“クロアチアのレジェンド”プロシネツキ氏がボスニア・H監督に就任2018.01.05 02:23 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会(FSBiH)は4日、ロベルト・プロシネツキ氏(48)を指揮官に迎えたことを発表した。

▽ボスニア・Hではロシア・ワールドカップ欧州予選でベルギー代表やギリシャ代表と同居したグループで3位に終わり、2大会連続となる本大会出場を逃がしたことを受け、昨年10月にメフメド・バジダレビッチ前監督を解任していた。

▽プロシネチキ氏は現役時代、レアル・マドリーやバルセロナでプレー。クロアチア代表としてはフランス・ワールドカップで3位躍進に貢献するなど、輝かしい実績を残した。現役引退後はレッドスターやカイセリスポル、アゼルバイジャン代表を率いていた。

コメント

関連ニュース

thumb

韓国、FWヴィスチャのハットでボスニア・Hに敗北…W杯本大会に暗雲《国際親善試合》

▽韓国代表は6月1日、国際親善試合でボスニア・ヘルツェゴビナ代表とホームで対戦し、1-3で敗北した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)でドイツ代表、メキシコ代表、スウェーデン代表と同居した韓国は[3-4-1-2]を採用し、欧州で結果を残しているソン・フンミン、ファン・ヒチャンを2トップに据えた。 ▽28分、ボスニア・ヘルツェゴビナが試合を動かす。左サイドでボールを持ったチビッチがクロスを上げると、中央の密集地帯を超えたボールがファーまで抜ける。これに反応したヴィスチャが、角度のないところから決めた。 ▽しかし、直後の30分に韓国がすぐさま反撃に出る。ファン・ヒチャンの落としをボックス手前で受けたイ・ジェソンが、ボックス左に侵攻。前に出たGKシェヒッチの頭上を抜くシュートを放ち、スコアを振り出しに戻した。 ▽試合は同点で折り返しを迎えるに思われたが、前半終了間際の46分にもボスニア・ヘルツェゴビナの速攻が火を吹く。ドゥリェヴィッチからの大きなフィードに反応したヴィスチェがボックス右に抜け出す。右足でシュートを放ち、勝ち越し弾を奪い切った。 ▽ここで前半が終了。後半に入ると、ボスニア・ヘルツェゴビナは57分にピャニッチに代えてサリッチを、60分にゼコに代えてバイッチを投入し、主力格を下げていく。 ▽それでも79分、またしてもボスニア・ヘルツェゴビナが破壊力を見せ付ける。バイッチが後方からボックス内にフィードを送ると、ヴィスチャがボックス内でダイレクトボレーを敢行。難易度の高いシュートを難なく成功させてボールをネットに突き刺し、ハットトリックを達成した。 ▽スコアは1-3とされた韓国は、その後もボスニア・ヘルツェゴビナから得点を奪うことができず試合を終了。W杯本大会に向けて不安の残る結果となった。 ▽9大会連続10度目のW杯出場となる韓国は、6月18日にグループF第1節でスウェーデンとの初戦を迎える。 2018.06.01 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

元日本代表監督のハリルホジッチ氏が母国の最高勲章を授与

▽元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏が、ボスニア・ヘルツェゴビナにおける最高の賞である「欧州運動勲章」を受賞した。ボスニア・ヘルツェゴビナ『avaz』が報じた。 ▽2015年から日本代表で指揮を執っていたハリルホジッチ氏は、4月7日付けで契約解除を言い渡されていた。今回ハリルホジッチ氏に贈られたのは、『オルデン・エヴロプスコグ』勲章。11日にサラエボで授与式が行われ、ボスニアを管理する国際機関OHRのヴァレンティン・インツコ上級代表が出席していた。 ▽受賞したハリルホジッチ氏は「私は何年も海外にいたが、人々が忘れていなかったことを誇りに思います。私はこれまでも重要な表彰を受けてきたが、母国の賞を貰えることは素晴らしい」とコメントしている。 ▽また、インツコ氏も今回の表彰についてコメント。「ボスニア・ヘルツェゴビナは、世界に多くのものを与えてきた。ハリルホジッチ氏とイビチャ・オシム氏は最高の例だ。ボスニア・ヘルツェゴビナは日本に2人の監督を派遣している。これは、ボスニア・ヘルツェゴビナ国民が成功し、世界で認められているという楽観的なメッセージだ」とコメント。ハリルホジッチ氏だけでなく、かつて日本代表を率い、ジェフユナイテッド千葉でタイトルも獲得しているオシム氏の名前も出し、日本でのボスニア・ヘルツェゴビナ人の成功を喜んだ。 ▽ハリルホジッチ氏は、ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラビア)のヤブラニツァで1952年に誕生。現役時代には旧ユーゴスラビア代表としても活躍。ボスニア・ヘルツェゴビナのFKヴェレジュ・モスタルやフランスのナントやパリ・サンジェルマンで活躍した。 ▽引退後は、古巣のFKヴェレジュ・モスタルで監督としてのキャリアをスタート。フランスではリールやレンヌ、パリ・サンジェルマンで指揮。その他、トラブゾンシュポルやアル・イテハド、ディナモ・ザグレブなどのクラブを指揮したほか、コートジボワール代表、アルジェリア代表、そして日本代表を指揮していた。 2018.05.14 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

日本と対戦のセネガル、マネやクリバリら主力出場も2戦連続ドローで代表ウィークを終える《国際親善試合》

▽国際親善試合のセネガル代表vsボスニア・ヘルツェゴビナ代表が27日に行われ、0-0のドローに終わった。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)本大会前最後となるインターナショナルウィーク。本大会で日本代表と同じグループHに在籍するセネガルは23日に行われたウズベキスタン代表戦を1-1のドローで終えた。迎えた今節では先発10人を変更し。GKにA・ディアッロ、3バックにサリフ・サネ、クリバリ、ジロボジ。中盤はウイングバックにサバリとA・トラオレ、中盤はセヴェとB・エンディアイエ、トップ下にマネ。2トップにムサ・ソウとM・ディウフが入った。対するボスニア・ヘルツェゴビナはピャニッチやゼコ、コラシナツといった主力が起用された。 ▽マネやクリバリら主力を起用して[3-5-2]の布陣を採用したセネガルだが、立ち上がりから前線でゼコが起点を作るボスニア・ヘルツェゴビナに押し込まれる展開が続く。マイボール時のミスや切り替えの遅さが目立つ中、ゼコのポストプレーに抜け出したヴィスチャに決定機を許す。 ▽それでも、前半半ばを過ぎて徐々に中盤と前線の間でボールを受けるマネにボールが入り始めると、そこからチャンスを創出。29分にはボックス左でパスを受けたソウが左足のシュートを放つが、これは相手GKの好守に阻まれる。その後は一進一退の攻防を見せたものの、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も行ったり来たりの展開が続く中、ボスニア・ヘルツェゴビナがやや試合を優勢に進めていく。60分にはボックス左に持ち込んだコラシナツがニアを狙った強烈なシュートを放つが、これはGKディアッロの好守で事なきを得る。 ▽その後、互いに主力をベンチに下げたことでよりこう着状態が強まった試合は中盤での潰し合いが目立つ展開に。この流れの中でセネガルは時折、個の力でゴールに迫る場面を作ったものの、ボスニア・ヘルツェゴビナの守備を崩し切るまでには至らず。やや見せ場を欠いた試合はこのままゴールレスでタイムアップ。ピャニッチやゼコを擁するボスニア・ヘルツェゴビナ相手に守備面で一定の評価を得たものの、ウズベキスタン戦に続き拙攻が目立ったセネガルは今回のインターナショナルウィークを2戦共にドローで終えた。 2018.03.28 05:43 Wed
twitterfacebook
thumb

ルリッチがボスニア・ヘルツェゴビナ代表を引退、W杯初出場に貢献

▽ラツィオのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFセナド・ルリッチ(31)が29日、同国代表からの引退を発表した。ルリッチが自身のフェイスブックで語っている。 「この決断は決して一夜でしたわけではない。愛するボスニア・ヘルツェゴビナのユニフォームを脱ぐわけだからね。でも、別れを告げる時が来た。家族らと考えに考えて代表からの引退を決めた」 「これまで代表のために身を粉にしてきた。莫大な愛と時間を費やしてきた代表からの引退を発表するのは本当に重いことなんだ」 「代表では良いことも悪いこともあった。キャリアで最高の瞬間はブラジル・ワールドカップに出場できたことだね。一方で次のワールドカップへの出場を逃がしたことが辛い出来事となった。若い選手たちには僕らの過ちを繰りかえさないでもらいたい」 「それでも嬉しい思いもたくさんしたし、代表のためにベストを尽くしてきたから後悔はしていない。引退の決断は若手の力強さを感じ、新たな血を入れる必要があると思ったからだ。これまでの僕へのサポートと、共に戦ってくれたことに感謝している」 ▽左サイドを主戦場にプレーするルリッチは、2008年6月に代表デビュー。57キャップを刻み、4ゴールを記録した。2014年ブラジル・ワールドカップでは同国史上初のW杯出場に貢献していた。 2017.12.29 23:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘルタ主将イビセビッチ、ボスニア・H代表を引退 「素晴らしい時を過ごせた」

▽ヘルタ・ベルリンで主将を務めるボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWヴェダド・イビセビッチ(33)が代表引退を表明した。 ▽ボスニア・ヘルツェゴビナ生まれながらアメリカでプロキャリアをスタートさせたイビセビッチは、2004年のパリ・サンジェルマン移籍から欧州を主戦場にプレー。以降、ディジョン、アーヘン、ホッフェンハイム、シュツットガルトを渡り歩き、2015年夏から日本代表FW原口元気も所属するヘルタ・ベルリンに活躍の場を移した。 ▽2007年にA代表デビューを果たしたボスニア・ヘルツェゴビナ代表キャリアにおいては、通算82キャップで28ゴール。2014年に行われたブラジル・ワールドカップの同国代表メンバーとしても、グループステージ3試合に出場し、1ゴールを記録した。 ▽だが、ボスニア・ヘルツェゴビナは、2018年に行われるロシア・ワールドカップ行きが叶わず、欧州予選のグループリーグで敗退。ドイツ『Sport1』は、この結果を受けて10年間の代表キャリアに終止符を打つことを決意したイビセビッチのコメントを次のように伝えている。 「ロシア・ワールドカップ欧州予選を突破できなければ、その時点で次のステップを踏もうと決めていた。次世代のためにスペースを作ってあげたいんだ」 「僕は、代表で素晴らしい時を過ごせた。たくさんの忘れがたい瞬間を思い出すだろうね。僕にとって、ボスニアのためにプレーすることはとても名誉なことだった」 2017.11.12 19:15 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース