【セリエA第20節プレビュー】新年初戦から後半戦スタート、ヴィオラvsインテル開催2018.01.05 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017年最終戦となった前節の前半戦ラストマッチでは首位ナポリ、2位ユベントスが勝利した一方、インテルとラツィオの上位対決が引き分けに終わり、ローマも引き分けた。迎える2018年初戦の後半戦スタートとなる第20節では、5日にフィオレンティーナvsインテルが行われる。

▽前節ラツィオ戦をここ数試合顕著となっている攻撃力不足でゴールレスドローに終わった3位インテル(勝ち点41)は、連敗を何とか2で止めた。とはいえ、首位ナポリとは7ポイント差が付いており、これ以上の躓きは許されない。公式戦ここ6試合で1ゴールと深刻な得点力不足に陥っている中、前節ミランに引き分けた7位フィオレンティーナ(勝ち点27)に勝利して新年初戦を白星で飾れるか。リーグ戦7試合連続で出場機会のない長友は、引き続きベンチスタート予想となっている。

▽ハムシクの3戦連発弾で格下クロトーネに1-0と辛勝し、首位で前半戦を終えたナポリ(勝ち点48)は、6日に19位ヴェローナ(勝ち点13)とのホーム戦に臨む。2日に行われたコッパ・イタリア準々決勝のアタランタ戦ではインシーニェとメルテンスを途中出場させたこともあって1-2と敗戦。過密日程とメンバーの固定化によってシーズン序盤の頃のような強さは見せられていないナポリだが、ユベントス相手に一時同点弾を叩き込んで慌てさせたヴェローナに勝利してリーグ戦4連勝となるか。

▽公式戦9試合ぶりに失点を喫したものの、ディバラの2発などでヴェローナに勝利し、ナポリを1ポイント差で追走している2位ユベントス(勝ち点47)は、15位カリアリ(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。3日に行われたコッパ・イタリア準々決勝・トリノとのダービーを2-0と勝利してベスト4進出を決め、好調を維持する中、前節アタランタ戦で6試合ぶりの勝利を飾ったカリアリに勝利してナポリを追走できるか。

▽ディ・フランチェスコ監督が昨季まで指揮していたサッスオーロに終盤の失点で引き分けに持ち込まれた4位ローマ(勝ち点39/未消化1試合)は、7位アタランタ(勝ち点27)とのホーム戦に臨む。サッスオーロ戦では課題の決定力不足に苦しみ、追加点を奪いきれなかったことで勝ち点2を失ったローマは、コッパ・イタリア準々決勝でナポリを撃破した難敵アタランタ相手に勝利を取り戻せるか。

▽前節フィオレンティーナ戦を守護神ドンナルンマの好守連発と、退団が噂されるチャルハノール弾で辛くも引き分けた10位ミラン(勝ち点25)は、18位クロトーネ(勝ち点15)とのホーム戦でリーグ戦4試合ぶりの勝利を目指す。最後にインテルに引き分け、上位陣に食らいつきたい5位ラツィオ(勝ち点37/未消化1試合)は、17位SPAL(勝ち点15)とのアウェイ戦に臨む。

※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』参照

◆セリエA第20節
▽1/5(金)
《26:00》
キエーボ vs ウディネーゼ
《28:45》
フィオレンティーナ vs インテル

▽1/6(土)
《20:30》
トリノ vs ボローニャ
《23:00》
ナポリ vs ヴェローナ
ジェノア vs サッスオーロ
SPAL vs ラツィオ
ベネヴェント vs サンプドリア
ミラン vs クロトーネ
《26:00》
ローマ vs アタランタ
《28:45》
カリアリ vs ユベントス

コメント

関連ニュース

thumb

ミランの逆転判決の被害者はアタランタ…急遽EL予備予選に参戦に

▽スポーツ仲裁裁判所(CAS)は20日、ミランに対する欧州カップ戦出場権の剥奪を取り消したことを発表した。この逆転判決によって昨季セリエA6位のミランの今季ヨーロッパリーグ(EL)へのストレートインが決定した一方、アタランタとフィオレンティーナに実害が生じることになった。 ▽ミランは先日、欧州サッカー連盟(UEFA)からファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反で今後2年間の欧州カップ戦出場権剥奪の処分を科された。そして、この処分に伴い7位アタランタがELストレートイン、8位フィオレンティーナがEL予備予選2回戦出場という形に繰り上がりになっていた。 ▽しかし、CASによる逆転判決によってミランのELストレートインが確定した結果、アタランタはフィオレンティーナに代わって急遽EL予備予選2回戦に出場することになった。 ▽元々、出場権がなかったフィオレンティーナの出場資格剥奪はさほど大きな影響はないものの、ストレートインから急遽予備予選2回戦への出場を強いられるアタランタは、ある程度この事態を想定していたとはいえ、ここから急ピッチでチームを仕上げる必要が出てくる。 ▽なお、アタランタはEL予備予選2回戦でサラエボ(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)との対戦が決定しており、7月26日に1stレグを。8月2日に2ndレグを戦うことになる。 2018.07.21 15:14 Sat
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがローマのブラジル人MFジェルソンをレンタルで獲得

▽フィオレンティーナは20日、ローマのブラジル人MFジェルソン(21)をレンタルで獲得したことを発表した。レンタル期間は2018-19シーズンの1年となっている。 ▽フルミネンセから2016年夏に1600万ユーロでローマへ移籍したレフティーのプレーメーカー兼ウインガーのジェルソンは、ローマでは在籍2年間で公式戦42試合に出場して2ゴール1アシストを記録。2017-18シーズンはセリエAで24試合に出場して2ゴールを記録していた。 ▽ブラジル代表としてはこれまでU-20まで選出されてきた経歴を持っている。 2018.07.20 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、デンマーク人MFノルゴーアを4年契約で獲得

▽フィオレンティーナは19日、デンマークのブレンビーに所属するデンマーク人MFクリスティアン・ノルゴーア(24)を獲得した。契約期間は4年間となる。 ▽母国デンマークのリンビーのアカデミー出身のノルゴーアは、2011年11月に弱冠17歳でプロデビュー。すると、2012年1月にハンブルガーSVへ移籍。しかし、トップチームでの出場はなく、2013年の夏にブレンビーへ移籍した。 ▽ブレンビーでは、在籍6シーズンで公式戦147試合に出場し12ゴール8アシストを記録。17日に開幕したデンマークリーグでは、開幕スタメンに名を連ねていた。 ▽また、デンマーク代表としてはU-16から選出され、2013年には飛び級でU-21デンマーク代表に選出されるなど、10代の頃から将来を嘱望されてきたノルゴーアだが、これまでフル代表には選出されていない。 2018.07.20 02:54 Fri
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、降格クロトーネからDFチェッケリーニを完全移籍で獲得

▽フィオレンティーナは13日、クロトーネからイタリア人DFフェデリコ・チェッケリーニ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。 ▽リボルノでプロキャリアをスタートしたチェッケリーニは、2016年にセリエA昇格組のクロトーネに完全移籍で加入。187cmの恵まれた体躯と出足の鋭い対人守備を武器に、2シーズンに渡ってレギュラーセンターバックとして活躍した。しかし、昨シーズンのセリエAを18位で終えたクラブはセリエB降格となったため、セリエA残留を望む同選手はフィオレンティーナに新天地を求めることになった。 2018.07.14 00:05 Sat
twitterfacebook
thumb

昇格フロジノーネがアタランタGKスポルティエッロを買い取りOP付きレンタルで獲得

▽セリエAに昇格したフロジノーネは6日、アタランタのイタリア人GKマルコ・スポルティエッロ(26)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽アタランタのユースで育ったスポルティエッロは、2014年1月にトップチームデビュー。2014-15、2015-16シーズンは正GKを務めて好パフォーマンスを見せたが、徐々に出場機会を失い、2017年冬にフィオレンティーナへレンタル移籍。そのフィオレンティーナでは2017-18シーズン、セリエAで37試合に出場して正GKとして活躍していた。 2018.07.06 22:22 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース