トリノ・ダービー制した3連覇王者ユベントスがアタランタの待つ準決勝進出!《コッパ・イタリア》2018.01.04 07:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コッパ・イタリア準々決勝、ユベントスvsトリノのトリノ・ダービーが3日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-0で勝利したユベントスの準決勝進出が決定した。

▽5回戦でジェノアとローマのセリエA勢を退けたユベントスとトリノが準決勝進出を懸けて激突したコッパでのトリノ・ダービー。大会4連覇を目指すユベントスは、2017年最終戦となったセリエAのヴェローナ戦から先発6人を変更。最終ラインはキエッリーニを除きルガーニ、ストゥラーロ、アサモアと控えメンバーが並び、中盤はケディラ、ベンタンクールに代わってピャニッチ、マルキジオ、3トップはイグアインに代わってドグラス・コスタがディバラ、マンジュキッチと共に起用された。

▽一方、リーグ戦での前回対戦で0-4の大敗を喫しリベンジに燃えるトリノは、直近のジェノア戦から先発3人を変更。GKにはベスト8進出の立役者ミリンコビッチ=サビッチが入り、中盤はヴァルディフィオーリ、オビに代わって前回対戦で退場したバゼッリ、アックアーが起用され、リャイッチとベロッティを欠く前線はファルケ、ニアン、ベレンゲルの3人が並んだ。

▽立ち上がりから攻勢に打って出るユベントスは7分、ボックス左で粘ったマテュイディの折り返しを中央のピャニッチがダイレクトシュートで狙うが、これは相手GKの正面を突く。しかし、15分にはボックス付近で仕掛けたアサモアの横パスからマルキジオはシュートに持ち込めないが、相手のクリアボールがボックス内のドグラス・コスタの元へ。ここでドグラス・コスタが浮いたボールをうまくヒザを被せて抑えた左足の弾丸ボレーでゴール右上隅に突き刺した。

▽押し込まれた中で先制を許したトリノだが、失点直後に決定機。18分、最終ライン裏へ抜け出したニアンがDFを振り切ってボックス左からシュートを放つが、ここはやや角度がなく右ポストを掠めた。

▽冷や汗をかいたユベントスだが、このピンチ以降は冷静に試合をコントロール。ピャニッチが積極的に呼び込んでボールに絡むと、アタッキングサードではディバラとドグラス・コスタの独壇場に。

▽とりわけ、ピャニッチやマンジュキッチとの連係で前向きな仕掛けが目立つディバラは28分にボックス内で決定的なシュートを放つが、これはGKミリンコビッチ=サビッチのスーパーセーブに遭う。さらに31分には相手の背後を突いたドグラス・コスタがGKをかわしてネットを揺らすが、今度はオフサイド。前半終盤にかけてもユベントスの攻勢が続いた試合は、結局ホームチームの1点リードのまま終了した。

▽迎えた後半、先に動きを見せたのはユベントス。ストゥラーロに代えて本職の右サイドバックのリヒトシュタイナーをハーフタイム明けにピッチへ送り出す。後半も主導権を握るユベントスは49分に右サイドからのクロスにマンジュキッチが頭で合わせるが、これはクロスバーの上。さらに59分には右サイドからの折り返しに反応したマテュイディがゴール前に飛び込むが、シュートはわずかに枠の右に外れる。

▽後半もなかなか決め切れないユベントスだったが、疑惑のゴールで追加点を奪う。67分、相手陣内右サイドでイーブンボールに反応したケディラがアックアーにアフター気味のチャージからボールを奪う。ここでファウルを確信したトリノの選手たちがプレーを止めた中、プレーを続けるユベントスはディバラがゴール前に走り込むマンジュキッチへラストパス。そして、マンジュキッチは遅れ気味に飛び出したGKの頭上を抜くチップキックでネットを揺らした。

▽このゴール直後トリノ陣営からの猛抗議によって主審はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認を行う。ゴール取り消しを確信したトリノのミハイロビッチ監督は余裕の表情を浮かべたが、主審は当初の判定通りユベントスのゴールを認める。これに激昂したミハイロビッチ監督が主審に詰め寄ると、ここで退席処分が言い渡された。

▽疑惑の判定によって2点ビハインドを背負ったトリノはフラストレーションを溜めてここからラフなプレーを敢行する、ダービーらしい荒れた試合模様に。それでも、冷静に相手の攻撃をいなしたユベントスがこのまま相手の反撃を無失点で凌ぎ切った。やや判定に恵まれたものの、リーグ戦に続ききっちりダービーを制したユベントスが、新年初勝利と共にアタランタの待つ準決勝進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

カゼミロのバロンドール推しはモドリッチでなく…?

▽レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが、バロンドールに元チームメイトを推している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽2008年から昨年までの10年間、バロンドールはユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナFWリオネル・メッシが独占している。しかし、今年はロシア・ワールドカップ(W杯)で最優秀選手に輝いたマドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチの受賞を求める声も大きい。 ▽マドリーの同僚であるMFイスコやフレン・ロペテギ監督もモドリッチの選出を望むと公言している。だが、カゼミロは今夏にマドリーを退団してユベントスに移籍した元エースの名前を挙げた。 「バロンドールを(ルカ・)モドリッチに? 」 「今年はルカにとって素晴らしい年になったと思うよ。けど、僕はクリスティアーノ・ロナウドに与えたい」 ▽また、カゼミロは19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループG第1節ローマ戦についてもコメント。3-0の勝利を喜んだ。 「僕らは非常に良いプレーをした。昨シーズン、セミ・ファイナルに進んだチームに対して、試合全体を通して支配したんだ」 「僕らは多くのチャンスを作った。あんなに守備が良いチームから30回も(決定機を)作るなんて、強烈な印象だよ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

フィーゴがCR7退場判定に喝 「レッドカードは大げさ」

▽元ポルトガル代表MFのルイス・フィーゴ氏が同胞のユベントスに所属するFWクリスティアーノ・ロナウドを襲ったレッドカード判定を不服とした。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽C・ロナウドは19日、敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節のバレンシア戦に先発。だが、29分にバレンシアのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョと小競り合いとなり、ドイツ人主審のフェリクス・ブリッヒ氏から一発退場を命じられた。 ▽この一件について問われたフィーゴ氏は、次のように言及。C・ロナウド擁護派の立場を取り、判定に苦言を呈した。 「レッドカードは大げさだ。彼が退場を命じられるほど何か悪いことをしたとは思えないからね」 「主審や追加副審が見たものが、テレビを通して見た私たちと何か違ったのかはわからない。ただ、理解し難いことだ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

一発レッドのCR7、古巣ユナイテッド戦出場は微妙か

▽イギリス『BBC』は、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの古巣凱旋が微妙な状況と報じた。 ▽C・ロナウドは19日、敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節のバレンシア戦に先発。だが、29分にバレンシアのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョと小競り合いとなり、ドイツ人主審のフェリクス・ブリッヒ氏から一発退場を命じられた。 ▽これにより、C・ロナウドは10月2日に行われる次節のヤング・ボーイズ戦欠場が決定的。さらに、欧州サッカー連盟(UEFA)の規定にある「重大な罪が確認された場合、UEFA倫理委員会は罰則強化の権利がある」に引っかかれば、さらなる処分もあり得るという。 ▽それが認められ、複数試合の出場停止処分となれば、C・ロナウドはオールド・トラフォードで行われる第3節のマンチェスター・ユナイテッド戦をも欠場することに。また、処分が3試合の出場停止となれば、ホームに迎え撃つ第4節のユナイテッド戦にも出られなくなる。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFA選定CLグループステージ開幕節ベスイレ! 最多は4名選出のユーベ

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は20日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節のベストイレブンを発表した。 ▽最多は4名選出のユベントス。開幕戦から圧巻のハットトリックを記録したバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、2得点1アシストの活躍を披露したマンチェスター・ユナイテッドからフランス代表MFポール・ポグバも順当に選ばれた。 ▽なお、CL各グループステージの第1節は18日、19日に終了。次節は、10月2日、3日に開催される予定だ。 ◆UEFA選定のCLグループステージ第1節ベストイレブン GK ヴォイチェフ・シュチェスニー(ユベントス) DF ジョアン・カンセロ(ユベントス) ダビド・アラバ(バイエルン) レオナルド・ボヌッチ(ユベントス) ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス) マルセロ(レアル・マドリー) MF ニコラ・ヴラシッチ(CSKAモスクワ) ミラレム・ピャニッチ(ユベントス) ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド) FW リオネル・メッシ(バルセロナ) ミハエル・クルメンチク(ビクトリア・プルゼニ)<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 09:20 Fri
twitterfacebook
thumb

元プレミア名主審、CR7退場劇に「私なら両者にイエロー」

▽かつてプレミアリーグの有力レフェリーとして名を馳せたマーク・クラッテンバーグ氏がユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを襲ったレッドカード判定に見解を示した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽C・ロナウドは19日、敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節のバレンシア戦に先発。だが、29分にバレンシアのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョと小競り合いとなり、ドイツ人主審のフェリクス・ブリッヒ氏から一発退場を命じられた。 ▽微妙なジャッジに多方面から賛否の声が集まる中、過去に数々のビッグマッチで笛を吹いてきたクラッテンバーグ氏は、その問題の場面について次のように考察した。 「C・ロナウドがユベントスでのCLデビュー戦で退場を余儀なくされたことは、すごく残念だ。(退場の場面で)左ウィングがボールを持ったとき、彼はボックス内に入ろうと走り出したが、ジェイソン・ムリージョにブロックされた。ロナウドはわずかに押し、結果的にバレンシアのDFは倒れた。だが、絶対に暴力的な行為があったわけじゃない」 「フェリクス・ブリッヒ主審は、その場面を後ろから見る格好だったため、追加副審に尋ねた際、ロナウドのヒジ打ちという返答を得たのだろう。だが、実際、そのようなプレーはなかった。確かに、ロナウドはムリージョにフラストレーションを溜め込み、彼の頭に手を出したがね。私には些細な接触に見えたが、彼には暴力行為に見えたのだろう」 「では、私があの試合を裁いていた主審だったのなら、バレンシアにFKのチャンスを与え、両者にイエローカードを提示した。ロナウドは、おそらく1試合の出場停止処分が科されることになるだろう。それ以上の処分となれば、非常に厳しいものだ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 09:00 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース