ブレーメンのスイス代表DFウリッセス・ガルシアがニュルンベルクへレンタル移籍2018.01.06 03:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレーメンは5日、スイス代表DFウリッセス・ガルシア(21)がブンデス2部のニュルンベルクへレンタルで移籍することを発表している。期間は今季終了までとなっている。

▽左サイドバックを主戦場とするウリッセス・ガルシアは、2015年夏にグラスホッパーからブレーメンに移籍。これまでブレーメンでは公式戦23試合に出場している。しかし、今季はブンデスリーガ1試合、DFBポカール2試合の出場に留まっていた。スイス代表としてはU-16から選出され、2017年5月に初招集されていた。

▽移籍先のニュルンベルクはブンデス2部で首位デュッセルドルフと1ポイント差の3位と好位置に付けている。

コメント

関連ニュース

thumb

大迫勇也、世代間の融合へ課題挙げるも「これから先絶対に良くなる」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は11日、デンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で勝利した。 ▽試合後、1トップで先発出場したFW大迫勇也がメディア陣による囲み取材に応対。多くのメンバーが変わったことによる課題を挙げながらも今後良くなることを強調した。 ◆FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ) 「メンバーも結構違いましたし、練習と試合の中では距離感も違います。そこは今までやってきたメンバーとは少なからず違いはありましたけど、やっていく中で絶対に良くなると思います。また次の試合が楽しみです」 ──終始足が取られたりしていたが 「そうですね。今日はなかなか足がついていなかったのも事実ですし、個人の出来としては良くなかったと思っています。そこは切り替えてやっていきたいです」 ──新しい選手たちとやって可能性は見えたか 「まだまだこれからだと思います。各々が緊張感を持って取り組んでいくことで、また課題も見えてくると思います。それを克服しながらみんなが成長していければと思います」 「正直ボールの持ち方やタイミング、距離感はまだまだです。そこは半数以上選手が変わっているので、そこは合わないのが普通かなと思います。これから擦り合わせて、次は相手のレベルも上がりますけど、その中で自分たちがどうトライしていけるかが大事だと思います」 ──自身が初めて代表に入った頃は、どれくらいで周りと合わせることができたか 「自分が選ばれた頃はチームが出来上がっていました。今は違って、W杯が終わってから、今日に関して言えばほぼほぼ初めてのメンバーだったので、そこの難しさはありました。ただ、これから先絶対に良くなると思います。もっともっとチャレンジして行きたいです」 2018.10.12 23:58 Fri
twitterfacebook
thumb

ホームで完勝のブレーメンが暫定2位浮上! 大迫は3試合連続先発も不発…《ブンデスリーガ》

▽大迫勇也の所属するブレーメンは5日、ブンデスリーガ第7節でヴォルフスブルクとホームで対戦し、2-0で勝利した。大迫は83分までプレーした。 ▽前節のシュツットガルト戦で今季初黒星を喫したブレーメンは、その試合からスタメンを2人変更。シャヒン、ヴェリコビッチに代えてラングカンプ、モイサンデルをスタメンで起用した。大迫は3試合連続の先発出場となった。 ▽大迫を右ウィングに配置した[4-3-3]の布陣で試合に臨んだブレーメンは、立ち上がりからボールに対して素早いプレスをかけるヴォルフスブルクに苦戦。14分、カインツの左クロスから大迫がヘディングシュートを狙うも、これはルシヨンが大迫の前でクリアした。 ▽膠着状態が続く中、35分に試合が動く。M・エッゲシュタインとのパス交換で右サイドを突破したゲブレ・セラシェのクロスのルーズボールをボックス中央に走り込んだクラーセンが右足で流し込み、ブレーメンが先制に成功した。 ▽ブレーメンのリードで迎えた後半も拮抗した展開が続き、互いになかなか決定機を作り出すことができない。すると59分、ヴォルフスブルクはマリを下げてギンチェクを投入。対するブレーメンは、75分にカインツを下げてピサーロをピッチに送り出した。 ▽82分、クルーゼのパスで左サイドを抜け出したアウグスティンションがボックス左から侵入しシュートを放ったが、これは相手GKがセーブ。すると、ブレーメンは83分に大迫を下げてJ・エッゲシュタインをピッチに投入した。 ▽すると86分、左サイドからのスローインを細かく繋ぐと、このボールをピサーロがゴール前にスルーパスを供給。これに反応したJ・エッゲシュタインがボックス左から侵入し、冷静にシュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽結局、試合は2-0のままタイムアップ。ホームでリーグ戦4勝目を飾ったブレーメンは、暫定ながら2位まで浮上している。 2018.10.06 05:45 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGのチアゴ・モッタ後継者探しが解決? U-21ドイツ代表MFに白羽の矢

▽パリ・サンジェルマン(PSG)はブレーメンに所属するU-21ドイツ代表MFマキシミリアン・エッゲシュタイン(21)の獲得を画策しているようだ。ドイツ『ビルト』の情報をもとにフランス『foot-sur7』が伝えた。 ▽元イタリア代表MFチアゴ・モッタが引退以降、後継者が見つかっていないPSGは今夏も守備的MFの獲得に動いたが契約に至ってはいない。現在はフランス代表MFアドリアン・ラビオがそのポジションを埋めているもののトーマス・トゥヘル監督は適任ではないと考えているという。そこで守備的MFであるM・エッゲシュタインに白羽の矢を立てたようだ。 ▽ハヴェルセ下部組織出身のM・エッゲシュタインは2014年にブレーメンでプロデビューを果たした。その後は、ブレーメンのリザーブチームにあたるブレーメンⅡで経験を積むと、豊富な運動量とボール奪取能力を武器として2017-18シーズンにレギュラー定着。昨シーズンのブンデスリーガでは33試合で2ゴール4アシストを記録していた。今シーズンはここまで公式戦7試合で3ゴール1アシストを記録している。 ▽記事によると、PSGはM・エッゲシュタイン獲得の時期を、冬の移籍市場に定めているようだ。しかし、同選手はブレーメン指揮官のフローリアン・コーフェルト監督の下でのプレーを希望している模様。そのため、PSGは「僕がブレーメンで良い感じなのは周知のとおりだし、契約はあと2年ある。これ以上、将来に関して述べることはない」と語るM・エッゲシュタインを今後数か月で説得しなければならないという。 2018.10.02 14:57 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫先発のブレーメン、10人で一時は追いつくも今季初黒星《ブンデスリーガ》

▽ブレーメンは29日、ブンデスリーガ第6節でシュツットガルトとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。ブレーメンのFW大迫勇也は80分までプレーしている。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦で先発復帰し複数ポジションをこなして勝利に貢献した大迫は、[3-5-2]の2トップの一角で先発となった。 ▽2分け3敗と未勝利のシュツットガルトに対し、立ち上がりから攻勢に出たブレーメンは大迫が立て続けにゴールへ迫っていく。まずは開始3分、右サイドからのシャヒンのFKをニアサイドの大迫がヘッド。しかし、シュートは枠の左に外れた。 ▽続く5分にはゲブレ・セラシェの右クロスをニアに詰めた大迫がボレーで合わせれば、9分には左クロスを大迫が右足ボレーでうまく合わせるも、枠を捉えていたシュートはGKにセーブされる。 ▽その後も18分にクルーゼがミドルシュートを浴びせるなど主導権を握っていたブレーメンだったが、19分に失点する。ロングカウンターからディダヴィのスルーパスに抜け出したドニスに飛び出したGKも交わされて無人のゴールに流し込まれた。 ▽失点したブレーメンは23分にボックス右に進入したゲブレ・セラシェがシュートを放つも枠の左に外れる。すると36分、ディダヴィに入れ替わられて後方から倒したヴェリコビッチが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、ブレーメンは数的不利に陥ってしまった。 ▽後半開始直後、大迫のヘッドでの落としからクルーゼのミドルシュートでGKを強襲したブレーメンは、58分にも大迫からM・エッゲシュタインが決定的なシュートを浴びせ、同点ゴールに迫る。 ▽10人ながら攻勢に出るブレーメンはハルニクとピサーロを投入する2枚代えを敢行すると、68分に相手のミスから同点とした。スローインを受けたGKツィーラーがトラップミスを犯してそのままボールは後方へ流れ、ゴールに吸い込まれた。 ▽追いついたブレーメンは72分、ピサーロのシュートが右ポストを直撃するなど押せ押せだったが、75分にシャヒンのボールロストからゴメスのラストパスを受けたカストロにボックス右からシュートを流し込まれて勝ち越されてしまう。 ▽80分に大迫を下げたブレーメンは終盤、ニコライ・ゴンサレスに再三ピンチを生まれるも、GKパブレンカが凌いだが、1-2で敗戦。今季初黒星を喫している。 2018.09.30 00:48 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントで香川、新天地で大迫と同僚…今夏ブレーメン加入のシャヒン「日本人選手とのプレーが好き」

▽日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンの元トルコ代表MFヌリ・シャヒンが、日本人選手とのプレーを好んでいることを明かした。ドイツ『キッカー』が伝えた。 ▽これまでレアル・マドリーやリバプールに短期間在籍した経験はあるものの、生え抜き選手として長きに渡ってドルトムントでプレーしてきたシャヒン。しかし、今シーズンから就任したルシアン・ファブレ監督のもとでは構想外となり、今年8月31日にブレーメン移籍に完全移籍を果たした。 ▽そのシャヒンは、25日に行われたブンデスリーガ第5節のヘルタ・ベルリン戦で移籍後初の先発出場を果たすと、1アシストで3-1の勝利に貢献。新天地について問われた同選手は、中盤が特に優れていると主張した。また、これまで長きにわたって日本代表MF香川真司とプレーしてきた中で、同国代表FW大迫勇也が在籍していることに喜びを語っている。 「このチームは、中盤に特に良い選手たちがいる。マックス(・クルーゼ)やマルティン(・ハルニク)とかね。それに僕はドルトムントで長い間ある日本人選手(香川真司)とプレーしてきて、パートナーを組んできた。今はその10番のポジションにはまた別の日本人選手(大迫勇也)がいる。すごく楽しめているよ。日本人選手はとてもクレバーだし、僕自身も日本人とのプレーが好きなんだ」 「マキシ(マキシミリアン・エッゲシュタイン)やデビー(・クラーセン)といったハードワークができる選手たちもいる。何より、センターバックの2人であるニクラス(・モイサンデル)やミロス(・ヴェリコビッチ)とうまく連携がとれているのは僕にとって良いことだ。すべてがフィットするにはまだ時間が必要だけどね」 2018.09.29 17:45 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース