ボヌッチの幸運弾でミランがリーグ戦4試合ぶり勝利《セリエA》2018.01.07 01:06 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは6日、セリエA第20節でクロトーネをホームに迎え、1-0で勝利した。

▽前節フィオレンティーナ戦を守護神ドンナルンマの好守連発と、途中出場のチャルハノール弾で辛くも引き分けた10位ミラン(勝ち点25)は、フィオレンティーナ戦のスタメンからボリーニとモントリーボに代えてチャルハノールとビリアを起用した。

▽前節ナポリに0-1と惜敗した18位クロトーネ(勝ち点15)に対し、[4-3-3]を採用したミランは3トップに右からスソ、クトローネ、チャルハノール、中盤アンカーにビリアを据えた。

▽開始1分にスソが枠内シュートをマークしたミランだったが、自陣に引くクロトーネを相手にサイドからクロスボールを入れていったものの、チャンスを生み出すことはできない。

▽そんな中25分、ミランに最初の決定機が訪れる。ショートカウンターに転じてチャルハノールがドリブルでボックス左に侵入。左足でシュートに持ち込むも、GKコルダスにセーブされてしまう。

▽前半半ば以降も攻めあぐねたミランだったが40分、右サイドからカラブリアの上げた好クロスにボナヴェントゥーラがヘディングシュート。しかし、枠の右に外してしまう。さらに41分、ビリアの左足ミドルはGKコルダスの好守に阻まれ、直後のスソの右サイドからのカットインシュートもGKコルダスに弾かれて左ポストを直撃し、ゴールレスで前半を終えた。

▽迎えた後半もミランがボールを保持する流れとなると、54分に均衡を破った。チャルハノールの左CKをGKコルダスがパンチングでクリアにかかるも、ルーズボールがボヌッチの頭に当たってゴールに吸い込まれた。

▽ボヌッチの幸運なゴールで先制したミランはさらに59分、CKの流れからボックス右のケシエがゴールへ蹴り込んで追加点を奪ったかに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってケシエのファウルを取られ、ゴールが取り消された。

▽突き放せなかったミランは64分にピンチ。トロッタにボックス左へ侵入されてシュートに持ち込まれたが、GKドンナルンマがファインセーブで凌いだ。

▽守護神の好セーブでリードを保ったミランは、クトローネに代えてカリニッチを投入。89分のボナヴェントゥーラのコントロールシュートはGKコルダスのビッグセーブに阻まれ、追加点を奪えなかったが、1-0で逃げ切り。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン、逆転で新シーズンのEL出場権獲得!1年間の出場停止処分が覆る

ミランが2018-19シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を逆転で獲得した。20日に正式に発表されている。<br><br>ミランは昨シーズンを6位で終え、ELの出場権を獲得。しかし昨夏、2億ユーロ(約260億円)以上にも及ぶ大型補強を敢行したことでFFP抵触を指摘され、欧州サッカー連盟(UEFA)により、今後1年間UEFA主催大会へ出場停止処分を科された。ミランは処分を不服とし、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に申し立てを行っており、19日に口頭弁論が行われた。そして、この申し立てによってCASは処分を覆し、新シーズンのEL出場権を付与することとなっている。<br><br>ミランは昨シーズンの途中にジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が就任。11月から5カ月間で見事な手腕を見せ、V字回復を果たした。新シーズンは最初からチームを率い、欧州でさらなる結果を残すことが求められる。<br><br>また、今回の判決で去就を決定する選手もいると伝えられており、その筆頭が主将を務めるDFレオナルド・ボヌッチ。パリ・サンジェルマンからアプローチをすでに受けていたが、残留へ傾くことになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、クルトワの代役はドンナルンマか…モラタとのトレードも?

▽チェルシーが、ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(19)を今夏の獲得リストに加えたようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽ベルギー代表GKティボー・クルトワをレアル・マドリーに引き抜かれる可能性が高いチェルシーは、その代役としてこれまでレスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルや、アーセナルのチェコ代表 GKペトル・チェフの復帰の噂が立っている。そこに加わりそうなのがドンナルンマだ。 ▽19歳ながらすでにイタリア代表デビューも果たし、若手GKの中ではナンバーワンの呼び声も高いドンナルンマ。所属先のミランは、昨夏の大型補強がファイナンシャルフェアプレー(FFP)に抵触し、欧州サッカー連盟(UEFA)により、今後1年間UEFA主催大会へ出場停止処分を科された。そのため、今夏には何人かの選手を売却する必要があり、チェルシーにドンナルンマ獲得のチャンスがあるといわれている。 ▽しかし、同時に『イブニング・スタンダード』は、同選手の代理人のミノ・ライオラ氏の存在が交渉を難しくさせると指摘している。過去にチェルシーが獲得し損ねたMFポール・ポグバやFWロメル・ルカクの代理人は彼が務めており、チェルシーとの関係はそれほどいいものではないようだ。 ▽チェルシーがドンナルンマに関心を寄せる一方で、ミランはチェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタの獲得を考えているようで、『ESPN』はこの2選手のトレードの可能性も報じているが果たして。 2018.07.20 17:44 Fri
twitterfacebook
thumb

EL剥奪危機のミランCEO、CAS裁判終え「できる限りを尽くした。自信はある」

19日、スイス・ローザンヌのスポーツ仲裁裁判所(CAS)において、ミランのファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反を巡る裁判が行われた。ミランのマルコ・ファッソーネCEOは終了後、イタリア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、コメントを残した。<br><br>ミランは昨夏、2億ユーロ(約260億円)以上にも及ぶ大型補強を敢行。しかし、FFP抵触を指摘され、欧州サッカー連盟(UEFA)により、今後1年間UEFA主催大会へ出場停止処分を科された。ミランは処分を不服とし、CASに申し立てを行っており、19日に口頭弁論が行われた。<br><br>裁判には、ファッソーネCEOやクラブの弁護士2名、さらに財務部門の責任者らのほか、中国資本からクラブを引き継いだエリオット・ファンドからもフランク・トゥイル氏ら代表者が出席した。新オーナーらは少なくとも2年間にわたるミランの再建プランを提示している。<br><br>ファッソーネCEOは裁判官の前で1時間半にわたり熱弁。同様のケースにおいて、インテルやマンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマンが厳しい処分を免れていることを指摘し、不公平であることを訴えた。また問題となった負債が第三者に対するものではなく、現在、筆頭株主となったエリオット・ファンドに対するものである点を強調し、理解を求めた。<br><br>ミランのCEOは10時間近くに及んだ口頭弁論の終了後、あらゆる手を尽くし、クラブ側の主張を訴えたことをインタビューで明かした。<br><br>「十分な時間が与えられており、裁判官らは注意深く耳を傾けていた。すべての側面から細かい点まで議論されており、判決を下すのに十分な材料は揃っているはずだ。自信はある。我々もできる限りを尽くしたが、さらにフランク・トゥイル氏の存在が、確実に我々の主張の後押しとなったと思う」<br><br>なお判決は20日にも下されることになるが、もしミランの主張が認められた場合、すでに出場権を得ていた来シーズンのヨーロッパリーグへの参戦が可能となる。一方、UEFAの決断が尊重されれば、来シーズン、UEFA主催大会へ出場することができない。<br><br>提供:goal.com 2018.07.20 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ボヌッチ、年俸13億円でPSGと個人合意か…

▽ミラン退団の可能性があるイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(31)がパリ・サンジェルマン(PSG)と個人合意に至ったようだ。イタリア『コリエレ・デロ・スポルト』が伝えた。 ▽昨夏にユベントスからミランに加わり、キャプテンシーとプレーでチームの根幹を担ったボヌッチ。どうやら以前から移籍先候補として有力視されているPSG行きが実現しようとしているようだ。 ▽『コリエレ・デロ・スポルト』よると、ボヌッチの代理人を務めるアレッサンドロ・ルッチ氏はPSGの首脳陣と会談を行い、年棒1000万ユーロ(約13億円)で基本合意したという。現在は、ミラン側がPSGから移籍金4000万ユーロ(約52億円)の獲得オファーを待っている状態のようだ。、 ▽なお、ボヌッチにはPSGのほかにマンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、チェルシーのプレミアリーグ勢が関心を示しているとみられる。 2018.07.20 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

モラタ、ミラン首脳陣と夕食…移籍に前向きか

▽チェルシーFWアルバロ・モラタ(25)は、ミランへの移籍を前向きに考えているという。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽ミランは昨年夏、モラタの獲得を狙っていたが、うまくいかなかった。だが、チェルシーからの移籍が噂される同選手に再び関心を示している。 ▽ミラン首脳陣は先日、ロンドンへ向かった。その際にモラタとディナーをともにしており、選手にイタリア復帰の意思があることを確認したという。モラタの妻もミラノ行きに良い感触を持っており、条件面についても問題はないそうだ。 ▽ただ、移籍金がミランにとっての障壁となるかもしれない。チェルシーは同選手に6000万ユーロ(約78億6000万円)ほどの値札をつけており、ミランにとって安い買い物ではない。クラブ間の交渉は進むだろうか。 2018.07.19 20:10 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース