【会見全文】キッカケは「ブラジル戦とベルギー戦」、井手口陽介が海外移籍への意気込み&G大阪への感謝を語る2018.01.04 16:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽4日、ガンバ大阪の日本代表MF井手口陽介(21)がパナソニックスタジアム吹田で移籍会見を実施。チャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズ・ユナイテッドへの完全移籍を発表した。

▽今シーズンはスペイン2部のクルトゥラル・レオネサへのレンタル移籍となることが濃厚となっていることも発表された井手口。移籍への決意を語るとともに、報道陣からの質問に答えた。

◆MF井手口陽介
(C)CWS Brains,LTD.
「こんにちは。僕自身、中学、高校、プロ合わせて9年間このチームでお世話になってきました。このチームでなければ絶対に今はないと思うので、すごく感謝の気持ちがあります。ずっとこのチームでプレーして、チームを勝たせる選手になって、タイトルをいっぱい獲りたかったですが、さらなる成長を求めて、挑戦したいという気持ちがあったので、移籍することに決めました」

「すごく寂しいですが、向こうに行って、「あいつ向こうに行って良かったな」って言ってもらえるように、しっかり向こうでも1日1日を大事にして、活躍できるように頑張るので、引き続き応援よろしくお願いいたします」

──移籍が決まった現在の心境は
「移籍は決まりましたが、何もわからない状況で行くので、楽しみな気持ち、ワクワクな気持ちでいっぱいです」

──どんなプレーを見せたいか
「自分の持ち味は、球際だったり守備のところだと思うので、そういった自分の長所がどれだけ通用するかというのは凄く楽しみです」

──ガンバ大阪で1番思い出に残っているシーンは
「2年前の天皇杯決勝で、途中から出ましたが、僕自身ピッチに立ってタイトルを獲ったのが初めてだったので、凄く記憶に残っています」

──今年はワールドカップもあるが、そこへの想いは
「行きたいという気持ちはありますが、どれだけ自分が少しでも成長できるかが選ばれることに関わってくると思います。少しでも成長して、選ばれるように頑張っていきたいです」

──海外に移籍したいと思うようになったキッカケは
「この間(2017年11月)の日本代表での、フランスとベルギーでやったブラジル戦とベルギー戦です。世界のトップの選手たちと試合をして、実力の差を見せつけられたので、自分も悔しい思いをしました。その差をどれだけ縮めらるかは、この先サッカーをして行く中で必要だと思うので、少しでも早く海外に行きたいという気持ちが強くなりました」

──イギリスとスペインに行きますが、リーグの印象は
「イギリスであれば、激しいプレーだったりが印象にありますし、スペインはどのチームでも技術がしっかりしていると思います。凄くレベルの高いリーグだと思います」

──自分のどういった部分を出して行きたいか
「さっきも言いましたが、長所の守備を出すとともに、攻撃でも結果を出していきたいです」

──移籍を決断したタイミングは。また、相談した選手はいるか
「移籍するにあたって、色々な悩みがあって、ガンバだけじゃなく、代表の活動でも海外でプレーしている選手に色々と話を聞きました。その中で、最終的には家族も一緒に行くので、生活の部分で苦労はすると思いますが、できるだけ少ないところというのを一番に選びました」

──具体的な選手は?
「色々聞きました。行った方が良いという選手もいましたし、ワールドカップが終わってからでもという選手もいました。誰というのではなく、色々な選手に聞きました」

──ワールドカップがある中で環境を変えるリスクはあると思うが、どんな決意なのか
「ワールドカップがあるとは良く言われます。もちろんワールドカップに行きたいですが、そういったものを何もない状態にして、自分の思ったままにできるのが良いと思って決断しました」
(C)CWS Brains,LTD.
──海外で成功するにあたって大事だと思う部分は
「プレーは大事ですが、コミュニケーションが最も大事だと思います。言葉はわからないですが、向こうの人は明るいと思うので、“ノリ”で頑張っていきたいです」

──将来的には1部でプレーしたいという気持ちがあると思うが、将来的に行ってみたいリーグなどはあるか
「将来的にはプレミアリーグでプレーできれば一番良いかなと思います。凄くレベルの高いチームが多いと思いますし、激しいプレーが多いので、そこは自分のプレースタイルという意味でも魅力的だなと思います」

──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督と海外移籍についての話はしたか
「最初は(移籍を)決める前に話を聞こうかなと思いましたが……なんかやめました(笑)」

──これまでガンバで培われたものは
「1年目から自分のポジションには、ヤットさん(遠藤保仁)、コンさん(今野泰幸)、明さん(明神智和)、オグさん(小椋祥平)と異なる特徴のある選手が一杯いました。ここからみんなのプレーをどれだけ吸収するという気持ちで、毎日練習してきました。それがここまで繋がっていると思います」

──改めて意気込みを
「向こうに行って、「あいつ消えたな」と思われないように、しっかり皆さんに良いニュースを届けられるように頑張って行きたいです」

コメント

関連ニュース

thumb

決戦地ロシアから震災に心配の声…高槻市出身の東口順昭「気をつけて」

▽ガンバ大阪に所属する日本代表GK東口順昭が18日、自身のツイッター(@hi_five21)を通じて、大阪府北部を襲った震度6弱の地震による被害を心配した。 ▽東口は大阪府高槻市出身。所属クラブも震源地の大阪府北部をホームタウンとするG大阪だ。現在、ロシア・ワールドカップに参戦中の日本代表に帯同する東口。決戦の地ロシアから被災地にメッセージを寄せた。 「心配です。まだまだ気は抜けないとは思いますが、皆さん気をつけて下さい!」 2018.06.18 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

地震の影響で練習中止のG大阪、クラブ関係者全員の無事を報告

▽ガンバ大阪は18日、同日近畿地方で発生した地震による安否の状況を説明。所属選手、スタッフ、アカデミー選手、アカデミースタッフ、クラブスタッフ全員が無事であることを報告している。 ▽また、クラブは同日予定されていたトップチームの練習が中止になったことも併せて伝えている。 2018.06.18 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

J1リーグ16位、天皇杯2回戦敗退…泥船化のG大阪社長が声明 「あらゆる手段を講じる」

▽ガンバ大阪は11日、異例の声明を発表した。 ▽昨シーズンまで5年間続いた長谷川健太体制に終止符を打ち、今シーズンからレヴィー・クルピ新体制を築いたG大阪だが、ロシア・ワールドカップ開催に伴う中断期間前の明治安田生命J1リーグ成績は、入れ替え戦圏の16位(4勝3分け8敗)。JリーグYBCルヴァンカップこそ5年連続のベスト8進出を果たしたものの、天皇杯で関西学院大学に敗れ、1993年以来2度の2回戦敗退と不本意な結果に終わっている。 ▽今シーズンのスローガン『奪還』を掲げながら低空飛行が続くチーム状況を受け、G大阪で代表取締役社長を務める山内隆司氏がクラブ公式サイトを通じ、『ガンバ大阪を愛するすべての皆様へ』との見出しでファンに対して次のように巻き返しを誓った。 「日頃からガンバ大阪に熱いご声援いただき、誠にありがとうございます。2018シーズンは新監督としてレヴィー クルピ監督を招聘し、「奪還」というスローガンを掲げて、“アグレッシブにゴールを奪う"魅力的なサッカーを復活させ、タイトルを奪い返すことを目指し今シーズンに臨みました」 「しかし、明治安田生命J1リーグ戦は15節終了時点で4勝3分8敗(勝点15)の16位というふがいない結果になっており、皆様の期待を大きく裏切ることとなり、大変申し訳ございません。また、2018YBCルヴァンカップこそノックアウトステージ進出をすることが出来ましたが、天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会は2回戦敗退という屈辱的な結果に終わりました」 「この前半戦の結果を真摯に受け止め、今まで以上にクラブが一丸となってクルピ監督率いるチームを支え、この中断期間をチーム立て直しの大きなチャンスととらえ、チーム戦力が向上するためのあらゆる手段を講じることで、Jリーグの再開後は一戦一戦トーナメントのつもりで集中して戦い、一つずつ勝点を積み重ねて参ります。これからも引き続き熱いご声援いただきたく、宜しくお願い申し上げます」 2018.06.11 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ウィジョ初3発のG大阪、磐田連破で5年連続ベスト8《YBCルヴァンカップ》

▽9日にヤマハスタジアムで行われたJリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ第2戦のジュビロ磐田vsガンバ大阪は、アウェイのG大阪が3-2で勝利した。 ▽先のパナソニック スタジアム 吹田で行われた第1戦は、ファン・ウィジョが長沢との華麗なコンビネーションプレーでゴールを陥れ、G大阪が先制。その後、アウェイゴールを目指して攻勢を強めた磐田だったが、ホームのG大阪が逃げ切り、1-0で先勝した。 ▽2点差以上での勝利が絶対条件の磐田は、ミッドウィークに行われた天皇杯を欠場した中村俊輔ら主力が先発に復帰。一方、優位な状況でアウェイ戦に挑むG大阪は、関西学院大学にジャイアントキリングを許した天皇杯と同じ11名をスターティングメンバーに起用した。 ▽試合は、勝利必須の磐田が前がかりな入りを見せる。その中で、7分にG大阪がカウンター。相手最終ライン背後を突く味方の縦パスに長沢が反応する。ボックス中央に侵攻するが、後方から小川大貴が決死のカバーリング。ゴールに向かったボールはGKカミンスキーに阻まれる。 ▽立ち上がりから積極性が際立つ磐田は15分、小川大貴がバイタルエリア左の田口にパス。ボックス左で田口からボールを受けた松浦が厳しい角度から左足シュートを放つ。これがGK林と左ポストの間を貫き、ホームの声援を受ける磐田がトータルスコアでイーブンに戻した。 ▽早々にアドバンテージを失ったG大阪だが、26分にロングカウンター。自陣右サイドから縦にボールを持ち上がったマテウスが追い越した倉田にパスを出す。バイタルエリア左で並走したファン・ウィジョが倉田からのラストパスを冷静に右足で沈め、2戦合計で再び優位に立つ。 ▽磐田の反撃を受けつつ、ボールを握れば追加点を目指したG大阪。その中で迎えた42分、左CKの流れからキッカーを務めた遠藤が再びボールを受けて中央に右足でクロスを送る。これがゴール右に吸い込まれるが、ファビオがオフサイドの判定を取られ、幻のゴールとなる。 ▽2戦合計スコアで再び優位な状況のG大阪は、ハーフタイム明けに長沢を下げて高江をピッチへ。すると、高い位置でボールを奪取した50分にその高江がシュートを放つ。こぼれ球を拾った遠藤のシュートが相手GKのファンブルを誘い、ルーズボールをゴール前のファン・ウィジョが右足で叩き込む。G大阪が2つの目のアウェイゴールを手にする。 ▽逆転突破にあと3点が必要な状況に追い込まれた磐田。ハーフタイム明けの荒木に続き中野を投入するが、攻め手を欠き続ける。そうした中、G大阪は66分、再びロングカウンターに持ち込み、高江の繋ぎからファン・ウィジョがハットトリックとなる一発。勝負を決した。 ▽その後、最後の交代枠で松本を入れた磐田に川又のゴールで1点を返されたG大阪だが、これ以上の反撃を許さず、先のホームに続きアウェイでも勝利。7年ぶりの8強入りを目指す磐田を退け、5年連続の準々決勝進出を果たしている。 2018.06.09 17:58 Sat
twitterfacebook
thumb

ヤットが英『ガーディアン』に登場! 日本代表史最高の11名を選出

▽ガンバ大阪に所属する元日本代表MF遠藤保仁がイギリス高級紙『ガーディアン』のロシア・ワールドカップ(W杯)特集で自身の思う日本代表ベストイレブンを選出した。 ▽2002年の日本代表デビュー以降、長きにわたり、サムライブルーの絶対的司令塔として抜群の存在感を解き放った遠藤。13年間の代表キャリアを通じた出場数は歴代最多152試合を数え、2006年のドイツ大会から3大会連続のW杯出場を誇り、日本代表史に名を刻む選手の1人だ。 ▽そんな遠藤が「ロングボールを使わないチーム」という構想の中で選んだ日本代表ベストイレブンは往年の名プレーヤーがずらり。ラモス瑠偉氏や、FW三浦知良(現・横浜FC)をはじめ、MF中村俊輔(現・ジュビロ磐田)ら自身と共にW杯を戦った面々が並んだ。 ◆遠藤保仁が選んだ日本代表ベストイレブン GK:楢崎正剛 DF:田中マルクス闘莉王、井原正巳、中澤佑二 MF:ラモス瑠偉、遠藤保仁、中村俊輔、中田英寿、前園真聖 FW:三浦知良、高原直泰 ※元記事はこちらから https://www.theguardian.com/football/2018/jun/03/yasuhito-endo-picks-his-all-time-japan-xi 2018.06.03 22:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース