ブレーメンのスイス代表DFウリッセス・ガルシアがニュルンベルクへレンタル移籍2018.01.06 03:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブレーメンは5日、スイス代表DFウリッセス・ガルシア(21)がブンデス2部のニュルンベルクへレンタルで移籍することを発表している。期間は今季終了までとなっている。

▽左サイドバックを主戦場とするウリッセス・ガルシアは、2015年夏にグラスホッパーからブレーメンに移籍。これまでブレーメンでは公式戦23試合に出場している。しかし、今季はブンデスリーガ1試合、DFBポカール2試合の出場に留まっていた。スイス代表としてはU-16から選出され、2017年5月に初招集されていた。

▽移籍先のニュルンベルクはブンデス2部で首位デュッセルドルフと1ポイント差の3位と好位置に付けている。

コメント

関連ニュース

thumb

多趣味の元ドイツ代表FWクルーゼがレーシングチーム設立! サッカー選手用の運転教習も構想

▽ブレーメンに所属する元ドイツ代表FWマックス・クルーゼがこのたび自身のレーシングチームを設立したことを明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽これまでザンクトパウリやフライブルク、ヴォルフスブルク、ブレーメンといったクラブで活躍してきた実力派FWのクルーゼ。その一方で、過去にポーカーの世界大会で3位に入ったこともあるプロポーカープレーヤーとしても知られている。 ▽フットボーラーとプロポーカープレーヤーの二足の草鞋を履くクルーゼだが、新たな副業としてモーターレーシングチームを設立したことを明かした。 ▽『マックス・クルーゼ・レーシング(MKR)』と名付けられた同レーシングチームでは、モータースポーツの最高峰フォーミュラ1のスーパースター、セバスチャン・ベッテルの元同僚ベンジャミン・ロイヒターがメインドライバーを務める。また、クルーゼが過去に在籍したヴォルフスブルクの親会社『フォルクスワーゲン』社の『ゴルフGTI TCR』がレース車両として提供される予定だ。 ▽そして、クルーゼとロイヒターを中心とする『MKR』は今後ドイツ国内やヨーロッパを中心に24時間耐久レースなどの各種大会に参戦する見込みだ。 ▽また、クルーゼは今回のレーシングチーム設立に伴い、プロフットボーラー向けの運転教習プログラムの提供を考えているようだ。同選手はブレーメンの公式サイトで以下のように語っている。 「特に現在、多くのフットボーラーは国境を越えるような状況の中で速い車をうまくコントロールできないで運転している」 「僕たちのプログラムではそういった人たちを責任あるドライバーに導いていきたい」 ▽現在のフットボール界では若手プレーヤーを中心に簡単に高級スポーツカーなどが手に入り、スピード違反や交通事故、ときに無免許運転や飲酒運転などが横行している。そのため、クルーゼのこういった取り組みがフットボール界の運転モラルの改善や事故防止に繋がることが期待される。 2018.01.18 01:23 Thu
twitterfacebook
thumb

ウイングの補強を目指すブレーメン、地元紙が紹介する獲得候補に南野拓実の名も

ウイングの補強が急務となっているブレーメンだが、地元紙の『ヴェーザー・クリーア』はザルツブルクに所属する南野拓実を新戦力候補の1人 として紹介した。<br><br>今シーズンのブレーメンは、エースFWマックス・クルーゼの負傷離脱などもあって残留争いに巻き込まれ、前半戦を17位で終えている。クルーゼは復帰を果たしたが、今度は同選手のパートナーとしてプレーするウイングのフィン・バルテルスがアキレス腱断裂の重傷を負い、長期離脱を余儀なくされた。<br><br>バーテルズの代役確保に動くと見られるブレーメンだが、『ヴェーザー・クリーア』は6人の候補をピックアップ。南野やパトリック・ヘアマン(ボルシアMG)、マルコ・ ピアツァ(ユベントス)やヤニス・サリビュール(ギャンガン)、シナン・ギュムス(ガラタサライ)やマクシーム・レスティエンヌ(ルビン・カザン)を紹介し、獲得の実現性などを分析している。<br><br>南野については「ドルトムントの香川真司と同じく、セレッソ大阪からヨーロッパにやって来た22歳の日本人選手は、2015年1月以来ザルツブルクで教育を受けてきた。そのために南野は相手ボールの際の対応法や、ゴールへの最短の道も知っている。その能力を引き出すため、彼のスピードと両足に備える強力なフィニッシュが助けになる。南野はウイングのみではなく、セカンドストライカーとしてもプレーが可能だ」と紹介した。<br><br>また同選手の今後については「今シーズン、ここまでのリーグ戦で4ゴール3アシストを記録した日本人選手は、遅かれ早かれ、欧州のより大きなリーグに向かうだろう。マルセル・サビッツァーやナビ・ケイタなど他の元ザルツブルク選手とは異なり、南野は未来のトッププレーヤーではなく、&rdquo;ただの&rdquo;優秀なタレントと見られている。そのため、攻撃的オールラウンダーを契約が満了となるシーズン終了の前に獲得するのも不可能ではないかもしれない。ただし、ザルツブルク側が契約延長オプションを保有していることも考慮しなくてはならない」と述べられている。<br><br>南野はザルツブルクで公式戦111試合に出場し、36ゴールをマークしている。『ヴェーザー・クリーア』でも言及されるように、他リーグへの移籍が近づいているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.31 13:41 Sun
twitterfacebook
thumb

自動降格圏脱出のブレーメンが暫定指揮のコーフェルト監督の続投を発表

▽ブレーメンは18日、今シーズン途中に指揮官に就任していたフロリアン・コーフェルト暫定監督(35)の続投を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽10月に成績不振を受けてアレクサンダー・ヌーリ監督を解任していたブレーメン。U-23を率いていたコーフェルト氏に暫定的に指揮を執らせると、開幕から5分け5敗と10戦未勝利だったチームが7試合で3勝1分け3敗と結果を残し、最下位を脱出していた。 ▽ブレーメンのフランク・バウマンSD(スポーツ・ディレクター)は、コーフェルト監督について「我々はチームの希望を見出し、フロリアン・コーフェルトに永久的に仕事を続ける機会を与えたいと思う」とコメント。ブンデスリーガ残留と、来シーズンへのチーム作りを期待していることを明かした。 2017.12.19 11:59 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤が5試合ぶり先発のマインツ、2点差を追いつきブレーメンにドロー《ブンデスリーガ》

▽マインツは16日、ブンデスリーガ第17節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。マインツのFW武藤嘉紀は60分までプレーしている。 ▽前節ドルトムント戦を0-2と敗れた15位マインツ(勝ち点16)は、背中の負傷でここ4試合欠場していた武藤が5試合ぶりにスタメンとなり、[4-2-3-1]の最前線で起用された。 ▽17位ブレーメン(勝ち点14)に対し、マインツは開始2分に失点する。中盤でボールを失ってショートカウンターを受けると、バルクフレーデにミドルシュートを突き刺された。 ▽早々に失点したマインツは6分にエツナリの左足ミドルがバーを直撃。惜しいシーンを生み出すと、7分のカインツのミドルシュートはGKゼントナーが好守で凌いだ。 ▽その後はマインツが前がかる展開となるも、17分に追加点を奪われる。FKの流れからボックス右のベルフォディルにヘディングでのループシュートをうまく流し込まれた。 ▽ハーフタイムにかけてもカウンターを狙うブレーメンに主導権を握られるマインツは、思うようにチャンスを作れず前半を2点ビハインドのまま終えた。 ▽後半からバログンに代えてFWのベルグレーンを投入したマインツは、2トップに移行。すると開始3分、武藤に決定機。しかし、エツナリのパスをゴールエリア右で受けた武藤だったが、DFのブロックに阻まれ、シュートを打ちきることができなかった。 ▽結局、復帰戦で見せ場を作れなかった武藤は60分に交代。しかし、チームは70分に武藤と代わって入ったクアイソンのゴールで1点を返すと、試合終了間際の追加タイム3分に同点に追いついた。 ▽スローインの流れからF・フライのボレーシュートがネットを揺らした。2点差を追いついたマインツが勝ち点1をもぎ取っている。 2017.12.17 06:08 Sun
twitterfacebook
thumb

香川アシストもブレーメンに競り負けたドルトムント、リーグ戦8試合勝利なし《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは9日、ブンデスリーガ第15節でブレーメンをホームに迎え、1-2で敗れた。ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。 ▽10人のレバークーゼンに引き分け止まりとなり、リーグ戦7試合勝利なしと泥沼状態の6位ドルトムント(勝ち点22)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦を2-3と打ち負け、未勝利で大会を後にすることとなった。そのドルトムントはレアル・マドリー戦のスタメンから2選手を変更。プリシッチとシャヒンに代えてヤルモレンコとピシュチェクを起用した。システムはレアル・マドリー戦同様に[5-3-2]で臨み、香川はダフードと中盤センターでコンビを組んだ。 ▽ここ3試合で2勝と復調している17位ブレーメン(勝ち点11)に対し、ドルトムントは13分にクルーゼのミドルシュートでGKを強襲される。 ▽さらに22分、ユヌゾビッチのボレーシュートでゴールを脅かされたドルトムントは26分に失点する。クルーゼのサイドチェンジをボックス右で受けたマキシミリアン・エッゲシュタインに切り返しでDFを外されると、左足を一閃される。これが左サイドネットに吸い込まれた。 ▽続く33分にはロングカウンターからクルーゼに際どいシュートを浴びたドルトムントは、前半を良いところなく終了した。 ▽そのドルトムントはハーフタイムに2選手を変更。ヤルモレンコとラファエウ・ゲレイロに代えてシャヒンとシュールレを投入した。 ▽すると47分、香川がボックス手前中央から左足ミドルを放つと、シュートは枠の中央を上を捉えたが、GKのセーブに阻まれた。 ▽攻勢を強めるドルトムントは52分にシュールレのボレーシュートでGKを強襲すると、57分に試合を振り出しに戻した。シュメルツァーの左クロスをファーサイドの香川がヘッドで折り返すと、オーバメヤンが身体で押し込んだ。 ▽しかし、63分に突如大ピンチ。ボックス中央への侵入を許したゴンドルフに決定的なシュートを許してしまう。ここはGKビュルキの好飛び出しで防ぐと、続く64分のクルーゼの右足ミドルもGKビュルキがビッグセーブで阻止した。だが直後の右CKからゲブレ・セラシェのヘディングシュートが決まって、ドルトムントは再び勝ち越されてしまう。 ▽再び追う展開となったドルトムントは72分、プリシッチの左クロスをファーサイドの味方がヘッドで折り返し、香川がシュート。決定的だったが、ゴール前のオーバメヤンに当たってゴールとはならない。 ▽結局、90分の香川のシュートも枠を捉えきれず、ドルトムントは1-2のまま敗戦。リーグ戦8試合白星なしとなった。 2017.12.10 01:41 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース