トリノ・ダービー制した3連覇王者ユベントスがアタランタの待つ準決勝進出!《コッパ・イタリア》2018.01.04 07:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コッパ・イタリア準々決勝、ユベントスvsトリノのトリノ・ダービーが3日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-0で勝利したユベントスの準決勝進出が決定した。

▽5回戦でジェノアとローマのセリエA勢を退けたユベントスとトリノが準決勝進出を懸けて激突したコッパでのトリノ・ダービー。大会4連覇を目指すユベントスは、2017年最終戦となったセリエAのヴェローナ戦から先発6人を変更。最終ラインはキエッリーニを除きルガーニ、ストゥラーロ、アサモアと控えメンバーが並び、中盤はケディラ、ベンタンクールに代わってピャニッチ、マルキジオ、3トップはイグアインに代わってドグラス・コスタがディバラ、マンジュキッチと共に起用された。

▽一方、リーグ戦での前回対戦で0-4の大敗を喫しリベンジに燃えるトリノは、直近のジェノア戦から先発3人を変更。GKにはベスト8進出の立役者ミリンコビッチ=サビッチが入り、中盤はヴァルディフィオーリ、オビに代わって前回対戦で退場したバゼッリ、アックアーが起用され、リャイッチとベロッティを欠く前線はファルケ、ニアン、ベレンゲルの3人が並んだ。

▽立ち上がりから攻勢に打って出るユベントスは7分、ボックス左で粘ったマテュイディの折り返しを中央のピャニッチがダイレクトシュートで狙うが、これは相手GKの正面を突く。しかし、15分にはボックス付近で仕掛けたアサモアの横パスからマルキジオはシュートに持ち込めないが、相手のクリアボールがボックス内のドグラス・コスタの元へ。ここでドグラス・コスタが浮いたボールをうまくヒザを被せて抑えた左足の弾丸ボレーでゴール右上隅に突き刺した。

▽押し込まれた中で先制を許したトリノだが、失点直後に決定機。18分、最終ライン裏へ抜け出したニアンがDFを振り切ってボックス左からシュートを放つが、ここはやや角度がなく右ポストを掠めた。

▽冷や汗をかいたユベントスだが、このピンチ以降は冷静に試合をコントロール。ピャニッチが積極的に呼び込んでボールに絡むと、アタッキングサードではディバラとドグラス・コスタの独壇場に。

▽とりわけ、ピャニッチやマンジュキッチとの連係で前向きな仕掛けが目立つディバラは28分にボックス内で決定的なシュートを放つが、これはGKミリンコビッチ=サビッチのスーパーセーブに遭う。さらに31分には相手の背後を突いたドグラス・コスタがGKをかわしてネットを揺らすが、今度はオフサイド。前半終盤にかけてもユベントスの攻勢が続いた試合は、結局ホームチームの1点リードのまま終了した。

▽迎えた後半、先に動きを見せたのはユベントス。ストゥラーロに代えて本職の右サイドバックのリヒトシュタイナーをハーフタイム明けにピッチへ送り出す。後半も主導権を握るユベントスは49分に右サイドからのクロスにマンジュキッチが頭で合わせるが、これはクロスバーの上。さらに59分には右サイドからの折り返しに反応したマテュイディがゴール前に飛び込むが、シュートはわずかに枠の右に外れる。

▽後半もなかなか決め切れないユベントスだったが、疑惑のゴールで追加点を奪う。67分、相手陣内右サイドでイーブンボールに反応したケディラがアックアーにアフター気味のチャージからボールを奪う。ここでファウルを確信したトリノの選手たちがプレーを止めた中、プレーを続けるユベントスはディバラがゴール前に走り込むマンジュキッチへラストパス。そして、マンジュキッチは遅れ気味に飛び出したGKの頭上を抜くチップキックでネットを揺らした。

▽このゴール直後トリノ陣営からの猛抗議によって主審はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認を行う。ゴール取り消しを確信したトリノのミハイロビッチ監督は余裕の表情を浮かべたが、主審は当初の判定通りユベントスのゴールを認める。これに激昂したミハイロビッチ監督が主審に詰め寄ると、ここで退席処分が言い渡された。

▽疑惑の判定によって2点ビハインドを背負ったトリノはフラストレーションを溜めてここからラフなプレーを敢行する、ダービーらしい荒れた試合模様に。それでも、冷静に相手の攻撃をいなしたユベントスがこのまま相手の反撃を無失点で凌ぎ切った。やや判定に恵まれたものの、リーグ戦に続ききっちりダービーを制したユベントスが、新年初勝利と共にアタランタの待つ準決勝進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

北朝鮮FWだけじゃない!? ユベントス、ジェノアの16歳FWも狙う

▽北朝鮮人FWハン・グァンソンに対する関心が伝えられているユベントスだが、ほかにも狙っている若手はいる。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、ジェノアFWピエトロ・ペッレグリに近づいているようだ。 ▽ペッレグリはまだ16歳のイタリア人アタッカー。マンチェスター・シティ、インテル、アーセナル、ローマといったクラブも関心を持っていたとされる有望株だ。 ▽ユベントス首脳陣は22日にジェノアのゼネラルディレクターと会談したとのこと。ジェノアは「3000万ユーロ(約40億円)+出来高」という条件を求めたようだが、最終的には2500万ユーロ(約34億円)程度でまとまる見通しだ。 ▽ただ、ユベントスはすぐに同選手をチームに引き込むつもりはない。今シーズンの残り試合に加えて、来シーズンもペッレグリをジェノアにレンタルする形として成長を促すことになるという。 ▽ユベントスは、カリアリからペルージャにレンタル中のハンについても同様の流れを考えているようだ。 2018.01.24 02:05 Wed
twitterfacebook
thumb

アッレグリ、今週中のブッフォン復帰を示唆「正GKは彼のまま。準備はできている」

ユベントス指揮官のマッシミリアーノ・アッレグリが22日、イタリアメディア『プレミアムスポーツ』のインタビューに応じ、GKジャンルイジ・ブッフォンの復帰について言及した。<br><br>ユベントスは22日、セリエA第21節においてホームでジェノアと対戦。16分、MFドグラス・コスタのゴールで先制したユベントスは1-0で勝利をつかんだ。前日に試合を行い、アタランタに勝利していた首位ナポリに対し、再び1ポイント差に詰め寄った。<br><br>アッレグリは、「この試合に勝利することは重要だった。ただ終盤、もう少し上手くコントロールできたはずだが、少し疲れていたようだ。それでもジェノアにチャンスを与えなかった」とチームに合格点を与えた。<br><br>続いて12月1日のナポリ戦でふくらはぎを負傷して以来、離脱が続いている主将ブッフォンについて言及。「今週中にもチームに合流する。準備はできている。(ヴォイチェフ)シュチェスニーが素晴らしいパフォーマンスを見せているが、状態さえ良ければ正GKはブッフォンのままだ」と述べ、今週末に40歳を迎える守護神にゴールマウスを託す意向を示した。<br><br>またセンターバックでコンビを組んだDFジョルジョ・キエッリーニおよびDFメディ・ベナティアについても、「(ダニエレ)ルガーニや(アンドレア)バルザーリらと変わらず、良い出来だ。どんな時でもチーム全体で準備ができていることが大切だ」と語った。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 20:58 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス、評価額20億円超の北朝鮮籍19歳FW獲得に2選手とのトレード提案か

ペルージャに所属する北朝鮮籍FWハン・グァンソンのユベントス入りが近づいている。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が21日、報じている。<br><br>イタリア王者ユベントスのジュゼッペ・マロッタSD(スポーツディレクター)は、19歳FWへの興味を示しており、正式に獲得へ乗り出した。移籍金900万~1000万ユーロ(約12~14億円)程度で、今週中にも合意に至るかと見られていたが、選手の保有権を持つカリアリが難色を示している。<br><br>カリアリのトンマーゾ・ジュリーニ会長は、クラブの宝であるハンを高く評価しており、1500万ユーロ(約20億円)に満たないオファーは却下する意向と見られる。『Goal』の現地記者も、カリアリが評価額をほぼ2倍の2000万ユーロ(約27億円)前後と見積もっていると報じている。<br><br>今週、カリアリが拠点を置くサルデーニャ島において、両クラブの間で話し合いが持たれる。ユベントスは金銭の支払いをできる限り低く抑えたい意向を示しており、カリアリに対して人的補償を提案している。ペルージャにレンタル中の21歳Wアルベルト・チェッリ、ヴェネツィアで武者修行中の20歳GKエミル・アウデロ、ユベントスのプリマヴェーラに所属する17歳MFファブリツィオ・カリガラの名前が挙がっており、このうち2選手がハンのトレード要員としてカリアリに渡ることになる。なお、ハンはユベントス移籍後もレンタルによりカリアリに戻るか、他クラブでプレーを続ける可能性が高い。今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

D・コスタ弾で逃げ切った2位ユベントスが2戦連続ウノゼロで5連勝!《セリエA》

▽ユベントスは22日、アリアンツ・スタジアムで行われたセリエA第21節でジェノアと対戦し、ホームのユベントスが1-0で勝利した。 ▽前節、カリアリに競り勝って4連勝を飾ったユベントスは首位ナポリと勝ち点1差の2位でウィンターブレークに突入。そして、短い休暇明けで臨んだ今節はホームに14位のジェノアを迎えた。前節のカリアリ戦からのメンバー変更は3点。バルザーリに代わってリヒトシュタイナーが右サイドに入り、前線はディバラとベルナルデスキに代わってマンジュキッチとドグラス・コスタがイグアインと共に3トップを形成した。 ▽立ち上がりから攻勢を仕掛けるユベントスは8分、ボックス手前で得たFKを名手ピャニッチが直接狙うが、右隅を捉えたシュートは相手GKペリンの好守に遭う。 ▽それでも完全に相手を押し込むホームチームは16分、バイタルエリア中央で仕掛けたドグラス・コスタが一度は相手DFに引っかかりながらも左サイドのマンジュキッチへ展開。すると、そのままゴール前に飛び込んだドグラス・コスタへマンジュキッチから絶妙なスルーパスが通り、これをGKより先に右足で触ったブラジル代表FWが押し込んだ。 ▽良い流れの中で先制に成功したユベントスは相手の反撃を危なげなく凌ぎながら、要所で鋭いカウンターを発動。23分にはセットプレーの流れからピャニッチがボレーシュート、32分には右サイドを突破したケディラからのクロスを収めたマンジュキッチがボックス手前から右足を振り抜くが、いずれもGKペリンの正面を突く。その後も幾度となくチャンスを作ったものの、前半のうちに追加点を奪うことはできなかった。 ▽迎えた後半、ルカ・リゴーニを下げてアタッカーのガラビノフを入れて攻撃的な形にシフトしたジェノアが攻勢に出る。だが、アタッキングサードまでボールを運べるもののそこからユベントスの堅守に跳ね返され続ける。 ▽一方、前半同様にカウンターを主体に2点目を狙うユベントスは前線のイグアインやマンジュキッチにボールが収まるが、相手の粘り強い守備を崩し切れない。57分にはボックス左でパスを受けたアレックス・サンドロに決定機も、ここはシュートを枠の右に外す。さらに64分にはケディラがミドルシュートを放つが、今度はGKペリンのセーブに遭う。 ▽後半半ばを過ぎてこう着状態に陥った中、ユベントスは負傷の疑いがあるケディラに代えてストゥラーロ、アレックス・サンドロに代えてアサモアを同じポジションに入れて逃げ切り態勢に入る。さらに、試合終盤にはリヒトシュタイナーを下げてバルザーリを投入し、相手のパワープレーへの対策も怠らない。 ▽そして、百戦錬磨の守備陣がきっちりジェノアの攻撃を枠内シュート0で防ぎ切り、2試合連続のウノゼロ。思い通りの試合運びで勝ち切ったユベントスが5連勝で首位ナポリをきっちり追走している。 2018.01.23 06:45 Tue
twitterfacebook
thumb

名将リッピ、ナポリにスクデットの可能性を感じる「インテルとローマは…」

▽元イタリア代表指揮官で現在は中国代表監督のマルチェロ・リッピ氏が、今シーズンのセリエA優勝争いについて話した。イタリア『ラジオRai』に対するコメントを、『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えている。 ▽ユベントスで5度のスクデット(セリエA優勝)獲得を経験している名将は、「興味深いシーズンになっているね」と今季のセリエAについてコメント。「今シーズンは優勝争いに割って入る資質を持ったナポリがいる」と、ライバルの力を認めた。 ▽一方で「インテルとローマは少し道を外れてしまった」とリッピ氏。「とはいえ、彼らがまた戻ってくる可能性も否定はしない」と調子を落とす2つの強豪に触れている。「あとはラツィオもいる。彼らが何もできなければ、ナポリとユベントスのデッドヒートが最後まで見られるだろう」と語った。 ▽ただ、本命はやはりユベントスという見方が強い。「ナポリはヨーロッパリーグがあるし、選手層がそこまで厚くないという問題があるかもしれない」とリッピ氏は認めているが、「何と言っても現在首位なわけだし、十分にチャンスはあるだろう」と高く評価している。 ▽ナポリがユベントスの連覇を止めるのか。それともほかにも優勝を争うクラブが出てくるのか。リッピ氏は興味深く見守っている。 2018.01.23 05:52 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース