ユーロ(約54億円)とみられている。 2018.01.21 09:39 Sun
twitterfacebook
thumb

フランスで輝きを放つバロテッリに古巣ミランが関心か

▽ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)に古巣ミランが関心を寄せているという。『TUTTOmercatoWEB』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。 ▽昨シーズンからニースでプレーするバロテッリは、加入1年目からリーグ戦23試合で15ゴールをマークすると、今シーズンもここまでのリーグ戦15試合で12ゴールを記録。2度の4試合連続ゴールなど、これまでにないハイペースでゴールを量産している。 ▽そんな絶好調のバロテッリに古巣であるミランが注目。同選手は2度のミラン移籍で公式戦77試合に出場。33ゴールを記録している。ニースとの契約は今のところ今シーズン限りとなっており、移籍金は比較的低く見積もられるかもしれない。 ▽また、ミランのレジェンドである元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ氏は「今の彼ならどこでだって活躍できる」と太鼓判を押しているようだ。 2018.01.19 15:37 Fri
twitterfacebook
thumb

大迫ケルン、ニースからフランス人MFコジエロ獲得!

▽ケルンは16日、ニースからフランス人MFヴァンサン・コジエロ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は41に決定。契約期間は2022年6月30日までとなる。 ▽育成の名門カンヌ出身のコジエロは2014年にニースに加入。168cmと小柄ながらも卓越した戦術眼とパスセンスを併せ持つセントラルMFは、加入2シーズン目にリーグ戦35試合に出場し3ゴール4アシストの活躍を披露。本格ブレークを果たすと、その後も同クラブの主力MFとして活躍している。 ▽ケルンでゼネラル・マネジャーを務めるアルミン・フェー氏は、「ヴァンサンは私のトップターゲットだった。彼は中盤の複数ポジションをこなすことができ、我々に多くの可能性を与えてくれるはずだ」と、コジエロの加入に満足感を示している。 ▽また、海外リーグ初挑戦となるコジエロは新天地での意気込みを語っている。 「ケルンは僕の獲得に強い熱意を示してくれた。僕たちは何度も話し合いを行い、ここで必ずうまくやれると感じたんだ。強いリーグに身を置くビッグクラブへの加入になったけど、まずはできるだけ早くプレーし、チームの目標を達成する助けとなれることを願っているよ」 ▽なお、ドイツ『ビルト』の伝えるところによれば、今回の移籍金は350万ユーロ(約4億7000万円)ほどとなった模様だ。 2018.01.17 02:31 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース