ディバラが負傷離脱 最低1カ月アウトか2018.01.08 11:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは7日、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの負傷離脱を発表した。▽ディバラは6日に行われたセリエA第20節のカリアリ戦(1-0でユベントスが勝利)に先発。だが、後半早々に右足を痛め、涙を浮かべながらMFドグラス・コスタとの交代でピッチを後にした。

▽ユベントスの発表によれば、ディバラは検査の結果、右ハムストリングに軽度から中程度の損傷を確認。直ちにリハビリを始め、今後も状態をチェックしていくという。

▽なお、『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、ディバラは最低でも30〜40日間の離脱を余儀なくされる見通しだ。

▽ディバラは、今シーズンのここまでセリエA19試合に出場。得点ランキング3位の14ゴールの活躍を披露している。

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウド弾もユベントス、ジェノアに引き分けて開幕からの連勝が8でストップ《セリエA》

▽ユベントスは20日、セリエA第9節でジェノアをホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽前節ウディネーゼ戦をベンタンクールの加入後初弾とC・ロナウド弾で快勝して開幕8連勝としたユベントスは、3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦を控える中、ディバラやキエッリーニをベンチスタートとし、C・ロナウドやマンジュキッチ、ピャニッチらを先発で起用した。 ▽今季ここまで9ゴールを挙げて得点ランク首位を快走するピョンテク擁する10位ジェノア(勝ち点12)に対し、[4-3-3]を採用したユベントスは、3トップに右からクアドラード、マンジュキッチ、C・ロナウド、中盤アンカーにピャニッチ、インサイドにベンタンクールとマテュイディを配した。 ▽そのユベントスが10分にC・ロナウドが枠内シュートを浴びせると、14分にはクアドラードの右クロスにC・ロナウドがヘディングで合わせるも、シュートは右ポストを直撃した。 ▽それでも18分、CKの流れからボックス左に侵入してカンセロが放ったシュートのルーズボールを、ゴールエリア右に詰めていたC・ロナウドが押し込んでユベントスが先制した。 ▽続く23分にもC・ロナウドが右サイドからのクアドラードのアーリークロスに合わせる決定機を迎えたが、GKの好守に阻まれる。ハーフタイムにかけてもジェノアに付け入る隙を見せなかったユベントスが1点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、52分にピョンテクのミドルシュートでゴールを脅かされたユベントスは、56分にもCKからピョンテクに際どいヘディングシュートを浴びせられる。 ▽ひやりとしたユベントスは59分にクアドラードに代えて出場停止明けのドグラス・コスタを投入。 ▽しかし67分、隙を見せた流れから同点に持ち込まれる。クリアボールがゴールラインを割らず、右サイドからクアメに入れられたクロスをベッサに頭で叩き込まれた。 ▽失点後、C・ロナウドのヘディングシュートで勝ち越しゴールに迫ったユベントスは、マテュイディに代えてディバラを投入。そのディバラにボールを集めて打開を図るも、チャンスは生み出せずに1-1のまま終了。開幕からの連勝は8でストップした。 2018.10.21 02:56 Sun
twitterfacebook
thumb

ブッフォン、CL決勝でのユーベとの対決に拒否反応「元同僚の涙と引き換えの優勝は嫌だ」

パリ・サンジェルマンに所属するGKジャンルイジ・ブッフォンが、19日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じた。古巣ユベントスなどについて語っている。l<br><br>40歳のブッフォンは今夏、17年間にわたり所属したユベントスを退団し、PSGで新たなキャリアを築いていくことを決断した。「5年前よりも強くなったと感じている。1週間経って、衰え始めた選手が来たのではないことを理解してもらえた。自分の知識を活かし、チームの成長につなげていきたい」と意気込む。<br><br>一方、古巣のユベントスに別れを告げたことについて後悔はないと口にするものの、チャンピオンズリーグ(CL)決勝での対戦は避けたいと考えている。<br><br>「後悔もなければ失望もない。かなり前から僕とユベントスとで一緒に計画してきたことであり、別れに至るまでのプロセスは完璧だった。CL決勝がPSG対ユベントスになったら? それは嫌だね。僕の喜びが、元同僚やユーベのサポーターの涙と引き換えになるなんてね。これまで何度も一緒に泣いてきたから、心置きなく喜べる状況になってほしいものだ。もしどうしてもユベントスと対戦しなければならないとしたら、決勝より前に当たりたい」<br><br>■イタリア代表復帰の可能性はゼロ?またブッフォンは、新生イタリア代表の指揮官ロベルト・マンチーニから招集の可能性を示唆されていたことを明かした。だが招集が実現する可能性はほぼないと断言している。<br><br>「マンチーニからは、『緊急事態が起きた場合、招集してもよいか』と連絡を受けたので、『シー(はい)』と答えた。だがその必要はないだろう。(ジャンルイジ)ドンナルンマの控えには、(マッティア)ペリン、(サルヴァトーレ)シリグがいる。それに(アレッシオ)クラーニョも成長しているし、(アレックス)メレットも復帰するだろう。アッズーリで僕の姿を見る可能性は低い?可能性はないだろう」<br>提供:goal.com 2018.10.20 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ハメス巡りナポリvsユーベ?

▽バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)にナポリとユベントスが興味を深めているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽昨夏にレアル・マドリーから2年間のレンタル契約でバイエルン入りしたハメス。ニコ・コバチ体制発足の今シーズンは、ここまで8試合2得点2アシストをマークしているが、3回の先発機会しか与えられていない。その状況により、最近の報道によれば、ハメスの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏が移籍に向け、他クラブへの売り込みを開始したとも。ナポリとユベントスは、ハメスの移籍が熱を帯び次第、獲得交渉に乗り出すという。 ▽ナポリは現在、ハメスのレアル・マドリー時代の恩師であり、バイエルンに呼び寄せたカルロ・アンチェロッティ監督が指揮。ユベントスは、今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの移籍成立により、同選手を顧客に持つジュルジュ・メンデス氏と良好な関係にある。 2018.10.19 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

イグアイン、ミラン移籍の真実…「ユーベが追い出した」

▽ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(30)がユベントス退団の真実を明かした。 ▽イグアインは2016年夏、ナポリからユベントスに移籍。だが、今夏にレアル・マドリーからユベントス入りしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに押し出される形でミランに活躍の場を移した。 ▽このユベントス退団を巡り、様々な憶測が取り沙汰されるイグアイン。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』に対して、その当時の舞台裏について次のように語った。 「コッパ・イタリア決勝の日から何かが壊れてしまったように感じる」 「そして、彼らはロナウドを獲得した。移籍は僕じゃなく、彼らの決断だ。僕はユベントスに全てを注ぎ、たくさんのトロフィー獲得に貢献した」 「だが、クリスティアーノがやってきた。さらなる質の向上を望むクラブが僕に移籍を求めてきたから、ミラノを選んだ。それが最高の解決策だった」 「(ユベントスに復讐?) そんなことは全く考えていない。ファンやチームメートを含め、僕に良くしてくれたクラブだから愛情しかない」 「だから、僕から移籍を志願したわけじゃない。みんなが話しているように、彼らが僕を追い出した格好だよ」 2018.10.19 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントス、A・サンドロ後釜にマルセロorジョルディ・アルバ?

▽ユベントスが、レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロ(30)か、バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)を獲得する可能性があるようだ。イタリア『Tuttosport』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽ユベントスは左サイドバックを務めるブラジル代表DFアレックス・サンドロとの契約延長が難航している。そのA・サンドロに代わる選手としてリストアップされているのが、スペインの二大巨頭に籍を置くマルセロとJ・アルバだという。 ▽トップターゲットと見られている前者は、今夏ユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドを追ってビアンコネロ入りするのではないかとの憶測が出ている。しかし以前、マルセロは「多くの馬鹿げた話を耳にした。僕は引退するまでここにいる」として、マドリーに忠誠を誓っていた。 ▽一方、後者はバルセロナとの契約が2020年夏までとなっているものの、未だ契約延長の話は出ていない。本人は「クラブの決定に依存することだけど、僕はバルセロナを離れたくない」とコメントしていたが、なかなか新契約を提示してこないクラブに少なからず不満を感じているようだ。 2018.10.18 20:50 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース