【会見全文】キッカケは「ブラジル戦とベルギー戦」、井手口陽介が海外移籍への意気込み&G大阪への感謝を語る2018.01.04 16:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽4日、ガンバ大阪の日本代表MF井手口陽介(21)がパナソニックスタジアム吹田で移籍会見を実施。チャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズ・ユナイテッドへの完全移籍を発表した。

▽今シーズンはスペイン2部のクルトゥラル・レオネサへのレンタル移籍となることが濃厚となっていることも発表された井手口。移籍への決意を語るとともに、報道陣からの質問に答えた。

◆MF井手口陽介
(C)CWS Brains,LTD.
「こんにちは。僕自身、中学、高校、プロ合わせて9年間このチームでお世話になってきました。このチームでなければ絶対に今はないと思うので、すごく感謝の気持ちがあります。ずっとこのチームでプレーして、チームを勝たせる選手になって、タイトルをいっぱい獲りたかったですが、さらなる成長を求めて、挑戦したいという気持ちがあったので、移籍することに決めました」

「すごく寂しいですが、向こうに行って、「あいつ向こうに行って良かったな」って言ってもらえるように、しっかり向こうでも1日1日を大事にして、活躍できるように頑張るので、引き続き応援よろしくお願いいたします」

──移籍が決まった現在の心境は
「移籍は決まりましたが、何もわからない状況で行くので、楽しみな気持ち、ワクワクな気持ちでいっぱいです」

──どんなプレーを見せたいか
「自分の持ち味は、球際だったり守備のところだと思うので、そういった自分の長所がどれだけ通用するかというのは凄く楽しみです」

──ガンバ大阪で1番思い出に残っているシーンは
「2年前の天皇杯決勝で、途中から出ましたが、僕自身ピッチに立ってタイトルを獲ったのが初めてだったので、凄く記憶に残っています」

──今年はワールドカップもあるが、そこへの想いは
「行きたいという気持ちはありますが、どれだけ自分が少しでも成長できるかが選ばれることに関わってくると思います。少しでも成長して、選ばれるように頑張っていきたいです」

──海外に移籍したいと思うようになったキッカケは
「この間(2017年11月)の日本代表での、フランスとベルギーでやったブラジル戦とベルギー戦です。世界のトップの選手たちと試合をして、実力の差を見せつけられたので、自分も悔しい思いをしました。その差をどれだけ縮めらるかは、この先サッカーをして行く中で必要だと思うので、少しでも早く海外に行きたいという気持ちが強くなりました」

──イギリスとスペインに行きますが、リーグの印象は
「イギリスであれば、激しいプレーだったりが印象にありますし、スペインはどのチームでも技術がしっかりしていると思います。凄くレベルの高いリーグだと思います」

──自分のどういった部分を出して行きたいか
「さっきも言いましたが、長所の守備を出すとともに、攻撃でも結果を出していきたいです」

──移籍を決断したタイミングは。また、相談した選手はいるか
「移籍するにあたって、色々な悩みがあって、ガンバだけじゃなく、代表の活動でも海外でプレーしている選手に色々と話を聞きました。その中で、最終的には家族も一緒に行くので、生活の部分で苦労はすると思いますが、できるだけ少ないところというのを一番に選びました」

──具体的な選手は?
「色々聞きました。行った方が良いという選手もいましたし、ワールドカップが終わってからでもという選手もいました。誰というのではなく、色々な選手に聞きました」

──ワールドカップがある中で環境を変えるリスクはあると思うが、どんな決意なのか
「ワールドカップがあるとは良く言われます。もちろんワールドカップに行きたいですが、そういったものを何もない状態にして、自分の思ったままにできるのが良いと思って決断しました」
(C)CWS Brains,LTD.
──海外で成功するにあたって大事だと思う部分は
「プレーは大事ですが、コミュニケーションが最も大事だと思います。言葉はわからないですが、向こうの人は明るいと思うので、“ノリ”で頑張っていきたいです」

──将来的には1部でプレーしたいという気持ちがあると思うが、将来的に行ってみたいリーグなどはあるか
「将来的にはプレミアリーグでプレーできれば一番良いかなと思います。凄くレベルの高いチームが多いと思いますし、激しいプレーが多いので、そこは自分のプレースタイルという意味でも魅力的だなと思います」

──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督と海外移籍についての話はしたか
「最初は(移籍を)決める前に話を聞こうかなと思いましたが……なんかやめました(笑)」

──これまでガンバで培われたものは
「1年目から自分のポジションには、ヤットさん(遠藤保仁)、コンさん(今野泰幸)、明さん(明神智和)、オグさん(小椋祥平)と異なる特徴のある選手が一杯いました。ここからみんなのプレーをどれだけ吸収するという気持ちで、毎日練習してきました。それがここまで繋がっていると思います」

──改めて意気込みを
「向こうに行って、「あいつ消えたな」と思われないように、しっかり皆さんに良いニュースを届けられるように頑張って行きたいです」

コメント

関連ニュース

thumb

G大阪の日本代表MF倉田秋、入籍を事後報告 「報告が遅くなりましたが…」

▽ガンバ大阪は15日、日本代表MF倉田秋(29)の入籍を発表した。 ▽クラブによれば、倉田は昨シーズン中に入籍。シーズン途中だったため、このタイミングでの報告になったという。倉田のコメントを次のように伝えている。 「報告が遅くなりましたが、昨シーズン中に入籍をしました。家族が出来たことで、今まで以上に責任感を持ってサッカーに取り組みたいと思います。引き続き応援よろしくお願いいたします」 ▽日本代表としても常連となりつつある倉田は、2007年にG大阪ユースからトップチーム昇格を果たすと、ジェフユナイテッド千葉、セレッソ大阪への期限付き移籍を経て、2012年に復帰。2017年は背番号10番を受け継ぎ、明治安田生命J1リーグ33試合8ゴールをマークした。 2018.01.15 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 1月13日は夢が“保育士”の元日本代表SB

◆加地亮 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1980/1/13 クラブ:大分トリニータ、ガンバ大阪 etc. ポジション:DF 身長:177㎝ 体重:75㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、1月13日は元日本代表DF加地亮だ。 ▽加地は兵庫県出身。高校サッカーの名門である滝川第二高校から1998年にセレッソ大阪へと入団。しかし、ポジションを掴めずにいると2000年に大分トリニータへと期限付き移籍。ポジションを掴み花開かせると、2002年にはFC東京へと完全移籍した。2003年には日本代表にも初招集されると、豊富な運動量と献身的な守備、さらには高い戦術理解度と安定したパフォーマンスが影響し、日本代表としてもレギュラーに定着。2006年にガンバ大阪へ移籍すると、ドイツ・ワールドカップにも出場。その後もレギュラーとしてクラブ、日本代表でプレーした。 ▽2008年、岡田武史監督が日本代表監督になると、駒野友一にポジションを奪われ、代表引退を表明。しかし、G大阪ではレギュラーとしてプレーを続けた。2014年には、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のチーバスへ完全移籍。ここでもレギュラーとしてプレーしたが、チームがシーズン後に解散。所属クラブを失い、ファジアーノ岡山へと加入。レギュラーとして3シーズンプレーしたが、2017シーズン限りで現役生活に幕を下ろした。 ▽献身的なプレーでチームを攻守にわたって支え続けた加地だが、実は保育士になることが夢だったとのこと。ガンバ大阪時代には、引退後の夢として語っており、第二の夢に向かってスタートを切れる状況は整った。屈託のない笑顔と、献身的な働きぶりは、奥様が営む『CAZIカフェ』でまずは発揮されることだろう。 ※誕生日が同じ主な著名人 オーランド・ブルーム(俳優) 稲村亜美(タレント) ク・ハラ(歌手/KARA) 平山あや(女優) 大島美幸(お笑い芸人/森三中) 真矢(ミュージシャン/LUNA SEA) 畑岡奈紗(女子プロゴルファー) 大野奨太(プロ野球選手/中日ドラゴンズ) タイソン(サッカー選手/シャフタール・ドネツク) ソン・ジュフン(サッカー選手/アルビレックス新潟) フェルナンジーニョ(サッカー選手/ガイナーレ鳥取) 三平和司(サッカー選手/大分トリニータ) 今瀬淳也(サッカー選手/カターレ富山) 2018.01.13 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪MF二川孝広、新シーズンも東京Vに期限付き移籍

▽東京ヴェルディは11日、昨シーズンに期限付き移籍で加入していたガンバ大阪MF二川孝広(37)の期限付き移籍期間の延長を発表した。移籍期間は2018年2月1日から2019年1月31日まで。なお、G大阪と対戦する全ての公式戦に出場することができない。 ▽二川は2016年に東京Vへ期限付き移籍で加入。昨シーズンは明治安田生命J1リーグに2試合、天皇杯に1試合出場した。 2018.01.11 21:41 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪、札幌MF中原彰吾の期限付き移籍満了を発表 「かけがえのないものに」

▽ガンバ大阪は6日、北海道コンサドーレ札幌に所属するMF中原彰吾(23)の期限付き移籍満了を発表した。 ▽札幌の育成機関で育った中原は、2013年のトップチーム昇格後、コーンケンFC(タイ)を経て、2017年からG大阪に期限付き移籍。序盤こそG大阪U-23の一員として明治安田生命J3リーグを主戦場にプレーしていたが、終盤にトップチームで出場機会が増加し、J1リーグ3試合、ルヴァンカップ2試合に出場した。 ▽1年でG大阪を去ることになった中原は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「僕にとってガンバ大阪でプレーできた事はかけがえのないものになりました。ここで学んだものを更に伸ばしていけるように頑張ります。1年間たくさんの応援、有難うございました」 2018.01.06 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表、DF初瀬亮とFW前田大然が離脱 MF長沼洋一とFW旗手怜央を追加招集《AFC U-23選手権》

▽日本サッカー協会は6日、AFC U-23選手権に臨むU-21日本代表に合流中のDF初瀬亮(ガンバ大阪)、FW前田大然(松本山雅FC)の離脱を発表した。 ▽初瀬は体調不良、前田はケガでの離脱に。初瀬と前田の離脱組に代わり、MF長沼洋一(FC岐阜)とFW旗手怜央(順天堂大学)が追加招集されている。 ▽大会は9日から中国で開幕し、日本は本大会のグループステージで北朝鮮代表、タイ代表、パレスチナ代表と同居。10日にパレスチナ、13日にタイ、16日に北朝鮮と激突する。 2018.01.06 16:40 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース