A・ゴメス弾でナポリ撃破のアタランタが22シーズンぶりの4強進出!《コッパ・イタリア》2018.01.03 07:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コッパ・イタリア準々決勝のナポリvsアタランタが2日に行われ、1-2で勝利したアタランタが準決勝進出を決めた。▽昨年12月に行われた5回戦でウディネーゼを1-0で下したナポリと、サッスオーロに2-1で勝利したアタランタの一戦。4大会ぶりのコッパ・イタリア優勝を目指すナポリは、直近に行われたクロトーネ戦から先発を7人変更。GKレイナやメルテンス、インシーニェらをベンチスタートとし、GKセペ、ジエリンスキ、ウナスらが先発に名を連ねた。

▽立ち上がりからポゼッションでアタランタを上回るナポリは7分、バイタルエリア左手前でボールを受けたカジェホンがボックス左から仕掛けシュートを狙ったが、これはゴール右に外れる。さらに9分にも、ヒサイのロングパスでボックス右まで侵攻したログが決定機を迎えるも、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。

▽ナポリは30分、右サイドでパスを受けたウナスがカットインからクロスを供給。DFとGKの間を突いたクロスにゴール左からジエリンスキが飛び込んだが、太ももで合わせたシュートはGKベリシャにキャッチされた。

▽対するアタランタは32分、左サイドを持ち上がったゴセンズのクロスをゴール前のアレハンドロ・ゴメスが頭で合わせたが、これはGKセペが弾き出した。

▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはアタランタ。50分、左サイドを持ち上がったゴメスのクロスをボックス内のコーネリウスが胸トラップからシュート。これはマリオ・ルイのブロックに遭うも、こぼれ球をゴール右に走り込んだカスターニュが押し込んだ。

▽先制を許したナポリは56分、カジェホンとハムシクを下げてメルテンスとインシーニェを投入する2枚替えを敢行。さらに72分には、ウナスを下げてアランをピッチに送り出し、約20分を残して3枚の交代カードを使い切った。

▽しかし、再びスコアを動かしたのはアタランタだった。81分、ゴセンズのロングパスを受けたゴメスが左サイドを突破すると、ボックス左深くまで切り込みシュート。これがGKセペのニアを抜きゴールネットに突き刺さった。

▽その後、ナポリは85分にメルテンスのゴールで1点を返すも反撃はここまで。2-1で勝利したアタランタが、1995-96シーズン以来となるベスト4進出を果たした。
コメント
関連ニュース
thumb

名将アンチェロッティ、敵地のサポに感服「素晴らしい雰囲気。これこそあるべき姿」

ナポリの指揮官カルロ・アンチェロッティが、3日に行われたアタランタ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、サッカーのあるべき姿を論じた。<br><br>アンチェロッティの率いるナポリは3日、セリエA第14節においてアタランタと敵地ベルガモで対戦。MFファビアン・ルイスおよび途中出場のFWアルカディウシュ・ミリクのゴールにより、2-1で勝利を収めた。このため2位のナポリは、首位ユヴェントスとの差を8ポイントのままキープした。ナポリの名将はリーグ戦での2試合ぶりの勝利を喜ぶ一方、アタランタのサポーターに賛辞を贈っている。<br><br>「ベルガモの観客は成熟していることを証明して見せた。非常に礼儀正しく、素晴らしい雰囲気を作ってくれた。これこそサッカーのあるべき姿だと思う。サッカーはスポーツの祭典なのだ。そこには勝者もいれば敗者もいる」<br><br>「全員にとって非常に素晴らしい夜になった。アタランタのサポーターも敗戦には残念だろうが、チームの姿勢には満足していただろう。スポーツの大会が行われる際、ピッチ内外においてどのようにあるべきかを発信できたのではないだろうか」<br><br>最後にアンチェロッティは、次節に行われるユヴェントスと3位インテルの上位対決に期待を寄せた。「子供の頃、初めてプレゼントされたユニフォームが(アレッサンドロ)マッツォーラのインテルのものだった。ビッグクラブ2チームによる素晴らしい試合になるだろう」と述べた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.04 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ミリク弾でアタランタに競り勝ったナポリが首位ユベントスを追走!《セリエA》

▽ナポリは3日、セリエA第14節でアタランタと対戦し、2-1で勝利した。 ▽ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第5節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦を勝利し、決勝トーナメント進出に王手をかけたナポリは、その試合と同じ先発メンバーで試合に臨んだ。 ▽試合は開始早々に動く。ナポリは2分、メルテンスのパスで相手DFの裏に抜け出したインシーニェがボックス右手前まで侵攻しクロスを供給。相手GKとDFの間を抜けたボールを逆サイドから走り込んだファビアン・ルイスが左足で流し込んだ。 ▽先制したナポリは、23分にもアランの浮かせたパスでゴール前に抜け出したインシーニェがダイレクトボレーで合わせたが、これはオフサイドの判定となった。 ▽後半は立ち上がりからアタランタが攻勢に出ると56分、ゴセンズの左クロスをニアでリゴーニがボレーシュート。これが右へ流れると、ファーサイドのハテボエルがヘディングで折り返し、最後はD・サパタがゴールに流し込んだ。 ▽同点とされたナポリは、77分にファビアン・ルイス、マクシモビッチを下げてジエリンスキとヒサイを投入。さらに82分には、メルテンスを下げてミリクピッチに送り出した。すると85分、左サイドでボールを受けたマリオ・ルイがシュート性のクロスを供給。ニアサイドに走り込んだミリクが、ワントラップから浮き球をボレーシュートで叩き込み、ナポリが勝ち越しに成功した。 ▽このゴールが決勝点となり、2-1で試合終了。ミリク弾で競り勝ったナポリが、公式戦11試合無敗と好調を維持している。 2018.12.04 07:24 Tue
twitterfacebook
thumb

思わぬ大敗にインテル指揮官スパレッティ「集中力が持たないし、デュエルで負けすぎ」

インテルの指揮官ルチアーノ・スパレッティは、11日のアタランタ戦終了後、『DAZN』のインタビューに応じ、敗戦の弁を述べた。<br><br>インテルは11日、セリエA第12節で難敵アタランタとアウェイで対戦。8分に先制点を奪われると、1度は主将FWマウロ・イカルディのPKで同点に追いついたが、立て続けに得点を許し、1-4で敗れた。インテルは順位を3位に落とし、首位ユベントスとの差は9ポイントに広がった。スパレッティは格下のチームに大敗したことで苦言を呈している。<br><br>「長時間にわたって集中力を維持することができない。これは以前からの問題だ。相手に対して注意を欠き、数メートルのスペースをプレゼントしてしまう。アタランタのように調子が良く、思い切りの良いチームが相手だとすべてが難しくなる」<br><br>「イカルディのゴールで試合は良い方向へと傾いたが、デュエルで負けることが多すぎた。アタランタは勢いを維持していたのに対し、我々は試合半ばで一旦盛り返したが、両者に勝機がある中でまたパフォーマンスが下がってしまった」<br><br>またスパレッティは、アタランタの両サイドから繰り広げられる攻撃を封じることができなかったことを課題として挙げたほか、後半アディショナルタイムに退場処分を受けたMFマルセロ・ブロゾヴィッチについて言及した。<br><br>「向こうの2人のウインガーには広いスペースがあった。このスペースを上手くカバーしなければならなかった。ブロゾヴィッチ? 私はファウルを見ていないが、良いプレーができていないときは感情的になってしまうものだ。だが主審の判定は大げさに思えた」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.12 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタに4失点惨敗のインテル、リーグ戦連勝が7でストップ《セリエA》

▽インテルは11日、セリエA第12節でアタランタとのアウェイ戦に臨み、1-4で惨敗した。 ▽前節ジェノア戦を5-0と圧勝してリーグ戦7連勝とした2位インテル(勝ち点25)は、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦ではイカルディの恩返し弾で1-1の引き分けに持ち込んだ。そのバルセロナ戦のスタメンから3選手を変更。ナインゴラン、デ・フライ、ヴルサリコに代えてガリアルディーニ、ミランダ、ダンブロージオを起用した。 ▽3連勝中と好調な10位アタランタ(勝ち点15)に対し、立ち上がりから劣勢を強いられたインテルは、4分にピンチ。D・サパタのミドルシュートが枠を捉え、ここはGKハンダノビッチがファインセーブで凌ぐ。さらにルーズボールに詰めたハテボエルのゴール至近距離からのシュートもハンダノビッチが防いだ。 ▽しかし、アタランタの勢いを止められず9分に先制される。イリチッチのパスを受けたボックス左のゴセンズに仕掛けられてクロスを上げられると、ファーサイドのハテボエルに押し込まれた。 ▽その後も10分にダンブロージオのクリアボールがポストに直撃するなどひやりとさせられたインテルは、22分にもピンチ。D・サパタの左クロスからファーサイドでフリーのイリチッチが押し込むだけだったが、ミートできず救われた。 ▽劣勢が続くインテルは31分にもCKの流れからゴセンズにボレーシュートを浴びると、36分にもD・サパタにボックス左から決定的なシュートを許してしまう。 ▽さらに前半終盤の44分、浮き球パスに抜け出したボックス右のイリチッチにゴール至近距離からシュートを打たれるも、ここもGKハンダノビッチがビッグセーブで凌いだ。続く45分にもトロイに再びゴール至近距離からボレーシュートを打たれたが、またも守護神ハンダノビッチがビッグセーブで立ち塞がり、圧倒的劣勢を何とか1失点で凌ぎ、前半を終えた。 ▽後半からヴェシーノに代えてボルハ・バレロを投入したインテルは、開始10秒にPKを獲得する。相手GKベリシャのキックミスをボックス内で拾ったポリターノがクロスを入れると、マンチーニのハンドを誘った。 ▽このPKをイカルディが決めて試合を振り出しに戻したインテルがポゼッションを高める流れで後半は推移したが、63分に勝ち越される。 ▽左サイドからのイリチッチのFKをマンチーニにヘッドで叩きこまれてしまう。失点を受けてポリターノに代えてケイタを投入したインテルだったが、アタランタに渡った流れを取り戻すことができずに時間が経過していく。 ▽そして88分、左サイドからのイリチッチのFKをディムスティにヘッドで流し込まれ、万事休す。追加タイムにはブロゾビッチが2枚目のイエローカードを受けたインテルは、A・ゴメスにミドルシュートを叩きこまれて4失点惨敗。リーグ戦連勝が7でストップした。 2018.11.11 22:44 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタ監督、若きイタリア代表FWのダイブに苦言「クセになっている」

アタランタ指揮官のジャン・ピエロ・ガスペリーニは、30日のフィオレンティーナ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューで20歳のイタリア代表FWフェデリコ・キエーザのダイブと見られる行為を嘆いた。<br><br>アタランタは30日、セリエA第7節において敵地でフィオレンティーナと対戦したが、62分、アタランタDFがペナルティエリア内でキエーザを倒したとの判定が下された。このPKにより先制点を献上したアタランタは劣勢を覆せぬまま試合終了間際にも失点し、0-2で敗れた。<br><br>この一件がキエーザのシミュレーションだったと考えるガスペリーニは判定を不服とし、試合終了後にフィオレンティーナの指揮官ステファノ・ピオリと口論に発展。小突く素振りも見られた。その後、アタランタ指揮官は暴力行為について謝罪しているが、判定には納得がいかない様子だ。<br><br>「今日の試合はあのエピソードによる影響が避けられなかった。ヴィオラはそのおかげで勝利をつかむことができた。チームは試合の最後までシュートを打ち続け、良いパフォーマンスだっただけに残念だ。あのPKは現代において理解できない。昔ならありえたが、VARがあればこのような状況が起こることは難しいはずだ。あれはキエーザのシミュレーションだよ。キエーザは有望な若手選手だが、あのような振る舞いをするクセがついている。これからその代償を支払うことになるだろうね。さもなければ悪影響を受けるだろう。今回のエピソードは決定的であり、明白だった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.02 22:10 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース