長友がリーグ戦8試合ぶり出場のインテル、追加タイム被弾でフィオレンティーナにドロー《セリエA》2018.01.06 06:54 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは5日、セリエA第20節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。インテルのDF長友佑都は75分から出場している。

▽前節ラツィオ戦を辛くもゴールレスドローで終えた3位インテル(勝ち点41)は、連敗を何とか2で止めた。首位ナポリとは7ポイント差が付いた中、公式戦ここ6試合で1ゴールと深刻な得点力不足に陥るインテルは、カンドレーバをベンチスタートとし、ジョアン・マリオを右サイドで起用した。リーグ戦7試合連続出場機会のない長友は引き続きベンチスタートとなった。

▽前節ミランに引き分けた7位フィオレンティーナ(勝ち点27)に序盤、セットプレーとカウンターでインテルはゴールを脅かされていく。しかし、相手のシュート精度の低さに助けられると、17分にガリアルディーニのミドルシュートでオンターゲットを記録。

▽その後もポゼッションしたインテルだったが、引き続きフィオレンティーナにカウンターでゴールに迫られるシーンを作られる中、35分にヴェシーノがミドルシュートでオンターゲットを記録した。ハーフタイムにかけてもフィオレンティーナのカウンターに苦しめられたインテルは、目立ったチャンスを生み出せずに前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、フィオレンティーナに押し込まれる入りとなったインテルだったが56分、先制に成功する。右サイド絞った位置からのカンセロのFKをニアサイドのイカルディがヘッド。このシュートはGKスポルティエッロにセーブされるも、ルーズボールにすかさず反応したイカルディが右足で押し込んだ。

▽先制後、58分のビラギの直接FKをGKハンダノビッチがファインセーブで凌いだインテルは、65分にジョアン・マリオに代えてダウベルト・エンリケを左サイドバックに投入。右サイドバックにサントンを回し、カンセロを中盤の右に上げた。

▽守備に手を加えたインテルに対し、ベナッシに代えてアタッカーのババカルを投入したフィオレンティーナは72分、CKの流れからフリーになっていたバデリがヘディングシュートを放つも、枠を捉えきれない。

▽助かったインテルは75分、負傷したラノッキアに代えて長友を右サイドバックに投入し、サントンをセンターバックに回した。急造守備陣となったインテルに対し、ババカルを中心にゴールに迫ったフィオレンティーナは、終盤の追加タイム1分に同点に追いついた。ビラギのシュートのルーズボールをボックス内のエイセリックが丁寧に落とし、ボックス左のシメオネが左足でゴールへ蹴り込んだ。

▽このまま1-1で試合は終了。インテルは追加タイム被弾で勝ち点2を失い、リーグ戦5試合勝利なしとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

カンセロの完全移籍を望むインテル「検討するのは財政面だけ」

▽インテルのスポーツディレクターであるピエロ・アウジリオ氏が、『Rai』のインタビューに応じた。その中でジョアン・カンセロの去就について話している。 ▽カンセロはバレンシアからレンタル中のサイドバックで、シーズン途中からレギュラーに定着。今では欠かせない選手となっており、インテルが完全移籍での獲得を狙っているところだ。 ▽アウジリオ氏は、「彼を獲得した際に完全移籍オプションを付けた。検討するのは財政的な面だ。技術面ではない。彼について、我々は完全に満足しているからだ。スパレッティのもとでとても成長したね」と語った。 ▽カンセロの完全移籍には3000万ユーロ(約36億円)以上が必要となる模様。ようやく見つけた信頼できるサイドバックを獲得することはできるだろうか。 2018.04.24 03:27 Tue
twitterfacebook
thumb

キエーボに辛勝のインテル、ローマ勢を1ポイント差で追走《セリエA》

▽インテルは22日、セリエA第34節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、2-1で辛勝した。 ▽前節カリアリに4発快勝し、4試合ぶりに勝利を飾った5位インテル(勝ち点63)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ラツィオを1ポイント差で追走。次節ユベントスとのイタリア・ダービーを控える中、負傷したガリアルディーニが欠場となり、ボルハ・バレロを代役に起用した。 ▽残留争いに巻き込まれている16位キエーボ(勝ち点31)に対し、やや押し込まれる入りとなったインテルは12分にN・リゴーニに右ポスト直撃のボレーシュートを浴びてしまう。 ▽ひやりとしたインテルは1分後、ブロゾビッチの浮き球パスでディフェンスライン裏を取ったペリシッチがループシュートでゴールを狙うも、枠の上に外れた。主導権を握りきれないインテルは16分にジャッケリーニのミドルシュートでゴールを脅かされた中、22分にカラモーのミドルシュートでけん制。 ▽前半半ば以降はインテルがポゼッションを高める展開となったが、キエーボの守備を崩しきれずにいると、39分にはカッチャトーレの枠内シュートでGKハンダノビッチを強襲される。さらに45分、プッチャレッリにも枠内シュートを打たれたが、ここもGKハンダノビッチがセーブし、前半を何とかゴールレスで終えた。 ▽守護神ハンダノビッチの奮闘で前半を耐えたインテルは、後半開始5分に先制する。ブロゾビッチのミドルシュートがGKソレンティーノを強襲すると、ルーズボールを拾ったボックス右のダンブロージオが折り返し、イカルディが押し込んだ。初見ではダンブロージオのポジションがオフサイドと判定されたが、VARの末にゴールが認められた。 ▽イカルディの今季26ゴール目で先制した後、攻勢を強めたインテルは61分、カラモーの右クロスをラフィーニャがダイレクトで落とし、ボックス中央のペリシッチがシュートを流し込んで追加点を奪いきった。 ▽2点をリードしたインテルはカラモーを下げてサントンを投入。5バックとし、守備を固めにかかった。78分にはラフィーニャがGKを強襲するシュートを浴びせてけん制し、逃げ切り体勢を整えていく。 ▽しかし終盤の90分、ステピンスキにゴールを許すと、5分の追加タイムではキエーボの攻勢に晒されてしまう。それでも耐えたインテルが逃げ切り勝利。3位ローマ、4位ラツィオとの1ポイント差を維持している。 2018.04.23 00:15 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルとセレソンの名守護神ジュリオ・セーザルが現役引退

▽フラメンゴに所属する元ブラジル代表GKジュリオ・セーザル(38)が21日にアメリカ・ミネイロ戦に臨み、現役最後の試合を2-0の勝利で終えた。クラブ公式ツイッターが伝えている。 ▽フラメンゴでキャリアをスタートさせたジュリオ・セーザルは、2005年1月にインテル加入後、直後の半年間だけキエーボにレンタル移籍。インテル復帰後は、5度のセリエA優勝や、1度のチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトルに貢献した。 ▽その後、QPRやトロントFCでのプレーを経て、2014年夏に2年契約でベンフィカ入り。その後、2016年に2018年6月までの新契約にサインしていた。だが、今シーズンはアンデルレヒトから加入したU-19ベルギー代表GKミル・スヴィラール(18)の台頭もあり、思うような出場機会を得られず。そして、昨年11月末にはベンフィカとの契約を半年残した段階で契約を解消していた。その後、昨年11月に古巣フラメンゴと3カ月間の短期契約を結び、自身最後の日々を過ごしていた。 ▽インテルの黄金期を支え、通算87キャップを記録したブラジル代表でも輝きを披露してきた名守護神は愛する古巣で心穏やかにキーパーグローブを外すことになった。 2018.04.22 16:25 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、マドリーに放出した元10番を買い戻し?

▽インテルがレアル・マドリーMFマテオ・コバチッチの獲得に動いているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が20日、一面を使って報じた。 ▽コバチッチは2013年1月からインテルでプレーしたクロアチア代表MF。ポテンシャルの高さを評価されながらも、2015年にレアル・マドリーへ移籍した。 ▽そのコバチッチをインテルが買い戻そうとしているという。インテルは3000万ユーロ(約39億円)の移籍金で同選手を手放したと伝えられているが、それと同等の金額で再獲得を目指す模様だ。 ▽さらに同紙は、インテルがボローニャのFWシモーネ・ヴェルディとスポルティング・リスボンのMFウィリアム・カルバーリョの獲得に動いているとも報じた。 2018.04.20 23:05 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ「セーザルなら片腕でカシージャス以上」

▽フラメンゴの元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルが、ジョゼ・モウリーニョ監督の辛辣なジョークを回想した。ブラジル『Selecao Sportv』のインタビューを基にスペイン『マルカ』が伝えている。 ▽2005年から2012年までインテルで活躍したジュリオ・セーザルは、2009-10シーズンにはモウリーニョ監督(現マンチェスター・ユナイテッド)の下で正守護神として活躍し、チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリアの主要大会3冠に貢献した。 ▽エピソードの舞台となるのは、モウリーニョ監督がレアル・マドリーで指揮を執っていた2013年のコンフェデレーションズカップ。ブラジル代表としてスペイン代表と決勝で対戦したジュリオ・セーザルは、3-0で勝利して大会ベストGK賞に輝き、試合後には当時マドリーに所属していた元スペイン代表GKイケル・カシージャス(現ポルト)とシャツを交換した。 ▽ジュリオ・セーザルは、“カシージャスの全ての功績に敬意を表す”ために同選手のユニフォームを着用。しかし、この行動が当時マドリーでカシージャスとの確執が報じられていたモウリーニョ監督の琴線に触れたようだ。 「ドレッシングルームに戻った時、モウリーニョから僕の携帯電話に送られたメッセージを開いたんだ」 「『お前はイカれてる。カシージャスがお前のユニフォームを着るべきなんだよ、お前じゃない』と書かれていたよ。おまけに、僕なら腕1本でカシージャスより止められるとも言われたね」 「イケル(・カシージャス)がドレッシングルームを訪れたから、モウリーニョと話し合うべきだと言ったよ。難しいことだけど、直視しないとね」 ▽モウリーニョ監督との親交を保ちつつ、カシージャスにもアドバイスを送ったジュリオ・セーザル。人間関係においても、その守備範囲は相当なものだ。 2018.04.20 19:20 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース