「バイエルンで多くのことを達成したい」 ハメス、マドリー復帰の考えなし?2018.01.05 14:34 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、レアル・マドリーからレンタル移籍中のバイエルンで長くプレーしたいと考えているようだ。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。

▽2014年7月にマドリーに加入したハメス・ロドリゲスは、2016年1月にジネディーヌ・ジダン監督が就任して以降、出場機会が減少。今夏の移籍市場で買取オプション付きの2年間のレンタルでバイエルンに加入した。今シーズンは負傷の影響で開幕こそ出遅れたものの、ここまで公式戦19試合に出場して2ゴール4アシストを記録。ブンデスリーガの首位独走に貢献している。

▽バイエルンでポジションを確保しつつあるハメス・ロドリゲスだが、「ミュンヘンでとても幸せ」だと、同クラブでの生活に満足しているようだ。

「ここに残る。僕の存在はここにあるし、ミュンヘンでとても幸せなんだ。他のことについて何も考えたくはないよ」

「ブンデスリーガのスタジアムがすごく好きだ。常に満員で、とても素晴らしいチームと対戦することもできる。トップリーグだよ」

「チームとはとても良いフィーリングでプレーできているよ。このチームで多くのことを達成したいと思っているし、シーズン後半戦は物事がもっとうまくいくと良いね」

コメント

関連ニュース

thumb

ベンゼマに辛辣なマカーイ氏「いろいろしてるらしいが、ソファーから見る限りゴールは決めてない」

元オランダ代表FWロイ・マカーイ氏が、古巣バイエルンとチャンピオンズリーグ準決勝で対戦するレアル・マドリーについてコメントした。<br><br>現在フェイエノールトで、下部組織の監督及びトップチームのFWコーチを務めているマカーイ氏。スペイン『アス』とのインタビューに応じた同氏は、バイエルンとレアル・マドリーのどちらが強いかとの問いに対して、次のようにコメントしている。<br><br>「突破の確率は50%ずつだね。マドリーはリーガで強さを発揮し、バイエルンはすべてで強さを示している。バイエルンはとても万能で、ハインケスは中盤で6~7選手を起用できる。ジダンのマドリーもそうだけど」<br><br>その一方でマカーイ氏は、今季公式戦9得点とゴール欠乏症に悩まされるFWカリム・ベンゼマについて、辛辣な意見を述べる。「ベンゼマのことはどう思いますか?」との質問に「私にとって最高のストライカーはレヴァンドフスキだ」と答え、こう続けた。<br><br>「レヴァンドフスキはゴールを決め、チームのプレーを活性化させ、アシストも記録している&hellip;&hellip;。ドルトムントで重要な存在だったし、バイエルンでもそうだ。マドリーが実際に彼に興味を示しているとしても、驚きはないね」<br><br>「ベンゼマ? 彼は重要な存在だった。けれども、過去数年のようなレベルにはない。今季、一体何点決めたんだ? ほんのちょっとだ。ストライカーにとって最も重要な仕事は、ゴールを決めることじゃないのか。マドリーが幸運だったのは、それができる選手、クリスティアーノがいることだ。一方ベンゼマはこの2~3年間、以前のようなレベルにない」<br><br>「ジダンはゴール以外の様々なことをしていると、ベンゼマを擁護しています」との問いに対しては、このように返答する。<br><br>「自分はソファーから意見を言うだけだ。しかし、テレビで見ている限り、ゴールは少ししか決めていない」<br><br>マカーイ氏はまた、自身が所属していた頃のバイエルンを仕切っていたのがオリバー・カーン氏であった語り、その姿をDFセルヒオ・ラモスと重ねている。<br><br>「カーンは勝者だった。素晴らしいキャプテンだったよ。練習の姿勢が試合と変わらず、ほかの選手の面倒も見ていた&hellip;&hellip;。すべてを勝ち取ることを望み、凄まじい影響力があったんだ。今はラモスのことも同じように見ている。クリスティアーノもいつだって勝利を望んでいる。が、セルヒオ・ラモスはセルヒオ・ラモスってことだ」<br><br>「私がスペインにいた頃の彼は、セビージャでプレーし始めたばかりの若造だった。それがマドリーのキャプテンにまで上り詰めたのならば、何かを持っていたということだろう」<br><br>提供:goal.com 2018.04.24 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ノイアー、約7カ月ぶりに全体練習へ参加…部分合流もハインケスは「回復具合にはとても満足している」

▽バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは20日、約7カ月ぶりにチーム練習へ参加したようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽“世界最高GK"として名高いノイアーは、昨年9月18日のトレーニング中に中足骨を骨折した。そんな中、自身の32歳の誕生日である3月27日に負傷して以来初めて練習場に復帰して、リハビリトレーナーの付き添いの下で、10分間のジョギングを2度実施。今月5日にはキーパー練習を行い、負傷して以来初めてボールを使ったトレーニングを開始していた。 ▽今回伝えられるところによると、ノイアーはチームトレーニングに部分合流。指揮官のユップ・ハインケス監督は「彼の回復具合にはとても満足している」とコメントした。ノイアー自身も「ゆっくりとGK練習を行っていく」と慎重な姿勢を見せた。 2018.04.21 10:25 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンCEO、決戦を前に意気込む「レアル・マドリーを倒せるチームがあるとすれば、それは我々だ」

バイエルン・ミュンヘンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが、決戦を前に自信をのぞかせている。<br><br>バイエルンはチャンピオンズリーグ準決勝でレアル・マドリーと対戦する。昨季は準々決勝でマドリーに敗れているバイエルンだが、今季は雪辱を期して意気込んでいる。<br><br>ルンメニゲCEOは「レアル・マドリーに勝つためには、偉大な試合を2度演じなければいけない。だが、彼らを倒せるチームとすれば、それはバイエルンだ」とのマドリーとの一戦について語った。<br><br>また、ルンメニゲCEOはユップ・ハインケス監督を称賛している。<br><br>「このチームには、個の能力に秀でた選手がたくさんいる。ユップは、素晴らしい形でそのパズルを組み立ててくれた。今のチームに、嫉妬やエゴイズムは存在しない。大いなるチームスピリットに支えている」<br><br>一方、バイエルンMFトーマス・ミュラーは精神面の重要性を指摘した。<br><br>「僕たちは最高にハングリーな状態だ。とても貪欲になっている。まだやるべきことが残されている。ここまではブンデスリーガのタイトルを獲得しただけ。ただ、この前のレバークーゼン戦なんかはファンのハートをつかんだかもしれないね。ドイツサッカーの宣伝になるような試合だった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 23:56 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンOBがC・ロナウドに懇願?「本来であれば違いをつくる選手だが...」

元バイエルン・ミュンヘンのローター・マテウス氏が、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドにあるお願いをしている。<br><br>バイエルンはチャンピオンズリーグ(CL)準決勝でレアル・マドリーと対戦する。この試合で、バイエルンが注意すべきは今季のCLで15得点を挙げて得点ランク首位に立つC・ロナウドだ。<br><br>マテウス氏は、決戦を前に次のように話している。スペイン『EFE通信』がコメントを伝えた。<br><br>「バイエルンには偉大な選手が揃っているし、大きなスピリットがある。だがレアル・マドリーは素晴らしいチームだ。それだけではない。ロナウドという違いをつくる選手がいる。ただ、バイエルン戦では違いをつくらないでほしいね」<br><br>「レアル・マドリーがバイエルンより優れているとは言えないだろう。両チームともに、フットボールで歴史を築いてきた。最終的にはチームスピリットが結果を左右するかもしれないね」<br><br>マドリーは準々決勝で&rdquo;疑惑のPK&rdquo;により、ユベントスを下している。マテウス氏は一連の騒動にも触れた。<br><br>「あのPKは、吹く審判もいれば、吹かない審判もいるだろう。チャンピオンズリーグの準々決勝、準決勝、決勝というのは、ディテールで決まってしまう。フットボールは不条理なんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

懸念材料はバイエルンの重圧...判定めぐる過熱報道を危惧するレアル・マドリー

レアル・マドリーは、ビッグマッチで正当な判定が下されるかどうかを気にかけているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でユベントスを下して準決勝進出を決めたマドリーだが、第2戦で終了間際にMFルーカス・バスケスが相手DFベナティアに倒されて獲得したPK(クリスティアーノ・ロナウドが得点)が物議を醸した。ジネディーヌ・ジダン監督が「『試合の盗難』を話題にされていることに憤りを感じる」と語れば、MFイスコは「同じ職業において、ふたつの基準がある。恥ずべきことだ」と、ルーカス・バスケスは「アンチ・マドリディスモがあると感じて得要る。あのPKが、イタリアよりスペイン国内で議論されているんだ。マドリーが8年連続で準決勝進出を決めたから、嫉妬しているんだよ」と指揮官に同調した。<br><br>17日付の『マルカ』紙面は「レアル・マドリーが試合の盗難を懸念している」と一面トップで報じた。翌日の紙面ではその続報として、CL準決勝で対戦するバイエルンがこの過熱報道を利用することを予想。ウリ・ヘーネス会長やカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが試合前に判定について何らかの意見を述べるだろうとつづっている。<br><br>マドリーとバイエルンは昨季CL準々決勝で激突している。その際にも判定が議論を呼んだ。第2戦の延長戦まで持つれ込んだ一戦は、結果マドリーが2試合合計スコア6-3で勝利を収めている。しかし第2戦の試合では、ハンガリー人主審ビクトール・カサイのジャッジが波紋を呼んだ。バイエルン側はMFアルトゥーロ・ビダルへの2枚目のイエローカード、延長戦突入後のマドリーの2得点がオフサイドポジションから生み出されたものとして、レフェリングに不服を唱えていた。<br><br>一方でマドリーは現在、UEFAの審判団決定を冷静に待つ構えを示している。この一連の騒動が8年連続CL準決勝進出によって生み出されたものだとの自覚があり、UEFAが強いパーソナリティーを備えたエキスパートを選任することを望んでいるとされている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 00:30 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース