A・ゴメス弾でナポリ撃破のアタランタが22シーズンぶりの4強進出!《コッパ・イタリア》2018.01.03 07:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コッパ・イタリア準々決勝のナポリvsアタランタが2日に行われ、1-2で勝利したアタランタが準決勝進出を決めた。

▽昨年12月に行われた5回戦でウディネーゼを1-0で下したナポリと、サッスオーロに2-1で勝利したアタランタの一戦。4大会ぶりのコッパ・イタリア優勝を目指すナポリは、直近に行われたクロトーネ戦から先発を7人変更。GKレイナやメルテンス、インシーニェらをベンチスタートとし、GKセペ、ジエリンスキ、ウナスらが先発に名を連ねた。

▽立ち上がりからポゼッションでアタランタを上回るナポリは7分、バイタルエリア左手前でボールを受けたカジェホンがボックス左から仕掛けシュートを狙ったが、これはゴール右に外れる。さらに9分にも、ヒサイのロングパスでボックス右まで侵攻したログが決定機を迎えるも、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。

▽ナポリは30分、右サイドでパスを受けたウナスがカットインからクロスを供給。DFとGKの間を突いたクロスにゴール左からジエリンスキが飛び込んだが、太ももで合わせたシュートはGKベリシャにキャッチされた。

▽対するアタランタは32分、左サイドを持ち上がったゴセンズのクロスをゴール前のアレハンドロ・ゴメスが頭で合わせたが、これはGKセペが弾き出した。

▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはアタランタ。50分、左サイドを持ち上がったゴメスのクロスをボックス内のコーネリウスが胸トラップからシュート。これはマリオ・ルイのブロックに遭うも、こぼれ球をゴール右に走り込んだカスターニュが押し込んだ。

▽先制を許したナポリは56分、カジェホンとハムシクを下げてメルテンスとインシーニェを投入する2枚替えを敢行。さらに72分には、ウナスを下げてアランをピッチに送り出し、約20分を残して3枚の交代カードを使い切った。

▽しかし、再びスコアを動かしたのはアタランタだった。81分、ゴセンズのロングパスを受けたゴメスが左サイドを突破すると、ボックス左深くまで切り込みシュート。これがGKセペのニアを抜きゴールネットに突き刺さった。

▽その後、ナポリは85分にメルテンスのゴールで1点を返すも反撃はここまで。2-1で勝利したアタランタが、1995-96シーズン以来となるベスト4進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

アタランタとSPALでトレード! ドラメがSPAL、リッツォがアタランタ加入!

▽アタランタは13日、元セネガル代表DFブカリ・ドラメ(32)のSPALへの放出および、SPALからイタリア人MFルカ・リッツォ(25)を獲得したことを発表した。なお、今回の契約はいずれも買い取りオプション付きのレンタル移籍となる。 ▽パリ・サンジェルマンでプロキャリアをスタートした左サイドバックのドラメは、ソショー、キエーボを経て2014年にアタランタに加入。昨シーズンはリーグ戦10試合に出場したものの、今季ここまでは出場機会はなかった。 ▽一方、サンプドリアユース出身のリッツォは、2011年にトップチームに昇格。その後、数クラブへのレンタルを経て2014-15シーズンに復帰したサンプドリアでセリエAデビュー。その後、2016年にボローニャへ完全移籍。今季はボローニャからレンタル移籍でSPALに加入しリーグ戦11試合に出場し2ゴールを記録していた。 ▽セントラルMFや左右のウイングを主戦場とするリッツォは、SPALとのレンタル契約を解消する形でアタランタに加入することになり、来夏アタランタが買い取りオプションを行使する場合、所有元のボローニャに移籍金を支払う。 2018.01.13 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

SPAL、アタランタからスロベニア代表MFクルティッチを獲得!

▽SPALは11日、アタランタからスロベニア代表MFジャスミン・クルティッチ(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までとなる。 ▽2011年にパレルモに加入したクルティッチは、その後サッスオーロやトリノ、フィオレンティーナなどでプレー。2015年の夏に加入したアタランタではトップ下や2シャドーの一角を任され、在籍2年半で公式戦92試合に出場し10ゴール3アシストをマーク。今季もここまでセリエAで14試合に出場し、2ゴールを記録している。 ▽セリエA第20節終了時点でギリギリ残留圏内の17位に位置するSPAL。今後、激化する残留争いに向け、スロベニア代表42キャップを刻むクルティッチの加入によりチーム力の向上に期待したいところだ。 2018.01.12 06:11 Fri
twitterfacebook
thumb

10人のアタランタに敗れたローマが公式戦4戦勝利なし…宿敵ラツィオに抜かれて5位転落…《セリエA》

▽セリエA第20節、ローマvsアタランタが6日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのアタランタが2-1で勝利した。 ▽2017年最終戦となったサッスオーロ戦を1-1のドローで終え、公式戦3戦未勝利で年を越すことになった4位のローマ(勝ち点39)。新年最初のリーグ戦であり、後半戦初戦となる今節は2日のコッパ・イタリア準々決勝でナポリを撃破した9位のアタランタ(勝ち点27)と対戦した。 ▽ディ・フランチェスコ監督は、前節から先発3人を変更。ケガのデ・ロッシと規律違反のペナルティでナインゴランがメンバー外となり、ゴナロンとストロートマンが先発入り。さらにシックに変わってエル・シャーラウィがゼコ、ペロッティと共に3トップを務めた。 ▽前回対戦と同様に立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、6分にペッレグリーニ、12分にエル・シャーラウィとミドルレンジのシュートで相手ゴールに迫るローマ。しかし、徐々にガスペリーニ仕込みのマンツーマンマークに手を焼き、中盤で引っ掛けられる場面が目立ち始める。 ▽すると14分、ペッレグリーニの縦パスを引っ掛けられてショートカウンターを許すと、イリチッチのスルーパスに抜け出したコーネリウスにボックス左でキープされる。対面のDFファシオは何とかシュートコースを切るも、短いカットインでシュートコースを作ったコーネリウスに左足のシュートをゴール左隅の絶妙なコースに決められる。 ▽さらに19分にはボックス左ライン際でキープしたアレハンドロ・ゴメスにマイナスで折り返されると、3列目から攻撃参加してきたデ・ルーンにダイレクトシュートを許す。GKアリソンは反応していたものの、目前のDFマノラスにディフレクトしたボールが逆を突く形でネットに吸い込まれ、瞬く間の連続失点で早くも2点のビハインドを負った。 ▽何とか立て直したいローマだが、全体の距離感や動き出しの質が悪く無理に縦パスを狙っては相手ボールになる悪循環が続く。それでも、31分にはボックス手前で得たFKの場面でコラロフのシュートがゼコに当たって右ポストを掠めるチャンスを創出。さらに41分にはストロートマンのボール奪取からボックス内に抜け出したゼコに決定機も、シュートはわずかに枠の右に外れる。しかし、前半終了間際にはコラロフの突破をファウルで止めたデ・ルーンに2枚目のカードが掲示され、数的優位を手にして前半を終えた。 ▽迎えた後半、イリチッチを下げてクリスタンテを投入する守備的な交代カードを切ったアタランタに対して、ローマは52分にペッレグリーニを下げてシックを投入。[4-4-2]の攻撃的な布陣でゴールをこじ開けにかかる。 ▽すると55分、左サイドでのエル・シャーラウィからボックス内に走り込むゼコはグラウンダーのスルーパスが通る。ここで冷静にDFをブロックしたゼコが左足のシュートを右隅に流し込み、リーグ戦5試合ぶりとなる今季9点目を奪った。 ▽エースの久々のゴールで反撃の狼煙を上げたローマは、ここから一気に攻撃のギアを上げていく。コラロフとフロレンツィの積極的な攻撃参加でピッチの幅を使いつつ、中央ではゼコを起点にダイレクトプレーを増やしていく。だが、61分のコラロフの強烈なミドル、71分のゼコのヘディングシュートはいずれも枠を捉え切れない。 ▽後半半ばを過ぎてキャプテンのアレハンドロ・ゴメスを下げてセンターバックのマッジエッロを投入し逃げ切り態勢に入るアタランタに対し、ローマは76分にストロートマンを下げてジェンギズ、83分にはフロレンツィに代えてブルーノ・ペレスを投入する。 ▽形振り構わぬ猛攻を見せるローマは84分、右サイド深くに侵入したブルーノ・ペレスのクロスから中央のエル・シャーラウィがヘディングと右足のシュートを立て続けに放つが、いずれも相手の決死のブロックに遭う。その後、長身DFファシオを前線に上げてパワープレーを敢行したローマだったが、試合終了間際に左サイドでコラロフが入れた際どい高速クロスを誰も触れることができず。試合はこのままタイムアップ。10人のアタランタ相手にホームで痛恨の敗戦を喫したローマは、公式戦4試合勝利なし。宿敵ラツィオに抜かれてチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に転落した。 2018.01.07 03:59 Sun
twitterfacebook
thumb

浮上の兆し見えないミラン、アタランタに完敗で2連敗《セリエA》

▽ミランは23日、セリエA第18節でアタランタを本拠地サン・シーロに迎え、0-2で完敗した。 ▽19位ヴェローナにまさかの0-3で完敗し、ガットゥーゾ体制以降も浮上のキッカケを掴めない7位ミラン((勝ち点24)は、ヴェローナ戦のスタメンから3選手を変更。ロマニョーリ、カラブリア、出場停止のスソに代えてクトローネ、アバーテ、ムサッキオを起用した。 ▽同勝ち点で並ぶアタランタに対し、ミランは3トップに右からボリーニ、カリニッチ、クトローネと並べる[4-3-3]を採用。そのミランは立ち上がり、ポゼッションで下回ってしまうが、14分に決定機。ケシエの右クロスがルーズとなったところをボナヴェントゥーラが押し込むも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末にオフサイドと判定され、ゴールは無効となった。 ▽その後、18分にモントリーボのコントロールシュートでゴールに迫ったミランが徐々にポゼッションを高めていくと、24分にもクトローネが枠内シュートを記録。 ▽しかし32分に失点する。ボックス手前右からのFKをファーサイドのカルダーラがヘッド。GKドンナルンマが弾いたところをクリスタンテが詰めた。 ▽失点後もミランがボールを保持して仕掛ける展開となったが、アタランタの守備網を攻略できずに1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半もミランが押し込む流れで立ち上がるも、53分にCKからペターニャのヘディングシュートでゴールを脅かされる。その後もハーフコートで試合を進めたミランだったが、アタッキングサードでのプレー精度を欠いてシュートにつなげられない。 ▽サポーターからブーイングが出る険悪なムードとなる中、71分に突き放された。左サイドのスペースをスピナッツォーラに突かれてクロスを入れられると、途中出場のイリチッチに押し込まれた。 ▽74分にもフロイラーのミドルシュートでゴールを脅かされたミランは、ボナヴェントゥーラに代えてチャルハノールを投入。さらに83分にアンドレ・シウバとビリアを同時投入するも、0-2のまま敗戦。完敗で2連敗となった。 2017.12.24 03:56 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、スソ&ロマニョーリが1試合の出場停止でアタランタ戦を欠場

▽セリエAを管轄するレガ・セリエAは19日、ミランのスペイン代表FWスソとイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリに対して1試合の出場停止処分を下した。 ▽ミランは17日、セリエA17節でヴェローナと対戦して0-3で敗北。この一戦に先発出場した両者だが、スソは後半アディショナルタイムにビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認が行われた結果、相手選手を踏ん付けたとしてレッドカードを受けた。 ▽通常、相手選手への暴力行為によってレッドカードが提示された場合、3試合の出場停止処分を受けるが、レガ・セリエAはスソのファウルは暴力行為ではなく「悪質なファウル」と判断し、1試合の出場停止処分を下した。 ▽また、ロマニョーリはヴェローナ戦で今季5枚目のイエローカードを受け、累積による出場停止処分となった。 ▽今回の処分によってスソとロマニョーリは、23日に行われるアタランタ戦を欠場する。 2017.12.20 02:50 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース