吉田フル出場のセインツ、フルアムにシャットアウト勝ち《FAカップ》2018.01.07 04:29 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サウサンプトンは6日、FAカップ3回戦でフルアムとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場している。

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)で10位に位置するフルアムとのFAカップ初戦に向けてサウサンプトンは最前線にロング、2列目に右からワード=プラウズ、デイビス、ブファルと並べた。

▽吉田が[4-2-3-1]の左センターバックでスティーブンスとコンビを組んだサウサンプトンがボールを保持する流れで試合は推移していく。

▽慎重な展開で試合が進み、互いにシュートシーンが生まれない中、29分にようやくサウサンプトンはデイビスのシュートでゴールに迫ると、直後に先制する。吉田のロングフィードを起点にボックス内でルーズとなったボールをワード=プラウズが左足でゴール右へ流し込んだ。

▽続く33分にはブファルが個人技で左サイドゴールライン際を突破してシュート。しかし、GKにセーブされた。ハーフタイムにかけてはサウサンプトンが自陣に引いてフルアムの攻撃を抑え、1点をリードして前半を終えた。

▽迎えた後半、54分にサウサンプトンが追加点に迫る。ロングの右クロスをホイビュルクが受けてシュート。しかし、GKの守備範囲に飛んでゴールとはならなかった。

▽その後もサウサンプトンは自陣に引いてフルアムの攻撃を抑え込んでいく。すると74分に追加点のチャンス。ワード=プラウズの右CKからニアの味方が逸らしてスティーブンスがヘッド。しかし、バーに直撃した。

▽終盤にかけてフルアムの攻勢を凌いだサウサンプトンが1-0でシャットアウト。4回戦へ進出している。

コメント

関連ニュース

thumb

痛恨PK献上の吉田麻也「ピッチで良いものを見せるしかない」《国際親善試合》

▽日本代表は8日、国際親善試合のスイス代表戦に臨み、0-2で敗れた。 ▽試合後、DF吉田麻也がメディア陣のインタビューに応対。自身が与えたPKの場面について触れ、「ピッチで良いものを見せるしかない」と気を引き締めた。 ◆DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) ──PKを与えたシーンについて 「止めるならボックス外で止めるべきでした。残り時間も少しのところで、締めなきゃいけないという話もしてたんですが…。個人のミスなので改善できるとは思いますが、チームとしてビハインドになった時の戦い方も話さなければいけません」 ──敗戦を受けて 「やれたところも沢山あったんじゃないかなと思います。後はビハインドの時にどう攻めるのか、どう守るのか、どうプレッシャーをかけるのかというところは皆で共通意識を持ってやらないと。途中から入ってきた選手は前からプレスに行きたいですし、後ろの選手はまだもう少し我慢して欲しい状況。最後のハイプレスをかける時間も、もう少し話し合って確認しないといけないと思います」 ──前からハメていく守備について 「前半は凄く良かったと思いますが、後半はビハインドになってから選手が入れ替わって、どんどんハイプレスで行くようになって、残り10分くらいはかなり試合がオープンになってしまいました。点が取れる可能性も、やられる可能性もありましたし、結局3試合の中で、そういう戦い方を3試合できるのかということを考えなければいけません」 ──攻撃面での収穫について 「深いところを抉れる回数も結構多かったのですし、そこからクロスの狙いは前の試合より確実に良くなったと思いますが、どのチームもレベルが高い相手はニアの所は必ず見てきます。そうなった時にマイナスなのか、ボランチに一回当ててからの崩しなのかというアイデアがまだ見出せていません。そこも守備と同じように話し合わなければならないと思います」 ──攻撃に緩急をつける必要があるのでは 「後半はボールを取れるが、やられる可能性もあり、どっちに転んでもおかしくはない展開になってしまいました。もう少し厚みのある攻撃ができるようにしていかないと、行って、真ん中で取られて、カウンターくらって。これは予選の時もありましたが、サウサンプトンと凄く似ていて、前の攻撃の形が上手く作れず後ろがバランスを保てずに失点してしまうという状況でした。そこは早く改善しなければならないなと思います」 ──収穫と課題、どちらが多かった試合だとみるか 「もちろん課題です。負けていますし、課題は多いと思います」 ──本大会まであと10日間、選手目線で準備の状態はどうか 「やるべきことはたくさんあると感じています。何より試合に勝っていないので、次のパラグアイ戦で勝って大会に臨みたいなと」 ──セットプレーについての課題、収穫はあるか 「練習場がオープンなのでまだ細かいことはやれていません。本来はもう少し色々なことを試したいのだろうと思います。2点目を取られる前のセットプレーなんかは僕個人的には入れられたんじゃないかなと思いますし、あれが入っていれば1対1で状況も変わっていました。やはりレベルの高いチームはカウンターが非常に上手いので、そこをどう早い段階で食い止めるかというのも大事だと思っています」 ──今後は4バックが基本か 「ベースはそうだと思います。状況に応じて3バックのオプションも持っているということかと」 ──2失点共にカウンターからだが、対策をどうするか 「これはもう予選の時からそこで危ないシーンというのがあって、もう少し早めに芽を摘むというか、プロフェッショナルファールというか。鼻の利くプレーをしなければいけないのかなとも感じます。でも結果が出ていないので、喋っても説得力がありませんし言い訳に聞こえるでしょうから、ピッチで」 ──自信を失うのが最も良くないのでは 「そうですね。おっしゃる通りです。なのでピッチで良いものを見せるしかないと思います。あまり喋っても説得力がありませんし、仕方ないかなと」 2018.06.09 22:15 Sat
twitterfacebook
thumb

DF吉田麻也、代表での初3バックのテーマは「連動性・マークの受け渡し・ポジショニング」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は29日、翌30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて試合会場の日産スタジアムで最終調整を行った。 ▽トレーニング終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がミックスゾーンでメディア陣による質疑に応答。ガーナ戦での3バックの守備において「動きの連動性とマークの受け渡し、ポジショニング」をテーマに挙げた。 <span style="font-weight:700;">◆DF吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">──代表での3バックはどうか</span> 「試合をやってみないとわからないですね。僕自身もいつもやっているポジションとは違いますし、メンツも違います。そうなれば多少やり方も変わってきます。練習でいくらシュミレーションしても、狭いピッチでのことですし、試合になれば全く違うと思います。そういう意味で明日は非常に貴重なチャレンジするチャンスだと思います」 <span style="font-weight:700;">──明日3バックで確認したいこと</span> 「守備に関しては動きの連動性とマークの受け渡し、ポジショニングですね。攻撃に関しては、ボールの出しどころをいくつ作れるか、形をいくつ作れるかというのは大事になってきます。1試合で判断することは難しいですけど、まずは練習でやろうとしていることを試合でできるかどうかが大事になると思います」 <span style="font-weight:700;">──マンチェスター・シティの映像も観たと聞いたが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がやってきたことから新たなサッカーにトライすることを選手たちはどう捉えているか</span> 「シティだけでなく、監督が理想とするシーンをいくつか抜粋して観ました。監督が変わったからやり方がガラッと変わるという訳ではなく、今までの良いところは継続されます。時には縦への速さを出すことや、1対1で強さを見せることも継続していくべきです。それはハリルホジッチ監督、(ハビエル・)アギーレ監督、(アルベルト・)ザッケローニ監督の時の日本代表からずっと積み重なって力になっています。非常に前向きに捉えることができていると思います」 <span style="font-weight:700;">──西野朗監督は、選手たちも変わってきていると言っていたが</span> 「大きく変わったのは、一方的にやり方を聞いてそれをトライするだけでなく、双方の意見を取り入れつつディスカッションしながら作り上げていくというところですね」 2018.05.29 23:59 Tue
twitterfacebook
thumb

吉田麻也のサウサンプトン、マーク・ヒューズと新たに3年契約

▽日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは25日、マーク・ヒューズ監督(54)と新たに3年間の契約を締結したことを発表した。 ▽ヒューズ監督は、今年3月にマウリシオ・ペジェグリーノ前監督の退任を受けてシーズン途中からサウサンプトンを指揮。今シーズンいっぱいの契約の中で、降格の危機に瀕するチームを見事に残留に導いた。 ▽来シーズンもサウサンプトンを率いることになったヒューズ監督は、「スタッフ、選手はクラブに値する成功を掴むために日々精進する。みんなが一丸となり、目標を成し遂げたい」とコメントしている。 2018.05.26 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

失意のコロンビア戦から4年…吉田麻也「だからこそイングランドでプレーしてきた」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がメディア陣の質疑に応対。日本代表は4年前のワールドカップ(W杯)グループステージ最終戦で苦渋を舐めたコロンビア代表と今大会の初戦でぶつかる。苦い思い出の残る相手について問われると、「日ごろの積み重ねがW杯の戦いに出てくる。そこを意識してやってきたし、だからこそイングランドでプレーしてきた」と語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">──西野朗監督が3バックを採用した場合の対応について</span> 「守備に関して、3枚なのか、4枚なのかで全然違う。今、何を変えなきゃいけないかを問われると、ありすぎて…。誰がぷれーするかにもよる。3バックなのか、5バックなのかでも変わってくる。やってみないとわからない」 <span style="font-weight:700;">──W杯での守備の仕方について</span> 「コロンビアに限らず、どのチームに対してもスペースを与えず、コンパクトな守備で粘り強く守ることが大事。W杯だからじゃなくて、日ごろの積み重ねがW杯の戦いに出てくる。そこを意識してやってきたし、だからこそイングランドでプレーしてきた。いつもどおりやるだけ」 <span style="font-weight:700;">──W杯の初戦はコロンビア代表が相手。MFハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)が要注意選手になるが</span> 「状況が違う。3試合目だったし、僕らは勝ちにいかないといけなかった。当時は後半になって、数的同数で守備して、スペースも与えて、自由にやらせてしまった。今回は1試合目。条件が違う。互いに固さもあるだろうし、難しさもあると思う。より拮抗した試合になる。もちろん、ハメスに対して、スペースに与えない、自由を与えないことが大事になってくる」 2018.05.22 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

結束へ…DF吉田麻也、ガーナ戦は「いつもの親善試合以上に勝ちへのこだわりが大事になる」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は21日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がメディア陣による質疑に応対。ガーナ戦が「いつもの親善試合以上に勝ちへのこだわりが大事になる」と今後チームがまとまっていく上で重要な一戦になると主張した。 <span style="font-weight:700;">◆DF吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">──ガーナ戦の位置づけについて</span> 「メンバー発表前最後の試合ですけど、まだまだチームを作り上げていかなくてはいけない段階です。とにかくアピールはもちろん、良い雰囲気でオーストリアでの合宿に入っていけるようにまずは勝たなくてはいけません」 「勝てばチームというのはまとまりやすくなりますし、同じ方向に進みやすくなります。最初につまづくと苦しくなるので、いつもの親善試合以上に勝ちへのこだわりが大事になってくると思います」 <span style="font-weight:700;">──メンバー的にもよく知っているメンバーだと思うが</span> 「そこはそんなに心配していないです。やり方が変われば、多少ルールも変わります。守備のところから始まると思いますけど、今自分自身はコンディションをもう一度作り上げることに集中しています」 <span style="font-weight:700;">──パスの出し手としても心配はないか</span> 「心配してないですね。感覚的な部分ですり合わせはそんなに難しくないと思います」 2018.05.21 23:49 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース