「寂しくて仕方ありません」岡崎慎司、内田篤人の鹿島復帰に胸中明かす2018.01.04 16:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司が、元日本代表DF内田篤人の鹿島アントラーズ復帰について自身のブログで思いを綴った。

▽清水東高校から2006年に鹿島に加入した内田は、2010年からシャルケへ移籍。しかし、2015-16シーズンからは負傷の影響もあって出場機会を重ねることができず、昨夏にウニオン・ベルリンへ移籍した。

▽ウニオン・ベルリンでは、昨年9月10日のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦で初出場。さらに9月20日のザントハウゼン戦では2年半ぶりのフル出場を果たしたが、その後に再び負傷しポジションを確保できず、今年1月2日に鹿島アントラーズに復帰することが決定した。

▽これまで日本代表や海外組として切磋琢磨してきた岡崎は、内田のJリーグ復帰に「寂しくて仕方ありません」と胸中を明かす中、盟友の活躍にエールを送った。

「ウッチーの鹿島移籍は正直いうと寂しくて仕方ありません。(><) 内田ロスってこういう時に使っても良いのか? でもあいつの思いは全部分かる。だから日本でのあいつの活躍をそしてまたプレーする時を楽しみにしよう」

コメント

関連ニュース

thumb

イングランド第一号はレスターFWイヘアナチョ! カップ戦で導入開始のVARゴールを記録

▽今シーズンからセリエAやブンデスリーガでも導入されているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だが、イングランドでもVARでのゴール第一号が誕生した。 ▽記念すべきイングランドのVARゴール第一号を決めたのは、マンチェスター・シティからレスター・シティに今シーズン加入したナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョ(21)。イングランドではプレミアリーグではVARを導入していないものの、2018年1月からのFAカップ、カラバオ・カップ(EFLカップ)で導入を開始していた。 ▽レスターは16日、キング・パワー・スタジアムでFAカップ3回戦の再試合に臨み、リーグ1(イングランド3部)のフリートウッド・タウンと対戦。1-0で迎えた77分、イヘアナチョが2点目を奪う。しかし、オフサイドの判定となったものの、VARによる検証で判定が覆り、見事第一号となった。試合は、2-0でレスターが勝利している。 2018.01.17 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

イヘアナチョ2発で再試合制したレスターが4回戦進出! 岡崎は81分から途中出場《FAカップ》

▽レスター・シティは16日、キング・パワー・スタジアムで行われたFAカップ3回戦再試合でリーグ1(イングランド3部)のフリートウッド・タウンと対戦し、2-0で勝利した。この結果、レスターはリーグ1所属のピーターバラの待つ4回戦進出を決めた。なお、FW岡崎慎司は81分から途中出場した。 ▽敵地で行われた前回対戦で辛くもゴールレスドローに持ち込んだレスターは、先週末のリーグ戦でチェルシーと再びゴールレスドローに終わり、2戦連続ドロー中。ホームでのリターンマッチとなった今回のフリートウッド戦に向けては、チェルシー戦からドラゴビッチ、アマルテイ、マフレズを除く8選手を変更。岡崎は古巣対戦のヴァーディと共にベンチスタートとなり、スリマニとイヘアナチョが2トップを組んだ。 ▽前回対戦と同様に拮抗した展開が続く中、互いに崩しの精度を欠きなかなか決定機を作り出せない。 ▽互いにフィニッシュまで持ち込めない状況が続くが、28分にフリートウッドが鋭いカウンターからボックス手前中央でパスを受けたマカレニーが枠の右隅を捉えた絶妙なシュートを放つ。しかし、これはGKヤクポビッチが好守で凌ぐ。すると直後の32分にはボックス手前中央の好位置でFKを得たレスターがマフレズの正確な左足のキックでゴールに迫るが、ここは左ポストの外側を掠める。 ▽徐々に動きが出てきた試合はハーフタイムにかけてよりオープンに。37分にはフリートウッドが右サイドからの鮮やかな連係プレーでマイフリアのヒールパスをペナルティアーク付近のデンプシーが右足ダイレクトで狙うが、枠を捉えたシュートはGKヤクポビッチがワンハンドセーブではじき出す。 ▽すると、直後の43分にはレスターが自陣から入れたロングボールが相手DFのクリアミスを誘い、これを拾ったスリマニがゴール前に走り込むイヘアナチョへラストパス。最後はナイジェリア代表FWがGKとの一対一を制し、最高の時間帯に先制点を奪った。 ▽1点リードで試合を折り返したレスターは、後半も立ち上がりに決定機を作る。50分、ボックス手前左でボールを受けたイヘアナチョがゴール前に走り込むスリマニへ浮き球のパスを通す。これをスリマニがダイレクトボレーで合わすが、惜しくも枠の右に外れる。 ▽その後も試合をコントロールするレスターは相手に決定機を許さず、冷静に試合を進めていく。すると77分、ボックス右でマフレズの浮き球スルーパスに抜け出したイヘアナチョが飛び出した相手GKより早くボールをネットに流し込む。ここで副審が旗を上げて一度はオフサイドの判定となるが、今大会で採用しているビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証が行われると、この判定が覆りレスターのゴールが認められた。 ▽試合終盤の81分には殊勲のイヘアナチョ、マフレズを下げて岡崎、ヴァーディのレギュラーコンビをピッチに送り出したレスターは最後まで危なげなく試合を運び、2-0で勝利。格下フリートウッドとのリターンマッチをきっちり制したチームは、リーグ1所属のピーターバラが待つ4回戦進出を決めた。同日行われたその他の試合結果は以下の通り。 ◆FAカップ3回戦再試合結果 ▽1/16(火) レスター・シティ 2-0 フリートウッド・タウン マンスフィールド 1-4 カーディフ シェフィールド・ウェンズデイ 2-0 カーライル ウェストハム 1-0 シュルーズベリー レディング 3-0 スティヴネイジ 2018.01.17 06:48 Wed
twitterfacebook
thumb

マフレズ退団を否定するレスター指揮官「今夏には移籍金1億ポンドを越えるだろう」

▽レスター・シティを率いるクロード・ピュエル監督は、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(26)が今夏の移籍市場で移籍金が1億ポンド(約152億円)以上になると主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2014年1月にレスター加入して以降、ドリブルスキルを武器に2015-16シーズンのプレミアリーグ制覇に貢献するなどチームの主力としてプレーするマフレズ。今シーズンもここまで公式戦25試合に出場して8ゴール8アシストを記録している。 ▽そんなマフレズには現在リバプールやアーセナルから今冬の移籍市場での獲得へ関心が寄せられている。しかし、『スカイ・スポーツ』によると、ピュエル監督は今夏の移籍市場にはマフレズの価値が1億ポンド(約152億円)を越えるとして、同選手の獲得を考えているクラブをけん制。さらに、同選手の退団については「ただの噂」だと残留を強調している。 「おそらく今夏にマフレズは、1億ポンド(約152億円)以上の費用が掛かる選手になるだろう」 「移籍についてはただの噂であり、雑音でしかない。チームメイトとのプレーを楽しんでいるし、フットボールを楽しんでいる。我々は彼の笑顔を見ることができる。彼はトレーニングの後も練習するんだ。私は休んで欲しいと思うが、完璧なんだよ」 2018.01.16 09:02 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーが公式戦4戦連続ドロー…10人のレスター相手に得点奪えず3戦ゴールなし《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第23節、チェルシーvsレスター・シティが13日に行われ、0-0で引き分けた。先発出場したレスターの岡崎は73分までプレーした。 ▽ホームにレスターを迎えた3位のチェルシー(勝ち点46)は、ミッドウィークに行われたEFLカップ準決勝1stレグのアーセナル戦(0-0)から2選手が変更され、A・クリステンセンとドリンクウォーターに代わり、ケイヒルとバカヨコが先発入り。ここ3試合引き分けが続いているため4試合ぶりの白星を取り戻したい一戦だった。 ▽一方、岡崎が先発した8位のレスター(勝ち点30)は、前節のハダースフィールド戦でリーグ戦5試合ぶりの勝利を手にしたものの、直近のFAカップでは格下のフリートウッド・タウンとの試合ではゴールレスドロー。スタメン出場したマフレズやエンディディ、ヴァーディらが勝ち点奪取を狙った。 ▽試合は、開始直後はチェルシーが押し込む展開に。キックオフから間もなく、カンテやモーゼスがボックスの外からフリーでシュートを放つなど、まずはホームチームがゴールに迫った。 ▽レスターも8分、1本のロングパスでボックス左深くに侵入したチルウェルのクロスに岡崎がダイレクトで合わせチャンスを迎えた。その直後にも同じく左サイドの突破からヴァーディがクロスに合わせるが、シュートは惜しくもサイドネットを叩く。 ▽なおも攻めるフォクシーズ。12分、マフレズのCKの流れ球をエンディディがヘディングで押し込むが、GKクルトワが鋭い反応でゴールを死守した。その後、攻守の切り替えを早くしたチェルシーも、ボックス右の深いところからセスクがシュートを放つがGKシュマイケルが右手でセーブ。ゴールを許さない。 ▽一進一退の攻防が続く中、30分過ぎにチェルシーにアクシデント。ケイヒルが右足ハムストリングの痛みを訴えA・クリステンセンと負傷交代を余儀なくされてしまった。急な交代でチェルシーのディフェンス陣が浮ついているところに攻め込むレスター。マフレズがドリブル突破から好機を作れば、高い位置でボールを奪い岡崎がシュートに持ち込むなど、立て続けにゴールチャンスを迎えた。 ▽後半もレスターが優位に試合を進める。56分にドリブルでボックスに侵入したマフレズがA・クリステンセンとの接触で倒れるが、笛はならなかった。その後、チェルシーはセスクとアザールを下げてペドロとウィリアンを同時投入、早くも交代枠を使い切った。 ▽スコアが動かないまま迎えた68分、相手のパスのカットを試みたチルウェルがモーゼスを引っ掛けてしまいイエローカード。これが2枚目となり、レスターに退場者が出てしまった。数的優位に立ったチェルシーは72分にカンテがボックスの外からシュートを選択。久しぶりのシュートとなった。 ▽チルウェル退場後、完全に守りに入ったレスター相手に攻めるチェルシー。しかし、ゴール前の堅い守備を前にほとんど良い場面を作れない。試合終了間際に、ボックス手前という絶好の位置でFKを得たが、マルコス・アロンソのシュートはGkシュマイケルに掻き出されゴールならず。チェルシーはまたも得点を奪えず、公式戦4試合連続のドローとなった。 2018.01.14 01:48 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎に新ライバル! レスターがU-23マリ代表FWディアバテ獲得!

▽レスター・シティは13日、リーグ・ドゥ(フランス2部)のガゼレク・アジャクシオからU-23マリ代表FWフセニ・ディアバテ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年半となる。 ▽今冬の移籍市場でアルジェリア代表MFリヤド・マフレズやナイジェリア代表FWアーメド・ムサの退団が噂されるレスターは、前線の補強が急務となっている。そこでクラブは過去にサウサンプトンやヴォルフスブルク、レンヌなども獲得に興味を示していたディアバテの獲得を決めた。 ▽スタッド・ランスの下部組織出身のディアバテは、ギャンガンのリザーブチームを経て2017年にG・アジャクシオに加入。卓越したアジリティ、積極果敢な仕掛けを武器とするレフティーは、今シーズンの公式戦20試合に出場し3ゴール1アシストを記録。ここまでは目立った数字を残せていないが、高いポテンシャルに加え、センターフォワードと左右のウイングをこなせるポリバレント性も評価を集めている。 ▽フランス『レキップ』は今回の移籍金を350万~500万ユーロ(約4億7000万~6億8000万円)と推定している。 ▽なお、レスターでは近年、リーグ・ドゥでのプレーを経験しているマフレズやフランス代表MFエンゴロ・カンテ(現チェルシー)、フランス人FWアントニー・ノッカール(現ブライトン)などが華々しい活躍を披露しており、ディアバテにも同様の活躍が期待されるところだ。 2018.01.13 21:57 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース