乾貴士、スペイン紙『アス』からラス・パルマス戦の「ダンディー」な選手に選出される2018.01.08 00:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
6日のリーガエスパニョーラ第8節、エイバルはアウェーでのラス・パルマス戦に2-1で勝利した。MF乾貴士がこの試合で見せたプレーは、スペインメディアからも称賛されている。

いつも通り左サイドで先発出場を果たした乾は、積極的に攻撃に関与して強烈な存在感を放った。『アス』は採点で、日本代表MFに対してDFホセ・アンヘルと並びこの試合最高タイとなる3点満点を与え、さらには『エル・ダンディー』の称号も与えている。

『アス』は各試合レポートにおいて、4つの称号を各選手に与えている。その4つの称号は、MVPの「エル・クラック(名手)」、悲惨な目にあった選手に与える「バジャ・ディア(何て日だ)!」、厳しいプレーを見せた選手に与える「エル・ドゥロ(厳しい、激しい、非情)」、そしてMVPではないが際立っていた選手に与える「エル・ダンディー」だ。

『アス』は、乾を「エル・ダンディー」に選出した理由を次のように記している。

「その凄まじいプレーを完全無欠にするために欠けていたのは、ゴールだけだった。彼は短剣だ」


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース