D・コスタ復帰弾のアトレティコが快勝! モンテッラ初陣セビージャは格下に快勝!《コパ・デル・レイ》2018.01.04 07:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コパ・デル・レイ5回戦1stレグの4試合が3日に行われた。

▽バルセロナとレアル・マドリーと共に優勝候補に挙げられるアトレティコ・マドリーは、セグンダB(スペイン3部)に所属するリェイダとのアウェイゲームに臨み、4-0で先勝した。

▽4回戦でセグンダBのエルチェを破ったアトレティコは、2017年のリーガエスパニョーラを2位で終えるなど、まずまずの形で2018年を迎えた。新年初戦となるリェイダ戦に向けては、FIFAからの補強処分が解除され、ようやく登録可能となったジエゴ・コスタ、ビトロの出場に注目が集まったものの、2選手はグリーズマンと共にベンチスタートに。先発にはゴディンやサウール、フアンフランなど主力に加え、補強解禁の影響でアピールが求められるトーレスとガメイロが2トップに入ったほか、カラスコとコレアが両サイドで起用された。

▽立ち上がりから相手のアグレッシブなプレスに苦戦するアトレティコは、度々自陣深くまで侵攻を許す。それでも、20分には相手陣内で得たFKの場面でカラスコのボールに飛び込んだゴディンが惜しいボレーシュートを放つなど、先に決定機を作る。

▽しかし、直後の23分と25分には相手のカウンターからアグドにボックス付近で続けてフィニッシュに持ち込まれるが、ここは冷静に距離を詰めたGKモジャのファインセーブなどで辛くも失点を免れた。

▽このピンチを凌いだアトレティコは30分過ぎにセットプレーから先手を奪う。相手陣内中央で得たFKの場面でキッカーのカラスコが浮き球のボールをゴール前に送ると、競り勝ったゴディンが頭で合わせ、ゴール右隅に流し込む。さらに畳みかけるアウェイチームは37分、バイタルエリア中央でボールを受けたカラスコがボックス右に走り込むガメイロに展開。最後はガメイロからの高速グラウンダークロスをファーに飛び込んだトーレスが難度の高いスライディングシュートで合わせ、瞬く間にリードを2点に広げた。

▽2点リードで後半を迎えたアトレティコは危なげなく試合を運んでいく。そして、60分に2つのゴールの起点となったカラスコを下げて、アトレティコデビューのビトロを投入。さらに65分にはトーレスとコレアを下げて、アトレティコ再デビューのジエゴ・コスタをエースFWグリーズマンと共にピッチに送り込む。

▽すると、69分にはジエゴ・コスタがいきなり魅せる。ボックス右に侵入してきたフアンフランのグラウンダーの折り返しに反応したスペイン代表FWは相手DFと交錯しながらも右足で泥臭く合わせ、自らのゴールで復帰を祝う。なお、このゴールシーンでヒザ下を相手にスパイクされたジエゴ・コスタは流血して足を引きずる素振りをみせ、周囲を不安にさせるも、無事プレーに復帰した。

▽ジエゴ・コスタの復帰弾で試合を決めたアトレティコは、その後試合終了間際に相手DFトリジェスが2枚目のカードで退場となると、後半アディショナルタイムにはボックス手前でやや右で得たFKの場面でグリーズマンのシュートが壁にディフレクトしたボールがうまくゴール左に吸い込まれ、とどめの4点目が決まった。そして、ジエゴ・コスタの復帰弾を含めトーレス、グリーズマンと獲るべき選手がいずれもゴールを決めたアトレティコが、新年初戦を最高の形で勝利し、ベスト8進出に王手をかけた。

▽また、同日行われたカディスvsセビージャは、アウェイのセビージャが2-0で先勝した。

▽ベリッソ前監督解任に伴い、新監督に前ミラン指揮官のモンテッラ監督を招へいしたセビージャは、セグンダA(スペイン2部)に所属するカディスとのアウェイゲームで新体制の初陣に臨んだ。

▽エンゾンジやヘスス・ナバス、バネガといった重鎮など、主力を起用したセビージャは、開始8分にボックス左角でバネガからパスを受けたノリートがカットインから鋭い腰の振りでニアポストを抜くシュートで、幸先良く先制点を奪う。さらに、23分にはケアーのロングフィードを相手がクリアミスすると、そのままボックス内に抜け出したヘスス・ナバスが冷静にゴール左隅へ右足のシュートを決めた。その後、試合終盤には相手にPKを与えたものの、ここはGKセルヒオ・リコの好守で凌ぎ、2-0で完勝。モンテッラ新体制の初陣を見事に勝利で飾った。

▽また、同日行われたラス・パルマスvsバレンシアは、1-1のドローに終わった。ラ・リーガに所属するチーム同士の一戦は、リーグ戦最下位のラス・パルマスが先制に成功するが、試合終盤の85分にロドリゴ・モレノのゴールで追いついたバレンシアが敵地でドローに持ち込んだ。3日に行われたコパ・デル・レイ5回戦1stレグの結果は以下の通り。

◆コパ・デル・レイ5回戦1stレグ結果
▽1/3(水)
リェイダ 0-4 アトレティコ・マドリー
フォルメンテラ 1-3 アラベス
ラス・パルマス 1-1 バレンシア
カディス 0-2 セビージャ

コメント

関連ニュース

thumb

アセンシオの劇的弾でレアル・マドリーが敵地で先勝!《コパ・デル・レイ》

▽レアル・マドリーは18日、コパ・デル・レイ準々決勝1stレグでレガネスと対戦し、1-0で勝利した。 ▽5回戦でセグンダ・ディビジョン(2部)に所属するヌマンシアに勝利(AGG:5-2)したレアル・マドリーが、レガネスのホームに乗り込んだ1stレグ。直近のビジャレアル戦で惜敗したレアル・マドリーは、その試合からスタメンを大幅9人変更。アセンシオやコバチッチ、L・ジョレンテ、ダニ・セバージョスなど、若手主体のメンバーで試合に臨んだ。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防を繰り広げる中、レアル・マドリーは14分にアクシデントに見舞われる。右サイドのスペースに出たパスを戻りながら対応したバジェホが、着地の際に右ハムストリングを痛め、自ら交代を要求。ナチョをスクランブル投入する事態となった。 ▽前半半ばにかけてポゼッションでレガネスを上回るレアル・マドリーは、34分に決定機。コバチッチが最終ラインのルベン・ペレスへハイプレスをかけてボールを奪うと、そのままゴール前まで持ち上がりシュートを放ったが、痛恨のキックミスでシュートをゴール右に外し、絶好機を逸した。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはレガネス。66分、右サイドでFKを獲得すると、ディエゴ・リコがゴール前にロングパスを供給。すると、M・ジョレンテのクリアがクロスバーを直撃した。 ▽ピンチを凌いだレアル・マドリーは、68分にマジョラルを下げてモドリッチを投入。さらに73分にM・ジョレンテを下げてイスコをピッチに送り出した。しかし、直後にチャンスを迎えたのはレガネス。 ▽75分、アムラバトの左クロスをファーサイドのボーヴュが右足のボレーシュートで合わせたが、これはGKカシージャがファインセーブで凌いだ。 ▽膠着状態のまま試合も終盤に突入し、このまま試合終了かと思われたが、90分に均衡が破れる。イスコのパスを左サイド高い位置で受けたテオ・エルナンデスのクロスをニアサイドに走り込んだアセンシオが左足でゴールに流し込んだ。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、レアル・マドリーが敵地で先勝を飾った。なお、2ndレグは24日にレアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われる。 2018.01.19 07:43 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナが今季公式戦30戦目で初黒星…メッシPK失敗に終盤被弾でダービーで敗戦…《コパ・デル・レイ》

▽バルセロナは17日、コルネジャ・エル・プラットで行われたコパ・デル・レイ準々決勝1stレグでエスパニョールとの“バルセロナ・ダービー”を戦い、0-1で敗戦した。 ▽5回戦でそれぞれセルタとレバンテのプリメーラ勢を破ったバルセロナとエスパニョールによる、“バルセロナ・ダービー”。現在、公式戦29戦無敗を継続するリーガ首位のバルセロナは、先週末に行われた レアル・ソシエダとのリーグ戦で鬼門アノエタを8年ぶりに攻略し勢いに乗る。 ▽そのソシエダ戦からは先発5人を変更。負傷のイニエスタやデンベレがベンチを外れ、先発にはメッシやピケ、ブスケッツら絶対的主力と共にデニス・スアレスやアレーニャなど一部若手が起用された。 ▽立ち上がりからリスクを冒してビルドアップをけん制するエスパニョールに対して、要所でプレスを剥がしながら決定機を作り出すバルセロナ。23分には右サイドからドリブルで切り込んだメッシがボックス付近で左足を振り抜くが、これはGK正面を突く。 ▽その後も試合の主導権を握るバルセロナだが、右ウイングに入るアレイシ・ビダルがブレーキになる場面が目立ち、なかなか崩しきれない。それでも、30分にパウリーニョ、44分にデニス・スアレスとボックス付近で決定機を演出するが、いずれのシュートも枠を捉え切れず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、中盤のダルデルを下げてFWレオ・バチストンを投入して攻撃に出るエスパニョール。対するバルセロナは筋肉系の問題か、自ら交代を要求したパウリーニョに代えてラキティッチを54分に投入。続く59分にはアレーニャを下げてルイス・スアレスをピッチに送り出す。 ▽すると、60分過ぎに試合が動く。ボックス内に抜け出したセルジ・ロベルトがグラネロからアフター気味にぶつかられてピッチに倒れ込む。後半立ち上がりにアーロンのあわや2枚目の警告で退場という場面を流していた主審は微妙な判定ながらバルセロナにPKを与える。しかし、キッカーのメッシが右隅を狙ったシュートはGKディエゴ・ロペスが見事な反応ではじき出し、失点を許さない。 ▽メッシのPK失敗に加え、途中投入のルイス・スアレスがいまひとつ試合に入れ切れず、流れが悪いバルセロナは77分にデニス・スアレスを下げて、今冬のインテル行きも噂されるラフィーニャを3枚目の交代カードで投入。だが、83分には不用意に与えた自陣ボックス付近のFKからマルコス・ナバーロに枠を捉えた際どいシュートを許すなど、あわやというピンチも招く。 ▽すると、このままゴールレスで終了と思われた試合終盤に試合が動く。88分、エスパニョールが右サイドで細かく繋ぎビクトル・サンチェスがスペースに飛び出すマルコス・ナバーロに絶妙な縦パスを通す。そして、ナバーロからのマイナスの折り返しをボックス中央に走り込んだメレンドが左隅に流し込んだ。 ▽土壇場の失点によって敗色濃厚となったバルセロナはラストプレーでFKを獲得。ボックス手前右角でメッシがファーポストを直接狙うが、これはわずかに枠の左に外れた。そして、メッシのPK失敗が響きダービーに敗れたバルセロナは今季公式戦30試合目にして初黒星を喫した。 2018.01.18 07:11 Thu
twitterfacebook
thumb

シメオネ、アトレティコのコパ4強進出に意欲「選手時代から好きなコンペティションだった」

アトレティコ・マドリーは17日のコパ・デル・レイ準々決勝第1戦でセビージャと対戦する。ディエゴ・シメオネ監督は、ベスト4進出への意気込みを示した。<br><br>今大会屈指の好カードとなったアトレティコとセビージャの一戦。ここまでのコパ4試合でアトレティコは3勝1分け、セビージャは4勝という戦績だ。得点数と失点数は、11得点1失点と互角である。<br><br>シメオネ監督はセビージャ戦の前日会見で次のように語っている。<br><br>「コパは美しい大会だね。選手時代から、ずっと好きだったコンペティションだよ」<br><br>「準々決勝は重要だ。セビージャもアトレティコと同様、カップ戦に強いチーム。最近のリーグ戦の成績で、心に痛みを抱えているかもしれない。だがセビージャには素晴らしい選手が揃っている」<br><br>「この対戦は素晴らしいよ。私がテレビの前で抽選会を観ていたら、選んでいただろう対戦カードだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.17 23:23 Wed
twitterfacebook
thumb

準々決勝の組み合わせが決定! 2つのダービーマッチに強豪同士の対決も《コパ・デル・レイ》

▽スペインサッカー協会(RFEF)は12日、コパ・デル・レイ準々決勝の組み合わせ抽選を行った。 ▽11日に終えた5回戦を勝ち抜け準々決勝に進出した8チームは、全てプリメーラのチームだ。セルタとの第1戦を1-1のドローで終えるなど危機に瀕しながらも、第2戦で5-0の大勝を収めて勝ち上がった3連覇中のバルセロナは、エスパニョールとの“バルセロナ・ダービー”に臨むことに。 ▽また、4大会ぶり優勝を目指すレアル・マドリーも、本拠地を同じマドリッドに置くレガネスとのダービーマッチとなった。さらに、アトレティコ・マドリーとセビージャの強豪対決も実現。リーグ戦で好調のバレンシアはアラベスと対戦する。 ▽コパ・デル・レイ準々決勝は、1月17日に1stレグが行われ、同24日に2ndレグが行われる、今回決定した組み合わせは以下のとおり。 ◆コパ・デル・レイ準々決勝 レガネス vs レアル・マドリー エスパニョール vs バルセロナ アトレティコ・マドリー vs セビージャ バレンシア vs アラベス 2018.01.12 21:26 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシとアルバの超絶連係でセルタに快勝! 4連覇目指すバルサがベスト8進出!《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ5回戦2ndレグ、バルセロナvsセルタが11日にカンプ・ノウで行われ、バルセロナが5-0で快勝した。この結果、2戦合計6-1としたバルセロナの準々決勝進出が決定した。 ▽先週にセルタホームで行われた1stレグを1-1のドローで終えたバルセロナは、先週末に行われたレバンテとのリーグ戦を3-0で快勝した。その試合からは先発5人を変更。GKにシレッセンが入ったほか、ヴェルメーレンとセルジ・ロベルトに代わってピケとネウソン・セメド、パウリーニョとデンベレに代わってブスケッツとアンドレ・ゴメスが起用された。 ▽直近のリーグ戦でレアル・マドリーと引き分けた難敵セルタを相手に立ち上がりから攻勢を仕掛けるバルセロナ。立ち上がりにメッシの個人技からいきなり決定機を作り出すと、7分にはイニエスタの背後を狙った絶妙な浮き球パスに抜け出したメッシとスアレスのパス交換から再びチャンスを作るが、ここは相手の粘りに遭う。 ▽その後も中盤と最終ラインの間でボールを引き出すメッシを起点に押し込むと、メッシとジョルディ・アルバのホットラインが見事に開通。立て続けにゴールネットを揺らす。 ▽まずは13分、左サイドでボールを持ったイニエスタが絶妙な浮き球のパスをボックス左付近に走り込むアルバに通す。これをアルバが抑えの利いたダイレクトクロスで中に入れると、中央に走り込んだメッシが左足ボレーで合わせ、GKの手を弾いたボールがゴール右隅に吸い込まれる。続く15分には右サイドからドリブルで内へ切り込んだメッシが斜めのパスをアルバへ通すと、再びアルバからのダイレクトの折り返しをメッシが左足ダイレクトで流し込んだ。 ▽アルバとメッシの連係プレーで2戦合計スコアを3-1としたバルセロナは、その後も鮮やかな連係から再三の決定機を創出。メッシとアルバ、イニエスタが絶妙なコンビネーションで相手守備を崩すと、虎視眈々とゴールを狙うスアレスがフィニッシュに顔を出していく。 ▽すると28分、相手陣内中央でパスを受けたメッシが左サイドのスペースにトップスピードで走り込むアルバに絶妙な斜めのパスを送り出すと、中途半端に飛び出したGKより先にパスに反応したアルバが無人のゴールへ流し込み、3点目を奪取。さらに31分には前線からの連動したハイプレスでシストのバックパスのミスを誘うと、ゴール前でカットしたスアレスが冷静に決めて4点目を奪った。 ▽前半45分で試合の大勢が決したことで、後半は互いに今週末のリーグ戦を睨んだ戦いとなる。逆転突破が絶望的なセルタはアスパスとヴァスの主力2選手を前半終了時に下げてマキシ・ゴメス、ラドヤを投入。一方、バルセロナはピケを下げてハーフタイム明けにヴェルメーレン、立ち上がりの60分付近にメッシとイニエスタを下げてデンベレ、アルナイスの若手アタッカー2人を投入する。 ▽後半はバルセロナがペースを落としたことで、セルタがゴール前でフィニッシュに絡む場面も増えていく。だが、セメドの身体を張ったシュートブロックなどで失点は許さない。 ▽後半半ばから終盤にかけては拮抗した展開が続く。その中でアピールしたいデンベレが見事な個人技で突破を見せれば、アルナイスも巧みな飛び出しからサイドネットを叩くシュートでコパ4戦連発に迫るなど、スタンドを沸かせるホームチーム。試合終了間際の87分にはデンベレの右CKをゴール前でドフリーのラキティッチが頭で合わせ、この日のゴールショーを締めくくる5点目を奪取。メッシとアルバの超絶連係などで5発大勝のバルセロナが、大会4連覇に向けてまずは準々決勝進出を決めた。 2018.01.12 07:22 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース