J1復帰の名古屋、更なる実力者獲りへ! 現地で豪州代表GK加入合意報道2018.01.06 10:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽新シーズンからJ1リーグに復帰する名古屋グランパスがレバンテに所属するオーストラリア代表GKミッチェル・ランゲラク(29)の加入で合意に達したようだ。スペイン『Cadena Ser』によれば、名古屋とレバンテは130万ユーロ(約1億7000万円)で合意の見通しだという。

▽ランゲラクは、母国のメルボルン・ビクトリーでプロキャリアをスタートさせると、サウス・メルボルンFCを経て、2010年に加入したドルトムントで日本代表MF香川真司と同僚に。その後、シュツットガルトを経て、昨夏からレバンテに活躍の場を移した。

▽名古屋は、このオフに推定移籍金1100万ユーロ(約14億7000万円)で元ブラジル代表FWジョーを獲得。さらに、MF長谷川アーリアジャスールを引き入れたほか、MF宮原和也を期限付き期間延長でチームに留めるなど、2年ぶりのJ1に向け、補強を進めている。

コメント

関連ニュース

thumb

加藤新体制の柏が初陣白星! 名古屋13戦未勝利《J1》

▽20日に豊田スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第15節の名古屋グランパスvs柏レイソルは、アウェイの柏が3-2で勝利した。 ▽最下位に沈む名古屋は、特別指定選手の児玉が先発。さらに、玉田が今シーズン初先発を飾った。13位の柏は、今節が加藤新監督の初陣に。中盤の底に中山を起用されている。 ▽試合は、立ち上がりから激しい攻防戦となる。その中で、ガブリエル・シャビエルが左足シュートを放つなど積極的な入りを見せた名古屋だが、柏守備陣 の粘り強い対応に遭う。 ▽すると、柏は16分に試合を動かす。ボックス右深くに侵攻した小泉がマイナス方向にパス。伊東のシュートが相手に引っかかったところ江坂が押し込み、柏が先制に成功した。 ▽リードを許した名古屋だが、35分にカブリエル・シャビエルの左FKをワシントンが頭でフリック。和泉の右足ダイレクトで合わせたシュートが右ポスト内側に叩いてゴールラインを割るが、オフサイドの判定となる。 ▽それでも、41分、切れ味鋭いドリブルで小池を突破した玉田がボックス左深くに侵攻。マイナス方向にパスを送ると、待ち構えるジョーが押し込み、名古屋が試合を振り出しに戻した。 ▽追いつかれた柏だが、後半開始早々に手にしたセットプレーのチャンスを生かす。47分、クリスティアーノの右CKから中山のヘディングシュートがゴール左に決まり、柏が再びリードした。 ▽勝ち越した柏は続く56分、バックパスを試みた畑尾に伊東がプレッシャー。こぼれ球を拾った江坂が相手Gkとの一対一に持ち込み、左足のシュートを冷静にゴール右隅に沈めた。 ▽引き離された名古屋だが、64分にボックス右深くで味方の浮き球パスを受けたガブリエル・シャビエルが中央にラストパス。ゴール前の玉田が合わせて、名古屋が1点差に詰め寄る。 ▽終盤も押し込まれる展開に続いた柏だが、1点のリードを守り抜いて新体制の初陣を白星で飾り、3試合ぶりの勝ち点3。名古屋は2連敗となり、13戦未勝利で中断期間を迎えた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.20 15:57 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋MFワシントンに第二子が誕生! 「新たな愛のスタート」

▽名古屋グランパスは19日、ブラジル人MFワシントンに第二子となる男の子が9日に誕生したことを発表。母子ともに健康であることが伝えられている。 ▽ワシントンは、クラブ公式サイトを通じて以下のように喜びのコメントをした。 ◆ワシントン 「次男DAVIが生まれて凄く嬉しいです。元気いっぱいで生まれました。妻と私の宝ものです。新たな愛のスタートで、私は息子が半分日本人だと思ってます。神さまの愛をもらって成長して、日本の子供達と世界の子供達も同じ愛をもらって生きていくことを願います」 ▽ワシントンは、2017シーズンに名古屋に入団。今シーズンは、ここまで公式戦10試合に出場している。 2018.05.19 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋DF和泉竜司が入籍!

▽名古屋グランパスは15日、DF和泉竜司(24)が14日に入籍したことを発表した。 ▽和泉は、2014年に明治大学から名古屋入り。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ13試合に出場している。 ▽クラブの発表を受け、和泉は次のようにコメントしている。 「私事ですが、このたび5月14日に入籍しましたので、ご報告させていただきます。選手としてより一層責任感を持ち、家族そしてチームを支えていけるよう頑張ります! これからも応援よろしくお願いします!」 2018.05.15 11:43 Tue
twitterfacebook
thumb

中村2発の長崎、名古屋との昇格組対決に完勝! …名古屋は12戦勝ちなし《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第14節のV・ファーレン長崎vs名古屋グランパスが12日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、3-0で長崎が勝利した。 ▽リーグ3連敗中の14位長崎(勝ち点14)は、1-2で敗北した直近のYBCルヴァンカップ サガン鳥栖戦からスタメンを総入れ替え。最後尾にGK徳重が入り、最終ラインに高杉、田上、徳永、中盤に飯尾、黒木、中原、澤田、翁長、最前線にファンマ、中村を起用した。 ▽リーグ11試合勝ちのない最下位名古屋(勝ち点9)は、0-2で敗北したルヴァン杯浦和戦からワシントン、長谷川、榎本以外のスタメン8名を変更。最後尾にGKランゲラック、最終ラインに櫛引、新井、宮原、中盤にワシントン、長谷川、ガブリエル・シャビエル、秋山、青木、最前線にジョーと榎本を起用した。 ▽試合は開始早々の3分に長崎が動かす。右サイドでボールを持ったファンマが、縦に突破を図り中央にグラウンダーのクロスを供給。反応した中村が右足で合わせ、電光石火の先制弾とした。 ▽反撃したい名古屋はボールを保持しつつ攻めの糸口を探るが、長崎の激しい守備に苦しみなかなかチャンスを作ることができない。20分にはボックス手前でルーズボールを拾った青木がミドルシュートを狙ったが、枠を捉えることができない。 ▽名古屋が攻めあぐねていると、長崎が立て続けにビッグチャンスを迎える。29分にはファンマ、31分には澤田がボックス内でフリーの状態に。どちらもGKランゲラックのビッグセーブに遭い得点とはならなかったが、長崎が優位な状態で試合を進めていく。 ▽36分、名古屋は長崎陣内中央付近でFKを獲得。しかし、キッカーのガブリエル・シャビエルが入れたボールはボックス内のジョーには合わず、チャンスに繋げることができない。 ▽前半終了間際の47分にも、長崎が決定機を迎える。ボックス手前の翁長のミドルシュートがバーに当たった跳ね返りに、中原が反応。シュートはまたしてもGKランゲラックの好守に阻まれたものの、長崎ペースのまま試合は折り返しを迎えることに。 ▽後半に入っても、長崎が効率的に得点を奪いきる。49分、名古屋の後方でのパス回しが中途半端になったところを、ファンマが見逃さずにボールを奪取。ボックス右に展開すると、中村がここから沈めて点差を広げた。 ▽59分、名古屋に決定機が訪れる。最前線のジョーのヒールパスに反応したボックス手前中央のガブリエル・シャビエルが、左足を振り抜く。しかし、このシュートはGK徳重に阻まれ、反撃弾とはならない。 ▽しかし76分、長崎がさらに名古屋を突き放す。翁長が左サイドからクロスを上げると、途中出場の鈴木が飛び込む。頭を振り抜いてゴール右隅を射抜くヘディングシュートを放ち、ネットを揺らした。 ▽スコアを0-3とされた後もガブリエル・シャビエルを中心に猛攻を仕掛ける名古屋だったが、ネットに一撃を浴びせることは叶わず。無得点のまま、試合終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、リーグ4試合ぶりの勝利で連敗をストップ。対する名古屋は、リーグ3試合ぶりの敗戦で未勝利試合数を「12」に伸ばすこととなった。 2018.05.12 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋、猛攻実りジョーの同点弾でドローに持ち込む…横浜FMは終盤の決定機を決めきれず《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第13節の名古屋グランパスvs横浜F・マリノスが5日に豊田スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽ここまで2勝2分け8敗で最下位に沈む名古屋(勝ち点8)と、3勝3分け6敗で16位につける横浜FM(勝ち点12)が激突した。前節のセレッソ大阪戦をゴールレスドローで終えたものの、連敗を「8」でストップさせた名古屋は、その一戦から先発メンバーを2人変更。菅原と前節退場の長谷川アーリアジャスールに代えて八反田と小林を起用した。 ▽一方、ジュビロ磐田戦を1-3で敗れて直近5試合で1勝1分け3敗と不安定な戦いが続く横浜FMは、その一戦から先発メンバーを5人変更。中町と伊藤、ユン・イルロクらに代えてミロシュ・デゲネクと大津、仲川らを起用した。 ▽攻撃的スタイルを標榜する両者の一戦は、サイドから素早く仕掛けてゴールを目指す立ち上がりとなるが、互いに譲らずシュートを許さない展開となる。22分、天野のパスを受けた松原がボックス右からグラウンダーのクロス。中央に走りこんだ遠藤がダイレクトで右足を合わせたが、前にいた大津に当たってしまい、シュートはわずかにゴール左外へと外れた。 ▽時間の経過とともに名古屋を押し込み始めた横浜FMは26分に先制点。ボックス左手前で大津からパスを受けた山中が左足でピンポイントクロスを送ると、中央に走りこんだ喜田が頭でゴール右隅へと流し込んだ。 ▽先制点を許した名古屋は失点直後こそ、横浜FMに押し込まれる時間帯が続いたが、徐々に反撃に出る。40分には味方のロングボールに反応した櫛引がボックス左に侵攻してシュート。しかし、ここは仲川に寄せられたこともあり、ボールに力が伝わらず、GK飯倉に処理されてしまう。 ▽突き放して試合を優位に進めたい横浜FMは、後半に入っても名古屋を押し込む。48分、大津のポストプレーから遠藤が相手ディフェンスラインの背後へ浮き球のスルーパス。これに抜け出した天野がボックス左に侵攻し、左足でグラウンダーのシュートを放つが、わずかにゴール右へと外れる。 ▽対する名古屋は54分、ガブリエル・シャビエルと青木、和泉が絡んだパスワークからボックス内へ侵攻。最後はジョーが振り向きざまにシュートを放つも、GK飯倉のファインセーブに阻まれてしまう。 ▽横浜FMの攻撃に耐えながらも同点のチャンスを狙う名古屋は66分、敵陣中央やや左からホーシャがボックス右に柔らかいクロスを供給。青木が右足で合わせてゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定が下されてしまい、ゴールは認められない。72分にもガブリエル・シャビエル、和泉とつなぎ、最後は宮原がボックス右から思い切りよく右足を振りぬくも、今度は右ポストに嫌われる。 ▽幾度となくゴールに迫るも決めることができない名古屋。それでもしつこくボックス内に迫ると75分、ついに同点ゴールが生まれる。敵陣中央でパスを受けた小林がボックス中央やや左へ浮き球を供給。これをジョーが相手DFをブロックしながら頭で合わせ、ゴール右へと押し込んだ。 ▽1-1と追いつかれてしまった横浜FMは直後に天野と遠藤に代えてウーゴ・ヴィエイラとオリヴィエ・ブマルを、85分には仲川に代えてユン・イルロクを投入して勝ち越しを狙う。 ▽その横浜FMは87分、ボックス右外でパスを受けたオリヴィエ・ブマルがカットインから左足。しかし、わずかにゴールの上へと外れた。92分には味方のスルーパスにオリヴィエ・ブマルが名古屋のハイラインを突破。ボックス右に侵攻し、中央にはウーゴ・ヴィエイラがいた中でシュートを選択するも、GKランゲラックに防がれて、勝ち越しのチャンスをふいにしてしまう。 ▽直後にもウーゴ・ヴィエイラとユン・イルロクがゴールに迫ったが、最後までゴールは生まれず試合終了。攻撃スタイルが激突した白熱の一戦は1-1で痛み分け。名古屋は2戦連続ドローに終わり、横浜FMは2試合未勝利となった。 2018.05.05 21:04 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース