長友がリーグ戦8試合ぶり出場のインテル、追加タイム被弾でフィオレンティーナにドロー《セリエA》2018.01.06 06:54 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは5日、セリエA第20節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。インテルのDF長友佑都は75分から出場している。▽前節ラツィオ戦を辛くもゴールレスドローで終えた3位インテル(勝ち点41)は、連敗を何とか2で止めた。首位ナポリとは7ポイント差が付いた中、公式戦ここ6試合で1ゴールと深刻な得点力不足に陥るインテルは、カンドレーバをベンチスタートとし、ジョアン・マリオを右サイドで起用した。リーグ戦7試合連続出場機会のない長友は引き続きベンチスタートとなった。

▽前節ミランに引き分けた7位フィオレンティーナ(勝ち点27)に序盤、セットプレーとカウンターでインテルはゴールを脅かされていく。しかし、相手のシュート精度の低さに助けられると、17分にガリアルディーニのミドルシュートでオンターゲットを記録。

▽その後もポゼッションしたインテルだったが、引き続きフィオレンティーナにカウンターでゴールに迫られるシーンを作られる中、35分にヴェシーノがミドルシュートでオンターゲットを記録した。ハーフタイムにかけてもフィオレンティーナのカウンターに苦しめられたインテルは、目立ったチャンスを生み出せずに前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、フィオレンティーナに押し込まれる入りとなったインテルだったが56分、先制に成功する。右サイド絞った位置からのカンセロのFKをニアサイドのイカルディがヘッド。このシュートはGKスポルティエッロにセーブされるも、ルーズボールにすかさず反応したイカルディが右足で押し込んだ。

▽先制後、58分のビラギの直接FKをGKハンダノビッチがファインセーブで凌いだインテルは、65分にジョアン・マリオに代えてダウベルト・エンリケを左サイドバックに投入。右サイドバックにサントンを回し、カンセロを中盤の右に上げた。

▽守備に手を加えたインテルに対し、ベナッシに代えてアタッカーのババカルを投入したフィオレンティーナは72分、CKの流れからフリーになっていたバデリがヘディングシュートを放つも、枠を捉えきれない。

▽助かったインテルは75分、負傷したラノッキアに代えて長友を右サイドバックに投入し、サントンをセンターバックに回した。急造守備陣となったインテルに対し、ババカルを中心にゴールに迫ったフィオレンティーナは、終盤の追加タイム1分に同点に追いついた。ビラギのシュートのルーズボールをボックス内のエイセリックが丁寧に落とし、ボックス左のシメオネが左足でゴールへ蹴り込んだ。

▽このまま1-1で試合は終了。インテルは追加タイム被弾で勝ち点2を失い、リーグ戦5試合勝利なしとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

サネッティ氏、幹部転身の理由を明かす「私なら監督ができると考える人は多かったが…」

インテルのハビエル・サネッティ副会長が、ミラノ市内で行われた自身の自伝本のPRイベントに出席した際、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。<br><br>インテルでは19年間プレーし、40歳まで現役生活を続けたサネッティ氏。2014年にインテルの副会長に就任してから生活が一変したと振り返る。また元インテル主将は、指導者ではなく、クラブ幹部に転身した理由を明かした。<br><br>「サッカー選手から幹部になり、私の人生は変わった。新しい人生に私はとても満足しているよ。多くの人は、私なら監督ができるとか、スポーツに関する部分に専念するべきだだとか考えていたようだ。だが私は、新たな挑戦を体験してみたかった。そして360度のより広い視野を持ちたいと考えていたんだ」<br><br>「私は今、インテルの成長や世界レベルでのクラブの増益を図り、あらゆる側面から取り組んでいる。そうすることでインテルが成長を続け、より競争力のあるチームになっていくだろう。私はこの役割が気に入っている」<br><br>続いてサネッティ氏は、インテルの新CEOとして着任した元ユベントス幹部のジュゼッペ・マロッタ氏を歓迎。「インテルにとって重要な日となった。豊富な経験と能力を持つ幹部が来てくれた。インテルを思う人々の輪に彼も加わった。偉業を成し遂げるすべての前提条件は揃った」と期待した。<br><br>提供:goal.com 2018.12.14 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ELラウンド32進出チームが決定! 日本勢は長谷部、南野、乾にCL3位敗退組の長友の4クラブに!

▽13日にヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ全日程が終了した。この結果、ラウンド32に進出する全32チームが決定した。 ▽例年、番狂わせの目立つELグループステージだが、今季は優勝候補に挙がるチェルシー、アーセナルのロンドン勢、同大会に相性が良いスペイン勢のビジャレアル、セビージャ、昨季上位に進出したザルツブルクやラツィオなどの強豪チームが順当に突破を決めた。 ▽その一方で、優勝候補のミラン、昨季準優勝チームのマルセイユ、昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16のベシクタシュら強豪チームが敗退する波乱も起こった。 ▽合計5人が参戦した日本人選手の所属クラブではMF南野拓実のザルツブルク、MF長谷部誠のフランクフルト、MF乾貴士のベティスが揃って首位通過を決めた。一方、前述のマルセイユに所属するDF酒井宏樹、アンデルレヒトに所属するMF森岡亮太の2選手は共に最下位での敗退となった。 ▽なお、来年2月に開催されるラウンド32には今回グループステージを勝ち抜いた24チームと、今季CLグループステージの各グループを3位で終えた8チームの合計32チームが出場する。 ▽また、CL3位敗退チームを含めたラウンド32進出チームを国別に分けると、ベティス、ビジャレアル、セビージャ、バレンシア(CL敗退組)の4チームが勝ち残ったスペイン勢が最多に。続いてラツィオ、インテル(CL敗退組)、ナポリ(CL敗退組)の3チームが残ったイタリアが次点となっている。 ▽CL3位敗退チームの一覧および各グループの最終順位の一覧は以下の通り。 ◆CL3位敗退チーム クラブ・ブルージュ(ベルギー) インテル(イタリア) ナポリ(イタリア) ガラタサライ(トルコ) ベンフィカ(ポルトガル) シャフタール(ウクライナ) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) バレンシア(スペイン) ◆ELグループステージ順位表 【グループA】 1.レバークーゼン(ドイツ) 2.チューリッヒ(スイス) ――決勝T進出―― 3.AEKラルナカ(キプロス) 4.ルドゴレツ(ブルガリア) 【グループB】 1.ザルツブルク(オーストリア) 2.セルティック(スコットランド) ――決勝T進出―― 3.RBライプツィヒ(ドイツ) 4.ローゼンボリ(ノルウェー) 【グループC】 1.ゼニト(ロシア) 2.スラビア・プラハ(チェコ) ――決勝T進出―― 3.ボルドー(フランス) 4.コペンハーゲン(デンマーク) 【グループD】 1.ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 2.フェネルバフチェ(トルコ) ――決勝T進出―― 3.スパルタク・トルナバ(スロバキア) 4.アンデルレヒト(ベルギー) 【グループE】 1.アーセナル(イングランド) 2.スポルティング・リスボン(ポルトガル) ――決勝T進出―― 3.ヴォルスクラ(ウクライナ) 4.カラバフ(アゼルバイジャン) 【グループF】 1.ベティス(スペイン) 2.オリンピアコス(ギリシャ) ――決勝T進出―― 3.ミラン(イタリア) 4.デュドランジュ(ルクセンブルク) 【グループG】 1.ビジャレアル(スペイン) 2.ラピド・ウィーン(オーストリア) ――決勝T進出―― 3.レンジャーズ(スコットランド) 4.スパルタク・モスクワ(ロシア) 【グループH】 1.フランクフルト(ドイツ) 2.ラツィオ(イタリア) ――決勝T進出―― 3.アポロン・リマソル(キプロス) 4.マルセイユ(フランス) 【グループI】 1.ヘンク(ベルギー) 2.マルメ(スウェーデン) ――決勝T進出―― 3.ベシクタシュ(トルコ) 4.サルプスボリ(ノルウェー) 【グループJ】 1.セビージャ(スペイン) 2.FCクラスノダール(ロシア) ――決勝T進出―― 3.スタンダール・リエージュ(ベルギー) 4.アクヒサル(トルコ) 【グループK】 1.ディナモ・キエフ(ウクライナ) 2.レンヌ(フランス) ――決勝T進出―― 3.アスタナ(カザフスタン) 4.ヤブロネツ(チェコ) 【グループL】 1.チェルシー(イングランド) 2.BATEボリソフ(ベラルーシ) ――決勝T進出―― 3.ヴィディ(ハンガリー) 4.PAOK(ギリシャ) 2018.12.14 07:13 Fri
twitterfacebook
thumb

コッパ・イタリア・ラウンド16の日程が決定

▽コッパ・イタリアのラウンド16の日程が決定した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽2017-18シーズンのセリエA上位クラブが登場するラウンド16。4回戦ではトリノやカリアリ、サンプドリアが順当に勝ち上がりを決める中、セリエCのヴィルトゥス・エンテッラがジェノア相手にPK戦の末にジャイアントキリングを起こしラウンド16に進んだ。 ▽そのヴィルトゥス・エンテッラはローマと、前回王者のユベントスはボローニャと対戦する。 ◆コッパ・イタリア・ラウンド16※表示は日本時間 ▽2019年1月12日(土) 《22:00》 ラツィオ vs ノヴァーラ 《25:00》 サンプドリア vs ミラン 《27:45》 ボローニャ vs ユベントス ▽2019年1月13日(日) 《22:00》 トリノ vs フィオレンティーナ 《25:00》 インテル vs ベネヴェント 《27:45》 ナポリ vs サッスオーロ ▽2019年1月14日(月) 《24:30》 カリアリ vs アタランタ 《28:00》 ローマ vs ヴィルトゥス・エンテッラ 2018.12.14 02:46 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、元ユベントスCEOマロッタ氏を最高経営責任者に招へい!「インテルを再び偉大なクラブへできる」

▽インテルは13日、ジュゼッペ・マロッタ氏(61)を新たなCEO(最高経営責任者)に迎えたことを発表した。 ▽1970年代後半からサッカークラブの経営に携わってきたマロッタ氏は、2010年にカルチョポリによる2部降格から巻き返しを図るユベントスのGMに就任。幅広い人脈と卓越した交渉力でアントニオ・コンテ前監督、マッシミリアーノ・アッレグリ現監督を招へいするなど、同クラブのセリエA7連覇に貢献した。 ▽新CEOとしてインテルに加入したマロッタ氏は、クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「私はインテルのような名門クラブでの新たな挑戦できることは嬉しく、また誇らしく思っている」 「スティーブン・チャン会長には野心的なプロジェクトがあり、私はその一部として積極的に参加したいと思っているよ。チャン会長や蘇寧グループが私を信頼してくれていることに感謝を示したい。そして我々ならともにインテルを再び偉大なクラブへできると、私は確信しているよ」 2018.12.13 23:10 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、「落ち着き」足りずCL敗退…スパレッティ「もたらされたのは混乱」

インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は、PSV戦で求めている戦いができなかったことを悔やんだ。UEFA公式サイトが伝えている。<br><br>インテルは11日、チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節でPSVと対戦。結果的には、2位トッテナムがバルセロナと引き分けたため、インテルはPSVにホームで勝利すれば、決勝トーナメント進出を決めることができたが、1-1のドローに終わり、敗退が決まった。<br><br>ミスから先制点を許すなど、不本意なパフォーマンスに終始し、スパレッティ監督も肩を落とした。<br><br>「我々はナーバスになり、求めていた落ち着きを持ってプレーできなかった。だからこそ戦術的レベルで混乱が生まれた。必要としていたのはバランスだったが、代わりに混乱だけがもたらされてしまった」<br><br>フル出場したMFボレハ・バレロも「勝たなければならなかった」と話し、不十分な結果だったことを認めている。<br><br>「最初からあまりに焦ってプレーしてしまい、ドローに終わってしまった。必要な落ち着きがなかったんだ。トッテナムも引き分けだったので、もう1点取ればよかったが、残念なことにチャンスが少なすぎた」<br><br>なお、インテルはグループ3位でヨーロッパリーグへ回ることが決定している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 13:08 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース