カジェホン、リーグ9戦ぶりのゴールでセリエAスペイン人最多ゴールを更新!2018.01.08 00:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリに所属するスペイン代表FWホセ・カジェホンがセリエAスペイン人最多得点記録を樹立した。

▽カジェホンは6日に行われたセリエA第20節のヴェローナ戦(2-0でナポリが勝利)に先発出場すると、1-0で迎えた78分にリーグ戦9試合ぶりとなるシーズン6ゴール目をマークした。

▽これにより、カジェホンのセリエA通算得点数は52ゴールに。かつてインテルやサンプドリアでプレーし、1960年にはバロンドールを獲得した元スペイン代表FWルイス・スアレス・ミラモンテス氏の持つセリエAスペイン人最多ゴール記録(51ゴール)を更新した。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリがファビアン・ルイス&ザルツブルクDF獲得に迫る 会長が主力2選手の退団の可能性についても言及

▽ナポリが2人の若手逸材の獲得に近づいているようだ。同クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長がイタリア『Corriere dello Sport』で語った。 ▽新シーズンからカルロ・アンチェロッティ監督が指揮を執るナポリでは、バンディエラであるスロバキア代表MFマレク・ハムシク(30)とイタリア代表MFジョルジーニョ(26)の2選手の今夏退団が濃厚に。とりわけ、ジョルジーニョのマンチェスター・シティへの移籍が迫っている。 ▽この状況を受けて、クラブはベティスで今季ブレイクを果たしたスペイン人MFファビアン・ルイス(22)と、RBザルツブルクでプレーするオーストリア代表DFシュテファン・ライナー(25)の獲得に迫っているようだ。 ▽デ・ラウレンティス会長は2選手の獲得が近づいていることを認めている。 「我々はファビアン・ルイスに関してすべての詳細が詰め終わるのを待っているだけだ。また、ミラノでライナーと会ったことを否定するつもりはない。現時点で話し合いの最中だ」 ▽なお、ファビアン・ルイスはアトレティコ・マドリーMFサウール・ニゲスを彷彿とさせる189cmの大型レフティ。今季はリーグ戦34試合に出場し3ゴールを記録。優れたパスセンスと球際の強さ、運動量を武器とするインテリオールだ。ナポリはジョルジーニョの後釜として同選手の契約解除金を支払う構えだ。 ▽一方、日本代表MF南野拓実の同僚であるライナーは今季の公式戦55試合に出場し2ゴール11アシストを記録。本職はサイドバックながらも右サイドの全ポジション、セントラルMFでも起用可能なクレバーな選手。とりわけ、右足のキック精度には定評がある。移籍金に関してはザルツブルク側が1000万ユーロ(約12億8000万円)を要求している模様だ。 ▽また、デ・ラウレンティス会長は中盤の主力2選手の去就や今夏の補強プランに関しても言及している。 「我々には2人のゴールキーパーと守れるサイドバックが必要だ。さらにジョルジーニョとマレク・ハムシクが退団すると、我々は2人の新たなミッドフィルダーも必要になる」 「ハムシクに関しては先日に代理人を伴って私の自宅でディナーを共にし、その場で彼らは中国のクラブとコンタクトを取っていることを伝えてきた。ただ、以降いかなるオファーも受けていない」 「ジョルジーニョに関してはマンチェスター・シティの首脳陣と話し合いを行った。我々は合意に達する必要があるが、交渉は一歩ずつ進んでいる。まもなく合意に達すると言って問題はないだろう」 2018.06.16 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

名将アンチェロッティがW杯優勝国を予想「大抵同じ顔ぶれだが、本命は…」

ナポリの指揮官に就任したカルロ・アンチェロッティが、&ldquo;ワールドカップ・アンド・エコノミックス2018&rdquo;のイベントに出席し、ロシアW杯の優勝国を予想した。イタリア『メディアセット』など複数メディアが11日、報じている。<br><br>W杯には選手として2度、アシスタントマネージャーとして1度、参加しているイタリア人の名将は、今年の大会優勝国を予想した。<br><br>「優勝国は、大抵同じ顔触れだ。スペインとブラジルが有力だが、私はブラジルの可能性が高いと考える。新監督のチッチが、非常に強固な守備を築いた。それが持ち前の素晴らしい攻撃能力に加わることを考慮すれば、本命の優勝候補であると言える。その後ろは、フランス、ドイツ、アルゼンチンあたりになるだろう。ただ今年、イタリアがいないのは残念だ」<br><br>続いてアンチェロッティは、ロシアW杯のダークホースを予想している。ただEUROのように、ダークホースが優勝を果たす可能性は低いと主張する。<br><br>「サプライズ? ダークホースになりうるのは2チーム。プレミアリーグでプレーする選手が多いベルギー、そして経験とクオリティがうまくミックスされたクロアチアになるだろう。ただ決勝では、サプライズは起こらないと思う。EUROと比較すると、W杯では大抵有力候補が優勝している。ギリシャ(EURO2004)やポルトガル(EURO2016)のように、ダークホースが優勝するのを見届けることは難しいだろう」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.13 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、伊代表FWヴェルディと5年契約…推定移籍金32億円

▽ナポリは11日、ボローニャに所属するイタリア代表FWシモーネ・ヴェルディ(25)の加入を発表した。契約期間は5年。『フットボール・イタリア』によれば、移籍金は2500万ユーロ(約32億4000万円)程度とみられる。 ▽ミラン下部組織出身のヴェルディは、これまでトリノやユーベ・スタビア、エイバル、カルピでプレー。2015-16シーズンにミラン復帰を果たしたが、アピールならず、2016年夏からボローニャに活躍の場を求めた。 ▽すると、そのボローニャでブレイク。今シーズンは昨年11月4日に行われたセリエA第12節のクロトーネ戦で両足からFKをゴールを決める離れ業を披露するなど、リーグ戦34試合10得点10アシストをマークした。 2018.06.12 08:10 Tue
twitterfacebook
thumb

カンナバーロ監督、ハムシク獲得を否定「ナポリの妨げにはならない」

▽ナポリMFマレク・ハムシクが、広州恒大へ移籍することはなさそうだ。ファビオ・カンナバーロ監督が、同選手の獲得を否定した。『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽カンナバーロ監督は、「ハムシクは偉大な選手だが、ロマンチックで感傷的な側面がある。ナポリから選手を獲ることはないね。彼らの妨げになることはない」と断言。ハムシクの獲得を否定した。 ▽31歳のハムシクに対しては、中国から高額オファーが届いていると言われている。選手も中国行きに前向きとみられているが、カンナバーロ監督はナポリ出身でナポリは心のクラブ。ナポリとの関係悪化は望んでいないそうだ。 2018.06.12 04:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ会長、ジョルジーニョ移籍は「もうすぐ決まる」

▽ナポリのイタリア代表MFジョルジーニョ(26)のマンチェスター・シティ移籍は近いようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽シティの熱烈なオファーにもかかわらず、両クラブが要求する移籍金の隔たりから、なかなか進展しなかったジョルジーニョ移籍問題。だが、ようやく終結の時が来たようだ。 ▽移籍金3000万ユーロ(約38億8000万円)から始まった今回のオファー。現在はボーナスを含めて5500万ユーロ(約71億1000万円)までシティは引き上げたようで、両クラブが納得するポイントまで近づいているという。ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長も認めている。 「我々は金銭の面でまだ決定的な合意には達していないが、まもなく終了するだろう。数日のうちに契約をまとめることは可能だ。交渉の余地はあるが、我々はシティのリーダーたちと良い関係を築けているよ」 2018.06.11 14:20 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース