なでしこジャパン候補に4名が初招集! MF有吉佐織が昨年3月以来の復帰《トレーニングキャンプ》2018.01.05 19:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は5日、15日から19日まで東京で行われるトレーニングキャンプに臨むなでしこジャパン候補メンバーを発表した。

▽今回のメンバーには、EAFF E-1サッカー選手権に出場したメンバーが中心となり、DF鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)やMF猶本光(浦和レッズレディース)、FW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)らが選出。海外組は招集されておらず、MF有吉佐織(日テレ・ベレーザ)が2017年3月以来の招集となった。

▽また、DF宮川麻都(日テレ・ベレーザ)、MF宮澤ひなた(星槎国際高湘南)、FW谷口木乃実(バニーズ京都SC)、FW植木理子(日テレ・ベレーザ)の4名が初招集となった。

▽今回のメンバーについて高倉麻子監督は、「昨年に引き続き、フィジカル強化を目的としたトレーニングキャンプを実施します。当面の目標である4月のアジアカップ優勝とワールドカップ出場権獲得のために、一年が始動するこのタイミングで、故障なく戦える身体作りはもちろんのこと、フィジカルに勝る世界の強豪を相手にしっかりと挑める身体作りに取り組みます。ご覧の通り27人と多めに選手を招集しますが、年齢や経験に関係なく、自分をさらけ出して、アジアカップに向けて生き残りをかけて激しい競争を繰り広げて欲しいと思います。そして、「自分がこのチームを勝たせるんだ」という強い気持ちを見せて欲しいと思います」とコメントした。

▽今回発表された、なでしこジャパン候補メンバーは以下のとおり。

◆なでしこジャパン候補メンバー
GK
池田咲紀子(浦和レッズレディース)
山下杏也加(日テレ・ベレーザ)
松本真未子(浦和レッズレディース)

DF
鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)
坂本理保(AC長野パルセイロ・レディース)
高木ひかり(ノジマステラ神奈川相模原)
大矢歩(愛媛FCレディース)
三宅史織(INAC神戸レオネッサ)
清水梨紗(日テレ・ベレーザ)
万屋美穂(マイナビベガルタ仙台レディース)
北川ひかる(浦和レッズレディース)
宮川麻都(日テレ・ベレーザ)※

MF
有吉佐織 (日テレ・ベレーザ)
中島依美(INAC神戸レオネッサ)
猶本光(浦和レッズレディース)
隅田凛(日テレ・ベレーザ)
長谷川唯(日テレ・ベレーザ)
宮澤ひなた(星槎国際高湘南)※

FW
櫨まどか(マイナビベガルタ仙台レディース)
菅澤優衣香(浦和レッズレディース)
岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)
田中美南(日テレ・ベレーザ)
増矢理花 (INAC神戸レオネッサ)
籾木結花(日テレ・ベレーザ)
谷口木乃実(バニーズ京都SC)※
上野真美(愛媛FCレディース)
植木理子(日テレ・ベレーザ)※

コメント

関連ニュース

thumb

宝田&植木のダブルハットでパラグアイを6発粉砕! 決勝T進出《U-20女子W杯》

▽U-20日本女子代表は13日、FIFA U-20女子ワールドカップ(W杯)2018グループC最終節でU-20パラグアイ代表と対戦し、6-0で大勝した。この結果、2大会連続での決勝トーナメント進出が決まった。 ▽9日に行われた2戦目のU-20スペイン代表戦を0-1と惜敗した日本は、スペイン戦のスタメンから4選手を変更。GKスタンボー華や初戦のアメリカ戦でゴールを決めた林穂之香らがスタメンに戻った。 ▽自力での決勝トーナメント進出のためには4点が必要な日本は開始5分、遠藤純の左クロスから宝田が押し込んであっさり先制する。 ▽さらに18分、林の浮き球パスに抜け出した宝田が2点目を決め、リードを広げる。そして44分には左クロスを植木理子[写真]がヘッドで押し込み、3-0とした。止まらない日本は前半追加タイム3分、遠藤の左クロスを植木が合わせて4-0とし、ハーフタイムに入った。 ▽後半も攻め手を緩めない日本は60分、遠藤が左サイドを抜け出して最後は植木が決めてハットトリック達成。さらに1分後、宝田が抜け出してGKとの一対一を制し、宝田もハットトリック達成。2トップのダブルハットトリックで大勝した日本が2大会連続の決勝トーナメント進出を決めた。ベスト8ではD組1位と対戦する。 2018.08.13 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ヤングなでしこ、セットプレーからの失点で欧州王者スペインに惜敗…《U-20女子W杯》

▽U-20日本女子代表は9日、FIFA U-20女子ワールドカップ(W杯)2018グループC第2節でU-20スペイン代表と対戦し、0-1で敗戦した。 ▽6日に行われた初戦のU-20アメリカ代表戦をMF林穂之香のロングシュート弾で勝利した日本は、前節同様にフラットな[4-4-2]を採用。GKに鈴木あぐり、4バックに右から牛島理子、高橋はな、南萌華、北村菜々美、中盤に右から宮澤ひなた、長野風花、林穂之香、遠藤純、2トップに宝田沙織と村岡真実と並べた。 ▽集中した入りを見せた日本は9分、右クロスをボックス手前で村岡が競り合うと、こぼれ球を拾った遠藤がボックス左から侵攻。ブロックに入った相手DFを切り返しでかわしたが、シュートは飛び出した相手GKのブロックに防がれた。 ▽良い立ち上がりを見せた日本だが、16分にセットプレーから失点を許す。左CKの混戦から最後はメナヨにボールを押し込まれた。 ▽先制を許した日本の反撃は27分、ボックス左で長野からのパスを受けた村岡が相手GKの位置を確認し、ループ気味のシュートでゴール右隅を狙ったが、このシュートはわずかに枠の上に外れた。 ▽1点ビハインドで後半を迎えた日本は、59分に宝田と村岡を下げて宮川麻都と植木理子を投入する2枚替えを敢行。すると61分、植木がボックス左手前で倒されFKを獲得。しかし、長野のFKはスペインの壁に当たってしまった。 ▽その後も何度かスペインゴールに迫った日本だが、同点弾を挙げることが出来ず。結局、試合は0-1のまま終了。1勝1敗となった日本は、2大会連続の決勝トーナメント進出を懸けて13日にU-20パラグアイ女子代表と対戦する。 2018.08.10 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンでメンバー変更! DF市瀬菜々の負傷でMF高木ひかりが追加招集《アジア競技大会》

▽日本サッカー協会(JFA)は9日、第18回アジア競技大会に臨むなでしこジャパンメンバーに関してメンバー変更があったことを発表した。 ▽JFAの発表によると、DF市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)が負傷によってメンバー入りを辞退したため、MF高木ひかり(ノジマステラ神奈川相模原)を追加招集したという。 ▽なお、なでしこジャパンの初戦は、16日に行われるタイ女子代表戦。21日にベトナム女子代表と対戦し、その後はノックアウトステージに臨む。 2018.08.09 18:18 Thu
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、メンバー発表! 宇津木瑠美、川澄奈穂美、猶本光らは不参加《アジア競技大会》

▽日本サッカー協会(JFA)は3日、第18回アジア競技大会に臨むなでしこジャパンメンバー20名を発表した。 ▽現在アメリカ遠征を行っているなでしこジャパンだが、アジア競技大会に向けて新たなメンバーを招集せず。DF宇津木瑠美(シアトル・レインFC)、FW川澄奈穂美(同)、MF猶本光(SCフライブルク)、GK平尾知佳(アルビレックス新潟レディース)、MF三浦成美(日テレ・ベレーザ)がチームから外れることとなった。 ▽高倉麻子監督は今回のメンバー選考についてJFAを通じてコメント。アジア競技大会に向けての意気込みも語った。 「アジア競技大会は、AFC女子アジアカップに続くアジアのタイトルをかけて臨む重要な大会となります。一年後に控えたFIFA女子ワールドカップで優勝という目標を実現するためにも、今回のアジア競技大会においては、これまで取り組んできたなでしこジャパンのサッカーの「強度」と「精度」を上げていきながらチームの底上げをはかり、そして、『なでしこジャパンらしさ』のさらなる上積みにチャレンジし、結果にこだわって戦っていきたいと思います」 ▽なでしこジャパンの初戦は、16日に行われるタイ女子代表戦。21日にベトナム女子代表と対戦し、その後はノックアウトステージに臨む。今回発表されたなでしこジャパンメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆なでしこジャパンメンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) 18.<span style="font-weight:700;">山下杏也加</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">DF</span> 3.<span style="font-weight:700;">鮫島彩</span>(INAC神戸レオネッサ) 6.<span style="font-weight:700;">有吉佐織</span>(日テレ・ベレーザ) 4.<span style="font-weight:700;">三宅史織</span>(INAC神戸レオネッサ) 2.<span style="font-weight:700;">清水梨紗</span>(日テレ・ベレーザ) 17.<span style="font-weight:700;">國武愛美</span>(ノジマステラ神奈川相模原) 5.<span style="font-weight:700;">市瀬菜々</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">MF</span> 7.<span style="font-weight:700;">中島依美</span>(INAC神戸レオネッサ) 15.<span style="font-weight:700;">阪口萌乃</span>(アルビレックス新潟レディース) 12.<span style="font-weight:700;">増矢理花</span>(INAC神戸レオネッサ) 16.<span style="font-weight:700;">隅田凜</span>(日テレ・ベレーザ) 10.<span style="font-weight:700;">籾木結花</span>(日テレ・ベレーザ) 14.<span style="font-weight:700;">長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.<span style="font-weight:700;">菅澤優衣香</span>(浦和レッズレディース) 8.<span style="font-weight:700;">岩渕真奈</span>(INAC神戸レオネッサ) 13.<span style="font-weight:700;">横山久美</span>(AC長野パルセイロ・レディース) 11.<span style="font-weight:700;">田中美南</span>(日テレ・ベレーザ) 2018.08.03 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、アメリカ遠征3戦全敗 最終戦も豪州女子代表に黒星《2018 Tournament of Nations》

▽なでしこジャパンは日本時間3日、2018 Tournament of Nations第3戦のオーストラリア女子代表戦に臨み、0-2で敗れた。なでしこは3戦全敗となる。 ▽初戦のアメリカ女子代表戦に続き第2戦のブラジル女子代表戦も落としたなでしこジャパン。中3日で迎えた第3戦は、第2戦に引き続き[4-4-2]を用い、代表デビューのGK平尾知佳が初先発を飾った。 ▽序盤から前線からのプレスがハマったなでしこジャパンは、相手のミスに乗じたカウンターで徐々にペースを掌握。その中で、ボールの主導権を握る時間も増やしていき、オーストラリア女子代表のゴールに迫る。 ▽だが、なでしこジャパンは良いリズムを得点に結びつけられぬまま後半へ。すると、立ち上がりの47分、途中出場の三浦が与えたボックス付近のFKからアランナ・ケネディに直接決められ、先制を許してしまう。 ▽リズムを狂わされたなでしこジャパンは、反撃に出るが、ゴールが遠い。結局、80分に許したカウンターからサマンサ・カーに追加点を奪われ、万事休す。なでしこジャパンは今大会を3戦全敗で終えている。 なでしこジャパン 0-2 オーストラリア女子代表 【オーストラリア】 アランナ・ケネディ(後2) サマンサ・カー(後35) 2018.08.03 10:45 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース