マインツ武藤嘉紀、飛躍を誓う「自分の限界を突破したい」2018.01.04 20:47 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀が、新年の抱負を語った。

▽武藤は2015年5月にFC東京からマインツに移籍。移籍初年度となった2015-16シーズンでは序盤から主力に定着してブンデスリーガで20試合7ゴール4アシストを記録するなど好成績を残していたものの、後半戦に負傷。以降、度重なる負傷に悩まされ、今シーズンもここまで公式戦16試合で5ゴール3アシストを記録しているが、昨年末には背中の負傷により欠場していた。

▽日本代表としては昨年10月17日のキリンチャレンジカップのニュージーランド代表戦で2年ぶりの先発出場を果たしており、今年はロシア・ワールドカップが控えているだけに、クラブでの更なる飛躍と日本代表としての活躍に期待がかかる。

▽そんな武藤は4日にドルトムントに所属する日本代表MF香川真司と撮影した写真と共にツイッター(@yoshimuto18)を更新。新年の挨拶と一緒に「自分の限界を突破したい」と意気込みを語った。

「明けましておめでとうございます!今年は自分の限界を突破したい」

「もう一段階成長するために何が必要なのか試行錯誤して毎日を全力で過ごしたいと思います! 皆さんにとっても素晴らしい年になりますように!」

コメント

関連ニュース

thumb

2発の武藤嘉紀、リーグ公式に続き独誌ではMOM&ベストイレブンに…「勝利の立役者」

マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀は20日に行われたブンデスリーガ第19節シュツットガルト戦で2ゴールを奪い、チームをリーグ戦7試合ぶりの勝利に導いた。そのパフォーマンスをドイツメディアが絶賛している。<br><br>前節ハノーファー戦に続きシュツットガルト戦でも先発出場を果たした武藤。1点ビハインドで迎えた前半終了間際に無回転シュートを決めると、後半に入って54分には一度は相手GKに阻止されたボールをピッチに倒れた体勢から押し込み、ドッペルパック(1試合2ゴール)を達成。最終的にマインツが3-2で制したホームでの勝利の立役者となった。<br><br>そして、ドイツメディアによる評価も高かった。すでにリーグ公式サイトでマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた武藤だが、『キッカー』にもMOMに輝いた。パフォーマンスをチーム最高タイの「1.5」と評価した同誌はさらに第19節ベストイレブンにも選出。「武藤嘉紀は4分の好機では冷静さが足りなかった。だが、それから(最初のゴールでは)運も引き付け、(2ゴール目では)早い反応でドッペルパックを達成し、チームを勝利に導いた」と寸評した。<br><br>また『ビルト』ではチーム単独トップの「1」と最高点をつけ、「早い時間帯に(GKロン=ロベルト・)ツィーラーにシュートをセーブされ、長い間目立たなかったが、日本人選手はマインツにとって極めて貴重なドッペルパックを記録した」と称賛している。<br><br>同紙では武藤が「たくさんの優れたFWがいるので、すでに競争が激しかったが、より激しくなりました。なので、この2試合でゴールを決めなければいけないと考えていました」とコメントしことも紹介され、冬に加入したナイジェリア人FWアンソニー・ウジャーがモチベーションとなっていると述べられている。<br><br>地元の『アルゲマイネ・ツァイトゥング』は武藤に対する採点は最高タイの「2」。「FWは2得点を挙げたFWはこの勝利の立役者。それに運動量がとても豊富だったが、もう1ゴール決めても良かった」と序盤のチャンスを決め切れなかった場面に言及しながらも高く評価した。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.22 21:38 Mon
twitterfacebook
thumb

武藤のドッペルパックでマインツが7試合ぶり勝利! 浅野はベンチ入りも出場せず《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第19節、マインツvsシュツットガルトが20日に行われ、3-2でマインツが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀は83分までプレーし、シュツットガルトのFW浅野拓磨はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽新年初戦となった前節ハノーファー戦を2-3と逆転負けし、リーグ戦6試合勝利から見放されている15位マインツ(勝ち点17)は、ハノーファー戦で先制ゴールを奪った武藤が引き続き先発となった。 ▽一方、前節ヘルタ・ベルリン戦を1-0と勝利して連敗を4で止めた13位シュツットガルト(勝ち点20)は、ヘルタ戦を恥骨炎の影響で欠場した浅野がベンチ入りした。 ▽開始4分、まずは武藤にビッグチャンスが訪れる。左サイドからのクロスをクアイソンが胸で落とし、ゴールエリア左の武藤が左足でシュート。しかし、GKツィーラーにセーブされた。 ▽その後もマインツが攻勢に出る中、11分にシュツットガルトはエーズカンのヘディングシュートでマインツを脅かしたが、ゴール至近距離からのシュートはGKゼントナーのファインセーブに阻まれた。 ▽引き続き前に出るマインツは16分に再びビッグチャンス。ロングボールに抜け出したクアイソンが独走してGKと一対一となったが、ここもツィーラーに止められてしまう。 ▽すると20分、シュツットガルトが先制した。右サイドからのFKをGKゼントナーが被ってルーズとなると、混戦の中をバトシュトゥバーが右足でプッシュ。これがホルトマンの足に当たってゴールに吸い込まれた。 ▽失点後もペースを握るマインツは、左サイドのホルトマンが起点となって攻撃を仕掛け続けると、42分に同点のチャンス。ボックス手前右からのブロジンスキのクロスをセルダーがヘディング。これがゴール右に決まった。ところが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって、セルダーのハンドを遡って取られ、ノーゴールとなってしまった。 ▽厳しい判定に対して会場からブーイングが鳴り響く中、追加タイム2分に武藤が魅せた。ボックス手前左でパスを受けた武藤がDFを背負いながら反転。右足を振り抜くと、強烈なブレ球のシュートがGKツィーラーを破った。 ▽迎えた後半開始6分、デ・ヨングとの接触で足を痛めたゴメスがプレー続行不可能となってギンチェクを投入したシュツットガルトに対し、54分にマインツが逆転する。決めたのはまたしても武藤。ホルトマンがボックス左でスルーパスを引き出してクロスを入れると、武藤がスライディングシュート。これはGKに弾かれるも、ルーズボールが自身の元にこぼれ、右足でうまく蹴り込んだ。 ▽その後も武藤やクアイソンのミドルシュートでゴールに迫ったマインツは、64分に突き放す。ボックス左に侵入したホルトマンが思い切り良く左足を振り抜き、GKツィーラーを破った。 ▽終盤にかけては2点をリードしたマインツがシュツットガルトの反撃を許さずに時間を消化。83分には武藤をお役御免とし、会場からは大歓声があがった。結局、追加タイムにギンチェクにゴールを許したものの3-2でマインツが逃げ切り。武藤のドッペルパックでマインツがリーグ戦7試合ぶりの勝利を飾っている。 2018.01.21 01:31 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第19節プレビュー】武藤vs浅野など日本人対決3試合開催

▽2018年初戦で後半戦のスタートとなった前節ではバイエルンがレバークーゼンに勝利し、2位以下をさらに突き放した。混戦の2位以下ではライプツィヒがシャルケとの上位対決を制し、5位から一気に2位へ浮上している。その他、4位ドルトムントはヴォルフスブルクに引き分け、6位ボルシアMGは最下位ケルンに不覚を取り、勝ち点を落とした。日本人ではマインツの武藤が今季4ゴール目を決めて新年をスタートさせている。迎える第19節ではマインツ武藤vsシュツットガルト浅野、原口ヘルタ・ベルリンvs香川ドルトムント、酒井高&伊藤ハンブルガーSVvs大迫ケルンによる日本人対決が3試合開催される。 ▽まずはマインツ武藤vsシュツットガルト浅野から。前節ハノーファー戦では先制ゴールを奪ったマインツの武藤。しかし、チームは2-3の逆転負けを喫してこれでリーグ戦6試合勝利から見放され、降格圏の17位HSVとは2ポイント差のままと苦しい状況が続く。武藤は先発予想となっているが、2戦連発でチームを勝利に導くことはできるか。 ▽一方、恥骨炎の影響で前節ヘルタ戦を欠場した浅野。チームは新年初戦を制し、連敗を4で止めた。それでも、マインツとは勝ち点差がわずか3なだけにシュツットガルトとしては最低でも引き分けに持ち込みたい一戦だ。チームが結果を残したことで浅野はベンチ予想となっているが、途中出場で得点に絡む仕事を期待したい。 ▽移籍先を探している原口が引き続きベンチ外濃厚のため、日本人対決が実現することはないだろうが、金曜には原口ヘルタvs香川ドルトムントが開催される。ドルトムントは前節ヴォルフスブルク戦を決定力を欠いてゴールレスドローに終わった。フル出場した香川もさほど好機を生み出せなかったが、今節もスタメン予想となっている。チームとしては規律違反で出場停止としたオーバメヤンがアーセナルへの移籍が濃厚となり、引き続き欠場となるのは痛手だが、イサクやサンチョといった代役の若手は結果を残せるか。 ▽そして、最後に酒井高&伊藤HSVvs大迫ケルン。新年初戦となったアウグスブルク戦で出場機会のなかった酒井高と途中出場となった伊藤。チームは0-1で敗れ、降格圏から脱出できずにいる。苦しい状況だが、ケルンとの残留争いを制し、3連敗と泥沼の状況から抜け出したい。酒井高はスタメン復帰予想、伊藤はベンチ予想となっている。 ▽一方、肺炎を患った大迫はボルシアMG戦でベンチ入り。出場機会がなかった中、ライバルとなる新戦力テローデの劇的ラストプレー弾でチームは2連勝とした。これで残留プレーオフに回れる16位ブレーメンとは7ポイント差と、望みを十分に繋げている。大迫はベンチからチャンスを窺う状況となりそうだが、訪れたチャンスを生かせるか。 ▽上位陣では2位ライプツィヒに13ポイント差を付けている首位バイエルン(勝ち点44)は、16位ブレーメン(勝ち点16)とのホーム戦に臨む。レバークーゼン戦ではリベリの今季リーグ初ゴールやハメス・ロドリゲスの直接FK弾などで勝利し、5連勝とした。ウインターブレイク明け後も盤石の力を見せ付けた中、格下に確実に勝利し、首位固めとしたい。 ▽その他、シャルケに競り勝って2位に浮上したライプツィヒ(勝ち点31)は14位フライブルク(勝ち点20)とのアウェイ戦を、3位に後退したシャルケ(勝ち点30)は10位ハノーファー(勝ち点26)とのホーム戦に臨む。最後にリベロでフル出場したフランクフルトの長谷部はヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨むが、引き続きスタメン予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第19節 ▽1/19(金) 《28:30》 ヘルタ・ベルリン vs ドルトムント ▽1/20(土) 《23:30》 ヴォルフスブルク vs フランクフルト マインツ vs シュツットガルト ホッフェンハイム vs レバークーゼン フライブルク vs ライプツィヒ ボルシアMG vs アウグスブルク 《26:30》 ハンブルガーSV vs ケルン ▽1/21(日) 《23:30》 バイエルン vs ブレーメン 《26:00》 シャルケ vs ハノーファー 2018.01.19 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

武藤が今季4ゴール目もフュルクルクのハット許したマインツ逆転負け《ブンデスリーガ》

▽マインツは13日、ブンデスリーガ第18節でハノーファーとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。マインツのFW武藤嘉紀は81分までプレーし、今季4点目を記録している。 ▽前半戦最終戦となった前節ブレーメン戦を2-2の引き分けに持ち込んだ15位マインツ(勝ち点17)は、背中の負傷が癒えて5試合ぶりに前節復帰した武藤が[3-5-2]の2トップの一角で引き続きスタメンとなり、この冬に獲得したデ・ヨングが中盤のアンカーで先発となった。 ▽11位ハノーファー(勝ち点23)に対し、互角の攻防で立ち上がったマインツは、19分にピンチ。セットプレーからアントンのヘディングシュートを許したが、GKゼントナーがファインセーブで凌いだ。 ▽すると26分、武藤が先制ゴールを奪う。左クロスを受けたボックス中央の武藤が左足でボールをスライドし、DFを外して左足を振り抜くと、シュートがゴール右に決まった。 ▽武藤の今季4ゴール目で先制したマインツはさらに31分、右サイドからのFKをファーサイドのハックがヘディングシュートで流し込んで追加点を奪った。 ▽しかし33分に左CKからフュルクルクにヘディングシュートを決められて1点差に詰め寄られたマインツは、37分にデ・ヨングがボックス内のクラウスを倒してPKを献上。これをフュルクルクに決められ、試合を振り出しに戻されて前半を2-2で終えた。 ▽迎えた後半、56、58分と立て続けにフュルクルクに決定機を許したマインツは、68分に勝ち越しのチャンス。左CKからニアのハックがヘディングシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。 ▽すると75分に逆転される。シュートのルーズボールをボックス中央のフュルクルクに拾われて左足でネットを揺らされた。 ▽フュルクルクのハットトリックで2点差をひっくり返されたマインツは、武藤に代えてこの冬に獲得したウジャーを投入。すると84分、ドナーティのミドルシュートでゴールに迫るも、わずかに枠の左に外れた。このまま2-3で敗れたマインツは、6戦勝利から見放される格好となった。 2018.01.14 01:33 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀、マインツ新加入のライバルが定位置争いでリード?現地紙「週末の勝者はウジャー」

この冬にマインツに加わったFWアンソニー・ウジャーは、自己アピールに成功しているようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。<br><br>マインツは6日にスイスのザンクト・ガレンとテストマッチを行い、2-1で勝利を収めた。この一戦では、ウジャーがワントップで先発出場を果たし、後半開始直後にヘディング弾を決めてマインツ初ゴールを飾った。また60分にはウジャーの代わりに投入されたFWケナン・コドロが、決勝弾となるチーム2点目を挙げている。<br><br>その一方で日本代表FWの武藤嘉紀は、その翌日にホームで行われたボルシアMGとのテストマッチにフル出場。FWヴィクター・フィッシャーとともに最前線でプレーするもゴールを決めることはできず、チームは0-3の完敗を喫した。<br><br>この2試合について報じた『ビルト』は「週末の試合でマインツの勝者となったのはウジャー」と、ウジャーがレギュラー争いで一歩リードしたという見解を示す。また2戦目については「マインツのチャンスは武藤のヘディングシュート(65分)のみ。だがウジャーのライバルとなる日本人選手は、それ以外で見せ場をまったくつくれなかった」と記した。<br><br>マインツは13日のブンデスリーガ第18節で、敵地にてハノーファーと対戦。サンドロ・シュワルツ監督は新加入のウジャーを、いきなり先発で起用するのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.08 22:55 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース