【セリエA第20節プレビュー】新年初戦から後半戦スタート、ヴィオラvsインテル開催2018.01.05 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017年最終戦となった前節の前半戦ラストマッチでは首位ナポリ、2位ユベントスが勝利した一方、インテルとラツィオの上位対決が引き分けに終わり、ローマも引き分けた。迎える2018年初戦の後半戦スタートとなる第20節では、5日にフィオレンティーナvsインテルが行われる。

▽前節ラツィオ戦をここ数試合顕著となっている攻撃力不足でゴールレスドローに終わった3位インテル(勝ち点41)は、連敗を何とか2で止めた。とはいえ、首位ナポリとは7ポイント差が付いており、これ以上の躓きは許されない。公式戦ここ6試合で1ゴールと深刻な得点力不足に陥っている中、前節ミランに引き分けた7位フィオレンティーナ(勝ち点27)に勝利して新年初戦を白星で飾れるか。リーグ戦7試合連続で出場機会のない長友は、引き続きベンチスタート予想となっている。

▽ハムシクの3戦連発弾で格下クロトーネに1-0と辛勝し、首位で前半戦を終えたナポリ(勝ち点48)は、6日に19位ヴェローナ(勝ち点13)とのホーム戦に臨む。2日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のアタランタ戦ではインシーニェとメルテンスを途中出場させたこともあって1-2と敗戦。過密日程とメンバーの固定化によってシーズン序盤の頃のような強さは見せられていないナポリだが、ユベントス相手に一時同点弾を叩き込んで慌てさせたヴェローナに勝利してリーグ戦4連勝となるか。

▽公式戦9試合ぶりに失点を喫したものの、ディバラの2発などでヴェローナに勝利し、ナポリを1ポイント差で追走している2位ユベントス(勝ち点47)は、15位カリアリ(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。3日に行われたコッパ・イタリア準々決勝・トリノとのダービーを2-0と勝利してベスト4進出を決め、好調を維持する中、前節アタランタ戦で6試合ぶりの勝利を飾ったカリアリに勝利してナポリを追走できるか。

▽ディ・フランチェスコ監督が昨季まで指揮していたサッスオーロに終盤の失点で引き分けに持ち込まれた4位ローマ(勝ち点39/未消化1試合)は、7位アタランタ(勝ち点27)とのホーム戦に臨む。サッスオーロ戦では課題の決定力不足に苦しみ、追加点を奪いきれなかったことで勝ち点2を失ったローマは、コッパ・イタリア準々決勝でナポリを撃破した難敵アタランタ相手に勝利を取り戻せるか。

▽前節フィオレンティーナ戦を守護神ドンナルンマの好守連発と、退団が噂されるチャルハノール弾で辛くも引き分けた10位ミラン(勝ち点25)は、18位クロトーネ(勝ち点15)とのホーム戦でリーグ戦4試合ぶりの勝利を目指す。最後にインテルに引き分け、上位陣に食らいつきたい5位ラツィオ(勝ち点37/未消化1試合)は、17位SPAL(勝ち点15)とのアウェイ戦に臨む。

※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照

◆セリエA第20節
▽1/5(金)
《26:00》
キエーボ vs ウディネーゼ
《28:45》
フィオレンティーナ vs インテル

▽1/6(土)
《20:30》
トリノ vs ボローニャ
《23:00》
ナポリ vs ヴェローナ
ジェノア vs サッスオーロ
SPAL vs ラツィオ
ベネヴェント vs サンプドリア
ミラン vs クロトーネ
《26:00》
ローマ vs アタランタ
《28:45》
カリアリ vs ユベントス

コメント

関連ニュース

thumb

フィオレンティーナのハジ息子、父が指揮するヴィトルル・コンスタンツァに復帰

▽ルーマニアのヴィトルル・コンスタンツァは9日、フィオレンティーナのU-21ルーマニア代表MFヤニス・ハジ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽レアル・マドリーやバルセロナでプレーしたルーマニアサッカー界のレジェンドであるゲオルゲ・ハジ氏を父に持つヤニスは、父と同じ攻撃的MF。2016年夏にヴィトルル・コンスタンツァからフィオレンティーナへ完全移籍し、昨季はセリエAで2試合に出場したが、今季はプリマヴェーラの試合に6試合出場したのみで、トップチームで出場機会を得られていない状況にあった。 ▽ヴィトルル・コンスタンツァは2009年にゲオルゲ・ハジ氏によって創設されたクラブで、ハジ氏が現在指揮を執っている。ヤニスは2014年から2年間在籍し、公式戦39試合出場4ゴールを記録していた。 2018.01.10 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

長友がリーグ戦8試合ぶり出場のインテル、追加タイム被弾でフィオレンティーナにドロー《セリエA》

▽インテルは5日、セリエA第20節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。インテルのDF長友佑都は75分から出場している。 ▽前節ラツィオ戦を辛くもゴールレスドローで終えた3位インテル(勝ち点41)は、連敗を何とか2で止めた。首位ナポリとは7ポイント差が付いた中、公式戦ここ6試合で1ゴールと深刻な得点力不足に陥るインテルは、カンドレーバをベンチスタートとし、ジョアン・マリオを右サイドで起用した。リーグ戦7試合連続出場機会のない長友は引き続きベンチスタートとなった。 ▽前節ミランに引き分けた7位フィオレンティーナ(勝ち点27)に序盤、セットプレーとカウンターでインテルはゴールを脅かされていく。しかし、相手のシュート精度の低さに助けられると、17分にガリアルディーニのミドルシュートでオンターゲットを記録。 ▽その後もポゼッションしたインテルだったが、引き続きフィオレンティーナにカウンターでゴールに迫られるシーンを作られる中、35分にヴェシーノがミドルシュートでオンターゲットを記録した。ハーフタイムにかけてもフィオレンティーナのカウンターに苦しめられたインテルは、目立ったチャンスを生み出せずに前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、フィオレンティーナに押し込まれる入りとなったインテルだったが56分、先制に成功する。右サイド絞った位置からのカンセロのFKをニアサイドのイカルディがヘッド。このシュートはGKスポルティエッロにセーブされるも、ルーズボールにすかさず反応したイカルディが右足で押し込んだ。 ▽先制後、58分のビラギの直接FKをGKハンダノビッチがファインセーブで凌いだインテルは、65分にジョアン・マリオに代えてダウベルト・エンリケを左サイドバックに投入。右サイドバックにサントンを回し、カンセロを中盤の右に上げた。 ▽守備に手を加えたインテルに対し、ベナッシに代えてアタッカーのババカルを投入したフィオレンティーナは72分、CKの流れからフリーになっていたバデリがヘディングシュートを放つも、枠を捉えきれない。 ▽助かったインテルは75分、負傷したラノッキアに代えて長友を右サイドバックに投入し、サントンをセンターバックに回した。急造守備陣となったインテルに対し、ババカルを中心にゴールに迫ったフィオレンティーナは、終盤の追加タイム1分に同点に追いついた。ビラギのシュートのルーズボールをボックス内のエイセリックが丁寧に落とし、ボックス左のシメオネが左足でゴールへ蹴り込んだ。 ▽このまま1-1で試合は終了。インテルは追加タイム被弾で勝ち点2を失い、リーグ戦5試合勝利なしとなった。 2018.01.06 06:54 Sat
twitterfacebook
thumb

退団が噂されるチャルハノールのゴールで同点に持ち込んだミランがフィオレンティーナとドロー《セリエA》

▽セリエA第19節、フィオレンティーナvsミランが30日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽現在8位のフィオレンティーナ(勝ち点26)と11位のミラン(勝ち点24)が相まみえた試合。リーグ戦ここ6試合無敗のフィオレンティーナは、直近のコッパ・イタリア準々決勝のラツィオ戦を惜敗。控えメンバー中心で挑んだその試合からアストーリとベナッシを除く9選手を変更。フレッシュなベストメンバーが顔をそろえた。 ▽対して、ガットゥーゾ体制発足後なかなか調子が上がらないミランは、リーグ戦2連敗も直近のコッパ・イタリアでのインテル戦は延長戦の末に1-0で競り勝った。こちらはその試合から5選手を変更。ボヌッチやモントリーボ、クトローネが先発に名を連ねた。 ▽序盤はお互いにボールを繋ぎながらも、なかなかシュートまで持ち込めない展開が続いた。15分頃にはミランが2度のCKでフィオレンティーナゴールに迫ったが、ケシエのシュートは大きく枠を越えてしまう。対するフィオレンティーナも18分に、ヴェレトゥが右クロスを頭で合わせてチャンスを迎えた。 ▽前半半ばになっても攻撃のリズムを作れない両者。そんな中、シメオネがドリブルでミラン守備陣を切り裂くと、たまらずロマニョーリがエリア手前で倒してしまい絶好の位置でFKがフィオレンティーナに与えられる。このFKをヴェレトゥが狙うが、壁に阻まれゴールに繋げられなかった。 ▽さらにその直後の42分には、味方のパスからシメオネがオフサイドギリギリで抜け出したGKと一対一を迎えるが、ここはGKドンナルンマに軍配。タイミングのいい飛び出しでピンチを防いだ。さらに前半アディショナルタイムの46分、左サイドのヴェレトゥの右足クロスからファーサイドのジル・ディアスがダイビングヘッド。だがここもGKドンナルンマが立ちふさがった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、47分にバデリがボックス手前からゴール左を突いた鋭いシュートを放つが、GKドンナルンマが素晴らしい反応を見せミランのゴールに蓋をした。ミランも51分に右サイドのスソが中に切り込んでシュートを選択。枠を捉えたこのシュートはGKスポルティエッロが片手1本でかき出した。 ▽ここまで互角の戦いを見せていた両者だったが、71分にようやく試合が動く。左サイドのビラギの抜群のクロスをボヌッチのマークを外したシメオネが頭で合わせ先制。このままホームチームが勢いづくかに思われたがその直後の74分、スソがボックス右から強烈なシュートを見舞うとGKスポルティエッロが弾いたボールを途中出場のチャルハノールが押し込みすぐさま振り出しに戻した。 ▽その後、試合終盤にかけて両チームに得点のチャンスが訪れたが、これ以上スコアは動かず試合終了。リーグ戦折り返しとなったフィオレンティーナとミランの好カードは1-1の痛み分けに終わった。 2017.12.30 22:29 Sat
twitterfacebook
thumb

ラツィオがルリッチ弾でヴィオラをシャットアウトしベスト4《コッパ・イタリア》

▽コッパ・イタリア準々決勝、ラツィオvsフィオレンティーナが26日に行われ、1-0でラツィオが勝利した。 ▽5回戦でチッタデッラに4-1と快勝したラツィオと、サンプドリアに3-2と競り勝ったフィオレンティーナによるベスト4を懸けた一戦。 ▽試合は開始6分、ショートカウンターに転じたラツィオが先制する。ミリンコビッチ=サビッチのラストパスを受けたボックス左のルリッチがDFをかわして右足でシュート。これがゴール右に決まった。 ▽さらに13分、カイセドがボックス右から決定的なシュートを浴びせたラツィオはその後、フィオレンティーナにポゼッションを譲って試合を進めていく。カウンターを狙うラツィオは30分に決定機。カイセドの負傷を受けて4分前に投入されていたインモービレがシュート。しかし、わずかに枠の上に外れた。 ▽39分にもショートカウンターに転じてフェリペ・アンデルソンのラストパスを受けたミリンコビッチ=サビッチが相手GKを強襲するシュートを浴びせたラツィオが主導権を握ったまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、シメオネを投入したフィオレンティーナがヴェレトゥのミドルシュートでゴールに迫って圧力を強めると、65分には左サイドのキエーザがカットインシュートでゴールに迫るも、GKストラコシャのファインセーブに阻まれる。 ▽後半半ば以降もフィオレンティーナがハーフコートゲームを展開する中、ラツィオは82分にルリッチが枠内シュートでけん制。そのラツィオがフィオレンティーナの反撃を受け止め、1-0でシャットアウト。ベスト4進出を決めた。 2017.12.27 06:56 Wed
twitterfacebook
thumb

決め手欠いたナポリ、フィオレンティーナにドローで首位奪還ならず《セリエA》

▽ナポリは10日、セリエA第16節でフィオレンティーナをホームに迎え、0-0で引き分けた。 ▽前節ユベントス戦を0-1と惜敗し、リーグ戦今季初黒星を喫して首位から陥落した2位ナポリ(勝ち点38)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグのフェイエノールト戦を1-2と敗れ、グループステージ敗退に終わった。そのナポリはフェイエノールト戦のスタメンから2選手を変更。A・ディアワラとマッジョに代えてジョルジーニョとマリオ・ルイを起用した。 ▽7位フィオレンティーナ(勝ち点21)に対し、勝利すれば首位奪還となるナポリは、立ち上がりから攻勢に出ていく。しかし、シュートに持ち込めずにいると、11分にピンチ。 ▽ディフェンスライン裏を取ったシメオネにネットを揺らされたが、オフサイドで助かった。ここからフィオレンティーナに盛り返され、一進一退の攻防に持ち込まれる。 ▽インシーニェを欠く影響もあって思うように攻撃を仕掛けられないナポリは、40分にもピンチ。ディフェンスライン裏を取ってボックス右深くまでえぐったシメオネにシュートに持ち込まれる。しかし、ここはGKレイナが阻んだ。続く41分にもシメオネのヘディングシュートがGKレイナを強襲したナポリは前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始2分、ジエリンスキがボックス左から決定的なシュートを浴びせたナポリが攻勢を強めると、55分にはメルテンスのダイレクトヒールパスを受けたボックス左のジエリンスキが左足を振り抜く。しかし、GKスポルティエッロにセーブされ、シュートは左ポストを直撃した。 ▽さらに58分、ハムシクのミドルシュートでゴールに迫ったナポリが圧力をかけ続けると、71分に決定機。アランのスルーパスをボックス右で受けたメルテンスがシュート。しかし、GKスポルティエッロのファインセーブに阻まれてしまった。 ▽ゴールが遠いナポリはジエリンスキとアランに代えてウナスとログを投入していく。だが、最後までゴールを割れずに0-0のままタイムアップ。勝ち点1獲得に留まり、首位奪還のチャンスを逃している。 2017.12.11 00:53 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース