A・ゴメス弾でナポリ撃破のアタランタが22シーズンぶりの4強進出!《コッパ・イタリア》2018.01.03 07:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コッパ・イタリア準々決勝のナポリvsアタランタが2日に行われ、1-2で勝利したアタランタが準決勝進出を決めた。

▽昨年12月に行われた5回戦でウディネーゼを1-0で下したナポリと、サッスオーロに2-1で勝利したアタランタの一戦。4大会ぶりのコッパ・イタリア優勝を目指すナポリは、直近に行われたクロトーネ戦から先発を7人変更。GKレイナやメルテンス、インシーニェらをベンチスタートとし、GKセペ、ジエリンスキ、ウナスらが先発に名を連ねた。

▽立ち上がりからポゼッションでアタランタを上回るナポリは7分、バイタルエリア左手前でボールを受けたカジェホンがボックス左から仕掛けシュートを狙ったが、これはゴール右に外れる。さらに9分にも、ヒサイのロングパスでボックス右まで侵攻したログが決定機を迎えるも、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。

▽ナポリは30分、右サイドでパスを受けたウナスがカットインからクロスを供給。DFとGKの間を突いたクロスにゴール左からジエリンスキが飛び込んだが、太ももで合わせたシュートはGKベリシャにキャッチされた。

▽対するアタランタは32分、左サイドを持ち上がったゴセンズのクロスをゴール前のアレハンドロ・ゴメスが頭で合わせたが、これはGKセペが弾き出した。

▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはアタランタ。50分、左サイドを持ち上がったゴメスのクロスをボックス内のコーネリウスが胸トラップからシュート。これはマリオ・ルイのブロックに遭うも、こぼれ球をゴール右に走り込んだカスターニュが押し込んだ。

▽先制を許したナポリは56分、カジェホンとハムシクを下げてメルテンスとインシーニェを投入する2枚替えを敢行。さらに72分には、ウナスを下げてアランをピッチに送り出し、約20分を残して3枚の交代カードを使い切った。

▽しかし、再びスコアを動かしたのはアタランタだった。81分、ゴセンズのロングパスを受けたゴメスが左サイドを突破すると、ボックス左深くまで切り込みシュート。これがGKセペのニアを抜きゴールネットに突き刺さった。

▽その後、ナポリは85分にメルテンスのゴールで1点を返すも反撃はここまで。2-1で勝利したアタランタが、1995-96シーズン以来となるベスト4進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

アタランタがアストン・ビラのイタリア人GKゴッリーニの買い取りオプションを行使

▽アタランタは9日、アストン・ビラのイタリア人GKピエルルイジ・ゴッリーニ(23)の買い取りオプションを行使したことを発表した。移籍金は430万ユーロ(約5億5000万円)に設定されていた。 ▽2012年にフィオレンティーナからマンチェスター・ユナイテッドの下部組織に移籍したゴッリーニは、将来を嘱望されたGKだったがユナイテッドではトップチームに上がれず、2017年冬にアストン・ビラからアタランタへ2年間のレンタル移籍を果たした。2017-18シーズンはアタランタで控えGKとしてセリエAで7試合に出場していた。 2018.06.10 01:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマがアタランタからイタリア代表MFクリスタンテを獲得! 総額39億円の買取義務付きレンタルに!

▽ローマは8日、アタランタからイタリア代表MFブライアン・クリスタンテ(23)を総額3000万ユーロ(約38億6000万円)の買い取り義務付きレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽ローマの発表によると、2018-19シーズンまでは500万ユーロの有償レンタルでの移籍となり、シーズン終了後に1500万ユーロで買い取る義務が発生するという。また、同選手のパフォーマンスとローマの今後の戦績に合わせて最大1000万ユーロのボーナスが支払われる、総額3000万ユーロのオペレーションとなった。なお、クリスタンテ自身は2023年6月30日までの5年契約にサインしている。 ▽ローマ加入の決定したクリスタンテは、クラブ公式サイトで新天地での意気込みを語った。 「ローマに来ることは常に僕の目標だった。だから、今は本当に嬉しいよ」 「僕たちの間には強い意欲があり、契約に関して合意に至ることができた。同時にそれを素早く完了させることができたよ」 「自分のベストを尽くしてこのクラブに大きな貢献を果たせることを確信している」 ▽一方、今季アタランタでブレイクした逸材確保に成功したモンチSD(スポーツ・ディレクター)は今回のオペレーションに満足感を示している。 「ブライアンとの契約によって、ローマはイタリアサッカー界において最も有望なセントラルMFの1人を獲得することができた」 「将来、彼がローマとイタリア代表の柱となっていくことを願っている」 ▽ミランの下部組織出身のクリスタンテは2011年にトップチームデビューを果たすも、2014年にベンフィカに完全移籍。その後、パレルモやペスカーラ、アタランタとレンタル移籍で渡り歩き、今年アタランタに完全移籍で買い取られることになった。今季はセリエA36試合に出場し9ゴール3アシストを記録するなど、アタランタの躍進に貢献した。 ▽攻守両面における質の高いパフォーマンスに加え、186cmの恵まれたサイズも魅力な万能型MFには、ユベントス、ナポリ、ラツィオ、インテルが関心を示しているほか、イングランドからも熱視線が送られていたが、ステップアップの場所にローマを選んだ。 2018.06.08 22:42 Fri
twitterfacebook
thumb

クリスタンテ、ローマ移籍へ…木曜にメディカルチェック受診か

▽アタランタに所属するイタリア代表MFブライアン・クリスタンテ(23)のローマ加入が現実味を帯びてきている。 ▽『スカイスポーツ・イタリア』によれば、クリスタンテはローマとの契約にサインを済ませ、7日にもメディカルチェックを受ける予定。ローマとアタランタは依然として詳細の詰めが残っているものの、移籍金3000万ユーロ(約38億9000万円)で交渉成立の見通しだという。 ▽ミランの下部組織時代から期待を集めていた23歳のクリスタンテは、昨夏にアタランタへ加入すると、セリエA36試合に出場し9ゴール3アシストを記録。この活躍が評価され、5月にはロベルト・マンチーニ新監督の就任したイタリア代表に初選出された。 ▽攻守両面における質の高いパフォーマンスに加え、186cmの恵まれたサイズも魅力な万能型MFには、ユベントスやナポリ、ラツィオ、インテルらが関心を示していた。 2018.06.07 00:58 Thu
twitterfacebook
thumb

アタランタがポーランド人左SBのレカを獲得

▽アタランタは5日、ヴィスワ・プウォツクのポーランド人DFアルカジウス・レカ(22)を獲得したことを発表した。契約期間や移籍金は発表されていない。 ▽左サイドバックを主戦場に、左ウイングでもプレー可能な187cmの大型サイドプレーヤーのレカは、2015年夏にヴィスワ・プウォツクに加入。これまで公式戦94試合に出場して19ゴール10アシストを記録。2017-18シーズンはポーランドリーグで33試合に出場して3ゴール6アシストを記録していた。 ▽代表としてはU-21ポーランド代表に選出されていた経歴を持つ。 2018.06.06 03:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ、伊代表MF争奪戦でリード? ユベントス&インテルは困難か

▽アタランタのイタリア代表MFブライアン・クリスタンテ(23)は、やはりローマ行きに近づいているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽23歳のクリスタンテは、アタランタでの活躍が高く評価されており、イタリア代表にも招集された。現在は複数クラブが関心を示している模様だ。 ▽同選手にはユベントスとインテルも興味を持っていると報じられているが、争奪戦で優位に立っているのはローマだという。イタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニと元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが今夏の移籍を噂されているだけに、代役を確保しておきたい考えだ。 ▽すでに選手本人とは合意しているとも噂されているローマ。クリスタンテ獲得レースを制することができるだろうか。 2018.05.30 13:00 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース