ブレーメンのスイス代表DFウリッセス・ガルシアがニュルンベルクへレンタル移籍2018.01.06 03:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレーメンは5日、スイス代表DFウリッセス・ガルシア(21)がブンデス2部のニュルンベルクへレンタルで移籍することを発表している。期間は今季終了までとなっている。

▽左サイドバックを主戦場とするウリッセス・ガルシアは、2015年夏にグラスホッパーからブレーメンに移籍。これまでブレーメンでは公式戦23試合に出場している。しかし、今季はブンデスリーガ1試合、DFBポカール2試合の出場に留まっていた。スイス代表としてはU-16から選出され、2017年5月に初招集されていた。

▽移籍先のニュルンベルクはブンデス2部で首位デュッセルドルフと1ポイント差の3位と好位置に付けている。

コメント

関連ニュース

thumb

ブレーメンが38歳ベテランGKドロブニと1年の契約延長

▽ブレーメンは5日、元チェコ代表GKヤロスラフ・ドロブニ(38)と2019年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽2016年夏にハンブルガーSVからブレーメンに移籍したドロブニは、在籍2シーズンで公式戦10試合に出場。2017-18シーズンは出場機会を得られず、控えGKの立ち位置となっている。 ▽プロキャリア21シーズン目を迎えるドロブニはブレーメンとの契約延長について次のように語っている。 「ブレーメンは非常に居心地が良いチームだ。まだサッカーを楽しめているし、若いチームメートにも自分の経験を伝えたい」 2018.07.06 06:18 Fri
twitterfacebook
thumb

大迫勇也、新天地ブレーメンでの背番号は「8」…ケルン時代は13番

日本代表FW大迫勇也の、新天地ブレーメンでの背番号が「8」に決定したことが明らかとなった。<br><br>大迫はロシア・ワールドカップ開幕前の5月にケルンからブレーメンへの移籍が決定。チームが2部へと降格したことで新天地を求めることとなった。その後、ワールドカップでは日本代表の一員としてベスト16進出に貢献。勝利したコロンビア戦で決勝点を挙げただけでなく、敗れたベルギー戦でも力強いポストプレーで世界屈指のDFを相手に堂々と渡り合った。<br><br>そんな大迫がブレーメンで選んだ背番号は8。ケルン時代は4シーズンに渡って13番を着用していたが、一桁の番号を選んでいる。なお、2014年まで在籍していた1860ミュンヘン、古巣の鹿島アントラーズでは9番を選んだ一方で、日本代表では15番とそれほど背番号に強いこだわりがないことがうかがえる。<br><br>また、大迫と同時期に加入が決定したマルティン・ハルニクは20番を着けることとなっている。昨シーズンまではハノーファーでプレーしていたが、プロキャリアをスタートさせたブレーメンへ復帰することが先月に決まっていた。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.04 01:32 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、大迫勇也のW杯での活躍に大興奮!ファンも期待寄せ「うちでもこの調子で」

19日に行われたロシア・ワールドカップのグループH初戦で、日本代表がコロンビア代表を2-1で下し、白星スタートを切った。この一戦でのFW大迫勇也の活躍を、移籍先のブレーメンがSNSで興奮気味に伝えている。<br><br>コロンビア戦に先発出場を果たした大迫は、試合早々に抜け出しからシュートを放ち、PK、相手へのレッドカードが生まれるプレーの起点に。そして後半には本田圭佑のCKに頭を合わせ、自らゴールをマーク。さらに何度かチャンスに絡み、守備でもハメス・ロドリゲスによるシュートをブロックするなど存在感を示した。<br><br>そんな大迫を、新シーズンに向けてケルンから迎えるのはブレーメン。もちろん、所属選手となるフォワードのプレーについてクラブ公式メディアを通じて実況している。ツイッターで73分に大迫が勝ち越しゴールを決めると、「ユウヤ・オオサコがゴーーーーーール!」「オオサコの最高なヘディングでサムライブルーがコロンビア相手に2-1でリード」と伝えている。<br><br>また大迫がFIFAよりマン・オブ・ザ・マッチに選出されたことをも伝えたブレーメン公式ツイッターだが、ファンからの反応もリツイート。「この調子で新シーズンからブレーメンでもお願い!」「オオサコは素晴らしかった。バウミー(スポーツディレクターのフランク・バウマン)は最高の買い物をしたね」と現地では新加入に対する期待がふくらんでいるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.20 21:26 Wed
twitterfacebook
thumb

モントリーボがブレーメンへ?

▽ミランに所属するイタリア代表MFリッカルド・モントリーボ(33)にブンデスリーガ挑戦の可能性が浮上した。ドイツ『Fussballeck』が報じている。 ▽今シーズンのモントリーボは、ケガに苦しみながら公式戦26試合で3得点2アシスト。2012年からプレーするミランとの契約をあと1年残している状況だが、母親の母国であるドイツ行きを考慮しているという。 ▽そこで浮上した移籍先はブレーメンだ。ブレーメンは今夏、主力を務めたデンマーク代表MFトーマス・デラネイ(26)がドルトムントに完全移籍。その後釜として、モントリーボに興味を示している模様だ。 2018.06.09 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがブレーメンのデンマーク代表MFデラネイを獲得、推定移籍金は約26億円

▽ドルトムントは7日、ブレーメンのデンマーク代表MFトーマス・デラネイ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までで、移籍金はドイツ『キッカー』によれば2000万ユーロ(約25億9000万円)とのことだ。 ▽2016年夏にコペンハーゲンからブレーメンに加入したセントラルMFのデラネイは、在籍2シーズンで公式戦49試合に出場して7ゴール7アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガ32試合に出場して3ゴール5アシストと主力として活躍していた。 ▽そのデラネイはドルトムントへの移籍について次のように語っている。 「ドルトムントからの連絡があったときには、大して悩む必要はなかったよ。ドルトムントはヨーロッパ内でトップ10に入るクラブ。ドイツではトップ2のクラブだと思う。それにここのスタジアムは、ヨーロッパで最高のものがあるしね。熱い気持ちをもってプレーすることを約束する。ワールドカップ前だけれど、ドルトムントでの挑戦が今から楽しみだよ。この黒と黄色のユニフォームで、タイトルを獲得できたらと思っている」 ▽なお、デンマーク代表でもレギュラーとしてプレーするデラネイは、ロシア・ワールドカップに臨むデンマーク代表に選出されている。 2018.06.08 05:10 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース