ボヌッチの幸運弾でミランがリーグ戦4試合ぶり勝利《セリエA》2018.01.07 01:06 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは6日、セリエA第20節でクロトーネをホームに迎え、1-0で勝利した。▽前節フィオレンティーナ戦を守護神ドンナルンマの好守連発と、途中出場のチャルハノール弾で辛くも引き分けた10位ミラン(勝ち点25)は、フィオレンティーナ戦のスタメンからボリーニとモントリーボに代えてチャルハノールとビリアを起用した。

▽前節ナポリに0-1と惜敗した18位クロトーネ(勝ち点15)に対し、[4-3-3]を採用したミランは3トップに右からスソ、クトローネ、チャルハノール、中盤アンカーにビリアを据えた。

▽開始1分にスソが枠内シュートをマークしたミランだったが、自陣に引くクロトーネを相手にサイドからクロスボールを入れていったものの、チャンスを生み出すことはできない。

▽そんな中25分、ミランに最初の決定機が訪れる。ショートカウンターに転じてチャルハノールがドリブルでボックス左に侵入。左足でシュートに持ち込むも、GKコルダスにセーブされてしまう。

▽前半半ば以降も攻めあぐねたミランだったが40分、右サイドからカラブリアの上げた好クロスにボナヴェントゥーラがヘディングシュート。しかし、枠の右に外してしまう。さらに41分、ビリアの左足ミドルはGKコルダスの好守に阻まれ、直後のスソの右サイドからのカットインシュートもGKコルダスに弾かれて左ポストを直撃し、ゴールレスで前半を終えた。

▽迎えた後半もミランがボールを保持する流れとなると、54分に均衡を破った。チャルハノールの左CKをGKコルダスがパンチングでクリアにかかるも、ルーズボールがボヌッチの頭に当たってゴールに吸い込まれた。

▽ボヌッチの幸運なゴールで先制したミランはさらに59分、CKの流れからボックス右のケシエがゴールへ蹴り込んで追加点を奪ったかに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってケシエのファウルを取られ、ゴールが取り消された。

▽突き放せなかったミランは64分にピンチ。トロッタにボックス左へ侵入されてシュートに持ち込まれたが、GKドンナルンマがファインセーブで凌いだ。

▽守護神の好セーブでリードを保ったミランは、クトローネに代えてカリニッチを投入。89分のボナヴェントゥーラのコントロールシュートはGKコルダスのビッグセーブに阻まれ、追加点を奪えなかったが、1-0で逃げ切り。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

ピルロ氏、ミラノ・ダービーについて見解…両エース比較も

▽元イタリア代表アンドレア・ピルロ氏が、21日に行われるセリエA第9節インテルvsミランのミラノ・ダービーについて見解を示した。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽セリエA第9節が20日から22日にかけて行われる。その中で最も注目なのが、3位・インテル(勝ち点16)と、10位・ミラン(勝ち点12)が激突するミラノ・ダービーだ。 ▽そんな中、現役時代にインテルとミランの両クラブに在籍していたピルロ氏が伝統の一戦について見解を述べている。 「どちらが勝つかだって? それは分からない。ただ、言えることがあるとすれば、美しい試合になるということだね。とても均衡した試合になるはずだよ」 「(ミランのFWゴンサロ・イグアインとインテルのFWマウロ・イカルディのエース対決について)2人は全く違うタイプのフォワードだよ。イカルディはボックス内においてのプレーは世界でもトップクラスの1人だ。一方でイグアインは万能で、チームを活性化させる方法を知っている。2人とも偉大な選手だよ」 「(ルチアーノ・スパレッティ監督とジェンナーロ・ガットゥーゾ監督、どっちを好む?)ミランの監督の方かな」 「(自身が好きなダービーは?)ミラノ・ダービーはたくさん経験したね。勝った試合もあれば、負けた試合もあるね。その中でも1つ選ばなくてはいけないとすれば、2002-03シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝セカンドレグで引き分けた試合(1-1のドロー)かな」 2018.10.18 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

元ミランSD、昨夏の取引を後悔「ドンナルンマ兄弟をセットで獲るべきでなかった」

7月までミランのSD(スポーツディレクター)を務めていたマッシミリアーノ・ミラベッリ氏が、イタリアメディア『7ゴールド』のインタビューに応じ、ミランの移籍市場について語った。<br><br>ミラベッリ氏は昨年4月、リー・ヨンホン氏率いる中国グループの下でミランのSDに就任。在任中の昨夏には、DFレオナルド・ボヌッチの電撃移籍を実現させるなど大型補強を敢行し、注目を集めた。元ミランSDはまず、わずか1年3カ月で幕を閉じた前体制を振り返った。<br><br>「リー氏の退陣は奇妙だったし、ミランが買収されてから、これほど短期間で譲渡されたのも同様に奇妙だった。コミュニケーションが取れず、私もオーナーのことはほとんど知らなかった。だが送金は最後の1回を除いて常に届いていた」<br><br>■ボヌッチのユーヴェ復帰に愕然続いてミラベッリ氏は、2017年の移籍市場について言及。当時、ミラン移籍の可能性が報じられていた下部組織出身のFWピエール・エメリク・オーバメヤンや、自身がユヴェントスから引き抜いたものの1シーズンで古巣へ戻ったボヌッチについて語った。<br><br>「オーバメヤンのことは悔やんでいる。彼なら我々の力になってくれたはずだ。ボヌッチについて正直に言うと、彼はミランでキャリアを終えるだろうと思っていた。我々はそのために移籍を実現させたんだ。私が去ってから、何が起こったのかは分からない。我々の下では、彼は王者として相応しい振る舞いをしていた。練習には常に最初に来て、帰るのも最後だったよ」<br><br>■ライオラ&ドンナルンマ兄弟との取引は&hellip;またミラベッリ氏は昨夏、GKジャンルイジ・ドンナルンマの契約延長と合わせて、兄であるGKアントニオ・ドンナルンマを獲得したことを後悔している。<br><br>「ジージョには破格の年俸を設定することになったが、ご存知のように一筋縄にはいかない代理人(ミーノ・ライオラ氏)が相手だったので、我々の敗北とも言えないだろう。手数料は省いてもらえたしね。ただ過去に戻れるとしたら、ドンナルンマ兄弟を2人とも獲得することはしないだろうね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.17 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

日本戦急きょ出場回避のヴェシーノ、今週末ミラノ・ダービー出場可能か

▽インテルに所属するウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノにミラノ・ダービー出場の可能性が浮上した。 ▽今シーズンもここまで公式戦9試合(1得点2アシスト)に出場するなど、インテルで主力として活躍を続けるヴェシーノ。今月の代表ウィークにアジア遠征に臨むウルグアイ代表にも選ばれ、12日に行われた国際親善試合の韓国代表戦(1-2でウルグアイ代表が敗戦)にスタメン出場した。 ▽そのヴェシーノは、16日に埼玉スタジアム2002で行われたキリンチャレンジカップ2018の日本代表戦(3-4でウルグアイ代表が敗戦)に向けた先発メンバー入りを果たしたものの、直前のウォームアップ中に右ハムストリングを負傷。急きょ先発メンバーから外れている。 ▽だが、『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、ヴェシーノの負傷程度は深刻なものではなく、先発から外れたのも大事をとってのことだった様子。ミラノに戻り次第、検査を受ける予定だが、21日に行われるセリエA第9節のミラン戦に出場できる見込みだという。 2018.10.17 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、ミラン獲得合意のパケタを強奪か

▽レアル・マドリーが、フラメンゴに所属するブラジル代表ルーカス・パケタ(21)の獲得を諦めていないようだ。スペイン『マルカ』の情報をもとにイタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽多くのビッククラブから関心が寄せられていたパケタ。しかし、11日にミランのスポーツディレクター(SD)を務めるレオナルド氏が、「フラメンゴとの基本的な合意に達している」と発言し、ミラン行きが確定的となった。また、公式発表はないものの、既報によると移籍金3500万ユーロ(約45億円)での合意となったようだ。 ▽しかし、関心を示していたマドリーはパケタ獲得を諦めず。ブラジルの同胞であるマルセロやヴィニシウス・ジュニオールが、説得を試みるという。 ▽フラメンゴ下部組織出身のパケタは、ブラジル人独特のしなやかさとテクニックを武器にオフェンシブMFを本職とするゲームメーカーだ。2016年には、トップチームに昇格を果たすと同時に2020年まで契約を延長。プロデビューを飾った昨シーズンはケガに泣き、リーグ戦17試合の出場に留まっていたが、今季はここまでリーグ戦25試合で9ゴールと躍動中だ。また、9月8日に行われたアメリカ代表との国際親善試合で、ブラジル代表デビューも飾った。 2018.10.17 14:06 Wed
twitterfacebook
thumb

幹部転身目指すカカー氏、ミランのフロント入りを希望「いつかSDとして働きたい」

元ブラジル代表のカカ氏が15日、ミラン公式チャンネル『Milan TV』のインタビューに応じ、自身の将来などについて語った。<br><br>カカ氏は現役時代、2003年から2009年にかけてミランに在籍し、チャンピオンズリーグ制覇など、&ldquo;ロッソネーリ&rdquo;黄金期を支えた。昨年12月にはMLSのオーランド・シティで現役引退を発表したカカ氏。現在は幹部への転身を目指しており、ミランのテクニカルスポーツ部門ゼネラルディレクターを務めるブラジル代表の先輩レオナルド氏から誘いを受けている。<br><br>「レオやパオロ(マルディーニ)と話しをした。友人たちがいるので、最近はミランにより近づけた気がする。だが子供が10歳と7歳なので、今はそばにいてやりたいと思う。スポーツ経営の講座を受講しているので、いつかミランで働くことができることを願っている。役職の希望はSD(スポーツディレクター)だが、現段階では連絡をとっているだけで、具体的な役職も挙がっていない」<br><br>続いてカカ氏は自身の現役時代を振り返りつつ、21日に行われるミラノダービーについて語った。<br><br>「ダービーの雰囲気は唯一無二だよ。同じ街に拠点を置く2クラブが対峙し、特別な試合になる。私はまさにインテル戦においてミランでの初ゴールを決めることができたので、本当にラッキーだった。私にとって得意技とは言えないヘディングだったのだがね。ダービーは常に多くのものを与えてくれる。誰もが心待ちにしている試合だ。(ゴンサロ)イグアインと(マウロ)イカルディの対決だけではなく、ミラン対インテルの戦いだ。両エースが試合を決める可能性はあるが、ダービーはどちらも負けられない2チームの戦いになる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.16 18:06 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース