トリノ・ダービー制した3連覇王者ユベントスがアタランタの待つ準決勝進出!《コッパ・イタリア》2018.01.04 07:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コッパ・イタリア準々決勝、ユベントスvsトリノのトリノ・ダービーが3日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-0で勝利したユベントスの準決勝進出が決定した。

▽5回戦でジェノアとローマのセリエA勢を退けたユベントスとトリノが準決勝進出を懸けて激突したコッパでのトリノ・ダービー。大会4連覇を目指すユベントスは、2017年最終戦となったセリエAのヴェローナ戦から先発6人を変更。最終ラインはキエッリーニを除きルガーニ、ストゥラーロ、アサモアと控えメンバーが並び、中盤はケディラ、ベンタンクールに代わってピャニッチ、マルキジオ、3トップはイグアインに代わってドグラス・コスタがディバラ、マンジュキッチと共に起用された。

▽一方、リーグ戦での前回対戦で0-4の大敗を喫しリベンジに燃えるトリノは、直近のジェノア戦から先発3人を変更。GKにはベスト8進出の立役者ミリンコビッチ=サビッチが入り、中盤はヴァルディフィオーリ、オビに代わって前回対戦で退場したバゼッリ、アックアーが起用され、リャイッチとベロッティを欠く前線はファルケ、ニアン、ベレンゲルの3人が並んだ。

▽立ち上がりから攻勢に打って出るユベントスは7分、ボックス左で粘ったマテュイディの折り返しを中央のピャニッチがダイレクトシュートで狙うが、これは相手GKの正面を突く。しかし、15分にはボックス付近で仕掛けたアサモアの横パスからマルキジオはシュートに持ち込めないが、相手のクリアボールがボックス内のドグラス・コスタの元へ。ここでドグラス・コスタが浮いたボールをうまくヒザを被せて抑えた左足の弾丸ボレーでゴール右上隅に突き刺した。

▽押し込まれた中で先制を許したトリノだが、失点直後に決定機。18分、最終ライン裏へ抜け出したニアンがDFを振り切ってボックス左からシュートを放つが、ここはやや角度がなく右ポストを掠めた。

▽冷や汗をかいたユベントスだが、このピンチ以降は冷静に試合をコントロール。ピャニッチが積極的に呼び込んでボールに絡むと、アタッキングサードではディバラとドグラス・コスタの独壇場に。

▽とりわけ、ピャニッチやマンジュキッチとの連係で前向きな仕掛けが目立つディバラは28分にボックス内で決定的なシュートを放つが、これはGKミリンコビッチ=サビッチのスーパーセーブに遭う。さらに31分には相手の背後を突いたドグラス・コスタがGKをかわしてネットを揺らすが、今度はオフサイド。前半終盤にかけてもユベントスの攻勢が続いた試合は、結局ホームチームの1点リードのまま終了した。

▽迎えた後半、先に動きを見せたのはユベントス。ストゥラーロに代えて本職の右サイドバックのリヒトシュタイナーをハーフタイム明けにピッチへ送り出す。後半も主導権を握るユベントスは49分に右サイドからのクロスにマンジュキッチが頭で合わせるが、これはクロスバーの上。さらに59分には右サイドからの折り返しに反応したマテュイディがゴール前に飛び込むが、シュートはわずかに枠の右に外れる。

▽後半もなかなか決め切れないユベントスだったが、疑惑のゴールで追加点を奪う。67分、相手陣内右サイドでイーブンボールに反応したケディラがアックアーにアフター気味のチャージからボールを奪う。ここでファウルを確信したトリノの選手たちがプレーを止めた中、プレーを続けるユベントスはディバラがゴール前に走り込むマンジュキッチへラストパス。そして、マンジュキッチは遅れ気味に飛び出したGKの頭上を抜くチップキックでネットを揺らした。

▽このゴール直後トリノ陣営からの猛抗議によって主審はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認を行う。ゴール取り消しを確信したトリノのミハイロビッチ監督は余裕の表情を浮かべたが、主審は当初の判定通りユベントスのゴールを認める。これに激昂したミハイロビッチ監督が主審に詰め寄ると、ここで退席処分が言い渡された。

▽疑惑の判定によって2点ビハインドを背負ったトリノはフラストレーションを溜めてここからラフなプレーを敢行する、ダービーらしい荒れた試合模様に。それでも、冷静に相手の攻撃をいなしたユベントスがこのまま相手の反撃を無失点で凌ぎ切った。やや判定に恵まれたものの、リーグ戦に続ききっちりダービーを制したユベントスが、新年初勝利と共にアタランタの待つ準決勝進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

リーガ会長が考えるC・ロナウドのイタリア移籍の理由「多くのお金を稼ぐことになる」

スペインプロリーグ機構ラ・リーガのハビエル・テバス会長はクリスティアーノ・ロナウドがイタリアへ移籍したのはスペインの税率のせいであると主張した。『マルカTV』が報じている。<br><br>9年間レアル・マドリーのエースとして活躍したロナウドは、移籍金1億1200万ユーロ(約146億円)でセリエA王者ユベントスへ移籍。バルセロナFWリオネル・メッシと並ぶリーガを代表するスターの国外流出はリーガ・エスパニョーラにとっても大きな損失となった。<br><br>ポルトガル人ストライカーは移籍の理由をレアルの公式ホームページ上で「新たなサイクルが必要だった」と語っているが、テベス氏は他に原因があったと考えているようだ。<br><br>「彼はここにいるよりも多くのお金を稼ぐことになるだろう。財政的な要素がイタリア行きを後押ししたと思っている」<br><br>「スペインは租税競争に大きな問題を抱えている。他の主要リーグと比べるとスペインは選手に対する課税状況が最悪だ。税率が極端に低い場所というのはないが、大金を稼ぐ選手にとってはそのわずかな差が大きな額になる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

DFヘヴェデスがユーベからシャルケに帰還も…再び移籍へ?

▽ユベントスにレンタル移籍していた元ドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデス(30)が、シャルケに復帰している。クラブのツイッター公式アカウント(@s04_jp)上で伝えられている。 ▽シャルケの下部組織出身であるヘヴェデスは、2007年10月にトップチームデビューを果たした。すると、主力として安定したパフォーマンスを披露し、昨シーズンに買い取りオプション及び成績達成時の買い取り義務付きのレンタルでユベントスに加入。しかし、昨シーズンは負傷などの影響もあり公式戦3試合1ゴールの成績に留まり、シャルケに戻ることとなった。 ▽シャルケは19日、ヘヴェデスがパフォーマンステストを終え、チームトレーニングに参加する旨をツイート。なお、『キッカー』日本語版によれば、ヘヴェデスはシャルケのプランに含まれていないという。スポーツディレクターのクリスチャン・ハイデル氏の「両者とも変わることに関心がある」とのコメントを紹介し、移籍の意向でクラブ側と選手側が一致している報じている。 2018.07.20 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベ加入のCR7、本格始動はまだ先 8月に完全合流

▽新シーズンからユベントスでプレーするポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、本格始動は先になるようだ。『ESPN』が報じた。 ▽C・ロナウドは今夏、数々の栄光を手にしたレアル・マドリーに別れを告げ、ユベントス入り。メディカルチェックを経て、16日に入団会見を行った。今後、ユベントスでの初実践に注目が集まるが、アメリカで行われるメジャーリーグ・サッカー(MLS)のオールスター選抜戦や、インターナショナルチャンピオンズカップに臨むチームに帯同しない模様だ。 ▽伝えられるところによれば、ロシア・ワールドカップ(W杯)を戦ったC・ロナウドは、30日からイタリアでトレーニングをスタート。クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチや、同代表FWマルコ・ピアツァ、フランス代表MFブレーズ・マテュイディらW杯決勝出場組と共に8月からチームに合流するという。 2018.07.20 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ルガーニ放出ならゴディン引き抜きか

▽ユベントスが、アトレティコ・マドリーDFディエゴ・ゴディンの獲得を検討しているようだ。イタリア『プレミアム・スポルト』が伝えた。 ▽ユベントスは現在、DFダニエレ・ルガーニにチェルシー移籍の可能性が浮上している。ロマン・アブラモビッチオーナーがミラノを訪れ、ユベントスとの交渉に入った模様だ。 ▽この取引が実現した場合に備えて、ユベントスはセンターバックの補強を考えている。その候補に挙がったのがウルグアイ代表のゴディンだ。 ▽ゴディンとアトレティコ・マドリーの契約は2019年まで。今夏の放出を逃せば、フリーでトランスファーになる可能性もある。ルガーニ放出となれば、ユベントスは契約解除金の2000万ユーロ(約26億円)を全て支払ってでも引き抜く構えだという。 ▽チェルシーはルガーニのほか、FWゴンサロ・イグアインの獲得にも動いているようだが、こちらも代役候補のリストアップは進んでいるのだろうか。 2018.07.20 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ピャニッチがC・ロナウド加入に「獲得は大当たり」! 自身の残留は明言せず

▽ユベントスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが、今夏レアル・マドリーから加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに関して言及した。『スカイ・スポルト・イタリア』が伝えている。 ▽ユベントスは先日、クラブとセリエAレコードを更新する総額1億1200万ユーロ(約146億円)の移籍金で、サッカー界最高のプレーヤーの1人であるC・ロナウドを獲得した。 ▽そのスーパースターに加入に関して、ピャニッチは18日夜にトリノの地元レストランで『スカイ・スポルト・イタリア』の記者から質問を受け、以下のようにコメントしている。 「彼の獲得は大当たりだと思う。偉大なプレーヤーだからね」 ▽続けて「ユベントスでC・ロナウドと共にプレーするのか」との質問を受けたピャニッチは、「おやすみ」とだけ記者団に伝えて自身の車でレストランを後にした。 ▽なお、ピャニッチの去就に関してはマンチェスター・シティとチェルシーのプレミアリーグ勢に加え、バルセロナが獲得に関心を示している。その一方で、ユベントスがサラリー面を大幅に改善した新契約を掲示して慰留に動いているとの報道もある。 2018.07.19 16:27 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース