J1復帰の名古屋、更なる実力者獲りへ! 現地で豪州代表GK加入合意報道2018.01.06 10:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽新シーズンからJ1リーグに復帰する名古屋グランパスがレバンテに所属するオーストラリア代表GKミッチェル・ランゲラク(29)の加入で合意に達したようだ。スペイン『Cadena Ser』によれば、名古屋とレバンテは130万ユーロ(約1億7000万円)で合意の見通しだという。

▽ランゲラクは、母国のメルボルン・ビクトリーでプロキャリアをスタートさせると、サウス・メルボルンFCを経て、2010年に加入したドルトムントで日本代表MF香川真司と同僚に。その後、シュツットガルトを経て、昨夏からレバンテに活躍の場を移した。

▽名古屋は、このオフに推定移籍金1100万ユーロ(約14億7000万円)で元ブラジル代表FWジョーを獲得。さらに、MF長谷川アーリアジャスールを引き入れたほか、MF宮原和也を期限付き期間延長でチームに留めるなど、2年ぶりのJ1に向け、補強を進めている。

コメント

関連ニュース

thumb

名古屋が入れ替えPO圏16位に下降…北川&ドウグラス弾で完勝の清水が5戦負けなし《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節の清水エスパルスvs名古屋グランパスが、10日にIAIスタジアム日本平で行われ、2-0で清水が勝利した。 ▽4試合負けのない7位清水(勝ち点44)は0-0で引き分けた前節の湘南ベルマーレ戦からスタメンを1名のみ変更。金子に代えて、石毛を起用した。 ▽15位名古屋(勝ち点37)は1-0で勝利した直近の第28節延期分セレッソ大阪戦からスタメンを2名変更。前田、相馬に代えて、玉田、ガブリエル・シャビエルを起用した。 ▽立ち上がりこそ名古屋の勢いに押されかけた清水だが、5分にチャンスを作り出す。カウンターの流れからゴール前でボールを拾ったドウグラスがシュートを放ち、枠を捉える。しかし、GKランゲラックに阻まれスコアを動かすには至らない。 ▽名古屋は低い位置からショートパスを繋ぎつつ、ゴール前ではガブリエル・シャビエルやジョーらの連係で崩しを試みるが、清水が粘り強い守備で対応。なかなかシュートまで持ち込めない。21分にはガブリエル・シャビエルが巧みなフェイントでボックス手前右から中央まで運んでシュートを放ったが、枠を捉えなかった。 ▽清水は、優位な展開で試合を進めることが出来ているが、なかなか1点を奪うことができない。27分には白崎のミドルシュートが名古屋DFのブロックに遭ってこぼれ、反応した石毛がボックス手前中央からダイレクトで狙ったが、枠を捉えず。均衡が保たれたまま時計の針が進む。 ▽お互いに積極的に攻撃を繰り出し合う試合はその後もゴール前を行き来する展開が続くが、肝心の得点はなかなか生まれない。ゴールレスで折り返しを迎えることに。 ▽後半に入っても名古屋がゴール前で精度を欠き続けると、日本代表に選出された清水のエースが結果を出す。59分、右サイドを駆け上がった立田がクロスを上げると、フリーの北川が頭で合わせる。ゴール前でワンバウンドしたシュートがGKランゲラックの牙城を崩し、先制に成功した。 ▽巻き返しを図る名古屋は、62分に青木にかえて前田を投入。チャンスメイカーを送り出し、ゴールを目指していく。 ▽しかし65分、またしても清水に絶好機が訪れる。再び立田が右サイド深い位置からクロスを上げると、今度はドウグラスが反応。高い打点からヘディングシュートを叩き込み、リードを2点に広げた。 ▽残留のためにも負けられない名古屋は、69分に前田がボックス左から強烈なシュートを放つが枠を捉えず。79分にはボックス右に抜け出した前田のシュートが枠を捉えたが、GK六反がファインセーブで阻む。 ▽その後も、前田を中心に攻め込む名古屋だったが、最後まで試合をひっくり返すことはできず。清水が2-0のリードを保ったまま、終了の笛を迎えた。 ▽この結果、清水(勝ち点47)は5試合負けなしで7位を維持。3位鹿島アントラーズ(勝ち点52)との勝ち点差を「5」とし、わずかにACL圏浮上の可能性を残した。対する名古屋(勝ち点37/-8)は連勝ならず。15位サガン鳥栖(勝ち点37/-6)にかわされ、入れ替えPO圏の16位に順位を下げた。 2018.11.10 16:27 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋、大学生相馬の決勝点で残留圏内に浮上! C大阪はキンスタ改修前最終戦を勝利で飾れず《J1》

▽台風の影響で試合が延期になっていた明治安田生命J1リーグ第28節のセレッソ大阪vs名古屋グランパスの試合が、6日にキンチョウスタジアムで行われ、1-0でアウェイの名古屋が勝利した。 ▽ACL出場権圏内を目指す8位・C大阪(勝ち点44)は、前節敗れた鹿島アントラーズ戦と同じ先発をピッチに送り込んだ。 ▽一方、残留を目指す16位・名古屋(勝ち点34)は、前節1-2で敗れたヴィッセル神戸戦からスタメンを4人変更。櫛引、金井、玉田、ガブリエル・シャビエルに代えて、秋山陽介、和泉、青木、相馬を起用した。 ▽キンチョウスタジアム改修前のラストゲームとなった一戦。先にチャンスを作ったのはアウェイの名古屋。9分、敵陣中央左から和泉が相馬にスルーパスを通す。ボックス左手前からの相馬のクロスにファーサイドにいたジョーが合わせるも、枠には飛ばず。先制点を奪うことはできない。 ▽前半は名古屋のペースで試合が進んでいきゴール前まで迫るも、最後のところで正確性を欠きシュートまでは持っていけない展開が続く。 ▽劣勢な展開のC大阪も反撃に出る。35分、ハーフウェイライン付近で、水沼と相馬が球際で競り合い名古屋陣内中央左にボールがこぼれると、杉本が反応。しかし、杉本がボックスまで侵攻して放ったシュートは、戻ってきた名古屋DFにブロックされる。 ▽40分、またしてもC大阪がチャンスを迎える。ボックス中央右手前で柿谷とソウザがダイレクトプレーでパスを繋ぎ最後はボックス手前中央からソウザがシュート。しかしこれも名古屋DFに当たり得点にはならず。ゴールレスで試合を折り返す。 ▽後半に入っても名古屋ペースで試合が進んでいくと、53分に秋山陽介がボックス左で前田からのパスを受ける。秋山陽介がそのままボックス左に侵攻してクロスを供給すると、GKキム・ジンヒョンが弾き、こぼれ球に反応した相馬がヘディングシュート。これが決まり、アウェイの名古屋が先制に成功する。 ▽1点を追う展開になったC大阪は60分、山口が前線にロングフィードを送ると相手に当たってGKランゲラックがキャッチ。バックパスをキャッチしたという判定になり、ボックス中央で間接FKを獲得。このチャンスに、柿谷がボールを出しソウザがシュートを放ったが、壁に阻まれた。 ▽勝利に向け追加点が欲しい名古屋は65分、相馬がドリブルで敵陣中央に切れ込み、ボックス左に走り込んでいた前田にスルーパス。抜け出した前田がボックス左から強烈なシュートを蹴り込んだが、クロスバー直撃で追加点とはいかない。 ▽ヒヤッとしたC大阪は直後の66分、敵陣右サイドから田中がボックス内にクロスを供給。GKランゲラックが飛び出してパンチングで弾くと、こぼれ球を高木が拾いボックスやや左からシュートを放つもポストに嫌われてしまう。 ▽終盤に向かうに連れてC大阪が攻撃に圧をかけていくも、名古屋DF陣の牙城を崩すことができず、このまま試合は1-0で終了。 ▽相馬のゴールを守り切った名古屋は勝ち点を「37」に伸ばし残留圏となる15位に浮上。一方、敗れたC大阪は勝ち点を伸ばすことはできず、ACL圏内が遠のく痛い黒星となった。 2018.11.06 21:21 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルディのジャンピングボレー&強烈左足さく裂で神戸が8戦ぶり勝利! 名古屋下しリージョ体制初白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第31節の名古屋グランパスvsヴィッセル神戸が、3日に豊田スタジアムで行われ、2-1で神戸が勝利した。 ▽前節北海道コンサドーレ札幌に1-2で敗北した暫定15位名古屋(勝ち点34)は、その試合からスタメンを1名のみ変更。八反田に代えて、金井を起用した。 ▽7試合勝ちのない暫定13位神戸(勝ち点37)は、3-5で逆転負けを喫した前節の川崎フロンターレ戦からスタメンを5名変更。GKキム・スンギュ、藤谷、那須、橋本、ウェリントンに代えて、GK前川、アフメド・ヤセル、三原、ティーラトン、伊野波を起用した。 ▽守備陣を大きく入れ替え[3-5-2]のフォーメーションで臨んだ神戸に対し、名古屋が序盤からチャンスを作る。3分、神戸DFをダブルタッチでかわした前田がボックス左に侵攻して中央に折り返すと、ジョーが左足で合わせる。これはGK前川に阻まれたものの、積極的な仕掛けからまずは1つ見せ場を作った。 ▽しかし、11分に神戸の2人のスターが名古屋ゴールに襲い掛かる。ボックス手前中央でボールを持ったイニエスタが、柔らかいタッチで山なりのスルーパスをボックス内に送る。走り出していたポドルスキが左足でジャンピングボレーシュートを放ち、先制点とした。 ▽神戸は、ディフェンスラインが鋭い縦パスを入れ高い位置でルックアップしたイニエスタが裏に走り込むポドルスキにラストパスを供給する形の攻撃を繰り返し敢行。名古屋は前線から積極的にプレスをかけていくが中々チャンスに繋げることが出来ない。 ▽名古屋が攻勢を強めた36分、神戸にカウンターから絶好機。1対3の数的有利に持ち込み藤田がボックス左で一対一を迎える。しかし、左足で股下を狙ったシュートをGKランゲラックがファインセーブ。リードを広げられる事態を回避した。 ▽神戸が1-0でリードして迎えた後半、名古屋が早々に点差を詰める。名古屋ボールのキックオフから約20秒後、小林のスルーパスをガブリエル・シャビエルがスルーすると、ボールはボックス左の玉田の下へ。左サイド角度のない所から体勢を崩しながら左足でシュートを放ち、ゴール右隅に沈めた。 ▽その後、勢いそのままに名古屋がボールを保持する時間を増していく。66分、GK前川が足先でストップしたものの、ボックス手前中央でボールを受けたジョーのシュートが神戸ゴールを襲った。 ▽試合がややこう着してきた82分、神戸は古橋に代えてウェリントンを投入。前線のターゲットを据えて素早い攻めを目指していく。 ▽試合が再び動いたのは終了間際の85分。右サイドでボールを持ったポドルスキが名古屋DFを背負いながらも中央に持ち込む。ボックス手前から左足を振り抜くと、強烈なシュートがネットに突き刺さり勝ち越し弾となった。 ▽ポドルスキの2点目で神戸が再びリードを奪ったところで試合が終了。この結果、名古屋は今シーズンの豊田スタジアム最終戦で連敗を喫した。対する神戸は8試合ぶりの白星を飾っている。また、2日に誕生日を迎えたリージョ監督にとっては嬉しい初白星となった。 2018.11.03 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌がJ1残留確定&ACL圏3位浮上! ジェイ2発で名古屋破る《J1》

▽28日にパロマ瑞穂スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第18節延期分の名古屋グランパス(14位/勝ち点34)vs北海道コンサドーレ札幌(6位/同45)は、アウェイの札幌が2-1で勝利した。 ▽残留争い真っ只中の名古屋は、八反田が左ウィングバックで10試合ぶりのスターティングメンバー入り。一方、ACL争いの札幌は、引き分け以上でJ1残留が確定する今節に向け、三好を2試合ぶりにスタメン起用した。 ▽試合は6分、相手の隙を突く攻撃参加でボックス内に進行した進藤が丸山からファウルを受け、札幌がPKのチャンス。キッカーのジェイが相手GKの逆を突く左足シュートをゴール右隅に決め、札幌が幸先良く先制する。 ▽ジェイに今シーズン7得点目を許した名古屋は15分、ジョーの落としからガブリエル・シャビエルや、エドゥアルド・ネットが立て続けにシュートを放っていく。だが、いずれも枠に飛ばせず、得点に繋がらない。 ▽それでも、名古屋は24分、処理をもたつく相手守備陣からボールを拾ったガブリエル・シャビエルがボックス手前で宮澤に倒されてPKのチャンスを獲得。これをジョーが確実に沈め、試合を振り出しに戻す。 ▽続く31分、分厚い攻めからボックス左でフリーのジョーに勝ち越し機が巡ってきた名古屋だが、左足ダイレクトのシュートはニアのコースを鋭く消してきたGKク・ソンユンのブロックに遭い、不意にしてしまう。 ▽突き放したい札幌は42分、チャナティップがバイタルエリア中央から絶妙ななパスをゴール前に。これにボックス左で反応したジェイが振り向きざまに左足を振り抜くと、これがゴール上隅に決まり、勝ち越した。 ▽追いすがる名古屋だが、44分に警告を受けた八反田がわずか2分後に不要なタックルからイエローカードを受けて退場に。1点ビハインドの上、まだ後半が残っているものの、数的不利の戦いを強いられてしまう。 ▽その名古屋は後半、玉田と櫛引に代えて金井と和泉を立て続けに投入。だが、後半途中に都倉をピッチに送り込むなど試合の行方を決めにかかる札幌を相手に守勢を回ることを余儀なくされ、苦しい時間が続く。 ▽その後もゴールを目指した名古屋は89分に絶好機を迎えたが、ジョーのシュートは相手GKがブロック。3試合ぶりの白星を手にした札幌がクラブ史上初となる2年連続のJ1残留を確定させ、ACL圏の3位に浮上した。 2018.10.28 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

前田決勝点で名古屋がシックスポインター制す! 柏、降格圏転落危機…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第30節の柏レイソルvs名古屋グランパスが19日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-0で名古屋が勝利した。 ▽前節サンフレッチェ広島を3-0で下して5試合ぶりの勝利を手にした14位柏(勝ち点33)は、2-2で90分を終えPK戦の末に敗退したミッドウィークのYBCルヴァンカップ準決勝第2戦湘南ベルマーレ戦からスタメンを4名変更。滝本、パク・ジョンス、キム・ボギョン、中川に代えて、桐畑、中山、小泉、伊東を起用した。 ▽3連敗中の16位名古屋(勝ち点31/2試合未消化)は、1-2で敗北した前節のFC東京戦からスタメンを3名変更。宮原、金井、和泉に代えて、櫛引、エドゥアルド・ネット、ガブリエル・シャビエルを起用した。 ▽試合の序盤、この日3バックを採用した名古屋の両サイドを突く形で柏が優勢な入りを見せる。11分には、右サイド浅い位置でボールを持った小池が中央に折り返し、ボックス手前中央の大谷が左足を強振。ゴール右隅を捉えた強烈なミドルシュートはGKランゲラックの好守に阻まれたが、柏の時間帯が続く。 ▽押し込まれる名古屋は両ウィングを下げて5バックのような形で対応するが、柏の攻撃を受け切ってからの反撃に苦労しなかなか攻撃に移ることができない。19分にはショートパスを繋いで柏のボックス内まで侵攻したが、右サイド角度のないところから前田が放ったシュートはGK桐畑に難なくキャッチされた。 ▽ここから徐々に名古屋が盛り返していくと、26分には小林がGK桐畑との一対一を迎え、30分には小林のボックス右からの折り返しにゴール前の玉田が合わせる。どちらもGK桐畑のファインセーブが目立ったが、柏の守備の時間が長くなり始める。 ▽すると35分、名古屋が試合を動かす。ジョーが左サイドのガブリエル・シャビエルに展開し、ガブリエル・シャビエルがシュート性のパスを中央に供給。飛び込んだ前田がネットを揺らし、先制点をもぎ取った。 ▽折り返して迎えた後半、1-0でリードする名古屋はハーフタイム中に選手交代を敢行。青木に代えて、和泉を投入する。 ▽後半の立ち上がり、前半の流れを引き継ぐように名古屋がいきなり柏ゴールを脅かす。47分、右サイドで細かく連係しボックス手前中央の泉にボールが繋がる。すると、和泉が放った左足のシュートがゴール右を捉えたが、またしてもGK桐畑が好反応を見せて点差を広げさせない。 ▽54分、柏は左サイドで得たFKの場面でクリスティアーノのクロスに瀬川が合わせてネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定に。流れを変えるべく、60分には江坂に代えてオルンガを起用。2戦連続ゴール中のストライカーを送り出し状況打破を試みる。 ▽その後、オルンガを中心に構えさせた柏の前線では伊東や瀬川が積極的に仕掛けていき主導権を握るが、なかなか絶好機を作り出すことができず。守勢に回る名古屋はジョーとガブリエル・シャビエルを前線に残し、柏に人数をかけさせない。 ▽72分、右サイドでボールを持った前田が一瞬の加速で対応したDF高木を抜き去る。すると、高木が手で引っ張ってしまい2枚目のイエローが提示。柏は残り時間を10人で戦うこととなった。 ▽数的不利を抱える柏は85分にチャンスを迎える。右サイド深い位置まで侵攻した小池がクロスを上げると、ボックス内の瀬川がオーバーヘッドシュート。しかし、名古屋DFにブロックされ決めることができない。 ▽結局、最後まで柏が追いつくことはできず。名古屋がリードを守る形で試合が終了した。 ▽この結果、柏は暫定で順位を1つ下げ15位に下降。今節中にも自動降格圏の17位に下降するピンチに瀕することに。対する名古屋は4試合ぶりの勝利で暫定14位に浮上した。 2018.10.19 21:30 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース