マインツ武藤嘉紀、飛躍を誓う「自分の限界を突破したい」2018.01.04 20:47 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀が、新年の抱負を語った。

▽武藤は2015年5月にFC東京からマインツに移籍。移籍初年度となった2015-16シーズンでは序盤から主力に定着してブンデスリーガで20試合7ゴール4アシストを記録するなど好成績を残していたものの、後半戦に負傷。以降、度重なる負傷に悩まされ、今シーズンもここまで公式戦16試合で5ゴール3アシストを記録しているが、昨年末には背中の負傷により欠場していた。

▽日本代表としては昨年10月17日のキリンチャレンジカップのニュージーランド代表戦で2年ぶりの先発出場を果たしており、今年はロシア・ワールドカップが控えているだけに、クラブでの更なる飛躍と日本代表としての活躍に期待がかかる。

▽そんな武藤は4日にドルトムントに所属する日本代表MF香川真司と撮影した写真と共にツイッター(@yoshimuto18)を更新。新年の挨拶と一緒に「自分の限界を突破したい」と意気込みを語った。

「明けましておめでとうございます!今年は自分の限界を突破したい」

「もう一段階成長するために何が必要なのか試行錯誤して毎日を全力で過ごしたいと思います! 皆さんにとっても素晴らしい年になりますように!」

コメント

関連ニュース

thumb

武藤嘉紀にドイツ国内から関心…ヴォルフスブルクが攻撃陣の刷新に白羽の矢

マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀に、ブンデスリーガ内移籍の可能性が浮上しているようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。<br><br>2015年夏にFC東京からマインツに渡った武藤だが、今シーズン終盤に今夏の退団を示唆し、憧れのプレミアリーグに向かう可能性が報じられてきた。だが25歳のアタッカーにはドイツの他クラブも熱視線を送っているようだ。<br><br>『キッカー』によれば、興味を抱いているのは以前ハノーファーやケルンで強化を担当していたヨルク・シュマットケSD(スポーツディレクター)を招へいしたヴォルフスブルクとのこと。ここ数シーズン、残留争いに巻き込まれているクラブだが、攻撃陣の刷新を図り、武藤の獲得を狙っているという。<br><br>一方で、マインツとは2019年までの契約を残す武藤だが、クラブ側はロシア・ワールドカップでの活躍することで、より高額の移籍金を見込めるイングランド行きに期待。ヴォルフスブルクへの移籍は、プレミアリーグ挑戦が実現しなかった場合のみの選択肢となるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.11 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「武藤嘉紀はW杯でインパクトを残せる選手」マインツSD、高額でのプレミア行きに期待

マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀は今夏、高額でプレミアリーグクラブに渡るかもしれない。クラブの強化を務めるロウヴェン・シュレーダーSD(スポーツディレクター)は、同選手に対するイングランドからの関心やその理由について話している。<br><br>2015年夏にFC東京から移籍金280万ユーロ(約3億6000万円)でマインツ入りした武藤は、ドイツでの3シーズンで公式戦72試合23ゴールを記録。だが、2019年までの契約を残すアタッカーはシーズン終盤に今夏の退団を示唆し、憧れのプレミアリーグに向かう可能性が報じられ続けている。<br><br>各国のタレントを獲得し、その数年後により高額で&ldquo;転売&rdquo;するビジネスモデルを展開することで知られるマインツだが、シュレーダーSDは以前、武藤についても「良いオファーがあったら、話し合うつもり」とオファー次第で手放す考えをうかがわせていた。<br><br>そして、実際に武藤のプレミアリーグ行きの可能性が高いようだ。同SDはドイツ誌『キッカー』で、「ヨシはプレミアリーグから強い興味を持たれている。理由の1つは、イングランド行きを希望していることを公言しているからだろう」とのコメントを残し、武藤が同リーグで注目を集めている理由を説明した。<br><br>同SDは「打診はあるが、オファーはまだ届いていない」とも認める一方で、高額での取引の実現を楽観視している模様。ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて、このように語っている。<br><br>「基本、W杯により市場価値が高められることが考えられる。ヨシはW杯といった舞台でインパクトを残せるプレーヤーだ。良いW杯を過ごせば価格が爆発的に跳ね上がる可能性だってある。我々にとって大事なのは、ヨシがロシアで自分の実力を示すことだ」<br><br>今夏からイングランドでの移籍市場は欧州他国リーグ3週間前の8月9日に終了する。それまでに武藤の新天地は決まっているのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.07 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀らに対して打診はあったが…マインツSD「まだどことも交渉に入っていない」

今夏のマインツ退団を示唆した日本代表FW武藤嘉紀に打診が届いていることを、ロゥヴェン・シュレーダーSD(スポーツ・ディレクター)が明かしている。ドイツ紙『ビルト』が伝えた。<br><br>プレミアリーグ行きを希望しているとされる武藤だが、以前からニューカッスルからの興味が伝えられている。所属クラブのシュレーダーSDも「良いオファーがあったら、話し合うつもり」と条件次第で同アタッカーを手放す意向をうかがわせていた。<br><br>しかし、武藤と同様、元U-21フランス代表DFアブドゥ・ディアロやコートジボワール代表MFジャン=フィリップ・グバミンが今夏に移籍する可能性が報じられるマインツだが、同SDは「3人に対する打診はあった」と語りつつ、「だが、どことも交渉に入っておらず、交渉の前提となる移籍金についても話していない」と認めた。<br><br>『ビルト』によれば、ディアロにはボルシア・ドルトムントからの興味が盛んに報じられるのに対し、武藤やグバミンへの関心はさほど具体的ではないとのこと。今夏の移籍市場で、新シーズンに向けた強化とクラブ施設への投資金として3000万ユーロの収入を目指すマインツだが、これまで放出を否定していたディアロの売却を容認することも考えに入れるという。<br><br>一方、同紙では「マインツは特にワールドカップに参加するムトウに関しては、今後数週間に良いオファーが届く希望を持てるだろう」との見解も述べられている。マインツと2019年までの契約を残す武藤だが、ロシアでのパフォーマンス次第で他クラブが動き出すかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.05 17:52 Tue
twitterfacebook
thumb

生き残れるか…武藤嘉紀「出せる力は出せた。待つしかない」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は30日、日産スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に臨み、0-2で敗れた。 ▽FW武藤嘉紀が試合後のミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。31日の最終メンバー23名発表に向け、「今から何を言っても変わらない。けど、自分なりに出せる力は出せた。あとは明日の報告を待つしかない」と話した。 ◆FW武藤嘉紀(マインツ/ドイツ) ──試合を振り返って 「コンビネーションの部分でまだ分かり合えていないところがあったので、すぐさま改善していかないといけない」 ──アピールチャンスはどれだけ生かせたか 「(ゴールを)決めれていないので、とにかく待つだけ。FWである以上、上を目指すであれば納得しちゃいけない」 ──ゴールに迫る感覚は 「感覚的に相手が足を出してくるところがかなり見える。逆に、見え過ぎて、迷うシーンがある。でも、それをポジティブにとらえないといけない」 「今日のようにシュートを外してしまった試合が本番じゃなくて良かった。ああいう場面でしっかり決め切れるようにしっかり反省する」 ──悔いはないか 「今から何を言っても変わらない。けど、自分なりに出せる力は出せた。あとは明日の報告を待つしかない」 ──W杯直前にチャンスが巡ってきているが 「大迫くんは代表で1トップを務めていて、素晴らしい選手。そこを脅かさないといけない」 「彼のようにしっかりとボールを収めたり、盗める部分を盗んでいきたい。あとは自分にしかできないことをやっていきたい」 ──途中出場だったが 「2失点目をして相手にかなり引かれてしまった。普段なら裏が空いてきたり、よりフリーでボールを受けられる」 「けど、それは言い訳。クロスだったり、コンビネーションのところでもっと話し合っていかないといけない」 2018.05.31 02:00 Thu
twitterfacebook
thumb

FW武藤嘉紀、リーグ戦ラスト3試合で感じた好調「ボールを奪われる気がしなかった」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は24日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)が取材に応対。今シーズンのブンデスリーガでのラスト3試合が自信になっていることを明かしている。 <span style="font-weight:700;">◆FW武藤嘉紀</span>(マインツ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──ランメニューでは飛ばしていたようにも見えたが</span> 「心拍数がなかなか上がりませんでした。ここまで心拍数を上げようという数値があったんですけど、もともと上がりにくいのもあって少し速く走りました。人より頑張ろうという感じではありません(笑) いつもこういう時は人より速く走らないといけないんです」 <span style="font-weight:700;">──今後に向けては</span> 「自分はこのコンディションを維持して、しっかりとチームとしてやりたいことを体現しつつ勝利に結び付けられればと思います」 <span style="font-weight:700;">──力を抜いてプレーできていると言う話があったがそれはいつ頃からか</span> 「ケガから復帰してですね。それが代表でもできたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──リーグ戦終盤では残留を決めるゴールを奪えたのは、意気込んでいるからだと思っていたが</span> 「意気込んではいます。ただ、そこでなぜか体が強張りすぎず、冷静に頭だけはゴールすることに研ぎ澄まされているというか。それが大事な試合でゴールを奪えている要因かなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ゾーンに入っている感覚か</span> 「最後の3試合はボールを奪われる気がしませんでしたし、ゴールも奪える気がしました。そういうゾーンに入っているのかはわからないですけど、今までのサッカー人生にないぐらい冴えていました。それが良かったかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──本大会では守備の負担も大きくなり、チャンスも少なくなることも予想できるが</span> 「まずはチームのために走らないと、バラバラになり簡単にやられてしまいます。チームのために自分の力を出し切って、ワンチャンスをものにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──南アフリカ大会・カメルーン代表戦でのFW本田圭佑のようなイメージか</span> 「場所も違いますけど、そうだと思います。ああやって決めきる力も必要になってくると思います」 2018.05.24 22:50 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース