山形がDFジャイロ・ロドリゲスの加入を発表! 190cm大型ブラジル人DF2018.01.06 13:58 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽モンテディオ山形は6日、ブラジル人DFジャイロ・ロドリゲス(25)の加入が決定したことを発表した。なお、正式契約はメディカルチェック後となる。▽ジャイロ・ロドリゲスは、190cm84kgの大型ディフェンダーだ。ブラジル出身だがブラジルのトップチームでの出場はなく、ブルガリアのボテフ・ヴラツァでキャリアをスタート。2017年7月からはイランのセパハンに加入しており、2017-18シーズンは公式戦8試合に出場していたものの、昨年11月22日からは無所属となっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

京都、U-18所属のGK北原一樹をトップチーム登録

京都サンガF.C.は23日、U-18所属のGK北原一樹(17)をトップチームに2種登録することを発表した。背番号は「36」を着用する。 北原は、御荘中学校から京都U-18に入団。身長191㎝、体重85㎏の長身GKだ。 2019.02.23 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

愛媛、オーストリア人DFの加入発表 「活躍している姿を」

愛媛FCは22日、オーストリア人DFムラデン・ユトリッチ(22)の加入決定を発表した。背番号「50」を着用する。 ユトリッチは身長184cm、体重85kgのDFで、ザルツブルク下部組織出身。オーストリア国内クラブを中心にプレーしてきた。愛媛加入決定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「初めまして、ムラデンユトリッチ です。愛媛FCの一員になれてとても光栄です。家族や故郷から離れることは簡単なことではありませんでしたが、チームの皆様が歓迎してくれたおかげで快適に過ごせています。少しでも早く言葉や文化を学び、チームに溶け込みたいです。早く愛媛FCの試合に出場して、私が活躍している姿を皆様にお見せできるよう頑張ります。Go Go 愛媛FC !!」 2019.02.23 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】東京V副将MF田村直也、町田の注目選手は「美容室が同じ…」《J2開幕戦前日会見》

FC町田ゼルビアと東京ヴェルディは22日、24日に行われる2019明治安田生命J2リーグ開幕節の『東京クラシック』を前に『2019明治安田生命J2リーグ開幕戦前日記者会見』を実施した。 今シーズンから下部リーグ(J2、J3)の露出拡大と集客を狙ってJリーグが導入したホーム開幕戦前の公式合同会見。町田の本拠地である町田市立陸上競技場で行われた同会見には町田から相馬直樹監督とMF井上裕大、東京Vからギャリー・ジョン・ホワイト監督とMF田村直也が出席した。 ホワイト新監督を迎えてクラブ創設50周年の節目のシーズンに悲願のJ1復帰を掲げる東京Vにおいて副キャプテンを務める育成出身の田村は、新体制におけるここまでの印象を語ると共にダービーマッチに向けて意気込みを語った。 ◆MF田村直也(東京ヴェルディ) ──対戦相手の町田の選手で気になる選手はいるか? 「ちょっと出るかはわからないですが、中盤の底あたりにすごくガツガツした選手(隣に座る井上)がいると思っているので、彼がすごくキーマンだと思っています。その彼に関しては美容室が同じという縁もあり、どっちが上かどうかはしっかりと試合に出られれば頑張りたいです」 ──開幕戦に向けて現段階のチームの仕上がりや手応えは? 「精神的にも非常に落ち着いていますし、監督の求めるものもしっかりとキャンプを通してやってきた自信もあります。ウチの若い選手は非常にメンタル的にも強いので緊張というようなことはシーズン前からなく、全員がやってやろうという気持ちを持っていると思いますし、こういう町田さんのようなチームを戦えることを楽しみに今は良い状態だと思っています」 ──ファン・サポーターに向けてチームのここを見てほしいというセールスポイントは? 「今年のチームはよりアグレッシブでゴールに対するところが変わっていくと思っています。もちろん、相手など色んな状況もありますが、よりそういう部分をファンの方々には見てほしいと思いますし、期待してほしいと思っています」 なお、昨季4位の町田と昨季6位でJ1参入プレーオフ決定戦入れ替え戦まで進んだ東京Vによる、J2開幕節で実現した注目のダービーマッチは24日14時に町田市立陸上競技場で行われる。 2019.02.22 19:29 Fri
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】町田とのダービーでJ初陣飾る東京Vホワイト新監督「2つの素晴らしいチームが揃った。ただただ熱くサッカーを」《J2開幕戦前日会見》

FC町田ゼルビアと東京ヴェルディは22日、24日に行われる2019明治安田生命J2リーグ開幕節の『東京クラシック』を前に『2019明治安田生命J2リーグ開幕戦前日記者会見』を実施した。 今シーズンから下部リーグ(J2、J3)の露出拡大と集客を狙ってJリーグが導入したホーム開幕戦前の公式合同会見。町田の本拠地である町田市立陸上競技場で行われた同会見には町田から相馬直樹監督とMF井上裕大、東京Vからギャリー・ジョン・ホワイト監督とMF田村直也が出席した。 サッカーの母国イングランド出身で過去にグアム代表やチャイニーズタイペイ代表、香港代表らの指揮官を歴任し、クラブ創設50周年を迎えた東京VでJリーグ初挑戦となるホワイト監督は今シーズンの目標と共に自身の初陣となるダービーマッチに向けて意気込みを語った。 ◆ギャリー・ジョン・ホワイト監督(東京ヴェルディ) ──就任以降、攻撃的なスタイルへの転換を図っている中、プレシーズンマッチではなかなかゴールを奪えていないが、町田という強い相手に対するうえで不安は? 「プレシーズンマッチの相手はほとんどがJ1のチームでした。ただ、自分たちにとってはすごく良いチャレンジだったと思っています。スコアに関してはチャンスはあったので特に何も心配していません。町田に関しては強い相手だと思っています。彼らも上に上がることを目標に掲げていますが、我々にとってはどの試合も重要になってくると思っています。我々もJ1に上がることが目標となっているので、すごく大事な試合になると思います」 ──開幕戦はリーグ戦42試合のうちの単なる1試合以上の重要度があると思うが、開幕戦についてどのように捉えているか? 「毎試合が大事だと思っていますし、開幕戦を通じて精神力が付くと思っています。精神力がなければ、優勝というものは達成できないと思います。それは勝ち負けで変わってくると思いますし、町田もそういった精神力を持っていると思いますし、我々も同じような精神力を持って行かないといけないと思っています。この試合はみなさんにとって大事だと思いますし、お互いに同じ目標を掲げています」 ──開幕戦に向けて現段階のチームの仕上がりや手応えは? 「すごく良い質問です。今日までチーム全員がすごく良い精神で練習に取り組んでくれました。自信もありますし、落ち着いてもいます。コントロールもできていると思いますし、選手全員が同じ方向に向かっています。今週末の試合は非常に激しい戦いになることは理解しています。それは戦術的にも技術的にもです。ただ、最も大事なのはフィジカルだと思っています。我々の選手はこの試合に向けて昂っていると思いますし、不安を持っているというよりも覚醒している状態だと思っています」 ──ファン・サポーターに向けてチームのここを見てほしいというセールスポイントは? 「とにかく、ファン・サポーターの方々にはスタジアムに足を運んで頂きたいと思っています。当然、来て頂かないとわからない部分もあると思いますので。我々のホームではないことはわかっていますが、ホームのような気持ちで来て頂きたいと思っています。素晴らしい週末になると思います。2つの素晴らしいチームが揃っているので、ただただ熱くサッカーをやっていきたいと思いますし、ヴェルディのファン、町田のファン、それ以外のサッカーファンの方々にとっても大きな試合になると思うので、とにかく足を運んで頂きたいと思います」 なお、昨季4位の町田と昨季6位でJ1参入プレーオフ決定戦入れ替え戦まで進んだ東京Vによる、J2開幕節で実現した注目のダービーマッチは24日14時に町田市立陸上競技場で行われる。 2019.02.22 19:28 Fri
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】町田主将MF井上裕大、チームのセールスポイントは「犠牲心や忠誠心はJトップ」《J2開幕戦前日会見》

FC町田ゼルビアと東京ヴェルディは22日、24日に行われる2019明治安田生命J2リーグ開幕節の『東京クラシック』を前に『2019明治安田生命J2リーグ開幕戦前日記者会見』を実施した。 今シーズンから下部リーグ(J2、J3)の露出拡大と集客を狙ってJリーグが導入したホーム開幕戦前の公式合同会見。町田の本拠地である町田市立陸上競技場で行われた同会見には町田から相馬直樹監督とMF井上裕大、東京Vからギャリー・ジョン・ホワイト監督とMF田村直也が出席した。 昨シーズンから町田のキャプテンを務める井上は新シーズンに向けた目標を抱えると共に昨季、最終節に続く東京Vとのダービーマッチに向けて意気込みを語っている。 ◆MF井上裕大(FC町田ゼルビア) ──対戦相手の東京Vの選手で気になる選手はいるか? 「去年の最終節でもそうでしたが、右サイドバックにすごく熱い選手(隣に座る田村)がいるので、その選手には注意しないといけないです」 ──開幕戦に向けて現段階のチームの仕上がりや手応えは? 「僕たちも充実した良いキャンプを送ることができたので、とても選手間のコミュニケーションや特徴も把握できていると思うので、そういった部分で状態もとても良いと思いますし、みんなモチベーション高くトレーニングできていると思うので明日の、いや明後日の試合に臨みたいです。少し早まってしまいました。(笑)」 ──ファン・サポーターに向けてチームのここを見てほしいというセールスポイントは? 「僕たちはチームに対する犠牲心や忠誠心といった部分でどのチームよりも飛び抜けていますし、みんなで勝つためにゴールを奪いにいき、みんなでゴールを奪って全力で戦い抜くというところではJリーグでトップだと思っています。そういったところをピッチで表現してやっていきたいと思っています」 なお、昨季4位の町田と昨季6位でJ1参入プレーオフ決定戦入れ替え戦まで進んだ東京Vによる、J2開幕節で実現した注目のダービーマッチは24日14時に町田市立陸上競技場で行われる。 2019.02.22 19:27 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース